今週発売の注目製品ピックアップ
今週発売の注目製品ピックアップ(2020年10月19日〜25日)

【今週発売の注目製品】アップルから、iPhone 12 Pro/iPhone 12/iPad Airが10月23日に発売

今週発売される新製品の中から注目度の高い製品を、さまざまなカテゴリから横断ピックアップして紹介する連載「今週発売の注目製品ピックアップ」。今週は、アップルの「iPhone 12 Pro」「iPhone 12」「iPad Air」や、ソニーのフルサイズミラーレスカメラ「α7C」を紹介する。

アップル「iPhone 12 Pro」

2020年10月23日(金)発売

アップルから、5Gに対応した6.1型モデル「iPhone 12 Pro」が登場。ラインアップとして、128GB/256GB/512GBモデルを用意する。

5Gに対応し、高速なモバイル通信に対応したのが特徴。また、デザインを一新しており、画面には、ナノセラミッククリスタルをガラスに組み込んだ「Ceramic Shield」を採用し、耐落下性能を前モデル「iPhone 11 Pro」と比較して4倍に向上。側面にはステンレス素材を使用している。

カメラ機能では、超広角、広角、望遠カメラのトリプルカメラを採用。画素数はいずれも1200万画素。LiDARスキャナを搭載しており、ナイトモードポートレートに対応する。

光学ズームは、2倍ズームイン、2倍ズームアウト、4倍ズームレンジに対応する。

画面は、全画面スクリーンの有機ELディスプレイ「Super Retina XDRディスプレイ」を採用。解像度は2532×1170ドット(460ppi)。

プロセッサーは「A14 Bionic」を採用。5nmチップで、16コアのNeural Engineを搭載し、ほかのスマートフォンよりも最大50%速いという。

セキュリティ機能では、顔認証の「Face ID」を採用。無線通信は、Wi-Fi 6準拠の無線LANやBluetooth 5.0を搭載。非接触ICとして、リーダーモード対応NFCとFelicaを搭載する。

動画撮影は、4K動画にくわえて、新たにDolby Vision対応HDRビデオ撮影が可能になっている。

バッテリー駆動時間は、最大17時間(ビデオ再生)/最大11時間(ストリーミング再生)/最大65時間(オーディオ再生)。

このほか、IP68等級の防水・防塵性能を装備。背面にはマグネットを使用してワイヤレス充電が行える「MagSafe」を搭載。接続端子にはLightningを採用。USB-C - Lightningケーブルが付属するが、AC充電器やイヤホンは別売りとなる。

本体サイズは71.5(幅)×146.7(高さ)×7.4(奥行)mm。重量は187g。

ボディカラーは、シルバー、グラファイト、ゴールド、パシフィックブルーの4色を用意する。

アップル「iPhone 12」

2020年10月23日(金)発売

アップルから、5Gに対応した6.1型モデル「iPhone 12」が登場。ラインアップとして、64GB/128GB/256GBモデルを用意する。

表示部に、解像度2340×1080ドットの有機EL「Super Retina XDRディスプレイ」を採用。コントラスト比(標準)は200万:1で、最大輝度が625ニト(標準)/1200ニト(HDR)。

ディスプレイサイズはが6.1型。本体には、「iPhone史上最大の耐久性」という、新たなセラミックシールドフロントカバーを装備する。

プロセッサーは「A14 Bionic」を装備。「16コアのニューラルエンジンを備え、パフォーマンスが80%向上。1秒あたり11兆回の処理を完了し、機械学習(ML)のパフォーマンスを向上させる」と同社では説明する。

カメラ機能は、アウトカメラは、有効1200万画素広角カメラ(F1.6)+有効1200万画素超広角カメラ(F2.4)の2眼構成。前面のTrueDepthカメラは有効1200万画素(F2.2)だ。いずれのカメラも「ナイトモード」「スマートHDR 3」に対応する。動画記録では、Dolby Vision対応HDRビデオ撮影(最大30fps)が可能だ。

このほか、IP68相当の防水・防塵性能装備。セキュリティ機能は、顔認証の「Face ID」に対応する。コネクターにLightningを採用したほか、背面のマグネットを使ってワイヤレス充電を行える「MagSafe」も搭載した。通信面では5G(Sub6)をサポート。Bluetooth 5.0、IEEE802.11axにも対応する。OSは「iOS 14」をプリインストール。同梱物はUSB-C-Lightningケーブル。

バッテリー駆動時間はビデオ再生が最大17時間、ビデオ再生(ストリーミング)が最大11時間、オーディオ再生が最大65時間。本体サイズは71.5(幅)×146.7(高さ)×7.4(奥行)mm、重量は162g。

ボディカラーは、ブラック、ホワイト、(PRODUCT)RED、グリーン、ブルーの5色を展開する。

アップル「iPad Air」

2020年10月23日(金)発売

アップルから、「iPad Air」の第4世代が登場。ストレージ容量は64GB/256GBモデルをラインアップ。それぞれにWi-FiモデルとWi-Fi + Cellularモデルを用意する。

全画面デザインを採用し、トップボタンにTouch IDを内蔵することで、前モデルの10.5型から10.9型に大きくなったLiquid Retinaディスプレイ(2360×1640ドット)を搭載したのが特徴だ。

また、プロセッサーには「A14 Bionic」を搭載。5nmプロセスで製造されており、6コアCPU、4コアGPUを採用。前モデルの「A12 Bionic」と比較し、CPUが40%、GPUが30%高速化しているという。

