隔週スマホニュース
スマホ業界のニュースをお届け!「隔週スマホニュース」

シャープが5月10日に「AQUOS R」シリーズの新モデルを発表

直近2週間に発表された、スマートフォンなどをはじめとするモバイル業界に関わるニュースや、各社のスマートフォンのアップデート情報をまとめて紹介する連載「隔週スマホニュース」。今回は、シャープ「AQUOS R」シリーズの発表予告や、NTTドコモ版「Xperia 1 III」や「Xperia 10 III」のスペック詳細など4つの話題をお届けする。

※本記事中の価格は税込みで統一している。

シャープが5月10日に「AQUOS R」シリーズの新モデルを発表

シャープは、2021年5月10日12時から、YouTubeのシャープ公式チャンネル「SHARP AQUOS Mobile」にて、「AQUOS R」シリーズの新モデルを発表する。前モデル「AQUOS R5G」は、AQUOSシリーズ初の5G対応モデルとして、NTTドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルの国内4キャリアすべてで取り扱われた。新モデルもさまざまなルートで発売される可能性が高い。

ドコモ版「Xperia 1 III/10 III」の詳細が判明

NTTドコモは、2021年4月20日に、「Xperia 1 III SO-51B」および「Xperia 10 III SO-52B」の仕様を発表した。

「Xperia 1 III SO-51B」は、ハイエンドSoC「Snapdragon 888」に、12GBのメモリーと256GBのストレージ、1TBまで対応するmicroSDXCメモリーカードスロットを組み合わせた高性能なスマートフォン。通信機能では、5GのSub-6を2波束ねた「sub6-CA」に対応しており、下り最大4.2Gbps、4Gエリアでも下り最大1.7Gbpsのデータ通信が可能だ。今回発表された情報にはミリ波対応についての言及はないものの、重量がミリ波対応のグローバルモデルと同じ188gなので、ミリ波に対応している可能性は高い。なお、Sub-6モデルは重量186g。FeliCa ポートは搭載されるが、「Xperia 1 II」で搭載されていたフルセグ・ワンセグのテレビチューナーが非搭載になった。

「Xperia 10 III SO-52B」は、ミドルレンジSoC「Snapdragon 690」に6GBのメモリーと128GBのストレージ、1TBまで対応するmicroSDXCメモリーカードスロットを組み合わせたモデル。通信性能は、5GのSub-6エリアで下り最大2.1Gbps、4Gエリアで下り最大1.1Gbpsのデータ通信に対応する。FeliCaポートを搭載する点は異なるが、おおむねグローバルモデルに準じた仕様のようだ。

楽天モバイルからiPhone各機種が発売開始

楽天モバイルは、2021年4月30日にアップル「iPhone 12/12 mini/12 Pro/12 Pro Max/SE(第2世代)」を発売した。楽天モバイルの方針に従い、SIMロックはかかっておらず、ハードウェアは、アップルが販売するSIMフリー版や他社キャリア版と共通している。

発売に先立って実施されたアップデートにより「iPhone 6s」世代以降のiPhone各機種が楽天回線(MNO)に正式対応した。これにより、他社取り扱いのiPhoneもSIMロックを解除すれば楽天モバイルのフル機能を利用できる。

取り扱われるラインアップおよび価格は以下の通り。

「iPhone12 Pro Max」(パシフィックブルー/ゴールド/シルバー/グラファイト)
128GB(141,700円)
256GB(155,050円)
512GB(181,440円)

「iPhone12 Pro」(パシフィックブルー/ゴールド/シルバー/グラファイト)
128GB(127,395円)
256GB(140,650円)
512GB(168,070円)

「iPhone12」(パープル/ブルー/グリーン/(PRODUCT)RED/ホワイト/ブラック)
64GB(101,176円)
128GB(108,160円)
256GB(122,335円)

「iPhone12 mini」(パープル/ブルー/グリーン/(PRODUCT)RED/ホワイト/ブラック)
64GB(87,712円)
128GB(95,140円)
256GB(109,205円)

「iPhone SE」(ホワイト/ブラック/(PRODUCT)RED)
64GB(55,170円)
128GB(61,150円)
256GB(75,115円)

Androidスマートフォンがau 5Gエクスペリエンスに対応

KDDI(au)は、2021年4月28日より5G対応のAndroidスマートフォンにおいて、「5Gエクスペリエンス」を開始した。これは、5Gに接続したスマートフォンで、動画コンテンツの解像度を自動でアップグレードするというもの。なお「5Gエクスペリエンス」は、iOS機器ですでに実施している。なお、サービス当初から対応するのは「YouTube Premium」「YouTube Music Premium」「Google Podcasts」の各コンテンツ
となる。対応サービスの詳細は以下を参照

スマホや携帯電話のアップデート情報まとめ

2021年4月16日から4月30日の間に公開された、スマートフォンやタブレット、携帯電話などのソフトウェアアップデート情報をまとめた。なお、定期的なアップデートが行われている端末については、除外している。

iOS(SIMフリー・キャリア共通)

iOS 14.5 および iPadOS 14.5の配布
・iPhoneシリーズ
・iPadシリーズ

NTTドコモ

Android 11へのバージョンアップ
・LG V60 ThinQ 5G L-51A(LG)

セキュリティアップデートおよび不具合修正など
・AQUOS sense5G SH-53A(シャープ)
・AQUOS sense3 SH-02M(シャープ)
・AQUOS zero2 SH-01M(シャープ)
・AQUOS sense2 SH-01L(シャープ)
・dtab d-41A(シャープ)
・キッズケータイ SH-03M(シャープ)
・Galaxy A21 SC-42A(サムスン)
・arrows Be3 F-02L(富士通)
・Xperia Ace SO-02L(ソニー)
・らくらくスマートフォン F-42A(富士通)
・Wi-Fi STATION HW-01L(ファーウェイ)

au・UQ mobile

Android 11へのバージョンアップ
・Mi 10 Lite 5G XIG01(シャオミ)
・Xperia 5 SOV41(ソニー)
・Xperia 1 SOV40(ソニー)

セキュリティアップデートおよび不具合修正など
・かんたんケータイ KYF36(京セラ)
・GRATINA KYF39(京セラ)
・GRATINA KYV48(京セラ)
・Galaxy Z Flip SCV47(サムスン)
・Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01(サムスン)
・Galaxy 5G Mobile Wi-Fi※UQ mobile版(サムスン)
・Xperia 10 II SOV43(ソニー)
・Xperia 8 Lite(ソニー)
・AQUOS sense5G SHG03(シャープ)
・AQUOS sense3※UQ mobile版(シャープ)

ソフトバンク・ワイモバイル

Android 11へのバージョンアップ
・OPPO Reno3 5G(オッポ)
・Xperia 10 II(ソニー)

セキュリティアップデートおよび不具合修正など
・AQUOS R2 compact(シャープ)
・AQUOS ケータイ2(シャープ)
・AQUOS ケータイ2※ワイモバイル版(シャープ)
・キッズフォン(ZTE)
・Libero2(ZTE)

楽天モバイル

セキュリティアップデートおよび不具合修正など
・Rakuten BIG s(楽天モバイル)
・HUAWEI P30 lite(ファーウェイ)
・OPPO A73(オッポ)

田中 巧(編集部)

田中 巧(編集部)

FBの友人は4人のヒキコモリ系デジモノライター。バーチャルの特技は誤変換を多用したクソレス、リアルの特技は終電の乗り遅れでタイミングと頻度の両面で達人級。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る