「どうやって撮ったの?」って聞かれたい♪ 写真がちょっと上手くなる女子カメラ教室

連載最終回! 「写真がちょっと上手くなる女子カメラ教室」総集編

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年12月からスタートしたこの連載もまる1年ということで、いよいよ今回が最終回! 早いですねぇ、1年って。そこで今回は「総集編」ということで、これまでのテーマを振り返り、各回ごとのポイントとなる部分を未掲載の写真も含めたダイジェスト版としてお届けしたいと思います。さあ皆さん! いろいろと思い出してください、おさらいですよ〜。ちなみに、初めてこの連載をご覧になる方や以前の内容をすっかり忘れちゃったという方は、これまでの記事をチェックしてみてくださいね!

<連載> 「どうやって撮ったの?」って聞かれたい♪ 写真がちょっと上手くなる女子カメラ教室

第1回「広角レンズ」
ド迫力の写真が撮りたい! それなら広角レンズで思い切り被写体に近づいて撮ってみよう

一般的に広角レンズは、広い景色を端から端まで、目に見える現実のすべてを写真に収めたい時や狭い空間を広く見えるように撮りたい時などに活用するレンズというイメージがあるかと思います。ですが、第1回ではそれだけではないことを猫ちゃんの写真(写真1)を例に説明しました。広角レンズであえて被写体に思い切り近づくことで、普通の猫も非現実的でフォトジェニックな猫に変身!

写真1 1/60 秒、F4.0、ISO1000、使用カメラ/キヤノン「EOS M10」、使用レンズ/EF-M11-22mm F4-5.6IS STM

写真1 1/60 秒、F4.0、ISO1000、使用カメラ/キヤノン「EOS M10」、使用レンズ/EF-M11-22mm F4-5.6IS STM

広角レンズは被写体に近づくほど手前が大きく広く、後ろが小さく狭く写ります。この遠近感の魔法こそが広角レンズの特徴。この時は11〜22oという超広角ズームレンズの11o側で撮影しました。このように焦点距離(レンズの中心から撮像素子までの距離)が短い広角レンズほど遠近の歪みが顕著に表れ、非現実感を得ることができるのです。

第2回「露出補正」
より印象的に! 陰影のある写真ほど“マイナス補正”で

写真を撮る際のカメラが取り込む光の量=「露出」は、主に絞りとシャッタースピードの組み合わせとISO感度によって決まります。そしてデジカメは、これを自動的に適正露出になるようにコントロールしてくれる自動露出(AE)機能を持っています。皆さんは普段、このAE機能を無意識に使って撮影しているわけですが、「あれ?なんか仕上がりが明るすぎるなぁ〜」とか、逆に「なんでこんなに暗いの?」と、イメージと違う写真が撮れてしまうことってありませんか? じつはカメラのAE機能は反射の多い被写体や明暗度がある被写体などがあまり得意ではないため、被写体によってはこのようなことが起こってしまうのです。そこで登場するのが「露出補正」。適正露出を得る以外にも、この露出補正という機能は第11回に登場した「ゆるカワ写真」のような個性的な写真を撮るうえでも絶対外せない機能です。ここでしっかり覚えましょう。

多くのカメラはボディのどこかに「+/−」のようなマークがあるはずです。そのボタンを押すと、「−2・・−1・・0 ・・+1・・+2」 のような(もしくは似たようなインジケーター)が出てくるはず。この数値を、明るくしたければプラスに、暗くしたければマイナスに設定しましょう。第2回では、白いフラミンゴの羽の質感を出すため、また、逆光の動物をより印象的にするためにマイナス補正をかけた例題を載せました。ここで新たにもう1枚マイナス補正を使い、光の当たっている部分とそうでない部分を強調して印象的になった例を取り上げてみます。

写真2 1/100 秒、F5.0、ISO 200

写真2 1/100 秒、F5.0、ISO 200

ラベンダーにいい感じで木漏れ日が当たっていたので、光が変わってしまう前にと急いでAUTOでシャッターを切ったのが写真2です。でもモニターでチェックしたところ、肉眼で見た感じより陰影が薄れていて平淡な感じに撮れてしまいました。これはカメラが自動で全体の露出を決めちゃったからです。「んー、なんかちょっと現実の見た目とは違ってメリハリ感がなくなっているなぁ」と思いました。こんな時こそマイナス補正! 思い切ってマイナス1.5にして撮ったのが下の写真3です。これ、これです! 撮りたかったのはまさしくこれ! ラベンダーの色も鮮やかになり、陰影も見た目以上に。効果バツグン!

写真3 1/100 秒、F5.0、ISO 200、−1.5EV

写真3 1/100 秒、F5.0、ISO 200、−1.5EV

連載第2回では、1つのカットをマイナス補正、補正なし、プラス補正、の3段階を自動で1
度に撮ることができるオートブラケット機能についての解説と作例も載せてあるので、忘れてしまわれた方は、またおさらいしてくださいね。

第3回「アングル」
“突っ立ったまま撮った写真”じゃ物足りなくない? ハイアングルとローアングルで世界が変わる!