さらに、接続端子は前モデルのLightning端子からUSB-C端子に変更。音質面では、横画面時に左右のステレオスピーカーの配置を採用する。

ボディカラーは、前モデルのシルバー、スペースグレイ、ローズゴールドに、新色のグリーンとスカイブルーが追加され、5色となっている。

周辺機器は、Apple Pencil(第2世代)のほか、Magic KeyboardとSmart Keyboard Folioに対応する。

カメラ機能では、背面にFocus Pixelsを使ったオートフォーカスや4K動画撮影に対応した1200万画素カメラを、前面に700万画素カメラを搭載する。

無線通信は、Wi-Fi 6やBluetooth 5.0を搭載。Wi-Fi + Cellularモデルのモバイル通信は、ギガビット級LTEに対応するほか、nanoSIMとeSIMをサポートする。

バッテリー駆動時間は最大10時間(Wi-Fiでのインターネット利用、ビデオ再生)。

本体サイズは178.5(幅)×247.6(高さ)×6.1(奥行)mm。重量は、Wi-Fiモデルが458g、Wi-Fi + Cellularモデルが460g。USB-C充電ケーブルと20W USB-C電源アダプタが付属する。

ソニー「α7C」

2020年10月23日(金)発売

ソニーから、フルサイズミラーレスカメラ「α7C」が発売。ボディ単体「α7C ILCE-7C」、レンズキット「α7C ILCE-7CL」をラインアップする。

APS-Cセンサー搭載ミラーレスカメラ「α6600」とほぼ同等のサイズ、重量を採用したモデル(「α7C」は「α6600」との容積比が約10%増、質量比が約1%増)。小型・軽量を実現するため、光学式5軸ボディ内手ブレ補正機構やシャッターユニットを新開発。さらに、自動車や航空機にも使われているという、カメラの外板で全体を支えるモノコック構造を採用し、トップカバーやフロントカバー、リアカバーにマグネシウム合金を使うことで耐久性を確保したほか、内部レイアウトの見直しも図ったとのことだ。

仕様面では、有効約2420万画素の35mmフルサイズ裏面照射型CMOSイメージセンサーExmor Rと、高速処理能力を備えた画像処理エンジン「BIONZ X」を搭載。ISO 100〜51200/拡張ISO 50〜204800(静止画の拡張感度設定時。静止画ISO感度:ISO 100〜51200/拡張ISO 50〜204800、動画ISO感度:ISO 100〜51200/拡張ISO 100〜102400)の広い感度域をカバーし、暗所でもノイズの少ない高感度撮影が可能という。

低感度時は、約15ストップ(静止画時。同社測定条件)の広いダイナミックレンジを実現し、ハイライト部からシャドウ部まで、よりなめらかな階調で再現するとのこと。16ビット画像処理にくわえて、サイレント撮影時や連続撮影時の14ビットRAW出力(圧縮RAWでの連続撮影時、BULB撮影時、長秒時ノイズリダクション[入]時は12ビットに制限される)にも対応し、表現の幅を広げるという。

くわえて、リアルタイムトラッキングやリアルタイム瞳AFなどのAI(機械学習を含む人工知能の技術を活用)を活用した高性能AF(オートフォーカス)や、最高約10コマ(連続撮影モード「Hi+」時に最高約10コマ/秒、 連続撮影モード「Hi」時に最高約8コマ/秒の高速連写が可能。撮影設定によって最高連写速度が異なる。また、装着レンズによってソフトウェアのアップデートが必要になる場合がある)のAF/AE(自動露出制御)追従高速連写で、動きのある被写体を高精度にとらえるとのことだ。

動画機能は、フルサイズ領域で画素加算のない全画素読み出しにより、4K映像(3840×2160ドット)に必要な画素数の約2.4倍(24p記録時。30p記録時は約1.6倍)という6K相当の情報量を活用して4K映像を出力し、より解像感の高い映像表現が可能。4K記録フォーマットには、業務用映像制作に使用されているXAVCを民生用に拡張したXAVC S(XAVC S記録方式での動画撮影時は、Class 10以上のSDHC/SDXCメモリーカードが必要。100Mbps記録時には、UHSスピードクラス3が必要)に対応し、最大100Mbpsの高ビットレートで記録できる。

また、HLG方式による4K HDR撮影に対応し、視覚でとらえたイメージに近い輝度表現、コントラスト、色彩をもつ豊かな映像を残せるとのこと。さらに、S-Log2にくわえて、シャドウからミッドトーンにかけての階調特性を重視したS-Log3を搭載。S-Log3設定時は14ストップの広いダイナミックレンジを実現する。これらの高い解像力を持つ高画質記録によって、臨場感のある映像表現を楽しめるという。

このほか、約236万ドットで倍率約0.59倍の電子式ビューファインダーを装備。本体背面には、約92万ドットの3型タッチパネル液晶モニターを備え、角度調整はオープン角が約176度、チルト角が約270度に対応する。外部記録媒体は、SDメモリーカード、SDHCメモリーカード(UHS-I/II対応)、SDXCメモリーカード(UHS-I/II対応)をサポートした。

本体サイズは124(幅)×71.1(高さ)×59.7(奥行)mm。重量は約424g(本体のみ)、約509g(バッテリーとメモリカードを含む)。ボディカラーはシルバー、ブラック。

山野 徹(編集部)

山野 徹(編集部)

新しいもの好きで、アップルやソニーと聞くだけでワクワク・ドキドキ。デジタル好きだが、最近はアナログにも興味が出てきたアラフォー編集者。

関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る