いいモノ調査隊
夜のキャンプで地味にコワいのが…「ロープひっかけ事故」。光るロープならお悩み解決!

光るロープでつまずき防止。夜のキャンプのお助けアイテム

夏休み、川で! 山で! キャンプの季節の到来です。キャンプで地味にコワいのが「ロープひっかけ事故」。日が暮れて真っ暗になると、テントやターフのロープが見えなくなって足をひっかけたり、つまずいたりすることがよくあります。最悪、テントやターフが崩壊してドリフ状態になることも! これが、他人のテントだった場合はシャレになりません。子供や酔っ払いは本当に要注意です。

何かいい解決策はないかとアウトドアグッズを探していたら「キャンプ場での夜間のつまずきを防止」の文字が目に飛び込んできました。蓄光糸と反射糸を編み込んだ「DOUBLE REFLECTION ROPE (ダブルリフレクションロープ)」と「LED TENT ROPE LIGHT (LEDテントロープライト)」がセットになった「CAMPING ROPE SET (キャンピングロープセット)」。アウトドアブランド、DOPPELGANGER OUTDOOR (ドッペルギャンガーアウトドアー)の製品です。蓄光・反射・LEDのトリプル発光パワー、どこまで効果を期待できるのか! さっそく購入してみました。

まずは1つめ「ダブルリフレクションロープ」

まずは1つめ「ダブルリフレクションロープ」

長さ10m、直径3.5mm

長さ10m、直径3.5mm

ピンクの糸(ポリプロピレン素材)をベースに、懐中電灯などの光に反応するグレーの「反射糸」、光を蓄えて暗所で発光する白の「蓄光糸」を編み込んだ作りです。かなりビビッドなピンクですが、芝生、土、砂利などテントを設営する場所でクッキリ目立つので、昼間のつまずき防止にも役立ちます。

もう1つが「LEDテントロープライト」。チューブの長さは約70cmです

もう1つが「LEDテントロープライト」。チューブの長さは約70cmです

透明チューブの両脇には、電池とLEDライトを内蔵した本体。本体のスイッチを押すと両サイドからLEDライトが光る仕組み(電池1つで約48時間連続点灯)。クリップ式なので必要な場所に簡単に装着できます。防水構造なので多少の雨でも心配ありません。

実際にキャンプでチャレンジしてみます。ダブルリフレクションロープをタープロープに使用、LEDテントロープライトはテントロープに装着。ダブルリフレクションロープは、一定期間ロープに光を当てることで、1時間程度明るさをキープできるとのことですが、今日はあいにくの曇り空。はたして結果は…。

2つのロープをそれぞれ装着

2つのロープをそれぞれ装着

日が暮れました。日照不足のせいか、ダブルリフレクションロープのほうはぼんやり…。LEDテントロープライトはバッチリ! チューブを通るグラデーションの光がキレイ。色がランダムに変化するのでかなり目立ちます。つまずき防止はもちろん、トイレに行った帰りに自分のテントを見失うという危険も回避できそう。

ぼんやり光るダブルリフレクションロープ

ぼんやり光るダブルリフレクションロープ

蓄光糸は今回あまり目立ちませんでしたが、反射糸も編み込まれているので、懐中電灯が当たるとくっきりとロープが浮き上がりますよ。

グラデーションの光が幻想的なLEDテントロープライト

グラデーションの光が幻想的なLEDテントロープライト

キャンプでは本領を発揮できなかった、ダブルリフレクションロープ。悔しかったので天気のいい日に、朝から日光に当て再チャレンジしました。

暗闇に浮かびあがるダブルリフレクションロープの光

暗闇に浮かびあがるダブルリフレクションロープの光

暗がりで、ダブルリフレクションロープが緑色に光っているのが確認できました。ボワッと光るその輝きはまるでラピュタの飛行石のよう。LEDの明かりでも蓄光できるので、お天気がよくない日はLEDの懐中電灯を利用する手もアリです。このロープセットがあれば、ロープにつまずく危険性を減らせるはず。この夏のキャンプのお供にくわえてみてください。



(回遊舎/綱川晶子)
回遊舎

回遊舎

暮らしの中のかゆ〜い所に手が届く。そんな調査結果をお届けしていきます☆

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
  • CAMPING ROPE SET (キャンピングロープセット)

  • 参考価格 -

  • 2018年4月26日 11:52 現在

関連記事
ページトップへ戻る