スマートフォンの疑問・トラブル110番

パスワードがいっぱいで覚えられない! どうしたらいいの?

このエントリーをはてなブックマークに追加

ユーザーIDとパスワードによるログインが必要なWebサービスやアプリの利用は多いと思うが、IDとパスワードの管理はどうしているだろうか?

面倒だからと、同じパスワードを使い回しているようなら、それはとても危険な状態だ。万が一、どこかのサービスでパスワードが流出すると、ほかのサービスにもログインされる危険が高まる。実際に情報流出は多数発生しており、パスワードを使い回していたことで金銭的被害を受けるケースも少なくない。特に、オンラインバンキングやクレジットカードなど、金融関連のサービス利用時には最大限の注意を払いたい。

IDとパスワードを書いた付箋を、パソコンのまわりにたくさん貼ったりしていないだろうか? よく見られるが危険な光景だ

また、名前や生年月日などを使った推測されやすいパスワードの利用もNG。比較的簡単に解読されてしまう。さらには、情報を盗まれないためにも、パスワードを紙のメモ帳や付箋、内容を保護できないメモアプリなどで管理するのも避けるべきだ。

しかし、複雑にしたパスワードなどを頭の中で管理するのはとても無理。そこで今回は、人気の高いパスワード管理アプリ「1Password」を紹介する。特徴のひとつは、パスワード生成機能でセキュリティレベルの高いパスワードを自動作成できる点にある。しかも、各サービスで異なるパスワードを設定しても、それらを覚えておく必要はない。一度登録してしまえば、利用時には自動ログオン機能が使えるためだ。

登録した情報は高度に暗号化されるうえ、アプリの起動に必要なマスターパスワードを設定するため、情報漏洩の心配も少ない。覚えておくのは、初めに設定するマスターパスワードのみ。指紋認証機能のTouch IDに対応したiPhoneや、指紋認証機能搭載のAndroid端末(6.0以上)なら、起動のたびにマスターパスワードを入力する必要がなく、指紋認証で起動ができる。

また、登録情報をクラウドサービスである「iCloud」や「Dropbox」と自動同期でき、複数のスマートフォンやタブレット、パソコン間で同じデータを利用することも可能だ。

「1Password」は、iOS版とAndroid版は無料で利用でき、Windows版とMac版は有料となっている。以下では、iOS版を例に使い方を解説していく。

「1Password」を利用すると、Webサービスやアプリのログインに必要なIDとパスワード管理が安全かつ快適に行える

・「1Password」の入手先
 iOS版(無料)
 https://itunes.apple.com/jp/app/1password/id568903335?mt=8
 Android版(無料)
 https://play.google.com/store/apps/details?id=com.agilebits.onepassword&hl=ja

 Windows版(64.99ドル)
 https://agilebits.com/downloads
 Mac版(7,800円)
 https://itunes.apple.com/jp/app/1password/id443987910?mt=12

「Safari」や「Chrome」の自動ログイン機能ではいけないの?

ブラウザーアプリの「Safari」や「Chrome」には、ログイン時にユーザーIDとパスワードを保存し、次回以降、自動入力する機能がある。これも便利ではあるのだが、欠点のひとつは、パスワードの自動生成機能がない点にある。サービスごとに異なるパスワードを設定するとき、頭を悩ませることになる。また、「Safari」と「Chrome」上でしか利用できず、アプリへの自動ログインはできない。

こうした点からも、パスワードの自動生成機能を備えた「1Password」の利用をお勧めしたい。

「Safari」では、初回ログイン時にパスワードを保存すると(左画面)、次回以降、ログイン画面を開けば自動でIDとパスワードが入力される(中と右画面)

マスターパスワードを設定する

「1Password」は初回起動時に、登録する情報を保護するための「マスターパスワード」を設定する。このパスワードは自分で入力するが、とても重要なパスワードなので簡単に推測されやすいものは避ける。英字、数字、記号を混在させ、8文字以上のパスワードを設定しよう。なお、マスターパスワードを忘れてしまうとアプリが起動できなくなるので要注意だ。

最初の画面では、「アカウント無しで使う」をタップ。「1Passwordのアカウントにログイン」は、有料のプロ版(詳細は後述)の機能となる。

「アカウント無しで使う」をタップする

「アカウント無しで使う」をタップする

次の画面で「新規保管庫を作成」をタップ。ここには、登録情報を同期するための設定項目もあるが後から設定できるので、そのまま先へ進もう(同期の設定は、「1Password」の「設定」にある「同期」から行える)。次の画面でマスターパスワードと、忘れたときに思い出すためのヒントを入力して画面を進める。

「新規保管庫を作成」をタップしてマスターパスワードを設定する

「新規保管庫を作成」をタップしてマスターパスワードを設定する

Touch ID対応のiPhoneの場合は、マスターパスワードを入力する代わりにTouch IDでロックを解除できる。利用する場合は「Touch ID」を有効にしよう。また、アプリをロックするまでの時間も設定しておく。「iCloud」で登録情報の同期を行うには、次の画面で「iCloud Syncing」を有効にすればいい。「Email」は、新しいニュースなどのお知らせメールを受け取りたいときに設定する。不要なら空欄のままで構わない。最後に「行きましょう!」をタップしたら初期設定は完了だ。

