今週発売の注目製品ピックアップ
今週発売の注目製品ピックアップ(2018年7月23日〜29日)

ドコモから「Xperia XZ2 Premium」、SNKから「NEOGEO mini」が登場

今週発売される新製品の中から注目度の高い製品を、さまざまなカテゴリから横断ピックアップして紹介する連載「今週発売の注目製品ピックアップ」。今週は、ドコモのハイエンドスマートフォン「Xperia XZ2 Premium SO-04K」や、SNKのゲーム機「NEOGEO mini」、Amazonの液晶付きスマートスピーカー「Echo Spot」を紹介する。

ソニーモバイルコミュニケーションズ「Xperia XZ2 Premium SO-04K」(NTTドコモ)

2018年7月27日(金)発売

NTTドコモから、ハイエンドスマートフォン「Xperia XZ2 Premium SO-04K」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)が登場する。

画面に、約5.8型の4K HDR対応ディスプレイ(2160×3840ドット)を採用したモデル。4K HDRの動画撮影にも対応し、世界で初めて(ソニーモバイルコミュニケーションズ調べ)、4K HDRの撮影と再生を行えるスマートフォンになるという。

カメラ機能は、メインが約1920万画素(カラー)+約1220万画素(モノクロ)のデュアル構成。また、静止画で最高ISO感度51200、動画で最高ISO感度12800を実現。サブカメラは約1320万画素だ。

このほか主な仕様は、プロセッサーが「SDM845」、メモリーが6GB、内蔵ストレージが64GB。外部記録媒体がmicroSDXCメモリーカード(最大400GB)をサポート。IPX5/IPX8相当の防水性能、IP6X相当の防塵性能も装備。通信面では、受信時最大988Mbps、送信時最大75Mbpsに対応する。OSは「Android 8.0」をプリインストールした。

バッテリー容量は3400mAh。連続待受時間が約450時間(LTE)、連続通話時間が約1630分(LTE)、電池持ち時間が約105時間。本体サイズは80(幅)×158(高さ)×11.9(奥行)mm、重量は約236g。ボディカラーはクロムシルバー、クロムブラック。

SNK「NEOGEO mini」

2018年7月24日(火)発売

SNKから、SNKブランド40周年を記念したゲーム機「NEOGEO mini(ネオジオ ミニ)」が登場する。価格は12,420円。

3.5型液晶ディスプレイを搭載し、ジョイスティック型コントローラーとステレオスピーカを一体化した、アーケード筐体デザインを採用。テレビモニターいらずで、ゲームを楽しめるのが特徴だ。

本体には、ゲームプラットフォーム「NEOGEO」のラインアップの中から、「ザ・キング・オブ・ファイターズ」や「餓狼伝説」、「メタルスラッグ」などの40タイトルを収録。機能面では、「STARTボタン」と「SELECTボタン」を同時に押して、設定画面からセーブ&ロードが可能。いつでも簡単にゲームを中断、再開できる。

インターフェイスは、テレビに出力してゲームをプレイできるHDMI端子(テレビ出力用)に加えて、外部コントローラー接続端子×2、ヘッドホン端子を装備。電源はUSBに対応しており、モバイルバッテリーを使って、好きな場所でプレイできる。

本体サイズは108(幅)×162(高さ)×135(奥行)mmで、重量は390gと、手のひらにのるサイズ採用した。電源ケーブル(USB Type-C)が付属する(ACアダプターは含まない)。

(C)SNK CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED.

Amazon「Echo Spot」

2018年7月26日(木)発売

Amazon.co.jpから、スマートスピーカー「Amazon Echo」シリーズの新モデル「Amazon Echo Spot」が登場する。価格は14,980円。

「Amazon Echo Spot」は、クラウドベースの音声サービス「Alexa」に対応するほか、新たに、円形の2.5型タッチスクリーンを装備した点が特徴。たとえば、話しかけるだけで、天気予報や予定の表示、ニュース動画の再生、音楽アラームの設定などが行える。Amazon Musicの楽曲名、対応するKindle本の読み上げも可能だ。

さらに、時計のデザインを変えられるほか、好きな写真をスクリーンに指定できる。スクリーンを利用したビデオ通話やメッセージ、呼びかけ機能など、「Echo」デバイス間や「Alexa」アプリ間で、さまざまなコミュニケーションを楽しめる機能も今後提供する予定だ。また、Amazon.co.jpでプライム対象製品の買い物(一部を除く)をする際、音声だけでなく画面上でも、製品の確認や選択が可能になった。

仕様面では、4つのマイクやビームフォーミング技術、強化されたノイズキャンセレーションを採用した、2世代目の遠隔音声認識技術を採用。複数の「Echo」デバイスを利用している場合でも、ESP(Echo Spatial Perception)によって、「Alexa」は発声に一番近い「Echo」に対して、反応するとのことだ。

このほか、無線通信はIEEE802.11a/b/g/n準拠の無線LAN規格、Bluetoothをサポート。本体サイズは104(幅)×97(高さ)×91(奥行)mm、重量は419g。ボディカラーはブラック、ホワイト。

山野 徹(編集部)

山野 徹(編集部)

新しいもの好きで、アップルやソニーと聞くだけでワクワク・ドキドキ。デジタル好きだが、最近はアナログにも興味が出てきたアラフォー編集者。

関連記事
ページトップへ戻る