スマートフォンの疑問・トラブル110番

iPhoneで、広告なし・高速にQRコードを読み取れる無料アプリ「公式QRコードリーダー“Q”」

このエントリーをはてなブックマークに追加

ショップのチラシやポスター、レシートなどに印字された特殊なマークをスマートフォンのカメラで読み取ると、キャンペーンサイトを表示できたり、お得なクーポンがもらえたりする仕組みがある。

このとき利用される特殊なマークが「QRコード」。このQRコードから情報を読み取るには、特別な機能が必要だ。Android端末の場合、メーカー標準のカメラにQRコードの読み取り機能が組み込まれているケースもあるが、iPhoneには用意されていない。そのためiPhoneでは、アプリの準備が必須となる。そこで今回は、iPhone用のおすすめアプリと、実際の操作方法を紹介する。

iPhoneでQRコードを読み取るには、専用のアプリを活用する

iPhoneでQRコードを読み取るには、専用のアプリを活用する

QRコードとは?

では、そもそもQRコードとは何なのか、はじめに基本を理解しておこう。

QRコードが登場したのは、1994年のこと。開発したのは、元々バーコードの読み取り機を開発していたデンソーウェーブ(当時はデンソーの一事業部)だ。

当時、スーパーのレジなどで商品情報を読み取るために利用されていたのはバーコードだったが、バーコードには英数字で最大20文字程度の情報しか埋め込めない、という弱点があった。その解決のために開発されたのが、QRコードというわけ。

QRコードは数字で約7000文字の情報を埋め込むことができ、数字ばかりでなく、英字、漢字、カナ、ひらがな、記号など、扱えるデータの種類が豊富なのも大きな特徴だ。また、読み取り速度の大幅な高速化も実現した。ちなみに「QR」は「Quick Response(クイック・レスポンス)」が語源となっている。

その後QRコードは、さまざまな分野で導入が進み、今では、航空券の発券システムや電子マネーの決済など身近な生活シーンで欠かせない存在となっている。

これがQRコード。この中に、数字や文字、URLなどの各種情報を埋め込まれている

これがQRコード。この中に、数字や文字、URLなどの各種情報を埋め込まれている

専用アプリを入手する

QRコードの読み取りができるアプリはQRコードリーダーと呼ばれ、多数公開されている。その中から今回紹介するのは、QRコードの生みの親であるデンソーウェーブと、電子マネー管理やアプリ開発などを行うアララが共同開発した「公式QRコードリーダー“Q”」(無料)だ。QRコードとバーコードの読み取りに対応し、QRコードを作成する機能もある。

おすすめの理由はまず、何と言っても読み取りの精度が高いこと。印刷サイズの小さなQRコードや、QRコードの中のパターンが細かくても、かなり正確に読み取ってくれる。筆者は過去、さまざまなQRコードリーダーアプリを試してきたが、読み取り精度の高さを実感。読み取り速度も非常に高速で、現在は同アプリを活用して満足している。

また、無料アプリにありがちな広告の表示がない点と、機能がシンプルで操作がしやすい点も評価している。なお、同アプリのAndroid版も公開されている。

「公式QRコードリーダー“Q”」の入手先
・iPhone版
https://itunes.apple.com/jp/app/gong-shiqrkodorida-q/id911719423?mt=8
・Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.arara.q&hl=ja

QRコードを読み取る

QRコードの読み取りは、いたって簡単。アプリを起動するとカメラモードになるので、カメラをQRコードに向ける。これだけで、瞬時に読み取りが完了する。読み取りが終わると、埋め込まれた情報が表示される。このとき、QRコードの向きを気にする必要はない。QRコードは、360度どの方向からも読み取れる仕様になっているためだ。

たとえばURLなら読み取ったURLが表示され、「URLを開く」ボタンをタップするとWebサイトが開く。このとき、読み取った情報をコピーしたり、メールで送信、あるいはFacebookやTwitter、LINEへの投稿も可能だ。

カメラをQRコードに向けると、一瞬で読み込みが完了する

カメラをQRコードに向けると、一瞬で読み込みが完了する

「URLを開く」をタップするとWebサイトを表示。下部のボタンからコピーやメール送信、SNSへの投稿もできる

「URLを開く」をタップするとWebサイトを表示。下部のボタンからコピーやメール送信、SNSへの投稿もできる

また、iPhoneの「カメラ」アプリで撮影したQRコードの読み取りにも対応する。カメラモード画面右上のボタンをタップすると「写真」アプリが開くので、写真を指定。QRコードの写った写真が表示されたら、「選択」をタップして読み取る。このとき写真は、ピンチ操作で拡大/縮小でき、ドラッグで位置の調整も可能だ。

