ニュース
メッシュネットワークの業界標準規格に準拠

バッファローのWi-Fi 6対応ルーター・中継機すべてが「Wi-Fi EasyMesh」に対応。新モデル2機種も

バッファローは2021年6月3日、同社のWi-Fi 6対応Wi-Fiルーターおよび中継器すべてを「Wi-Fi EasyMesh」に対応させると発表した。Wi-Fi EasyMeshは、Wi-Fi Allianceが定める規格で、メッシュネットワークの業界標準。対応機器であれば、他社製品と組み合わせることもできる。発売済みのモデルについては、2021年6月3日より順次ソフトウェアアップデートで対応していく。

同社によると、自宅のネット環境の悩みとして、Wi-Fiの電波到達範囲の狭さや、電波強度の不安定さに不満を持つ人が増えているという。背景にはテレワークの普及や、Wi-Fi機器の増加などがあるが、これらのユーザーの悩みを解消すべく、Wi-Fi EasyMeshへの対応を進めるという。

メーカー間の相互接続も可能

メッシュネットワークはルーターと中継機が互いに通信し、Wi-Fiを最適化するというもの。Wi-Fiエリアが拡大するので、電波到達範囲を広げることができる。三階建ての戸建てや間取りが複雑で、電波が届かない部屋がある場合に適している。

電波到達範囲を広げるものとしては、Wi-Fi中継機もあるが、大きな違いは最適化の部分。Wi-Fi中継機の場合、ルーターのあるリビングからWi-Fi中継機のある書斎へ移動すると、スマホやパソコンが適切な接続先へつなぎ変わらずにネットが切れたりすることがある。メッシュネットワークの場合は、ルーターと中継機が互いに通信し、最も高速に通信できるルーターまたは中継機を自動選択してくれるので、ネットが切れたり、遅くなったりすることが少ない。

メッシュネットワークは各社が独自メッシュとして展開している。Wi-Fiエリアの拡大や接続先の最適化といった部分は、独自メッシュとWi-Fi EasyMeshは変わらないが、メーカー間の相互接続ができず、メーカーを統一する必要がある。それに対して、標準規格のWi-Fi EasyMeshなら、対応機器であればメーカー間の相互接続ができるので、コストを抑えてメッシュネットワークを導入できるのがメリットだ。

最新バージョンで高速ローミングや有線LANベースメッシュに対応

Wi-Fi EasyMeshにはメッシュ機能の基本部分だけを定義したリリース1と、干渉情報を元に経路を自動選択したり、高速ローミングがオプションで設定されているリリース2があるが、バッファローのWi-Fi EasyMeshはリリース2に準拠している。

高速ローミングに関しては、端末側の対応も必要だが、アップルの「iPhone」は「iPhone 8 Plus」以降のモデルが対応しているほか、Androidスマートフォンはグーグルの「Pixel」「Pixel 2」「Pixel 3」「Pixel 4a」やシャープの「AQUOS R5G」、サムスンの「Galaxy S10」「Galaxy S20」が対応しているという。

このほか、リリース2では、各部屋に有線LANが配備されている戸建で、有線LANベースのメッシュネットワークを構築することもできる。

また、バッファロー独自機能として、状況に応じて、通信環境のよいバンドを選択する機能を搭載。電子レンジなどのノイズで2.4GHz帯が遅くなった場合に、ノイズレベルが少ない5GHz帯に移動することで、安定した通信を維持できるという。

設定は有線LAN接続の場合、ルーターと中継機をLANケーブルで接続するだけ。無線LAN接続の場合は、ルーターと中継機のAOSS(WPS)ボタンを押すだけ。これでルーターから中継機へ設定情報がコピーされ、設定は完了。

発売済みのWi-Fi 6対応Wi-Fiルーターおよび中継器のソフトウェアアップデートの時期は以下の通り。

発売済みモデルのアップデート時期

発売済みモデルのアップデート時期

Wi-Fi EasyMeshに標準対応するWi-Fi 6対応のWi-Fiルーターも発売する。6月発売予定の「WSR-5400AX6S」は、5GHzの4ストリームに対応したプレミアムモデル。対応パソコンと高速に通信できる5GHzワイドバンド160MHzにも対応する。最大転送速度は5GHz帯(4ストリーム)が最大4803Mbps、2.4GHz帯(2ストリーム)が最大573Mbps(どちらも理論値)。有線LANは、INTERNETポート(WAN)とLANポートともに最大1Gbps。市場想定価格は18,200円前後(税込)。

WSR-5400AX6S

WSR-5400AX6S

9月発売予定の「WSR-1500AX2S」は、5GHzの2ストリームに対応したエントリーモデル。最大転送速度は5GHz帯(2ストリーム)が最大1201Mbps、2.4GHz帯(2ストリーム、11n)が最大300Mbps(どちらも理論値)。こちらも有線LANはWANともに最大1Gbps。市場想定価格は7,300円前後(税込)。

WSR-1500AX2S

WSR-1500AX2S

三浦善弘(編集部)

三浦善弘(編集部)

パソコン関連を担当する双子の兄。守備範囲の広さ(浅いけど)が長所。最近、鉄道の魅力にハマりつつあります。

関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ネットワーク機器のその他のカテゴリー
ページトップへ戻る