ニュース

【CES 2022】第12世代インテルCoreプロセッサーのモバイル版&デスクトップ版追加モデルが登場

【CES 2022】第12世代インテルCoreプロセッサーのモバイル版&デスクトップ版追加モデルが登場

インテルは、米国ラスベガスで開催される世界最大のテクノロジー見本市「CES 2022」にて、開発コードネーム“Alder Lake(アルダーレイク)”こと第12世代Coreプロセッサーの
モバイル向けプロセッサーと、デスクトップ向けプロセッサーの追加モデルを一挙発表した。

今回新たに追加されたモバイル向けプロセッサーは、ハイパフォーマンス向けのHシリーズ、ハイスペックモバイル向けのPシリーズ、省電力モバイル向けのUシリーズ。いずれも、先行して発表されたデスクトップ向け第12世代Coreプロセッサー同様、Intel 7プロセスを採用し、CPUコアはパフォーマンスにすぐれるPコア(Performance Core)と、電力効率にすぐれるEコア(Efficiency Core)という2種類のコアをハイブリッドで搭載する。

モバイル向けの第12世代Coreプロセッサーは3シリーズを一挙発表

モバイル向けの第12世代Coreプロセッサーは3シリーズを一挙発表

TDP 45WのHシリーズは、8つのSKUをラインアップ。CPUコアは、Pコアが最大6コア、Eコアが最大8コアの最大14コア構成。GPUコアのEU数は最大96基となる。最大5GHzの動作クロックを誇る最上位SKUの「Core i9 12900HK」は“史上最速のモバイルプロセッサー”をうたっており、「Core i9 11980HK」の比較では、ゲーム性能が最大28%、クリエイティブ性能が最大44%向上。Hシリーズ全体でも前世代比で最大40%高速化しているという。

シリーズ全体で前世代比最大40%高速化を実現したハイパフォーマンス向けのHシリーズ

シリーズ全体で前世代比最大40%高速化を実現したハイパフォーマンス向けのHシリーズ

Pコアが最大6コア、Eコアが最大8コアの最大14コア/20スレッド構成を採用

Pコアが最大6コア、Eコアが最大8コアの最大14コア/20スレッド構成を採用

最新の「Core i9 12900HK」では、前世代「Core i9 11980HK」に比べてゲーム性能が最大28%高速化

最新の「Core i9 12900HK」では、前世代「Core i9 11980HK」に比べてゲーム性能が最大28%高速化

「Core i9 12900HK」は、競合のAMD「Ryzen 9 5900HX」、アップル「M1 Max」よりも高速だという

「Core i9 12900HK」は、競合のAMD「Ryzen 9 5900HX」、アップル「M1 Max」よりも高速だという

TDP 45WのHシリーズ全ラインアップ

TDP 45WのHシリーズ全ラインアップ

TDP 28WのPシリーズは、6つのSKUをラインアップ。CPUコアは、Pコアが最大6コア、Eコアが8コアの最大14コア構成、GPUコアのEU数は最大96基だ。TDP 15W/9WのUシリーズは、低価格PC向けのPentiumやCeleronも含めた計14のSKUをラインアップ。CPUコアは、Pコアが最大2コア、Eコアが8コアの最大10コア構成、GPUコアのEU数は最大96基となっている。

TDP 28WのPシリーズ全ラインアップ

TDP 28WのPシリーズ全ラインアップ

TDP 15WのUシリーズ全ラインアップ

TDP 15WのUシリーズ全ラインアップ

TDP 9WのUシリーズ全ラインアップ

TDP 9WのUシリーズ全ラインアップ

デスクトップ向けは、型番末尾にKを冠したアンロックモデルが11月に先行投入されていたが、今回は型番末尾にKが付かない無印モデルと、省電力仕様のTシリーズを新たに追加。低価格PC向けのPentium、Celeronも追加され、ラインアップが下の方向に拡張された形。TDPがアンロックモデルよりも低めに設定されているのもポイントだ。

デスクトップ向けには、型番末尾にKが付かない無印モデルと、省電力仕様のTシリーズあわせて22のSKUが追加された

デスクトップ向けには、型番末尾にKが付かない無印モデルと、省電力仕様のTシリーズあわせて22のSKUが追加された

デスクトップ向け無印モデルのSKU。型番末尾にFを冠したモデルが統合GPUレスという仕様はこれまでどおり

デスクトップ向け無印モデルのSKU。型番末尾にFを冠したモデルが統合GPUレスという仕様はこれまでどおり

省電力仕様のTシリーズのSKU

省電力仕様のTシリーズのSKU

また、今回のデスクトップ向けラインアップの拡充に合わせ、インテル600チップセットに「H670」「B660」「H610」という新しいチップセットが追加することもあわせて発表された。オーバークロック機能を省き、PCI Expressレーン数やSATAポートなどを削ることで、「Z690」チップセットよりも全体的なコストパフォーマンスを高めているそうだ。

インテル600シリーズチップセットのラインアップも拡充された

インテル600シリーズチップセットのラインアップも拡充された

遠山俊介(編集部)

遠山俊介(編集部)

PC・家電・カメラからゲーム・ホビー・サービスまで、興味のあることは自分自身で徹底的に調べないと気がすまないオタク系男子です。最近はもっぱらカスタムIEMに散財してます。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
パソコンパーツのその他のタグ
ページトップへ戻る