レビュー
国内大手3キャリアのSIMが利用可能

「BlackBerry KEY2」徹底レビュー。物理キーボードが快適過ぎる!

大画面が主流の時代に物理キーボードの我が道を進むBlackBerry最新スマホ「BlackBerry KEY2」をレビューします。価格は、シルバーが79,800円、ブラックが89,800円(税込、以下同)。

筆者はBlackBerry全盛期に1ユーザーとして使用していましたが、アプリの少なさや画面サイズに満足できず、Androidスマートフォンへと移行しました。しかし、物理キーボードの魅力を忘れられずBlackBerryの動向は絶えず追いかけていました。

そして、ようやく筆者の食指が動くモデル「BlackBerry KEY2」が登場したのです。

物理キーボードが輝く「BlackBerry KEY2」。ガジェット好きにはたまらないデザインでしょう

物理キーボードが輝く「BlackBerry KEY2」。ガジェット好きにはたまらないデザインでしょう

OS:Android Oreo 8.1
CPU:Snapdragon 660(2.2GHz×4+1.8GHz×4 オクタコア)
メモリー:6GB
ストレージ容量:シルバー64GB/ブラック128GB(microSD最大2TB)
サイズ(幅×高さ×厚さ):71.8×151.4×8.5mm
重量:約160g
バッテリー容量:3500mAh
SIMカード:シルバーのみDSDS対応
Wi-Fi:IEEE802.11a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)
LTE:1/2/4/3/5/7/8/12/13/17/18/19/20/26/28/32/38/39/40/41
3G:1/2/4/5/6/8/19
キャリアアグリゲーション:3CC CA/2CC CA対応
Bluetooth:Bluetooth 5.0 Low Energy(LE)and EDR
画面サイズ(解像度):4.5インチ(1620×1080)
フロントカメラ:800万画素(F2.2)手ブレ補正
メインカメラ:1200万画素×2(F2.0)デュアルカメラ、手ブレ補正、4K動画
NFC:対応
防水/Felica:非対応
USB:USB Type-C(Quick Charge 3.0対応)

物理キーボード搭載でトレンドに逆行する質実剛健なデザイン

「BlackBerry KEY2」は、6型スマートフォンくらいのサイズに、4.5型液晶(1620×1080)とQWERTY物理キーボードを備えます。アルミフレームを採用した側面に、ラバーコーティングが施された背面は、高級感あふれるスタイリッシュなデザインです。

4.5型液晶に物理キーボードを備える前面はインパクト大

4.5型液晶に物理キーボードを備える前面はインパクト大

本体サイズは151.4(高さ)×71.8(幅)×8.5(厚さ)で、重量は160g。手のひらにしっかりなじむホールド感です

背面にはBlackBerry初のデュアルカメラを備えます。微細な凹凸が敷き詰められたラバーコーティングの手触りがグッド

底面にはUSB Type-Cポート、天面にはイヤホンジャックを搭載

底面にはUSB Type-Cポート、天面にはイヤホンジャックを搭載

右側面には、便利キー、電源ボタン、音量調節ボタンを搭載。便利キーには最大3つまでアプリや機能のショートカットを割り当てられます

進化した物理キーボードの使い心地がいい。小型のディスプレイは評価が分かれるポイント

「BlackBerry」と言えば、やっぱりQWERTY物理キーボードでしょう。タッチ操作の仮想キーボードで操作するのが当然の中で、「BlackBerry KEY2」は端末の下部に物理キーボードを備えます。

今さら物理キーボードってどうなの? という声が聞こえてきそうですが、物理キーボードでありながらタッチ操作に対応し、指紋認証センサーを兼ねたスペースキー、小粒ながらしっかりとした打鍵感、Ctrlキーを設定できるPCライクな使い心地など、魅力はたっぷりです。

物理キーボードは、前モデル「BlackBerry KEYone」よりも21.6%大きくなり、より正確な入力が可能に。しっかりとした打鍵感が心地いいです

重心のバランス的に前に傾いてしまうのでは? と心配だった両手持ちでのタイピングは快適

重心のバランス的に前に傾いてしまうのでは? と心配だった両手持ちでのタイピングは快適

指紋認証センサーはスペースキーに搭載

指紋認証センサーはスペースキーに搭載

altをホールドしながらタイピングすると、キーの上に表示されている数字や記号を入力。alt+Enterで言語切り替えなどの操作を覚えれば爆速で文字入力できます

予測変換は画面タッチで選ぶことができますが、入力したい変換候補の下のキーボード部を、下から上にスワイプして選ぶことも可能です

設定すれば、$キーをCtrlキーとして利用可能。Ctrl+C、Ctrl+V、Ctrl+A、Ctrl+ZなどPCのようなキーボード操作ができるわけです。なお、$キーはCtrlキーのほか、通知を表示、言語切り替え、Shiftキーにもカスタマイズできます

ソフトウェアキーボードから5年ぶりとなる物理キーボード体験でしたが、操作感を取り戻すのに多少の時間がかかったものの、慣れてくると文字入力の効率が上がる上がる。また、自由自在にカスタマイズできるショートカットキーが驚くほど便利。アプリや設定メニューから、特定の番号に電話をかけるといった細かい動作まで、キーをポチッと押すだけでアクセスできちゃいます。

画面タッチによる操作にも対応していますが、物理キーボードを最大限生かす設計になっており、設定次第ではほとんどタッチ操作を行わずに済ますこともできます。とは言っても、やっぱりすべてを行うのは無理があるわけで、物理キーボードとタッチ操作を織り交ぜながら操作するのがベースになります。