Touch ID利用の可否、アプリをロックするまでの時間、iCloud同期の設定を行う

Touch ID利用の可否、アプリをロックするまでの時間、iCloud同期の設定を行う

ログイン情報を登録する

あとは、IDとパスワードのログイン情報を登録するのだが、ここでひとつポイントがある。すでに設定済みのパスワードを変更することだ。そのまま利用するのであれば登録するだけだが、これを機会にセキュリティレベルの高いパスワードへ変更したいのなら、まずは以下の解説にしたがってパスワードを作成しよう。そのパスワードをメモしておき、別途該当サービスでパスワードを変更する。パスワードの変更(再設定)方法は、各サービスの案内にしたがってほしい。手間はかかるが、安心して利用するためには欠かせない作業だ。

アプリ画面が開いたら画面下部の「カテゴリー」をタップし、次の画面で右上にある「+」をタップ。無料版では、IDとパスワードを保存する「ログイン」のほか、メモを保存する「セキュアノート」「クレジットカード」「個人情報」が登録できる。いずれも登録しておくと、該当のWebサイトで自動入力ができるようになる。ここではログイン情報を登録するので、「ログイン」をタップする。「クレジットカード」と「個人情報」も、必要な情報を入力するだけでいい。

「カテゴリー」画面右上の「+」をタップし、「ログイン」をタップする

「カテゴリー」画面右上の「+」をタップし、「ログイン」をタップする

「New Login」の画面が開くと、あらかじめログイン画面のURLが登録されたサービスの一覧が表示される。登録したいサービスを一覧から探すか、「ログイン名」にサービス名を入力して検索する。ここでは「Amazon.co.jp」を例に解説するので「Amazon」と入力し、検索結果の「Amazon.co.jp」をタップする。

ログイン情報を登録するサービスをカテゴリーから探してタップする

ログイン情報を登録するサービスをカテゴリーから探してタップする

初めに、ログインに使うユーザー名またはメールアドレスを入力して「→」ボタンをタップ。次の画面で、パスワードを入力する。現在使っているパスワードをそのまま利用するなら、パスワードを2回入力すればいい。ここでは、新しく設定するので「新しいパスワードを生成」をタップ。自動でパスワードが作成される。このパスワードをメモし、該当サービスのサイトでパスワードを変更しておこう。最後に「保存」をタップする。

ユーザー名またはメールアドレスを入力し、パスワードを設定する

ユーザー名またはメールアドレスを入力し、パスワードを設定する

次の画面に、登録内容が表示される。このとき、「ウェブサイト」欄にログイン画面のURLが登録済みであることがわかる。右上の「編集」をタップすれば、登録内容の変更や削除が可能だ。左上の「ログイン」をタップすると、登録情報の一覧画面になる。

登録内容を確認したら「ログイン」をタップして戻る

登録内容を確認したら「ログイン」をタップして戻る

登録したいサービスがカテゴリー一覧に表示されない場合は、新たに項目を作成する。ここでは例として、「三菱東京UFJダイレクト」の項目を作成してみよう。あらかじめ「Safari」でログイン画面を表示し、URLをコピーしておくといい。コピーは、URL部をタップし、さらに長押しして表示されるメニューから「全選択」→「コピー」をタップする。「New Login」画面を開いたら、「三菱東京UFJダイレクト」と入力し、「Create Login for 〜」をタップしよう。

登録したいサービスのログインページでURLをコピーしておき、「1Password」で新しいログイン項目を作成する

登録したいサービスのログインページでURLをコピーしておき、「1Password」で新しいログイン項目を作成する

ユーザー名またはメールアドレスを入力して「→」ボタンをタップ。次の画面でパスワードを入力するか新しく作成して「→」ボタンをタップする。

ユーザー名またはメールアドレス、パスワードを登録する

ユーザー名またはメールアドレス、パスワードを登録する

新たに追加するログイン項目にはログイン画面のURLが登録されていないので、あらかじめコピーしておいたURLをペーストする。最後に「保存」をタップしたら登録は完了だ。同様にして、さまざまなWebサービスやアプリのログイン情報を登録していく。なお、アプリの場合は、後述のように対応/非対応のものがある。

「Webアドレスを入力」欄を長押しし、「ペースト」をタップするとURLが貼り付けられる

「Webアドレスを入力」欄を長押しし、「ペースト」をタップするとURLが貼り付けられる

内蔵ブラウザーでログインする

ログイン情報を登録すると、自動ログインができるようになる。「1Password」に内蔵されるブラウザー機能を使うほか、「Safari」を使ったログインも可能だ。ただし、ログイン方法が異なる。

内蔵ブラウザーの場合は、「1Password」を起動して「カテゴリー」画面の「ログイン」をタップ。登録済みの項目が表示されるので、利用するサービスをタップする。ここでは、「Amazon.co.jp」にログインしてみよう。

