特別企画

リモートワークで使いたい、PC専用照明「モニターライト」購入ガイド

ディスプレイの上部に装着して、画面やその周辺を照らす照明器具「モニターライト」。自宅のやや暗めな部屋などでも、パソコン周辺だけをしっかり明るく照らすことのできる便利な製品だ。リモートワークで活用の幅が広がるこの「モニターライト」の購入のポイントを、人気製品カタログと合わせてお届けしよう。

ディスプレイやキーボードを照らすモニターライトは、近ごろ製品が増えている

ディスプレイやキーボードを照らすモニターライトは、近ごろ製品が増えている

ディスプレイやキーボードなどの手元をスポット的に明るく照らす「モニターライト」

在宅勤務での悩みのひとつに、オフィスと比較して暗めな照明の問題がある。部屋の灯りが暗いと、画面が見にくくなるし、当然ながら目も疲れやすくなる。そんな場合にぜひ活用したいのが、ディスプレイやキーボードなどをスポット的に明るく照らす「モニターライト」や「ディスプレイライト」(本記事中では「モニターライト」で統一)と呼ばれる製品だ。

モニターライトは、ディスプレイの上部に引っかけて使うバー状のLEDライトで、机上の設置スペースは不要。しかも、電源はUSBポートから取れるため、PCやディスプレイに備わるUSBポートとケーブルでつなぐだけで使うことができる。消費電力も5W程度と、省エネだ。

いっぽう、ディスプレイの上部に引っかけて使うため、ディスプレイの形状によってはうまく装着できない場合がある。特にネックとなるのは厚みだ。メーカーサイトなどをチェックして、ご利用中のディスプレイに取り付け可能かどうかを確認していただきたい。

装着はディスプレイに引っかけるだけと簡単。ただし、ディスプレイの厚みや形状によってはうまく装着できない場合があるので、購入前に確認しよう

装着はディスプレイに引っかけるだけと簡単。ただし、ディスプレイの厚みや形状によってはうまく装着できない場合があるので、購入前に確認しよう

モニターライトは横幅の長さ45cm程度の製品が主流。これは24インチ前後のディスプレイで使用することを想定したものだ。なお、本体の重量は大体500g程度とさほど重くはないので、これより画面の小さいディスプレイでも利用は可能だ。なお、モニターライトにおける色温度の調整機能は、シンプルなもので3段階、高性能なものなら無段階で調整できる。

横幅は大体45cm前後が主流で、24インチのディスプレイと組み合わせるとちょうどよいサイズだ。なお、曲面ディスプレイでは、設置がやや難しく、明かりが届く範囲にも制約が生じやすいので注意したい

横幅は大体45cm前後が主流で、24インチのディスプレイと組み合わせるとちょうどよいサイズだ。なお、曲面ディスプレイでは、設置がやや難しく、明かりが届く範囲にも制約が生じやすいので注意したい

以下に、現在発売されている主な「モニターライト」8製品を紹介する。

明るさの自動調節機能を搭載するシンプルモデル
BenQ「ScreenBar」

横幅45cmのモニターライト。周囲の光量に合わせて、明るさを500ルクスに自動で調整してくれる「自動調光機能」を備える。色温度は、2,700Kと6,500Kの間の8段階で調整可能。なお、装着可能なディスプレイの厚みは1.0〜3.0cmの範囲内だ。このほか、調整幅20°の角度調整機能を備える。

サイズ:45.0(幅)×9.0(高さ)×9.2(厚さ)cm‎
重量:約530g
消費電力:5W
電源:USB-TypeC
演色性:Ra95
角度調整幅: 20°
装着条件:厚み1.0〜3.0cmの範囲

手元で明るさと色温度を調節できる有線コントローラー付き
BenQ「ScreenBar Plus」

上記「ScreenBar」の上位モデル。照明としての基本的な性能は共通だが、有線のコントローラーを備えており、明るさや色温度を手元で調整できる。

サイズ:45.0(幅)×9.0(高さ)×9.2(厚さ)cm‎
重量:約680g
消費電力:5W
演色性:Ra95
角度調整幅: 20°
装着条件:厚み1.0〜3.0cmの範囲

