牛島義之のアウトドアのススメ
牛島義之のアウトドアのススメ

キャンプやBBQ、フェスに大活躍! 座り心地が快適なアウトドアチェアを見つけよう

ピクニックやBBQ、キャンプなど、さまざまなシーンで活躍するアウトドアチェア。「座れればいいだけだから安いものでイイ!」となりがちですが、さまざまな種類があり、座り心地重視、収納性第一といったようにこだわりのポイントも違います。安易に価格だけで選ぶと後悔することになるかもしれません。そこで今回は、アウトドアチェアの種類と特徴を紹介します。特徴を知ったうえで購入すれば、きっとお気に入りの1脚になるはず!

「収束式」と「折りたたみ式」で分類される

アウトドアチェアは、収納方法で大きく「収束式」と「折りたたみ式」の2種類に分かれます。2つの方式にはメリットとデメリットがあるので、それぞれで代表的な1脚を例に特徴を見ていきましょう。なお、単に収納方法が違うだけでなく、使い勝手や座り心地も異なるので、実際に座って確かめてから購入することを推奨します。

・収納と持ち運びを優先するなら収束式

収束式チェアのメリットは、4本の脚部を1か所に収束させて細長くコンパクトに収納できるということ。ラゲッジスペースが狭いクルマや、あまり広い保管場所がない人に向いています。

コールマン「ツーウェイキャプテンチェア」は収束式ですが、しっかりとしたアームレストが付いています。使用時のサイズは約55(幅)×67/84(高さ)×56(奥行)cm。約100kgまで重さに耐えられる性能を有しているので、大柄な男性でも安心して座れます

束ねるように収納できるのが、収束式です。「ツーウェイキャプテンチェア」の収納サイズは約20(幅)×66/83(高さ)×20(奥行)cm。重量は約3.5kgなので、肩にかけて持ち運ぶこともできます

生地が四隅で固定され、座面がハンモック状になっているため、座ると体重で座面が沈み込むのが収束式チェアのデメリット

「ツーウェイキャプテンチェア」では座った時の沈み込みを軽減するため、座面裏をテープで補強しています。これがあるのとないのでは、座り心地が違ってきます

座面裏に工夫がされた「ツーウェイキャプテンチェア」でも、写真のように座面は沈み込みます。このような工夫がない収束式チェアは、長時間座っていると疲れることも

すべての収束式チェアに該当するわけではありませんが、「ツーウェイキャプテンチェア」のように高さをハイ・ローの2段階に調節できるタイプは汎用性が高く、快適さが劇的に違ってきます

「ツーウェイキャプテンチェア」の特徴として、アームレストに手触りのよい天然木を使用しています。ほかの収束式チェアでは、発泡ウレタン製や布製のアームレストを採用していることが多いので、ちょっとリッチな印象

・座り心地を重視するなら折りたたみ式

折りたたみ式チェアは収束式のようにスリムにまとめることはできませんが、その分、座面が安定し、座り心地がいいのが魅力です。

折りたたみ式のキャプテンスタッグ「CSクラシックス FDディレクターチェア」(以下、FDディレクターチェア)。パッと見た感じでも、収束式チェアよりも骨組みや座面がしっかりしている印象です。使用時のサイズは57(幅)×82(高さ)×55(奥行)cm

座面や背もたれを折り曲げてたたむ折りたたみ式は、収納サイズが大くなってしまうのがデメリット。クルマへの積み込みや家での保管は、収束式に比べるとかさばります。「FDディレクターチェア」の収納サイズは50(幅)×82(高さ)×17(奥行)cmで、重量は約4kg

折りたたみ式チェアは座り心地がバツグン! 左右にフレームが通っていることで座面がピンと張られています

折りたたみ式チェアは座り心地がバツグン! 左右にフレームが通っていることで座面がピンと張られています

収束式ほど座面が大きく沈み込まないので、食事や団らんで長時間座っていても疲れません

収束式ほど座面が大きく沈み込まないので、食事や団らんで長時間座っていても疲れません

一般的な折りたたみ式チェアは金属製のフレームを使用していますが、「FDディレクターチェア」はオイルステイン加工を施した天然木を採用。インテリアとしても使えるラグジュアリーなデザインになっているところが魅力です

「FDディレクターチェア」のもうひとつの特徴は、生地にコットン混紡素材を採用していること。この素材はコットン65%+ポリエステル35%なので肌触りがいいだけでなく、焚き火などから飛んでくる火の粉で穴が開きにくいのもポイント

化学繊維を使ったチェアの場合、火の粉に触れると溶けて簡単に穴が開いてしまいます。焚き火の近くで使用することが多いなら、「FDディレクターチェア」のようにコットン混紡素材を採用したチェアを選ぶほうが安全かもしれません

カテゴリー別に、注目モデルをピックアップ!

