パソコンとスマホの基本ワザ
いまさら聞けない!? パソコンとスマホの基本ワザ

Windows 10の文字やアイコンを見やすい大きさにする方法

「いまさら聞けない!? パソコンとスマホの基本ワザ」は、パソコンやスマートフォンに関する基本ワザや知っておくと便利な機能をていねいに紹介する連載です。“超”が付くほど簡単な使い方や、中上級者でも知っておくと役に立つ情報をお届けしていきます。第4回は、Windows 10の文字やアイコンを見やすい大きさに変更する方法を紹介します。

アイコンや文字の表示倍率を変える

最近は解像度の高いディスプレイがトレンドだ。画面の小さなモバイルノートやタブレットでも、フルHD(1920×1080)以上の解像度を持つ製品が珍しくない。たとえば、12.1型液晶ディスプレイを搭載するパナソニックの「Let's note SZ5」は1920×1200だし、12.5型液晶ディスプレイを搭載する日本マイクロソフトの「Surface Pro 4」は2736×1824だ。

こうした画面サイズが小さく、解像度の高いディスプレイは、文字やアイコンを100%のサイズで表示すると、小さすぎて非常に見づらい。そこで、こうした機種では、表示サイズがあらかじめ125%や150%などの拡大表示に設定して出荷されている。使っているパソコンで文字やアイコンの表示が小さすぎる・大きすぎると感じたら、表示サイズを変えてみよう。Windows 10では25%刻みで調整できる。細かい調整はできないが、効果は大きいのでぜひ自分に合った表示サイズに変更してみよう。

アイコンや文字の表示倍率を変更するには、まず「設定」にある「システム」をクリックする

アイコンや文字の表示倍率を変更するには、まず「設定」にある「システム」をクリックする

続いて左側にある「ディスプレイ」をクリック(1)。右側の設定項目の中にある「テキスト、アプリ、その他の項目のサイズを変更する」のスライダーを動かして見やすい大きさに調整する(2)。調整したら一度サインアウトして再びサインインする

左が125%、右が150%。150%のほうがアイコンや文字、スタートメニューなどが一回り大きい

左が125%、右が150%。150%のほうがアイコンや文字、スタートメニューなどが一回り大きい

左が125%、右が150%。エクスプローラーや右クリックメニューのほか、アイコンと文字の大きさも違う

左が125%、右が150%。エクスプローラーや右クリックメニューのほか、アイコンと文字の大きさも違う

タイトルやメニューの文字だけサイズを変える

デスクトップ上のすべての文字やアイコンの大きさを変えるのではなく、ウインドウのタイトルバーだけフォントサイズを大きくすることもできる。アイコンは小さいままでアイコンの文字だけを大きくしたり、メニューの表示だけを大きくすることも可能だ。前述の変更方法との併用もできる。

「ディスプレイ」の右側の設定項目の中で、下のほうにある「ディスプレイの詳細設定」をクリックする

「ディスプレイ」の右側の設定項目の中で、下のほうにある「ディスプレイの詳細設定」をクリックする

次の画面で、下のほうにある「テキストやその他の項目のサイズ調整」をクリックする

次の画面で、下のほうにある「テキストやその他の項目のサイズ調整」をクリックする

画面が切り替わったら、「テキストサイズのみを変更する」で「タイトルバー」と表示されているプルダウンメニューをクリックして開く

(1)で文字の大きさを変えたい項目を選んで、(2)のプルダウンメニューでサイズを選ぶ。太字にすることもできる(3)。ここでは「タイトルバー」の文字サイズを15にして太字にしている。設定したら「適用」をクリック。「お待ちください」としばらく表示されてから表示が切り変わる。ここで変更できるのは、「タイトルバー」「メニュー」「メッセージボックス」「パレットタイトル」「アイコン」「ヒント」。ただし、「タイトルバー」で文字サイズを変更しても、アプリによっては変わらないものもある。

文字サイズ変更前と変更後のエクスプローラーの様子。「タイトルバー」「メニュー」「アイコン」の文字サイズを変えたので、タイトルバーにあるフォルダーの名前、アイコンの名前、右クリックメニューなどが大きく表示されるようになった。メニューのサイズを変えてたので、リボンUIのリボンの大きさも変化している

「Excel 2016」を起動してみると、こちらもメニューの表示サイズが変わっている。タイトルバーは、上書き保存のボタンや最大化/最小化ボタンなどの大きさが変わっているが、ファイル名の大きさは変わっていない。こういうアプリもある

Webブラウザーの表示を見やすいサイズにする

Webブラウザーには、Webページの拡大・縮小表示機能がある。Windows 10は見やすいサイズだけど、Webページの表示が小さくて見づらいという場合は、この機能を使ってWebページだけを見やすいサイズにしよう。

Windows 10の標準Webブラウザー「Edge」は、右上にある「詳細」ボタン(1)をクリックしてメニューを表示させると、拡大・縮小のボタン(2)がある

150%表示

150%表示

Windows 10にはEdgeのほかに「Internet Explorer」(IE)も搭載されている。IEでは右上の「ツール」ボタン(1)をクリックして、表示されるメニューの中の「拡大(Z)(100%)」(2)にマウスカーソルを合わせると、表示倍率を選べる(3)

グーグルの「Google Chrome」の場合は、右上にある「Google Chromeの設定」ボタン(1)をクリックすると、表示されるメニューの中に拡大・縮小のボタン(2)がある

湯浅英夫

湯浅英夫

音楽、プラモ、鉄道、アニメ、腰痛など趣味の多い元ジャズミュージシャンライター。日経BP社、マイナビなど各社でIT・ネット関連を中心に執筆中。愛用の2in1ノートの画面にヒビが入ってタッチパネルが使えなくなってしまったのが最近の出来事。

関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る