今週発売の注目製品ピックアップ
今週発売の注目製品ピックアップ(2017年7月3日〜9日)

シャープの5.3型スマホ「AQUOS R」や、ファーウェイの低価格なアルミボディ7型タブレットなどが登場

今週発売される新製品の中から注目度の高い製品を、さまざまなカテゴリから横断ピックアップして紹介する連載「今週発売の注目製品ピックアップ」。今週は、ドコモとauから発売されるシャープの5.3型スマートフォン「AQUOS R」や、ファーウェイの7型タブレット「MediaPad T3 7」、JVCと「HELLY HANSEN」がコラボしたビデオカメラ「Everio R HELLY HANSEN リミテッド GZ-HH140」を紹介する。

シャープ「AQUOS R」

2017年7月7日(金)発売

ドコモとauから、シャープ製の5.3型スマートフォン「AQUOS R」が登場。型番は、ドコモ版が「AQUOS R SH-03J」、au版が「AQUOS R SHV39」。なお、ソフトバンク版「AQUOS R」も、7月上旬の発売予定となっている。

「AQUOS R」は、いずれのキャリア版も基本的な仕様は同じだが、通信速度やボディカラーが一部異なるほか、充電台の「ロボクル」が、au版とソフトバンク版のみに付属する。

性能面では、1440×2560ドットの高精細な5.3型WQHD液晶を搭載。120fpsで描画できる液晶パネル「ハイスピードIGZOディスプレイ」を備える。輝度をアップし、リアルな映像を楽しめるHDR再生にも対応する。カメラ機能は、メインが有効約2260万画素、サブが有効約1630万画素で、動画撮影は4Kに対応する。

人工知能「エモパー」も強化されており、行動や習慣を学習し、未来の予定や時期にあわせてやるべきこと(ToDo)を提案。さらに、天気などシーンに応じて話してくれる情報を今すぐ知りたいときには、「ハロー、エモパー」と声で呼び出して質問することができる。

充電台として「ロボクル」を、au版とソフトバンク版に同梱しており、電話着信時やアラーム鳴動時、メールからの通知や不在着信が来ているときなどにユーザーを探し、振り向いて知らせてくれる。

このほか主な仕様は、プロセッサーが「MSM8998」、メモリー(RAM)が4GB、ストレージ(ROM)が64GB。外部メモリーはmicroSDXCメモリーカード(最大256GB)に対応。OSは「Android 7.1」をプリインストールする。

無線通信は、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LANとBluetooth 5.0をサポート。IPX5/8相当の防水性能、IP6X相当の防じん性能、ワンセグ/フルセグ、おサイフケータイに対応する。

バッテリー容量は3160mAh。本体サイズは74(幅)×153(高さ)×8.7(奥行)mm。重量は約169g。

ドコモ版のボディカラーは、ジルコニアホワイト、マーキュリーブラック、クリスタルラベンダーの3色を用意する。

au版のボディカラーは、マーキュリーブラック、ジルコニアホワイト、ライトゴールドの3色を用意する。

ソフトバンク版のボディカラーは、マーキュリーブラック、ジルコニアホワイト、ブレイズオレンジの3色を用意する。

ファーウェイ「MediaPad T3 7」

2017年7月7日(金)発売

ファーウェイ・ジャパンから、7型タブレット「HUAWEI MediaPad T3 7」(Wi-Fiモデル)が登場する。市場想定価格は11,800円(税別)。

ディスプレイに約7型WSVGA液晶(1024×600ドット)を装備したモデル。本体には、航空機グレードのアルミニウム合金を採用し、薄くて軽く、頑丈なボディを実現した。家族向けの機能では、Webサイトや指定したアプリへのアクセスを制限を可能する「キッズモード」も備える。

このほか主な仕様は、プロセッサーがクアッドコア「MTK MT8127」、メモリーが2GB、内蔵ストレージが16GB。外部記録媒体がmicroSDメモリーカード(最大128GB)に対応。カメラ機能はイン/アウトともに200万画素。無線通信はIEEE802.11a/b/g/n準拠の無線LAN規格、Bluetooth 4.1をサポート。OSは「Android 6.0」をプリインストールする。

バッテリー容量は3100mAh。本体サイズは179(幅)×103.68(高さ)×8.6(奥行)mm、重量は約250g。ボディカラーはスペースグレー。

JVC「Everio R HELLY HANSEN リミテッド GZ-HH140」

2017年7月7日(金)発売

JVCから、ビデオカメラ「Everio R」とマリンウェアブランド「HELLY HANSEN」とのコラボレーションモデル“Everio R(エブリオR)”「HELLY HANSEN リミテッド」が登場。同社公式オンラインショップ「コトSquare」および、「HELLY HANSEN」直営店などで、各色200セット限定で発売される。市場想定価格は60,000円前後(税別)。

水深5mの水中でそのまま撮影できる防水性能を装備した「Everio R」をベースに、マリンウェアブランド「HELLY HANSEN」がデザイン・カラーリングを監修したモデル。カメラ側面には白いサインパネルをプリントしたことで、サインやイラストを描いてカスタマイズが可能。本体を起動するとモニターパネルに「HELLY HANSEN」のシンボルである赤いロゴマークが表示される特別仕様だ。

ボディカラーは「HELLY HANSEN」が創業したノルウェーをイメージした3色カラーを採用。海と山に囲まれたノルウェーをイメージした「ノルディックホワイト」、ノルウェーの「森林」をイメージした「スコッググリーン」、カラフルな街並みで有名なノルウェーの都市をイメージした「ベンゲルオレンジ」をラインアップした。

さらに、ライフジャケットと同じ、浮力のあるフォーム素材を使用したオリジナルフローティングポーチが同梱。カメラがピッタリ収まり、取り外しも可能な間仕切りがあるほか、内側には4つのメッシュポケットがあり、小物も一緒にすっきりと持ち運べる。カメラ本体と同様、サインやイラストを書き込める白いサインパネルを側面にプリントした。

性能面では、IPX8/IPX6相当の防水性能と、IP5X相当の防塵性能に加え、1.5mの耐衝撃性能と-10度の耐低温性能を装備。また、本体を水洗いすることも可能。さらに、約4.5時間使用できる大容量バッテリーを内蔵した。加えて、アクティブなシーンでも安定した撮影ができる「Y字グリップベルト」を採用したほか、カラビナに引っかけたり、ショルダーストラップに吊るして使用できて便利なフィンガーストラップが付属する。

撮像素子は、1/5.8型の裏面照射CMOSセンサーで、総画素数が251万画素。レンズは、光学40倍/ダイナミック60倍/デジタル200倍対応。手ブレ補正は、パワードアクティブモード搭載の電子式を採用。内蔵メモリーは32GB。記録メディアはSD/SDHC/SDXCメモリーカード。

本体サイズは60(幅)×59.5(高さ)×128(奥行)mm(最大突起物含む、グリップベルト含まず)。重量は約302g(内蔵バッテリー含む)。なお、ボディカラー「スコッググリーン」と「ベンゲルオレンジ」は、JVCケンウッド公式オンラインショップ「コトSquare」および、「HELLY HANSEN」直営店4店舗(原宿店、MARINE&WALK店、神戸店、THE NORTH FACE/HELLY HANSEN鎌倉店)のみの販売となっている。

山野 徹(編集部)

山野 徹(編集部)

新しいもの好きで、アップルやソニーと聞くだけでワクワク・ドキドキ。デジタル好きだが、最近はアナログにも興味が出てきたアラフォー編集者。

関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る