レビュー
macOSもどんどん進化しています

「Sidecar」が便利すぎる! 「macOS Catalina」5つの注目新機能

アップルのMac向け基本ソフト(OS)「macOS Catalina」の正式版がリリースされた。多くの新機能が盛り込まれているが、ここでは特に注目の5つの機能を紹介したい。

1.iPadが欲しくなる「Sidecar」

macOS Catalinaの新機能の中で一番注目されているのが「iPad」をセカンドディスプレイとして使う「Sidecar」だろう。拡張ディスプレイとして画面を広く使ったり、クローン表示にして少人数のミーティングに活用したり、さらに、「Apple Pencil」を使ってiPadを液晶ペンタブレットとして使ったり、使い方はさまざまだ。

iPadをセカンドディスプレイとして使えるSidecar

iPadをセカンドディスプレイとして使えるSidecar

使い方は、AirPlayから接続したいiPadを選ぶだけ。同じApple IDでサインインしていること、Wi-FiとBluetoothを有効にしていることが条件だが、拍子抜けするほど簡単に設定は済んでしまう。

AirPlayを有効にしていると、接続先にiPadが表示される

AirPlayを有効にしていると、接続先にiPadが表示される

ミラーリングにするか、個別のディスプレイ(拡張ディスプレイ)として使うか選択できる

ミラーリングにするか、個別のディスプレイ(拡張ディスプレイ)として使うか選択できる

Sidecarが便利なのはワイヤレスで使えること。ケーブルなどを持ち歩かなくてもいいのはモバイル派にはありがたいはずだ。今回は試していないが、ケーブル接続もサポートする。今回は「MacBook Pro 13」(2019)と第7世代のiPadを使ってワイヤレスでSidecarを試してみたが、映像が乱れることはなく安定して使えた。

iPad側の画面にはCommand、Control、Shiftキーなどが表示されているが、これはApple Pencilを使って液晶ペンタブレットとして使う場合のためだ。液晶ペンタブレットはイラストを描く人やクリエイター向けの使い方だが、画面キャプチャをiPadに表示して、Apple Pencilを使って注釈を加えるといった使い方も可能で、ビジネスパーソンでも便利に使える。

Sidecarの設定画面

Sidecarの設定画面

タッチ操作が当然のiPadなので、思わずタッチで使いたくなるが、Sidecar利用時はサイドバー以外タッチで操作することはできない(2本指でのスクロールなどのマルチタッチジェスチャは可能)。慣れれば問題ないが、最初は少し戸惑った。

App StoreにはSidecar対応アプリをまとめたコーナーが用意されている

Mac App StoreにはSidecar対応アプリをまとめたコーナーが用意されている

2. 「iTunes」の廃止は、インパクトは大きいがすぐに慣れる

macOS Catalinaで話題になったのが、「iTunes」の廃止だろう。「iPod」の時代から長く使ってきたアプリがなくなるのはさみしいが、iTunesの各機能は別アプリにわかりやすく分離され、さらに使いやすくなっている。なお、Windows版のiTunesは引き続き提供される。

そもそもiTunesは音楽をリッピングして、Macで再生したり、iPodに転送して楽しんだりするための音楽管理アプリだった。それが現在ではリッピングもストリーミングも映画の再生も、さらにiPhoneのバックアップまでこなすなど、機能が増えすぎていた。そこで、macOS Catalinaでは、音楽は「Apple Music」、映画やドラマは「Apple TV」、ポッドキャストは「Podcast」という専用アプリに分離された。iPhoneのバックアップなど、iOSデバイスの管理機能はFinderに搭載されている。

音楽管理はApple Musicが担う。左カラムには「For You」「見つける」「Radio」と、iPhoneのApple Musicでおなじみのメニューが並ぶ。ミニプレーヤー、歌詞表示などにも対応。iPhoneをメインに音楽を楽しんでいる人なら、iPhoneとMacでシームレスに音楽を楽しめるはずだ