撮影済みのQRコードを読み取ることもできる

撮影済みのQRコードを読み取ることもできる

いっぽう、同様にバーコードを読み取ることもできる。読み取った情報から、Amazon、Yahoo!ショッピング、楽天といったオンライン通販サイトを開いて商品の販売ページを直接開いたり、Google検索することも可能だ。

バーコードの読み取り結果画面。商品の販売ページを開くことができる

バーコードの読み取り結果画面。商品の販売ページを開くことができる

各種設定変更は設定メニューから

アプリの起動画面には、下部に3つのボタンが並ぶ。中央の赤いボタンがカメラモードの選択で、右のボタンから過去に読み取った情報の履歴を閲覧することが可能だ。

左側のボタンをタップすると「設定」メニューが開き、読み取りに関する各種設定の変更が可能だ。各設定項目の詳細は、下記にまとめる。

・開く前に確認メッセージを表示
URLを読み取ったとき、確認メッセージを表示。「URLを開く」ボタンをタップしなければWebサイトは表示できない。オフにすると、直接Webサイトが開く。

・ブラウザ設定
アプリ内のブラウザのほか、SafariやGoogle Chromeなど、普段使っているブラウザーアプリを選べる。

・webサイトプレビュー表示
オンにすると、確認メッセージを表示する画面にWebサイトのプレビュー画像を表示する

・履歴のページタイトル非表示
オンにすると、履歴の一覧を表示するページでWebサイトのページタイトルが非表示になる。

・スコープモード
オンにすると、カメラモードで画面の中央に「+」のマークを表示。ここに合わせたQRコードを読み取る。

・ARマーカー
カメラで写す現実の空間上に、アニメーションなどを表示する機能のサンプルが用意されている。使い方の詳細は後述する。

「設定」メニューを開くと、各種の設定変更ができる

「設定」メニューを開くと、各種の設定変更ができる

QRコードを作成する

「公式QRコードリーダー“Q”」には、QRコードを作成する機能もある。作成できるのは、「URL」「テキスト」「連絡先」「場所」の4つだ。たとえば、自分のFacebookやブログなどのURLからQRコードを作成し、名刺に印刷する、といった使い方ができる。また、自分の連絡先情報をQRコードにすると、手軽に名刺交換ができる。

URLから作成するときは、あらかじめURLをコピーしておき(手入力も可能)、カメラモード画面上部にある「QRコード作成」ボタンをタップ。「QRコード作成」画面が開いたら、「URL」を選択する。

画面が切り替わったら、「ペースト」をタップ。「通常入力」を選んで手入力も可能だ。テキストボックスにURLが表示されたら、「QRコードを作成」ボタンをタップ。これだけの操作で、QRコードが作成できる。「プレビュー」画面で「情報を見る」をタップするとWebサイトを表示。「保存」をタップすると、作成したQRコードが「写真」アプリに画像として保存される。

QRコード作成機能を使うと、URL、テキスト、連絡先、場所情報から手軽にQRコードを作成できる

QRコード作成機能を使うと、URL、テキスト、連絡先、場所情報から手軽にQRコードを作成できる

ARマーカーを試す

最後に、ARマーカーの使い方を紹介する。「設定」メニューの「ARマーカー」をタップすると、3種類のARマーカーが用意されている。それぞれタップすると、QRコードが表示されるので、この画面を印刷する。印刷できない場合は、画面をキャプチャ(「ホーム」ボタンと「電源」ボタンを同時に押す)して画像として保存してもいい。

印刷した場合、印刷したQRコードを読み取ると、画面上にアニメーションが表示される。iPhoneをどこに向けても、つねにアニメーションは表示されたままだ。画面をキャプチャした場合は、前述の撮影済み画像からQRコードを読み取る方法で読み取ると、同様にアニメーションが表示される。興味がある人は試してみよう。

ARマーカーを使うと、カメラを通して見ている現実の空間上にアニメーションなどが表示される

ARマーカーを使うと、カメラを通して見ている現実の空間上にアニメーションなどが表示される

まとめ

QRコードリーダーは今や、活用シーンが多い。まだ使ってなかった人は、ぜひインストールしておきたい。また、すでにほかのアプリを使っている人は、今回紹介した「公式QRコードリーダー“Q”」をインストールして、一度その快適さを試してみるといいだろう。

小野均

小野均

パソコンからモバイルまで、ハード&ソフトのわかりやすい操作解説を心がける。趣味は山登りにクルマという、アウトドア志向のIT系フリーライター。

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
連載最新記事
連載記事一覧
2017.6.24 更新
ページトップへ戻る