収束式と折りたたみ式という2つの分類があることをふまえたうえで、次にチェックするのはチェアの種類。アウトドアチェアにはさまざまな種類があり、食事をする場でよく利用される「ダイニングチェア」、くつろぐための「リラックスチェア」、座椅子のように使う「グランドチェア」など、シーンにあわせて多様に用意されています。使用されている素材が違うため、座り心地に差はありますが、目的さえはっきりしていれば種類を選ぶのは難しくないでしょう。

使用時のスタイルを思い描きながら、ピッタリなチェアを見つけましょう

使用時のスタイルを思い描きながら、ピッタリなチェアを見つけましょう

多様に使えるハイポジションの「ダイニングチェア」

座面高45cm前後で、ダイニングテーブルで食事をするのに適しているハイチェアは、離着席がしやすく、もっともスタンダードなモデル。高さ70cm前後のテーブルと組み合わせて「ハイスタイル」のリビングが作れます。

・モンベル「ベースキャンプチェア」

座面と背もたれにパッドを入れることで、座り心地を向上。背面に小物などを入れられるポケットがあるほか、樹脂製のアームレストには移動可能なカップホルダーが付いています。

使用時のサイズは約53(幅)×81(高さ)×53(奥行)cm。収束式で、収納サイズは約18(幅)×81(高さ)×16(奥行)cm、重量は約3.22kg

・スノーピーク「FDチェアワイド RD」

折りたたむ際に背もたれを倒す独自の収納方法を採用しており、折りたたみ式チェアでありながら比較的コンパクトに収納可能。座面がワイドなので、ゆったりと座れるのも特徴です。

使用時のサイズは約59.5(幅)×84(高さ)×58(奥行)cm。折りたたみ式で、収納サイズは約69(幅)×58(高さ)×11(奥行)cm、重量は約3.6kg

・ロゴス「グランベーシック ダイニングディレクター」

フレームに軽量なアルミ、サビに強いステンレスパーツを採用。「グランベーシック ダイニングディレクター」だけでもゆったりと過ごせますが、別売のスツールと組み合わせれば、足を伸ばしてくつろぐことができるようになります。

使用時のサイズは約60(幅)×81(高さ)×50(奥行)cm。折りたたみ式で、収納サイズは約52(幅)×51(高さ)×15(奥行)cm、重量は約3.2kg

スツール(別売)に足を乗せれば、より快適に!

スツール(別売)に足を乗せれば、より快適に!

安心感が高いローポジションの「ダイニングチェア」

座面高が約30cm前後のローチェアは、足を伸ばしてソファのようにリラックスして座れます。高さ40〜50cmのテーブルと組み合わせた「ロースタイルリビング」や、焚き火を囲んで団らんを楽しむのにうってつけ。また、子どもが座っても足が地面にしっかり届くので、家族みんなで安心して使えるでしょう。

・コールマン「ファイアープレイスフォールディングチェア」

生地には防炎加工を施したポリエステルを採用しているため、焚き火の近くでも安心して使用できます。木製のアームレストは肌触りも見た目的にも◎。持ち運びに便利なハンドルが上部に装備されています。

使用時のサイズは約53(幅)×62(高さ)×54.5(奥行)cm。折りたたみ式で、収納サイズは約53(幅)×56(高さ)×9(奥行)cm、重量は約2.2kg

・キャプテンスタッグ「エクスギア ロースタイル ディレクターチェア」

背面にウレタンフォーム製のクッション材、アームレストに天然木を採用することで座り心地を追求。ドリンクホルダーが装備されているので、テーブルのないシーンでも快適に使えます。

使用時のサイズは約62(幅)×75(高さ)×54.5(奥行)cm。折りたたみ式で、収納サイズは約54.5(幅)×73(高さ)×17(奥行)cm、重量は約3kg

・スノーピーク「ローチェアショート アイボリー」

地面に接する前脚にはやわらかい地面に潜り込まず、安定して設置できるパーツを装着。背面には小物を収納できるポケットと、小型のランタンなどをさげておけるアクセサリーフックが装備されています。

使用時のサイズは約58(幅)×69(高さ)×65(奥行)cm。収束式で、収納サイズは約16(幅)×84(高さ)×18(奥行)cm、重量は約3.4kg

読書やお昼寝に最適な「リラックスチェア」

背もたれに体を預けてリラックスした姿勢でくつろげるリラックスチェアは、食事には適していませんが、くつろいだり、昼寝するのにうってつけ。リクライニングできるモデルであれば星空観察などにも便利です。