「カテゴリー」画面から「ログイン」を開き、利用したいサービスをタップする

「カテゴリー」画面から「ログイン」を開き、利用したいサービスをタップする

画面が切り替わったら、「ウェブサイト」欄のURLをタップ。内蔵ブラウザー機能が起動してログイン画面が表示され、ユーザーIDとパスワードが自動入力される。あとはログインすれば、サービスを利用できる。

URLをタップすると内蔵ブラウザーが起動し、ログイン画面にログイン情報が自動入力される

URLをタップすると内蔵ブラウザーが起動し、ログイン画面にログイン情報が自動入力される

「Safari」でログインする

「Safari」を利用する場合は、「Safari」から「1Password」を呼び出して利用する。「Safari」で利用したいサービスのログイン画面を開き、画面下部中央の「共有」ボタンをタップ。メニューが開いたら、下段を左方向へスワイプして右端にある「その他」をタップ。開く画面で「1Password」を有効にする。

共有メニューを開いて「その他」をタップし、「1Password」を有効にする

共有メニューを開いて「その他」をタップし、「1Password」を有効にする

この操作で、メニューに「1Password」が追加されるのでタップする。次回以降は、メニューを開けば「1Password」をすぐにタップできる。

追加された「1Password」をタップする

追加された「1Password」をタップする

「1Password」が起動したらマスターパスワードの入力かTouch IDでロックを解除。該当のログイン項目をタップして選択すると、ログイン情報が自動入力される。

「1Password」で該当のログイン項目を選ぶと、ログイン情報が自動入力される

「1Password」で該当のログイン項目を選ぶと、ログイン情報が自動入力される

アプリにログインする

「1Password」では、対応アプリであればアプリへの自動ログインも可能だ。対応/非対応は、ログイン画面で判断ができる。ログイン画面のパスワード入力欄右端に「1Password」のアイコンがあれば対応、表示がなければ非対応ということだ。主なアプリでは、「Twitter」「LINE」「Evernote」「Dropbox」などが対応しているが、「Facebook」のほか、金融系アプリは非対応となっている。

自動ログインの対応/非対応はログイン画面で判断する。左は対応の「Dropbox」、右は非対応の「Facebook」だ

自動ログインの対応/非対応はログイン画面で判断する。左は対応の「Dropbox」、右は非対応の「Facebook」だ

ここでは、例として「LINE」への自動ログイン方法を解説する。アプリを起動してログイン画面を表示したら、「1Password」のアイコンをタップ。共有メニューが開くので、「1Password」をタップする。

パスワード入力欄右端にある「1Password」のアイコンから呼び出す

パスワード入力欄右端にある「1Password」のアイコンから呼び出す

「1Password」画面が表示されるので、「Show all Logins」をタップ。登録しているログイン項目が一覧表示されるので、使いたい項目をタップ(ここでは「LINE」)。これでログイン画面に戻ると、ユーザーIDとパスワードが自動入力される。

「1Password」から登録済みのログイン項目を選ぶと、アプリでもログイン情報が自動入力できる

「1Password」から登録済みのログイン項目を選ぶと、アプリでもログイン情報が自動入力できる

有料のプロ版との違い

iOS版の「1Password」は無料だが、「設定」の「プロの機能」からプロ版(1,200円)へのアップグレードで機能を追加することも可能だ。以下、プロ版で追加される主な機能をまとめておく。

・以下の管理項目が増える
 サーバー情報、ライセンス、銀行口座、無線LANルーター、パスポート、運転免許証、メールアカウント、パスワード。

・ログイン項目の保存数が無限に
 無料版は20個までだが、プロ版は無制限。

・ログインを複数人で共有できる

・二段階認証に対応
 Apple IDやGoogleアカウントのように、パスワードとは別にショートメッセージへ送信する認証コードと二段階で認証を行うように設定できるサービスがある。この二段階認証によるログインに対応する。

・登録情報をフォルダーで分類するなど、高度な管理が可能に

・Apple Watchへの対応

・添付ファイルの保存
 文書ファイルや画像などを「1Password」に保存できるようになる。

なお、Android版は、インストール時点でプロ版の機能が30日間無料で使えるようになっている。30日後にそのままフル機能を使うなら1,200円が必要だ。プロ版が必要ないときは、機能制限の無料版としてその後も利用できる。

まとめ

ユーザーIDやパスワードの管理が重要なことはよく理解しているつもりでも、いざ管理をしようとすると手間がかかり、ついつい後回しにしがちだ。しかし、SNSのなりすまし被害や金銭目的の不正アクセスなど、ネット上の危険度は急増している。

「1Password」のような管理アプリを使えば手間は軽減されるし、Webサービスやアプリを安心して利用できる。また、ログイン情報を登録さえすれば、管理に気を遣う必要はないし、自動ログイン機能も便利に使える。

これを機に、ユーザーIDやパスワードの管理体制の見直しをしてみてはいかがだろうか。

小野均

小野均

パソコンからモバイルまで、ハード&ソフトのわかりやすい操作解説を心がける。趣味は山登りにクルマという、アウトドア志向のIT系フリーライター。

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
連載最新記事
連載記事一覧
2017.5.24 更新
ページトップへ戻る