アルファベットのキーは、短押し、長押しの2パターンでショートカットを登録可能。動作するのは、ホーム画面表示時のみ。アプリの起動中は、キーボード右下のスピードキー+アルファベットでショートカットを発動可能です

物理キーボードの操作や動作感は以下の動画から確認してください。

6インチクラスの大画面が主流の時代に4.5型の液晶はBlackBerry最大の弱点と言えるでしょう。ユーザーエクスペリエンスの視点から見ると、Webブラウジングや動画の閲覧、ゲームのプレイなどの快適性は大画面スマートフォンにかないません。

トレンドの狭額縁ベゼルを華麗にスルーした4.5型液晶

トレンドの狭額縁ベゼルを華麗にスルーした4.5型液晶

慣れてしまうと問題ありませんが、横向きで使用するときは一般的なスマートフォンと比べて持ち方など不便さが目立ちます

基本スペックとカメラは価格相応。ネットワークは3大キャリアに対応

次に「BlackBerry KEY2」の基本スペックと通信機能を紹介しよう。CPUは、シャープ「AQUOS R Compact」、ASUS「ZenFone 4」、OPPO「R15 Pro」といったミドルハイクラスのスマートフォンと同じ「Snapdragon 660」を搭載。メモリーは6GBですが、ストレージ容量はシルバーが64GB、ブラックが128GBと、カラバリによって異なります。

ベンチマークアプリ「AnTuTuベンチマーク Ver 7.09」でテストしたスコアは114557。アプリの起動やマルチタスクなどはサクサク動作し、ストレスがかかることはありません。3Dゲームを最高画質でプレイするようなハードな使い方をしなければ、十分なスペックです。

「AnTuTuベンチマーク」のスコアは114557

「AnTuTuベンチマーク」のスコアは114557

メインカメラは1200万画素×2(F2.0)のデュアルカメラ構成。今となっては当たり前のように搭載されているデュアルレンズですが、BlackBerryでは初となります。これによりポートレートモードが新しく追加され、撮影の幅が広がりました。

BlackBerry初のデュアルカメラ

BlackBerry初のデュアルカメラ

とは言え、カメラの全体的な性能が他機種と比べて飛び抜けているというわけでもありません。この価格帯でポートレートモードが搭載されていない機種を探すほうが難しいくらいです。

この端末が気になる時点で、カメラ性能を重視しているユーザーは少ないと思いますが、カメラに過度な期待はしないほうがいいでしょう。カメラメインであれば、ファーウェイ「P20」やASUS「ZenFone 5」などを選ぶべきです。

明るい昼間はきれいで満足のいく仕上がりの写真が撮れます。HDR機能搭載により、陰影は黒つぶれしにくいです

室内でも照度が高ければ、ディテールをしっかりととらえた写真が撮影可能

室内でも照度が高ければ、ディテールをしっかりととらえた写真が撮影可能

夕焼けの色味を収めた1枚。これくらいの暗さだと、手ブレしやすくなります

夕焼けの色味を収めた1枚。これくらいの暗さだと、手ブレしやすくなります

夜になるとノイズが気になりがち。夜景などをきれいに撮るのには厳しいものがあるでしょう

夜になるとノイズが気になりがち。夜景などをきれいに撮るのには厳しいものがあるでしょう

ソフトウェア周りでは、BlackBerry独自のアプリがインストールされています。端末のセキュリティレベルを判別し対応の必要可否を確認できたり、どのアプリがカメラ/マイク/位置情報/個人情報にアクセスしているかをトラッキングできるなど、強固なセキュリティ機能を備えるBlackBerry端末専用アプリ「DTEK by BlackBerry」や、メール、通話履歴、SNSの通知を一括で管理する「Hub」などが便利でした。

通信機能については、バンド18に対応し、ドコモ/ソフトバンク/auの3大キャリアのSIMを利用可能。また、3CC CA/2CC CAのキャリアアグリゲーションにも対応しています。ブラック(128GB)はDSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)に対応していませんが、シルバー(64GB)はDSDSに対応。2枚のSIMカードを運用している人は、シルバーを選ぶといいでしょう。

前モデルよりはるかに欲しいと思えるスマホになった「BlackBerry KEY2」

2017年6月29日に発売された前モデル「BlackBerry KEYone」は、「Snapdragon 625」搭載で発売時価格が69,800円(税込)でした。ちなみに、「Snapdragon 625」を搭載するスマートフォンで代表的なASUS「ZenFone 3」の発売時価格は42,984円。いくら物理キーボードを搭載するとは言え、いかに「BlackBerry KEYone」が割高感のある端末だったかがわかるはずです。

単純比較はできないですが、同じ「Snapdragon 660」を搭載するOPPO「R15 Pro」の販売価格が75,470円であることから、「BlackBerry KEY2」は「BlackBerry KEYone」よりも性能に見合った価格に落ち着いたと言えます。

アップルの「iPhone X」の登場から右にならえとばかりに、ノッチ採用フルビューディスプレイ、狭額縁ベゼルなど似たようなデザインのスマートフォンがトレンドの中で、「BlackBerry KEY2」は異彩を放つ端末です。他人とは違うスマートフォンを探している人は、手に取ってみてはいかがでしょうか。

水川悠士(編集部)

水川悠士(編集部)

最新ガジェットとゲームに目がない雑食系ライター。最近メタボ気味になってきたので健康管理グッズにも興味あり。休日はゲームをしたり映画を見たりしています。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る