・ロゴス「グランベーシック スムースリクライナー」

リクライニングが無段階で調整でき、好みの角度でくつろげます。さらに、ヘッドレストも付属しており、その装着位置も調節可能。長時間座っていたくなるチェアです。

使用時のサイズは約63(幅)×104(高さ)×110(奥行)cm 。折りたたみ式で、収納サイズは約65(幅)×96.5(高さ)×15(奥行)cm、重量は約10.5kg

・キャプテンスタッグ「CSクラシックス リラックスクッションチェア」

肌触りのよいコットン混紡素材の生地にはクッション材が入っており、腰を下ろすと包み込まれるような座り心地を得られます。背面には小物を入れておけるポケットを装備。

使用時のサイズは約87(幅)×86(高さ)×77(奥行)cm 。収束式で、収納サイズは約16(幅)×106(高さ)×16(奥行)cm、重量は約5kg

・コールマン「レイチェアレッド」

アームレストには、見た目に温かみのある天然木を採用し、3段階にリクライニング調整ができる機構も備えています。組み立て・収納は簡単にできるようになっており、使い勝手はバツグン!

使用時のサイズは約61(幅)×98(高さ)×70(奥行)cm 。収束式で、収納サイズは約25(幅)×89(高さ)×15(奥行)cm、重量は約3.7kg

携帯性バツグンの「組み立て式ローチェア」

テントのようにフレームを組み立て、そこに生地を取り付けるハンモック形状の「組み立て式ローチェア」。片手に収まるほどコンパクトに収納でき、トレッキングなどにも携帯できるほど軽量なモデルもあります。ただし、前屈みの姿勢を取りづらいので食事は少々とりにくいかも。

・ヘリノックス「チェアワン」

超軽量アルミフレームに背面メッシュ素材の生地を取り付けた「チェアワン」は、通気性もよく、春夏に最適。寒い時期にシートにかぶせ保温性を高める専用シートウォーマー(別売)も用意されています。非常にコンパクトで軽量なので、キャンプやBBQだけでなく、登山にももってこい。

使用時のサイズは約52(幅)×66(高さ)×50(奥行)cm 。収納サイズは約35(幅)×12(高さ)×10(奥行)cm、重量は約890g

価格.comで「チェアワン」をチェック!

・コールマン「リーフィーチェア ハイバックレッド」

ゆったりと体を預けられるハイバック仕様ながら、コンパクトに収納できるのがポイント。シート背面にはメッシュ素材を採用しているので、暑い季節も通気性を確保できます。収納袋を脚に装着して大きめのポケットとして使えるのも、おもしろいアイデア。

使用時のサイズは約56(幅)×101(高さ)×67(奥行)cm 。収納サイズは約50(幅)×10(高さ)×15(奥行)cm、重量は約1.5kg

・ロゴス「neos コンパクトバケットチェア」

組み立て式ローチェアの座面は比較的タイトなモデルが多いですが、「neos コンパクトバケットチェア」はワイドサイズなのでゆったりと座れます。生地には通気性の高いメッシュ素材を使用。

使用時のサイズは約58(幅)×71(高さ)×58(奥行)cm。収納サイズは約13(幅)×33(高さ)×12(奥行)cm、重量は約2.2kg

座椅子のように使える「グランドチェア」

パッと広げて地べたに置き、座椅子に腰かけるように使える「グランドチェア」はトレッキングやピクニック、ビーチ、お花見、テント内などで活躍。座面が地面に接するので、寒い季節に利用する際は、冷気をシャットアウトする素材を採用したモデルを選びましょう。

・ロゴス「デザインロールアップチェア」

地面と接する部分にはPVCシートを採用しているので、少々濡れた場所に置いてもお尻が濡れる心配はありません。マットのように丸めて収納できるので、持ち運びが簡単。収納バッグも付属しています。

使用時のサイズは約50(幅)×47(高さ)×50(奥行)cm。収納サイズは約15(直径)×50(高さ)cm、重量は約920g

・コールマン「コンパクトグランドチェア」

一般的なグランドチェアは寄りかかるとシートが体を包み込むような形状となりますが、「コンパクトグランドチェア」はアルミフレームが支えとなり、シートの湾曲を低減。圧迫感の少ない座り心地が得られます。

使用時のサイズは約39(幅)×43.5(高さ)×52.5(奥行)cm。収納サイズは約10(幅)×61(高さ)×14(奥行)cm、重量は約1.3kg

・クレイジークリーク「HEX2.0 パワーラウンジャー ブラックロイヤルブルー」

ふくらはぎまでをカバーする座面は、気温の低い季節でも地面からの冷気をシャットアウト。ストラップを外せば、ショートサイズのスリーピングマットとしても使用できます。しなやかな生地を採用しているので折りたたみやすく、座り心地もバツグン。