Apple Musicにはない楽曲は、引き続き購入して楽しめる

Apple Musicにはない楽曲は、引き続き購入して楽しめる

Apple TVには11月2日からはじまる「Apple TV+」のバナーが大きく表示されている

Apple TVには11月2日からはじまる「Apple TV+」のバナーが大きく表示されている

Podcastは単体で切り出されたことで、改めて注目されそうだ。コンテンツも豊富にそろっている

Podcastは単体で切り出されたことで、改めて注目されそうだ。コンテンツも豊富にそろっている

各アプリのユーザーインターフェイス(UI)は、iOSの各アプリのテイストを取り入れており、iPhoneやiPadを使っているユーザーなら迷わずに使い始められるはずだ。音楽や映画などエンタテインメントは、MacよりもiPhoneやiPadで長く使っている人が多いと思うので、UIをiOSに合わせたのは自然な流れと言える。個人的には、はじめはどうなるかと思ったが、iTunesがなくなったことで困ることはなく、すぐに慣れてしまった。

iPhoneのバックアップをMacで取っているという人は、バックアップがさらに簡単になる。iOSの管理機能がFinderに搭載され、接続してiPhoneを選択するだけで、この画面が表示される

3.iPadアプリがMacでも使えるようになった

アプリに関してもiOSのエッセンスが盛り込まれている。その最たる例が「Mac Catalyst」だ。iPad用アプリがMacで使えるというもので、開発者は既存のiPad用アプリをベースにして、簡単にネイティブのMac用アプリを開発できる。ユーザーとして、iPadで使い慣れたアプリをMacで使えるのがメリットだ。

Mac CatalystでMac用アプリが用意された「Twitter」は、ブラウザー版よりも軽快に動作した。当然と言えば当然だが、UIはiPad用に似ていて、どこに何があるのかがわかりやすくて使いやすい。タイムライン、ツイート作成、動画再生など、ウィンドウ表示ができるのも便利だ。

Mac CatalystのTwitter。ウィンドウ表示にも対応する

Mac CatalystのTwitter。ウィンドウ表示にも対応する

Mac App StoreではMac Catalystのアプリがまとまったページが用意されている。iPadで愛用しているアプリがあればぜひ試してみてほしい

4.共有や検索機能がパワーアップした「メモ」アプリ

個人的にSafariの次に長時間使っているアプリが「メモ」だ。macOS Catalinaのメモは、ギャラリー表示機能が追加されたほか、検索機能も強化された。文字検索はもちろん、画像検索が可能となり、たとえば、「猫」と検索すると、猫という文字が入ったメモだけでなく、猫が写った画像も検索結果に表示される。

メモの共有も可能となった。「Pages」の共同作業と同じく、メモをiCloudにアップロードして共有したい人にメールやメッセージ、AirDropで参加依頼を出せばOK。共有したファイルを相手も編集できるかどうかを設定できるので、誤操作でメモが消される心配もない。

メモの内容が一覧できるギャラリー表示

メモの内容が一覧できるギャラリー表示

メモの共有機能。共有した相手に変更権限を与えるかどうか決められる

メモの共有機能。共有した相手に変更権限を与えるかどうか決められる

5.子どものMacを管理するのにも役立つ「スクリーンタイム」

最後はiPhoneでおなじみの「スクリーンタイム」。どんなアプリをどれくらい使ったかがわかるという機能だ。仕事をせずに、ゲームやSNSばかりしているなんてことがひと目でわかってしまう。

子どもにMacを使わせるときに、どんなアプリをどのくらい使っているのかを親が把握するのにも使える。ゲームなど特定のアプリの使用時間を制限することも可能だ。iPhoneと同様、子どもからこのアプリを使いたいというリクエストをして、親が承認するといった使い方もできる。

スクリーンタイムは「ファミリー共有」から確認できる

スクリーンタイムは「ファミリー共有」から確認できる

まとめ

macOS Catalinaは、いつも通り対応機種なら無料でアップデートできる。対応機種は「MacBook Air」「MacBook Pro」「iMac」「Mac mini」なら2012モデル以降、「MacBook」は2015、「iMac Pro」は2017モデル、「Mac Pro」は2013モデル以降が対応している。

手持ちのMacBook Pro 13インチモデル(2013)をmacOS Catalinaにアップデートして試してみたが、動作は軽快で問題なく動作している。ただし、Sidecarが動作するMacBook Proは2016年以降に発売されたモデルなので、2013年モデルではSidecarは利用できない。Sidecar目当てでMacを新調しようか検討しているが、16インチモデルの噂もあるので悩ましいところだ。

三浦善弘(編集部)

三浦善弘(編集部)

パソコン関連を担当する双子の兄。守備範囲の広さ(浅いけど)が長所。最近、鉄道の魅力にハマりつつあります。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン タイムセール
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る