厚さ5mmの薄型ディスプレイにも装着可能
ITPROTECH「LCDSB-01」

幅46cmのモニターライト。比較的シンプルな製品。色温度は3,000K、4,000K、5,000Kの 3段階の選択式となる。なお、照明部分は35°の範囲で角度を調節できる。装着可能なディスプレイの厚みは、0.5cm~5cmの範囲で、薄めのディスプレイから比較的厚めのものまで対応している。

サイズ:46.0(幅)×5.2(高さ)×10.3(厚さ)cm‎
重量:約390g
消費電力:4.5W
演色性:Ra90以上
角度調整幅: 35°
装着条件:厚み0.5〜5.0cmの範囲

明るさと色温度を無段階で調節できるワイヤレスコントローラーを搭載
Xiaomi「Mijia モニターライト」

横幅が約44.8cmのモニターライト。ワイヤレスのコントローラーを備えているのが特徴で、手元の操作で明るさや色温度(2,700K〜6,500K)を無段階で調整できる。また、PCのUSBポートと接続した場合に、電源を連動させてオン/オフさせることも可能だ。装着可能なディスプレイの厚みは1.0〜3.2cmの範囲となっている。

サイズ:44.8(幅)×2.3(直径)cm※スタンド部分を含まない照明部分のみのサイズ‎
重量:非公開
消費電力:5.0W
演色性:Ra95
角度調整幅: 20°
装着条件:厚み1.0〜3.2cmの範囲

0.5〜5.0cmのモニター幅に対応。角度調節も30°と広め
プリンストン「PMA-SCBAR」

横幅46cmのモニターライト。アルミ合金製のボディにタッチセンサー式のスイッチを備え、色温度は3,000K、3,800K、5,700Kの3段階で調節できる。30°の範囲で角度調整も可能だ。取り付けできるディスプレイの厚みは0.5〜5.0cmの範囲とやや広め。なお、同梱のUSBケーブルは1.5mの長さがあり、余裕がある。

サイズ:46.0(幅)×5.3(高さ)×10.5(厚さ)cm
重量:約390g
消費電力:4.5W
演色性:非公開
角度調整幅: 30°
装着条件:厚み0.5〜5.0cmの範囲

持ち運びに便利な本体重量220gの軽量モデル
フィリップス「DSK204」

横幅48cmのやや長めのモニターライトだが、重量はわずか220gという軽量設計が光る。色温度は、3,000K、4,000K、5,700Kの3段階で調節可能。35°の幅で角度の調整が行える。なお、装着可能なディスプレイは、厚さが1.0〜3.0cmの範囲となっている。

サイズ:48.0(幅)×5.1(高さ)×9.6(厚さ)cm
重量:約220g
消費電力:4.5W
演色性:Ra90
角度調整幅: 35°
装着条件:厚み1.0〜3.0cmの範囲

最大厚6cmのディスプレイに対応。自動調光機能を搭載
キングジム「DLT10」

横幅47.4cmのモニターライト。自動調光機能を備えており、周辺の明るさを自動で約500ルクスに調節できる。なお、色温度は3,000K、4,000K、5,700Kの3段階で調節可能。装着可能なディスプレイは、厚さが0.5〜6.0cmの範囲となっており、今回取り上げた製品の中では装着可能範囲が最も広い。

サイズ:47.4(幅)×7.5(高さ)×12.8(厚さ)cm
重量:約362g
消費電力:5.0W
演色性:非公開
角度調整幅:可能(調整幅非公開)
装着条件:厚み0.5〜6.0cmの範囲

直販価格3,000円台のUSB充電モデル
イエロー「gi-LR-010」

横幅48cmのモニターライト。色温度は2,500K、4,000K、6,000Kの3段階で切り替え可能。USB(Type-C)充電タイプで、消費電力は2.5Wと少なめ。バッテリー駆動でも長時間利用できる。直販価格が3,500円(税込)と、安価な点も魅力だ。

サイズ:48.0(幅)×2.0(直径)cm※スタンド部分を含まない照明部分のみのサイズ
重量:非公開
消費電力:2.5W
演色性:非公開
角度調整幅:非公開
装着条件:非公開

田中 巧(編集部)

田中 巧(編集部)

FBの友人は4人のヒキコモリ系デジモノライター。バーチャルの特技は誤変換を多用したクソレス、リアルの特技は終電の乗り遅れでタイミングと頻度の両面で達人級。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る