特別企画
メインマシンとしても使えるモデルを厳選

10万円以下で選ぶ! 新生活にピッタリの“高コスパ”ノートパソコン5機種

4月からの新生活に合わせて、会社や学校でパソコンが必要となる人が多いのではないだろうか。なかには、はじめてパソコンを購入するという人もいるはずだ。メインマシンとして使うなら、できる限りスペックの充実したモデルを選びたいところだが、高性能なモデルは価格も高くなってしまうもの。今回は新生活向けに、メインマシンとしても使えるノートパソコン5機種ピックアップしてみた。予算は10万円以下としたが、いずれもコストパフォーマンス(コスパ)の高いモデルなので、ぜひチェックしてほしい。

※記事中の価格.com最安価格は2016年3月15日時点のものです。価格は変動する場合があります。

コストパフォーマンス最強!? フルHD&Core i5搭載で6万円台
日本HP「Pavilion 15-ab200 価格.com限定 フルHDモデル」

ブリザードホワイトモデル

Pavilion 15-ab200 価格.com限定 フルHDモデル(ブリザードホワイトモデル)

ディスプレイ:15.6型(1920×1080)
CPU:Core i5-6200U(2.30GHz、最大2.80GHz)
メモリー:4GB
ストレージ:1TB HDD
OS:Windows 10 Home 64ビット
統合ソフト:なし

通常モデルよりもお得に購入できる価格.com限定モデルの中でも、“コストパフォーマンス最強”と言われているのが、日本HPの「Pavilion 15-ab200 価格.com限定 フルHDモデル」だ。昨年2015年12月発売から高い人気をキープしており、2016年3月15日時点で「ノートパソコン」カテゴリーの売れ筋ランキングで2位に入っている。

スペックと価格を見れば、その人気も納得できる。CPUは第6世代の「Core i5-6200U」(2.30GHz、最大2.80GHz)、ディスプレイはフルHD(1920×1080)の15.6型、ストレージは1TBのHDD。メモリーは4GBだが、空きストロットが1つあり、購入後に増設できる。これだけのスペックで、価格.com最安価格は61,020円なのだから驚きだ。ユーザーからの評価も高く、486人がレビューを投稿しており、満足度は4.34。レビュー数の多さとその満足度の高さから、人気モデルであることがうかがえる。

レビューを細かく見ていくと、キーボードやタッチパッドに不満を持つ人が多かったが、慣れればカバーできるという意見が大半だった。「ブリザードホワイト」「ピーチピンク」「コバルトブルー」の3色のカラーバリエーションが用意されており、デザインやカラーを高く評価する声も多かった。

ノングレアの15.6型フルHD液晶とCore i7&240GB SSDを搭載
マウスコンピューター「LuvBook LB-F571X-SSD2-KK」

LuvBook LB-F571X-SSD2-KK

LuvBook LB-F571X-SSD2-KK

ディスプレイ:15.6型(1920×1080)
CPU:Core i7-6500U(2.50GHz、最大3.10GHz)
メモリー:8GB
ストレージ:240GB SSD
OS:Windows 10 Home 64ビット
統合ソフト:KINGSOFT Office 2013 Standard

「10万円以下で、できるだけハイスペックなモデルが欲しい」という人に注目してほしいのがマウスコンピューターの「LuvBook LB-F571X-SSD2-KK」(価格.com限定モデル)だ。フルHD(1920×1080)の15.6型液晶を搭載したスタンダードノートで、CPUには第6世代の「Core i7-6500U」(2.50GHz、最大3.10GHz)を搭載する。メモリーは8GBで、ストレージには240GBのSSDを備える。価格.com最安価格は99,800円。

Core i7-6500UとSSDを搭載していることから、起動が速く、負荷のかかる作業も快適にこなせるのが魅力だ。ユーザーレビューでも、この2点は高く評価されており、プライベートだけでなく、仕事用として使っている人もいた。ディスプレイが非光沢のノングレアタイプなのも、長時間作業をする仕事用として、選ばれる理由かもしれない。キーボードのNumLockキーの状態を知らせるインジケーターがない点を不満にあげる人が数人いたが、使い勝手やデザイン面の評価も高い。

Core i5-6200U(2.30GHz、最大2.80GHz)を搭載した下位モデルや、ブルーレイディスクドライブを搭載した上位モデルもラインアップする。Core i5-6200U搭載モデルとの価格差は1万円なので、長く利用することを考えれば、Core i7-6500U搭載モデルを選んだほうが賢いだろう。ブルーレイディスクドライブを搭載したモデルとの価格差も1万円で、こちらは10万円を超えてしまう。