使用時のサイズは約45(幅)×137(長さ)cm。収納サイズは約15(直径)×53(高さ)cm、重量は約850g

荷物置きとしても活用できる「ベンチ」

座ることを目的に購入する人ばかりでなく、クーラーボックスや水タンクなどのスタンドにしたり、バッグやブランケットの荷物置きとして利用できるのが「ベンチ」。

・スノーピーク「FD ベンチ RD」

置いて開くだけの簡単セッティングですが、座る人の自重で安定する設計となっており安定感はバツグン。フラットにたためるので、クルマのラゲッジや家の収納場所にちょっとした隙間があれば収めることができます。

使用時のサイズは約109.5(幅)×36(高さ)×33(奥行)cm。折りたたみ式で、収納サイズは約109.5(幅)×47(高さ)×6.5(奥行)cm、重量は約2kg

・キャプテンスタッグ「CSクラシックス AIDベンチ」

オイルステイン加工を施した天然木のフレームを採用した、温かみのあるデザインが魅力。中央にも脚を装備することで、より高い安定性を生み出しています。生地は、焚き火の火の粉が触れても穴が開きにくいコットン混紡素材。

使用時のサイズは約110(幅)×43(高さ)×31(奥行)cm。折りたたみ式で、収納サイズは約110(幅)×50(高さ)×9(奥行)cm、重量は約3.8kg

カップルや親子にうってうけな「背もたれ付きベンチ」

上で紹介した「ベンチ」に背もたれが付いたモデルは、寄りかかって座れるので座り心地がもっとラクに! 近年は、ひじかけが装備されているモデルの生地を替えたり、ブランケットをかけたりして使うのが“おしゃれキャンプ”のトレンドとなっています。

・キャプテンスタッグ「キャンプアウト アルミ背付ベンチ」

天然木製のアームレストが付いた、ロースタイルの2人がけベンチ。通称「鹿ベンチ」と呼ばれ、別売のカバーを被せてカスタムするアイテムとして“おしゃれキャンパー”の間で人気があります。

使用時のサイズは約104(幅)×66.5(高さ)×56(奥行)cm。折りたたみ式で、収納サイズは約104(幅)×64(高さ)×8.5(奥行)、重量は約3.7kg

・コールマン「ファンチェアダブル」

近い距離で2人で腰かけたい方にうってつけ。同じ柄のシングルチェアもあるので、サイトのコーディネートもかわいくキメられるでしょう。小物を収納できるポケットが背面に装備され、収納用のケースも付属するなど基本をしっかり押さえた1脚です。

使用時のサイズは約89(幅)×66(高さ)×54(奥行)cm。収束式で、収納サイズは約23(幅)×68(高さ)×16(奥行)cm、重量は約3.7kg

子どもが無理なく座れる「キッズチェア」

普通のダイニングチェアに座らせることもできますが、子どもが安全に安心して楽しめるようにするなら「キッズチェア」を用意してあげるほうが賢明。シートベルトや地面に固定できるペグダウンリングで転落・転倒防止用の工夫をしているモデルを選ぶと、より安心です。座面高が高く設計されており、子どもがテーブルできちんと食事できるようになっているので、大人はダイニングチェア、子どもはキッズチェアで食事を満喫しましょう!

・コールマン「キッズスリムキャプテンチェア」

脚部を台形に広げることで使用中の安定性を高めたほか、転落防止用のシートベルトや転倒防止用のペグダウンリングも装備。小さな子どもでも安心して座らせられます。

使用時のサイズは約48.5(幅)×88(高さ)×48(奥行)cm。収束式で、収納サイズは約14(幅)×88(高さ)×16(奥行)cm、重量は約2.6kg

・スノーピーク「FD KID'Sチェア RD」

前後に転倒しにくいよう脚部の接地部分を大きく設計し、安定感を高めているのがポイント。座った時に大人と同じ目線になるようにデザインされているので、家族での会話も弾むでしょう。

使用時のサイズは約57(幅)×79(高さ)×50(奥行)cm。折りたたみ式で、収納サイズは約50(幅)×67(高さ)×9(奥行)cm、重量は約2.3kg

牛島義之

牛島義之

アウトドア雑誌の副編集長職を経てフリーランスとして独立。以降、アウトドアをはじめ、グッズ、クルマ、旅行などレジャー関連を中心に執筆している。

関連記事
価格.comマガジン「動画」まとめページ
ページトップへ戻る