工事不要ですぐ使える窓用暖房器具で心地よさUP&結露知らずの冬を過ごそう♪

防寒の要は“窓”にあり! 窓専用ヒーター「ウインドーラジエーター」で冷気をシャットアウト

このエントリーをはてなブックマークに追加

“暖房をつけているのに寒い”となる原因の1つに、窓からの冷気がある。壁には断熱材が入っているが、窓はガラスのみなのでどうしても断熱性が落ちる。そのため、外気温が低くなると室内に冷たさが伝わってきて、“窓際が寒い”“足元が冷える”となってしまうのだ。

冷気をブロックする手段として、窓を複数枚にしたり、窓に貼り付けるシールなどがあるが、筆者が気になっているのは窓専用の暖房器具「森永ウインドーラジエーター W/R-1219(以下、ウインドーラジエーター)」。冷気の侵入を抑えるだけでなく、結露抑制にも役立つという。さっそく、効果があるのかを確かめてみた。

構造をチェック

「ウインドーラジエーター」は、暖かい気流を上に向かって発生させるヒーター。窓下に置いておけば、窓からの冷気を押し上げてくれる。これにより、冷気の流入や結露がブロックされるという仕組みだ。ただし、あくまでもメインで使用する暖房器具の補助という位置付けなので、「ウインドーラジエーター」だけで部屋を暖められるわけではない。冷気が防げることで体感温度が2℃アップし、併用する暖房器具の設定温度を低めにできるメリットもあるという。消費電力は120Wとなっており、1日8時間使用た場合、電気代の目安は1か月で634円になる(1kWh22円で算出)。

サイズは、120(幅)×5.6(高さ)×4.7(奥行)cm

サイズは、120(幅)×5.6(高さ)×4.7(奥行)cm

4枚の板状のパーツが束になった細長い形をしている

4枚の板状のパーツが束になった細長い形をしている

電源コードと運転のON/OFFを切り替えるスイッチがあるのみで、温度設定するものやボタンは付いていない

電源コードと運転のON/OFFを切り替えるスイッチがあるのみで、温度設定するものやボタンは付いていない

「サイズが窓に合わないかも!」という人もご安心を。横にスライドさせれば、幅が最大70cm伸ばせる

「サイズが窓に合わないかも!」という人もご安心を。横にスライドさせれば、幅が最大70cm伸ばせる

120〜190cmの間で長さを調整可能

120〜190cmの間で長さを調整可能

実際に使ってみた

取り付けたり、温度を設定する必要もないので、さっそく自宅に設置してみることに。今回試したのは、木造一軒家。11月半ばに検証したので、冬本番というほど寒くはないが効果を感じることはできるのだろうか。同じ部屋の隣り合った窓の片方に「ウインドーラジエーター」を設置し、一晩稼働した違いを比べてみる。

窓の下に「ウインドーラジエーター」を置いて、スイッチをONにするだけで設置完了。重量が約1.73kgなので、持ち運びも苦労しないだろう。だが、窓の幅に長さが足りていない

「ウインドーラジエーター」を伸ばせばジャストなサイズになった

「ウインドーラジエーター」を伸ばせばジャストなサイズになった

運転をONにすると、サイドにあるランプが点灯。ほのかな明るさなので、寝室に使用しても問題なさそう

運転をONにすると、サイドにあるランプが点灯。ほのかな明るさなので、寝室に使用しても問題なさそう

約3分で板状のパーツが徐々に暖かくなってきた。ちなみに、本体表面温度は65℃程度にしかならないので、カーテンのある窓での使用も可能

21時頃から運転を開始し、冷え込みの激しい早朝5時に温度測定。「ウインドーラジエーター」真横の温度が高いのは当たり前なので、8cmほど離れた所の室温を計ってみた。

「ウインドーラジエーター」のない窓のほうは、室温が15℃だった

「ウインドーラジエーター」のない窓のほうは、室温が15℃だった

「ウインドーラジエーター」を設置した側は、5℃も室温が高い! もう少し離れると1〜2℃しか差が出なかったが、「ウインドーラジエーター」のある窓からは冷気を感じず。まさに、冷気をシャットアウトした状態だ。冷たい風が当たらないだけで、寒さがこれほど軽減されるとは!

冷気の違いだけでなく、結露の有無にも大きな差が!

「ウインドーラジエーター」のないほうの窓は結露が激しく、水滴が垂れている

「ウインドーラジエーター」のある窓も上のほうはうっすらと曇っているが、結露は見当たらない

「ウインドーラジエーター」のある窓も上のほうはうっすらと曇っているが、結露は見当たらない

まとめ

シンプルな構造と、ほんのりとしか暖かくならない状況を目の当たりにした時、これで寒さを緩和するなんて厳しいのでは? と、正直、疑っていた。しかし、本当に冷たい風が窓から入ってこないのだ。冷気を感じないことで、“寒い”と感じることも減ったように思う。いつも、足元が寒いとメイン暖房の設定温度をどんどん上げていたのだが、そういったこともせずに済んだ。結露が大幅に低減できたことも、そそられる。

筆者宅のベッドは窓の近くにあるので、「ウインドーラジエーター」を設置すれば、かなり快適になりそう。現在は冷気対策として、つぶしたダンボールを窓に立てかけているのだがソヨソヨと冷たい空気が流れてくるため、なかなか寝付けず。「ウインドーラジエーター」はファンやモーターを搭載していないから、運転音はゼロ。睡眠を妨げられる心配もない。設置スペースと電源さえ確保できれば、使用を躊躇する要因はないだろう。

ちなみに、今回紹介した「W/R-1219」のほかに、伸縮しない「定尺タイプ」や消費電力が異なるものも用意されている。ただ、「W/R-1219」を試した感じだと、伸縮するほうが便利だし、消費電力も高めのもののほうが冷気を遮断する効果は高そうだ。

価格.comで「森永ウインドーラジエーター W/R-1219」の最新情報をチェック!

中村 真由美(編集部)

中村 真由美(編集部)

モノ雑誌の白物家電の編集者として6年間従事した後、価格.comマガジンで同ジャンルを主に担当。アウトドアからオタク系まで意外と幅広くイケちゃいマス。

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
レビュー最新記事
レビュー記事一覧
2017.3.29 更新
ページトップへ戻る