話のネタになる最新ITニュースまとめ
最新テック情報をキャッチアップ

いよいよアップル「WWDC 2020」が開催へ! 注目の新製品は?

「話のネタになる最新ITニュースまとめ」は、主に海外のIT業界やインターネットで先週話題になったニュースを紹介する連載です。知っておいて損はない最新情報から、話のネタになりそうな事柄まで、さまざまなニュースをお届けしていきます。

アップル「WWDC 2020」が6月23日(火)午前2時開催へ! 新製品は何が発表される?

アップルは、開発者向けイベント「WWDC 2020」を6月23日から開催します。2020年は新型コロナウイルス感染症の影響により、数々の大手IT企業が自社イベントを延期する中、アップルはオンライン配信という形でイベントの開催へと踏み切りました。

ソフトウェアとハードウェアの新製品が発表される見込みのキーノートは6月23日午前2時(日本時間)より開催されますが、ここでは発表される可能性が高いと言われている製品をまとめました。

「WWDC 2020」で期待される製品まとめ(画像はWWDC公式サイトより)

「WWDC 2020」で期待される製品まとめ(画像はWWDC公式サイトより)

ARMベースの新型Macシリーズは13.3インチ「MacBook Pro」と24インチ「iMac」がラインアップか

「WWDC 2020」関連の情報で最も注目されているのは、自社製ARMベースのCPUを搭載する新しいMacシリーズでしょう。MacBookやiMacシリーズなど、アップルのPC関連デバイスは、これまでCPUにインテル製の「Core i」シリーズを採用してきましたが、「WWDC 2020」ではMacシリーズの全ラインアップをARMベースの自社製CPUへと移行することが発表されると予想されています。

このARMベースCPUを搭載する初めてのモデルとなるのが13.3インチ「MacBook Pro」と23インチ「iMac」になるのではないかという報道もあり、発表への期待も大きくなっているという状況です。もし発表されれば、本イベントで最も大きなトピックになるでしょう。

デザインが一新された新型iMac

2012年以降、長らくデザインが変更されていないiMacシリーズですが、「WWDC 2020」では新しいデザインの新型iMacの発表が予想されています。デザインはディスプレイ「ProDisplay XDR」をベースに狭額縁ベゼルを採用し、外観が大きく変更される可能性があるとのことです。また、セキュリティチップ「T2」とAMD製GPU「Nazvi」を採用し、全ラインアップがSSD搭載モデルへと移行する見込みです。

この新型iMacが、ARMベースのCPUを搭載するモデルなのかどうかも注目でしょう。

忘れ物防止タグ「AirTag」(仮称)

アップルの公式サポート動画にて、その存在が明らかになった忘れ物防止タグ「AirTag」。iPhoneの紛失時に端末をどうやって探すかを説明する動画の中で「AirTags」の製品名が表示されているのが発見され、近々正式に発表されるのではないかと見られています(動画は削除済み)。

「AirTag」がどういう機能を備えているのかは不明ですが、アップルが普通の忘れ物防止タグを発表するとは考えにくく、何かアッと言わせる新機能が搭載されているのかもしれませんね。

iOS 14、iPadOS 14、watchOS 7などのソフトウェア

「WWDC」は本来開発者向けのイベントであり、メインとなるのはソフトウェア関連のアップデート情報です。これに関しては、例年通りiPhoneの次期OS「iOS」、iPadの次期OS「iPadOS」、Apple Watchの次期OS「watchOS 7」の詳細が公開されるでしょう。

特に注目されているのは「watchOS 7」の新機能について。子どもの利用時に使う「キッズモード」や新しい睡眠トラッキング機能、そして、血中酸素濃度を計測する新機能などが搭載されるとみられています。

いよいよ開催が迫る「WWDC 2020」。どんな製品が発表されるのか、期待しながらイベントを視聴するのも楽しみですね。なお、価格.comマガジンでは、イベント当日、新製品関連の速報レポートを掲載予定なので、そちらもご覧ください。

ゲーム「Apex Legends」が今秋からクロスプラットフォーム対応へ

EA(エレクトロニック・アーツ)は、基本プレイ無料のチーム制バトルロイヤルゲーム「Apex Legends」を2020年秋にNintendo SwitchとSteamで配信することを発表しました。これに加え、これまでに配信されていたPC、PlayStation 4、Xbox One、そしてNintendo Switchでのクロスプレイが可能になることも明らかになりました。

ゲーム「Apex Legends」がついにクロスプレイ対応へ

ゲーム「Apex Legends」がついにクロスプレイ対応へ

「Apex Legends」は、バトルロイヤル系のゲームの中でもプレイヤー数が非常に多く、人気の高いタイトルです。しかし、遊べるプラットフォームがPC、PS4、Xbox Oneと限られており、スマートフォンやNintendo Switchでも遊べる「フォートナイト」と比べて、幅広い年齢層のプレイヤーを獲得しているとは言いがたい状況でした。

しかし、ついに「Apex Legends」がNintendo Switchでも配信されることが決まり、さらにクロスプレイも可能になったことで、一気にプレイヤー数を伸ばす可能性があります。ただし、既存プレイヤーの間では間口が広くなったことで若年層プレイヤーが増え、ゲーム内の環境がカオスになるのでは、と心配する声があるのも事実です。

クロスプラットフォーム対応によるメリットは大きいですが、デメリットがあるのも事実。このあたりをEAがどのようにハンドリングするかに注目が集まります。

ソース:EA

Googleがキュレーションサービス「Keen」をローンチ

Googleは、Pinterestのような新しいキュレーションサービス「Keen」をローンチしました。Web版とAndroid版アプリの提供が始まっています。

Googleの新キュレーションサービス「Keen」

Googleの新キュレーションサービス「Keen」

「Keen」は、Webページや画像などのWebコンテンツを集めて、それらをほかのユーザーと共有するキュレーションサービスです。Google版Pinterestと考えて問題ないでしょう。

プロフィールの作成時にキーワードを登録しておくと、「Keen」が自動でWeb上からコンテンツを集めてくれます。これはGoogleの検索システムや機械学習を利用することで、使えば使うほど、集まるコンテンツの精度がユーザーの好みに近づくと言います。

もちろん、自分でコンテンツを追加したり、検索結果ページから直接「Keen」に登録することも可能です。作成した「Keen」は、ほかのユーザーと共有するだけでなく、共同編集していくこともできます。気になる人はチェックしてみてはいかがでしょうか。

ソース:Google

水川悠士(編集部)

水川悠士(編集部)

最新ガジェットとゲームに目がない雑食系ライター。最近メタボ気味になってきたので健康管理グッズにも興味あり。休日はゲームをしたり映画を見たりしています。

関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
パソコン本体のその他のカテゴリー
ページトップへ戻る