トレンドニュース

アップル「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」発売開始! アクセス数は昨年の半分以下ながらも、製品に対するユーザー評価はまずまず

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年9月25日、アップル「iPhone 6s/6s Plus」の国内販売が開始された。発売から最初の週末となった9月26〜27日には、早速購入したという人のクチコミが寄せられ、ユーザーレビューも続々と投稿されている。製品詳細ページへのアクセス数だけを見れば、前モデル「iPhone 6/6 Plus」と比べて注目度は低いものの、動作レスポンスの向上や「Touch ID」の進化、新色「ローズゴールド」の追加などが好感されており、Android端末から乗り換える人も増えているようだ。

アップル「iPhone 6s」は4.7型(1334×750)、「iPhone 6s Plus」は5.5型(1920×1080)のRetina HDディスプレイを搭載したスマートフォン。いずれも、マルチタッチジェスチャーに加えて、画面をプレスする強さに応じた反応をする「3D Touch」を新たに採用し、指紋認証の「Touch ID」の感知速度が向上するなど、操作性の向上が図られている。性能面では、64bitプロセッサーの「A9」を採用し、従来と比べて、CPUパフォーマンスは最大70%、グラフィックス処理性能は最大90%高速化された。画素数が1200万画素に向上したiSightカメラなどを備え、「iPhone 6s Plus」は、光学式手ぶれ補正機能も搭載。ビデオ撮影は4K映像(3840×2160、30fps)の記録に対応した。

ストレージ容量は16GB/64GB/128GBの3種類で、OSは「iOS 9」。通信規格は、IEEE802.11ac(MIMO)対応の無線LANや、最大300Mbpsの4G LTE-Advanced、4GのVoice over LTE(VoLTE)に対応した。本体サイズと重量は、「iPhone 6s」が67.1(幅)×138.3(高さ)×7.1(奥行)mmで143g。「iPhone 6s Plus」が、77.9(幅)×158.2(高さ)×7.3(奥行)mmで192g。ボディの素材には、従来よりも丈夫な7000シリーズのアルミニウム合金を採用しており、ボディカラーには新色の「ローズコールド」が追加されて4色展開となった。

「スマートフォン」カテゴリーにおける売れ筋上位5製品のアクセス推移

「スマートフォン」カテゴリーにおける売れ筋上位5製品のアクセス推移

「スマートフォン」カテゴリーにおける売れ筋上位5製品の人気(注目)ランキング推移

「スマートフォン」カテゴリーにおける売れ筋上位5製品の人気(注目)ランキング推移

「価格.comトレンドサーチ」で見ると、「スマートフォン」カテゴリーにおける人気(注目)ランキングでの「iPhone 6s」の各モデルの人気は、NTTドコモの128GBモデルが1位で、auの128GBモデルが3位、NTTドコモの64GBモデルが4位にランクイン。上位10製品中6製品が「iPhone 6s」という状況となっている。「iPhone 6」以前のシリーズと比べると、128GBや64GBといった大容量ストレージモデルの人気が高いのが特徴的。また、SIMフリー版が9位にランクインしているのも注目だ。なお、製品詳細ページへのアクセス数では、最も人気のあるドコモ版の「iPhone 6s 128GB」が発売から2日後の9月27日に21,695PV/日を記録しているが、2014年9月19日に発売された「iPhone 6」の同年9月20日のアクセス数が45,872PV/日であることに比べると、半分にも満たない。

「iPhone 6s 128GB」「iPhone 6s 128GB SIMフリー」のユーザー満足度推移

「iPhone 6s 128GB」「iPhone 6s 128GB SIMフリー」のユーザー満足度推移

いっぽう、ユーザーの満足度については、評価点こそまちまちなものの、前モデルの「iPhone 6」発売時と比べて好意的な感想が多いようだ。レビュワーのコメントを見ていくと、「レスポンスが速い!」「RAMが2GBになったことで、体感速度としてはかなり速くなっています」「たくさんのアプリを起動させて切り替えてもモッサリしなくなった」「ゲームが安定していて処理落ちも一切なし。サクサクでストレスフリーです」「タッチIDの反応が一瞬で、押すとすぐにロック解除できるようになりました」と、動作レスポンスの向上を評価する人が多かった。また、新たに搭載された3D Touchについては、「3D TouchはiPhone 6と6sとの最大の差だと思います。真ん中のボタンが押しやすいしスマホの時代を一歩先に行く感じ」「はじめは慣れなかったですが、数分も触っているうちにこれは便利だなと思いました」という感想があるいっぽうで、「慣れれば意見が変わるかもしれないが、今は特に魅力を感じない」との声も。

さらに、新色のローズゴールドの評価が高い。「ピンク色が大好きなので、それだけで機種変更したようなもの。淡いローズゴールドのカラーにとても満足しています」「ローズゴールドはユニセックスな魅力があります」「ローズはカッコいいです」と、男女を問わず人気のようだ。そのほか、「Androidからの乗り換えですが、iOSはさすがに使いやすいと思います」「初のiPhoneで操作性に不安でしたが、思っていたより簡単で特に違和感なく使えています」と、Android端末から乗り換えた人も多いようで、扱いやすいとの声があがっている。なお、「iPhone 7からはハイレゾ音源やノイズキャンセリングに対応してほしい」と、今回搭載されなかった音楽再生関連機能に対する要望も寄せられていた。

「スマートフォン」カテゴリーにおける大手メーカー5社のアクセス推移

「スマートフォン」カテゴリーにおける大手メーカー5社のアクセス推移

「スマートフォン」カテゴリーにおける大手メーカー5社のPVシェア率推移

「スマートフォン」カテゴリーにおける大手メーカー5社のPVシェア率推移

上の図は、「スマートフォン」カテゴリーにおける大手メーカー5社のアクセス数と、アクセス数の割合(PVシェア率)の推移を示したもの。これを見ると、「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」が発表された9月10日以降、アップルのアクセス数やPVシェア率が急増している。特に、発売日の9月25日以降の上昇が顕著で、9月27日のアクセス数は100,750PV/日、PVシェア率は31.02%に達した。とはいえ、「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」が発売された2014年9月19日の翌日にあたる同年9月20日のアクセス数は224,766PV/日だったため、注目度自体は昨年より低下している。「iPhone」と言えば、発売時から爆発的な人気を見せていた人気モデルだが、そのアドバンテージは徐々に失われていっているようだ。

宮澤保生(編集部)

宮澤保生(編集部)

学生時代から価格.comのユーザーで、いつの間にか好きなことが仕事になっていました。ユーザーの立場や目線に立ったコンテンツ作りを心がけています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
トレンドニュース最新記事
トレンドニュース記事一覧
2017.7.28 更新
ページトップへ戻る