ニュース
2画面で攻めるSurface。発売は2020年末

マイクロソフト、2画面Androidスマホ「Surface Duo」と2画面パソコン「Surface Neo」発表

米マイクロソフトは2019年10月2日(現地時間)、2画面のAndroidスマートフォン「Surface Duo」と2画面パソコン「Surface Neo」を2020年の年末に発売すると発表した。どちらも2つの画面を備えた折りたたみ式の端末で、特にSurface Duoは、「Windows Phone」以来のスマートフォン再参入ということで注目されそうだ。日本での発売はいまのところ不明だ。詳細がわかり次第追ってレポートしたい。

Surface Duoは、ポケットに入るはじめてSurface

AndroidベースのOSを採用するSurface Duo

Surface Neoも2画面。物理キーボードを使ってノートパソコンスタイルでも使える2in1パソコンだ

Surface Neoも2画面。物理キーボードを使ってノートパソコンスタイルでも利用可能

「Surface Duo」

Surface Duoは、5.6インチのディスプレイを2つ搭載したAndroidスマートフォン。折りたたんでひとつの画面で使えるほか、広げて8.3インチの画面サイズで使うこともできる。Surfaceらしく、ペン操作にも対応しているようだ。

片手で持てる大きさ

片手で持てる大きさ

電話としても利用可能

電話としても利用可能

ペン入力も可能

ペン入力も可能

手帳サイズ

手帳サイズ

携帯ゲーム機のようなスタイルでも使えそうだ

携帯ゲーム機のようなスタイルでも使えそうだ

「Surface Neo」

Surface Neoは、9インチのディスプレイを2つ搭載する2画面パソコン。広げると、モバイルノートで主流の13インチの画面サイズで利用できる。物理キーボードを使って、ノートパソコンのように使うことも可能。マウスやペンでの操作もできる。OSには2画面用にデザインされた「Windows 10X」採用する。

9インチなので本体はコンパクト

9インチなので本体はコンパクト

物理キーボードを奥に設置すれば、ディスプレイをタッチパッドとして使える

物理キーボードを奥に設置すれば、ディスプレイをタッチパッドとして使える

キーボードを手前に設置することも可能

キーボードを手前に設置することも可能

OSは2画面用のWindows 10X

OSは2画面用のWindows 10X

雑誌のような使い方も考えられる

雑誌のような使い方も考えられる

Surfaceペンは磁石で固定できるようだ

Surfaceペンは磁石で固定できるようだ

三浦善弘(編集部)

三浦善弘(編集部)

パソコン関連を担当する双子の兄。守備範囲の広さ(浅いけど)が長所。最近、鉄道の魅力にハマりつつあります。

関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る