イベントレポート
スペインで見た個性あふれる最新デバイスを紹介

iPhone Xの影響で“切り欠き付きスマホ”が増加? MWC 2018で見えた今年のスマホ・トレンド

2018年2月26日から3月1日(現地時間)にわたり、スペイン・バルセロナで開催されていた世界最大の携帯見本市「Mobile World Congress 2018」(以下、MWC 2018)では、大手だけでなく世界中の多種多彩なメーカーがスマートフォンなど独自のデバイスを展示していた。そうした中から特徴的なものをいくつかピックアップして紹介しよう。

【関連記事】
MWC 2018で登場した日本発売が期待されるスマホをスペインからレポート

2月26日(現地時間)から4日間にわたって開催されたMWC 2018では、スマートフォンをはじめとした多数の新デバイスが発表・展示された

iPhone Xが影響? 「切り欠き」のあるスマホが増加

MWC 2018におけるスマートフォン新機種の傾向を見ると、「カメラ機能の強化」と「AI」、そして「18:9比率の縦長ディスプレイ」の3つが、大きなトレンドとなっている様子を見て取ることができる。

なかでもディスプレイに関しては、昨年2017年に発売されたアップルの「iPhone X」が、画面上部に切り欠きのあるデザインを設けたことで話題となったことから、ディスプレイに切り欠きのあるデザインを採用するメーカーが増えているようだ。実際、ASUSの「ZenFone 5」は、切り欠き部分の形状がiPhone Xにそっくりのデザインを採用したことで話題となった。だがそれ以外にも、切り欠きのあるデザインを採用するメーカーがいくつか見られるようだ。

ZenFone 5はiPhone Xのように、ディスプレイ上部に切り欠きのあるデザインを大きな特徴として打ち出している

たとえば、日本市場にも進出しているフランスのWikoが発表している「VIEW 2」「VIEW 2 Pro」というスマートフォンは、19:9というより縦長の比率となる6インチディスプレイを採用。さらに日本で言えば「AQUOS R Compact」のように、フロントカメラの部分だけを丸くくり抜いたようなデザインとなっている。

WikoのVIEW 2は、フロントカメラ部分を切り欠くことでディスプレイ占有率を高めているのが特徴だ

WikoのVIEW 2は、フロントカメラ部分を切り欠くことでディスプレイ占有率を高めているのが特徴だ

なぜ切り欠きのあるデザインを採用するメーカーが増えたのかというと、理由のひとつはやはりiPhone Xのデザインをフォローすることで、トレンドにのり販売を伸ばしたいためだと思われる。だが、もうひとつの理由は、やはりディスプレイ占有率をより高めたい狙いがあるからだろう。

ここ最近、ベゼル部分が極限まで狭く、画面占有率が高いスマートフォンであるほど、消費者に魅力的と評価される傾向が高まっている。それだけに、フロントカメラ部分の切り欠きを設けてでもディスプレイ占有率を高めたいメーカーが増えていると言えそうだ。

売れ筋要素を揃え低価格を実現した「Blade V9」

もうひとつ、ディスプレイに特徴のあるモデルとして注目されていたのが、ZTEの「AXON M」である。これは日本でも、NTTドコモが「M」として販売している、2画面・折り畳みというユニークな機構を採用したスマートフォン。すでに発表済みのモデルではあるのだが、先進性があり非常に特徴的ということもあってか、ZTEはこのAXON Mをメインとした展示を実施し、好評を博していたようだ。

ZTEがMWC 2018の目玉に据えていたAXON M。日本では「M」として発売済みだが、2画面・折り畳みという新しいスタイルで海外でも注目されているようだ

そのZTEが、Mobile World Congressに合わせて投入した新機種が「Blade V9」である。こちらは「Snapdragon 450」を搭載したミドルクラスのモデルながら、5.7インチの縦長ディスプレイを採用し、なおかつメインカメラに1600万画素と500万画素のデュアルカメラを搭載。最近のトレンドをしっかり押さえ“売れ筋”を狙ったモデルと言えるだろう。

