「SUPER FRIDAY」の第2弾は3月がファミチキ、4月がサーティワン

ソフトバンク、18歳以下向けの「学割モンスターU18」 格安スマホ並みの月額2,980円から

このエントリーをはてなブックマークに追加

ソフトバンクは2017年1月16日、18歳以下の新規契約者を対象にしたスマートフォン(スマホ)の新しい割引サービス「学割モンスターU18」を発表した。いくつかの適用条件をクリアすると、格安スマホ並みの月額2,980円からスマホが使える。仕組みや料金は先週KDDI(au)が発表した「学割天国U18」とほぼ同じで、春商戦に向けて、2キャリアが早くも学割で火花を散らす。ただし、意識しているのは両社とも格安スマホで、進学や進級に合わせて自分用のスマホをはじめて手にする学生の取り込みに力を入れる。

学割と「SUPER STUDENT」をアピールするテレビCMに出演する女優の広瀬すずさんと、歌手で女優の大原櫻子さん。ジャスティン・ビーバーさんも出演する第1弾のテレビCM「宣言篇」は、2017年1月20日より放映する

月額2,980円でスマホデビューできる「学割モンスターU18」

学割モンスターU18は、18歳以下の新規契約者が19歳になるまでスマホを安く利用できるキャンペーン。データ通信量に応じて段階的に料金が上がるデータ定額サービスで、1回5分までの国内通話かけ放題プランと組み合わせた場合の最低料金は、3GBまでが2,980円、3GB〜4GBが3,790円、4GB〜5GBが4,490円、5GB〜20GBが4,980円(すべて税別)。発表会で菅野圭吾執行役員は、「データ通信量が多い学生でも快適に使える。データ量を使わない月は料金を安く抑えられる」と説明した。

最低料金で利用するための条件は、1月21日から5月31日までのキャンペン期間中に、家族がソフトバンクと新規契約(毎月1,000円割引)し、さらに、ソフトバンクの固定回線に加入する(毎月1,410円割引)こと。2つの条件を満たさない場合は、月々2,410円高くなり、月額料金は5,390円(税別)からとなる。

18歳以下の新規契約者を対象にした割引サービスを発表するソフトバンクの菅野圭吾執行役員

18歳以下の新規契約者を対象にした割引サービスを発表するソフトバンクの菅野圭吾執行役員

学割モンスターU18は、データ通信量に応じて段階的に料金が上がるプランで、上限の20GBまで利用した場合が4,980円(税別)。最低は3GBまでで2,980円(同)

「SUPER FRIDAY」第2弾はファミチキ

また、昨年実施した「SUPER FRIDAY」の第2弾も発表。同社のスマホ利用者であれば、毎週金曜日にファミリーマート、サークルK、サンクスで「ファミチキ」が1個もらえるクーポンを3月に配信する。4月には、サーティワン アイスクリームのレギュラーシングルコーン1個がもらえるクーポンを配信する予定だ。さらに、学生(25歳以下)だと特典が2倍となり、ファミチキとアイスクリームが2個もらえるという。

このほか、「Yahoo!ショッピング」と「LOHACO」で買い物をすると、全商品のポイントが10倍たまるキャンペーンを2月1日から5月31日まで実施する。

学割は、新規契約者である学生を取り込むための施策だが、競争相手はキャリアでなく、格安スマホや格安SIMを提供するMVNOだ。子どものスマホを新たに購入する際に、月額料金の安いMVNOを検討する親は少なくない。子どものスマホ購入をきっかけに家族全員でMVNOへの乗り換えも検討するかもしれない。ソフトバンクやauは学割により格安スマホ並みに月額利用料を安くして、その上にSUPER FRIDAYや、ポイントアップなどのサービスを提供することで、格安スマホとの違いを打ち出しているのだ。

学生向けのSUPER FRIDAYは、特典が2倍となる。「1人で2つ食べてもいいですし、1つをソフトバンク以外のスマホを利用している人とシェアしてもいい」(菅野氏)

発表会にはヤフーの宮坂学社長が登壇し、ポイント10倍を説明。ほかのポイントと組み合わせると、さらにお得に買い物ができることを強調した

三浦善弘(編集部)

三浦善弘(編集部)

パソコン関連を担当する双子の兄。守備範囲の広さ(浅いけど)が長所。最近、鉄道の魅力にハマりつつあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
特別企画最新記事
特別企画記事一覧
2017.6.28 更新
ページトップへ戻る