Office Home and Business Premium搭載
NECパーソナルコンピュータ「LAVIE Smart NS(S) PC-SN232」

LAVIE Smart NS(S) PC-SN232

LAVIE Smart NS(S) PC-SN232

ディスプレイ:15.6型(1366×768)
CPU:Core i3-6100U(2.30GHz)
メモリー:4GB
ストレージ:500GB HDD
OS:Windows 10 Home 64ビット
統合ソフト:Microsoft Office Home and Business Premium

「Microsoft Office」を搭載したノートパソコンは、どうしても価格が高くなりがちだ。Microsoft Officeを搭載しつつ、スペックも充実したモデルとなると、10万円以上してしまう。そんなときは旧型モデルを狙いたい。NECパーソナルコンピュータの「LAVIE Smart NS(S) PC-SN232」は、昨年2015年12月発売の旧モデルだが、最新のCPUと「Office Home and Business Premium」を搭載したバランスのとれたモデルだ。

15.6型液晶を搭載するスタンダードノートで、CPUには第6世代の「Core i3-6100U」(2.30GHz)を搭載する。メモリーは4GB、ストレージは500GBのHDDとスペックは控えめだが、Officeの利用やWebページの閲覧、ちょっとした画像の編集といった用途には十分な仕様となっている。カラーは「クリスタルホワイト」「クリスタルブラック」「クリスタルレッド」の3色が用意されている。

スタイラスが付属するコストパフォーマンス抜群の2in1パソコン
デル「Inspiron 13 7000 シリーズ 2 in 1」

Inspiron 13 7000 シリーズ 2 in 1

Inspiron 13 7000 シリーズ 2 in 1

ディスプレイ:13.3型(1920×1080)
CPU:Core i5-6200U(2.30GHz、最大2.80GHz)
メモリー:8GB
ストレージ:256GB SSD
OS:Windows 10 Home 64ビット
統合ソフト:なし

ノートパソコンとしてもタブレット端末としても使える2in1パソコン。10万円以下の予算では、CPUに「Atom」を搭載したモデルしか選べないと思いきや、探せばCore i5を搭載した高性能なモデルも見つかる。その代表的なモデルが、デルの「Inspiron 13 7000 シリーズ 2 in 1」(価格.com限定モデル)だ。13.3型液晶を搭載した2in1パソコンで、価格.com最安価格は94,739円。

ディスプレイ部分が360度回転して、タブレット端末スタイルで利用できるコンバーチブルタイプ。スタイラスペンが付属しており、手書き入力もできる。基本スペックは、CPUがCore i5-6200U(2.30GHz、最大2.80GHz)、メモリーが8GB、ストレージが256GBのSSD。13.3型液晶の解像度が1920×1080のフルHDなのも見逃せない。USB3.0ポートを2基、USB2.0ポートを1基、HDMI出力ポート、SDメモリーカードスロットなど、外部インターフェイスも充実している。

気になる点は重量が約1.67kgと、2in1パソコンとしては重いこと。タブレット端末として、電子書籍を読んだり、手に持って長時間Webページを閲覧したりといった使い方には向いていない。

入門用にピッタリ! 10万円以下で買える唯一のMacノート
アップル「MacBook Air 1600/11.6 MJVM2J/A」

MacBook Air 1600/11.6 MJVM2J/A(左)

MacBook Air 1600/11.6 MJVM2J/A(左)

ディスプレイ:11.6型(1366×768)
CPU:Core i5(1.60GHz、最大2.70GHz)
メモリー:4GB
ストレージ:128GB SSD
OS:OS X El Capitan(出荷時期によって、変更されている場合があります)

アップルのMacノートにも10万円以下で購入できるモデルが1つだけある。携帯性が高く、入門モデルとして人気の「MacBook Air」の11インチモデルだ。超がつくほどの定番モデルで、初代モデルからデザインはほとんど変わっていないが、それは完成度が高いことの裏返しでもある。

昨年2015年3月に発売されたモデルだけに、さすがにスペックや外部インターフェイスは最新のものではないが、外出先で行うであろう、文書作成やWebページの閲覧、メールのチェックといったライトな用途には十分なパフォーマンスを備えている。価格.comに寄せられたクチコミでも、起動の速さや快適な動作を評価する意見が多かった。自宅では外部ディスプレイと接続してメインマシンとして利用しているという人もいたほどだ。携帯性も高く、バッテリー駆動は最大9時間(ワイヤレスインターネット閲覧)。重量も1080gと軽量なので、持ち歩く機会の多い人にとっても魅力的なモデルと言える。

価格.com最安価格は96,431円。昨年2015年に発売された「MacBook」は、安価なモデルでも14万円前後するので、価格を重視するなら「MacBook Air」の11インチモデルが有力な選択肢になるはずだ。

三浦善弘(編集部)

三浦善弘(編集部)

パソコン関連を担当する双子の兄。守備範囲の広さ(浅いけど)が長所。最近、鉄道の魅力にハマりつつあります。

関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
パソコン本体のその他のカテゴリー
ページトップへ戻る