縦長ディスプレイやデュアルカメラなど人気の要素を取り入れ、売れ筋を狙った「Blade V9」

縦長ディスプレイやデュアルカメラなど人気の要素を取り入れた「Blade V9」

何より驚かされるのが価格で、4GBのメモリー(RAM)と64GBのストレージ(ROM)を搭載したもっとも性能が高いモデルであっても、299ユーロ(約39,000円)という低価格を実現している。ちなみにBlade V9には、1300万画素と200万画素のデュアルカメラを搭載し、背面にガラスではなく樹脂素材を採用した低価格モデル「Blade V9 Vita」も用意されているが、こちらはメモリーが3GB、ストレージが32GBのモデルで199ユーロ(約26,000万円)と、非常にお得な価格に設定されている。

Blade V9 VitaはBlade V9をベースに、背面を樹脂素材にしたり、カメラのスペックを落としたりするなどして、199ユーロという安価な価格を実現している

Blade V9/V9 Vitaの日本での発売は未定となっているが、ZTEはキャリア向けだけでなく、SIMフリー市場に向けても継続的にスマートフォンを投入している。それだけに、国内での販売にも期待がかかるところだ。

空気測定や高音質の追求など個性的な端末も多数

世界中の企業が出展しているMWCだけあって、王道のスマートフォンだけでなく、特徴的な機能を持つ個性的なデバイスが多く展示されているのも、見どころのひとつだ。

そうした特徴的なモデルのひとつに挙げられるのが、キャタピラー(CAT)ブランドのスマートフォン「S61」。これは、日本ではオンキヨーが販売している「S60」の後継機となるモデルで、建設機械を手掛けるメーカーのブランドだけあって、アウトドアや建設現場などで用いられることを想定したタフネス仕様となっているのが大きな特徴だ。

CATの最新スマートフォン、S61は、赤外線によるサーモグラフィーの撮影に加え、レーザーによる距離の測定や、空気のきれいさをチェックできる機能なども備えている

さらにS61は、S60と同様赤外線カメラを搭載しサーモグラフィー画像や映像を撮影できるのに加え、新たにレーザーを備え、レーザーを用いた距離の測定ができるようになった。また揮発性有機物質を測定するセンサーも搭載し、空気の綺麗度合いをチェックできるという。万人向けモデルとは言い難いものの、スマートフォンの活用の幅を広げる多彩な機能を搭載しているという意味では、注目されるところだ。

そして、そのCAT製スマートフォンを取り扱っているオンキヨーも、個性的な新製品「GRANBEAT Hi-Res Tablet」を参考出展している。これは昨年発売された、ハイレゾオーディオプレーヤー型のスマートフォン「GRANBEAT」のタブレット版であり、4Kディスプレイを搭載し、多様な音響技術を採用するなど映画などを楽しむのに適したモデルとなっている。

実際GRANBEAT Hi-Res Tabletには、DTSのサラウンド技術「DTS:X Premium」を世界で初めて搭載するほか、4基の独立したスピーカーを搭載することで、4chディスクリートスピーカー出力にも対応する予定とのこと。ヘッドホン端子もGRANBEAT同様3.5mmと、バランス駆動対応の2.5mmの2つを用意するなど、音に対する強いこだわりを見せている。

映像サービスの利用増加に合わせ、こだわりのサウンド機能を搭載したGRANBEAT Hi-Res Tablet。タブレットとしては大ぶりだが映画を観るには最適だ

いっぽうで、タブレットとして見た場合、厚さがかなりあり、オンキヨー関係者によると価格も「安くはない」とのこと。それゆえ実際に販売する際には、値段よりも音に強いこだわりを持つ人たちがターゲットとなるほか、ホテルなど法人向けの販売が主体になる可能性もあるとしている。

なお、ここまで紹介してきた製品が、必ずしも日本で販売されるとは限らない。だがそうした魅力的な製品が日本にも数多く登場し、市場をにぎわせてくれることを期待したいものだ。

佐野正弘

佐野正弘

福島県出身。エンジニアとしてデジタルコンテンツの開発を手がけた後、携帯電話・モバイル専門のライターに転身。現在では業界動向からカルチャーに至るまで、携帯電話に関連した幅広い分野の執筆を手がける。

関連記事
ページトップへ戻る