私たちが被写体を前に普通に立ったまま「目の高さ」で撮影することをアイレベル撮影といいますが、アイレベルで撮った写真は日常の目線そのものなので、特別広角なレンズでも使わない限りインパクト部分で弱く、新鮮さの部分でも欠け、なんかどっかで見たことのあるフツーな写真で終わってしまいがちです。そこで視点を変えてみましょう!というのがこの回のテーマ。上から見下ろすのがハイアングル、下から見上げるのがローアングル。写真4はエッフェル塔を真下から見上げてローアングルで撮ったものですが、構図のアクセントに手前に標識も入れてみました。

写真4 1/640 秒、F8、ISO100
真下からのアングルはエッフェル塔だけでもインパクトはありましたが、抜けるような青空に標識の赤が効いて目を引く写真になりました。差し色ってやつです!

ここで究極のハイアングル写真を1枚。もはやこれはハイアングルというくくりからは離れてしまっているかもしれませんが(笑)。

写真5 1/250秒、F18、ISO 400

写真5 1/250秒、F18、ISO 400

写真5は、アメリカのアンテローブキャニオン近くのホースシューベントと呼ばれる場所。私のハイアングルで撮ったこれまでの写真の中では1番命がけで撮ったものかもしれません(笑)。なんせ、柵も何もないところ! 下を流れているのはコロラド川ですが、優雅な川下りからではこの景色は見られません。ホースシューベントという名前の通り、上から見ると馬の蹄鉄に似ていることから名前が付いたようです(今でも思い出すと足が震えます!)

第4回「ボケ」
日本人はボケ写真が好き(なんだそうです)! 外国人はブレ写真が好き(らしいです)!

そういわれるとそんな気がしませんか? 外国で見かける広告写真などもブレのイメージが多く、ボケを生かしたものは少ない気がします。農耕民族の静止画的な世界観と狩猟民族の動画的な世界観の違いでしょうか(笑)。さて、話を戻しますが、ボケとは早い話が「絞り」のこと。絞りのことさえわかっていれば、ボケは誰もが簡単に表現することができます。

レンズの絞りは絞り込む(レンズに書いてある数字の大きい方に合わせる)ほどピントの合う範囲が手前から奥まで広くなり、絞りを開ける(レンズの数字の小さいほうに合わせる)ほどピントの合う範囲が狭くなります。絞りを表す記号は「F」値。つまりF値が大きいほどボケずに後ろまでピントが合った写真が撮れて、F値が小さいほど手前や奥がボケた写真が撮れるということです。

連載第4回では、開放値(絞りを1番開けた状態)の数値が小さい(=明るい)広角レンズやマクロレンズで撮った例をいくつも載せてあるので、今回は望遠系のレンズで撮った例で見てみましょう。まずは、カメラのモード設定ダイヤルを絞り優先モードA(またはAvと書いてあることも)に設定します。ボケには大きく分けると「後ろボケ、前ボケ、玉ボケ」といったものがあり、まずは1番簡単な後ろボケです。写真6は絞り優先モードにし、F値を5.6に設定。あとはピントを紅葉の葉っぱに合わせただけ。後ろボケはホントにカンタンですね。

写真6 1/320 秒、F5.6、ISO 160
紅葉の季節。つい紅葉全体を景色として撮りたくなりますが、部分的なところに目をやってみましょう。ここであえて望遠系のレンズを使い絞りを思い切り開けて背景をぼかします。この写真のように特に逆光は透明感が出て◎。色が薄く感じたらここでマイナス補正もアリ!

次は前ボケです。写真7は絞りを開けてピントを奥の白いベンチに合わせ、レンズのすぐ前に白い花がかぶさっていましたが、あえてそのまま撮りました。ここで注意しなければならないのは、奥の被写体にしっかりピントを合わせる事。そうしないと、ただの全体がボケた失敗写真になってしまいます。

写真7 1/125秒、F4.5、ISO200
白い花をあえてレンズ前に持ってきてボケさせました。なんかメルヘンですねぇ〜

ちなみに、「丸ボケ」に関しては連載第4回を参考にしてみてくださいね。

第5回「旅のスナップ」
絵葉書写真はもう撮らない! 旅の写真はテクニックの活用で差をつけよう

撮影で旅に出ると取りあえず観光名所に立ち寄りますが、そこで目にするのは誰もが同じ場所に立って同じアングルの写真を撮っている光景。せっかく遠くまで来たのだから、ガイドブックや絵葉書とは違うオリジナルな写真を撮ってほしいなぁと常々思っており、このテーマが決まりました。絵葉書は買って帰ればいい。何十年もその場所を撮り続けているカメラマンには敵わないのだから(笑)。ここでは第5回で紹介したテクニックの一部、旅先で必ず撮りたくなる「その土地で食す」お料理の写真を取りあげます。

写真8 1/100 秒、F4.0、ISO200

写真8 1/100 秒、F4.0、ISO200

まず、お料理写真はストロボを使わず自然光で撮りましょう。理由は、ストロボ光は光源が硬く見た目通りの質感が出ないから。それだけではなく、影がバッチリ出たり変なところが光って質感もすっ飛んでしまうからです。でも、屋内では薄暗くて光量が足りないという場合もありうるはず。そんな時はISO感度を上げましょう。ちょっと暗いぐらいなら露出補正をプラスにするという手もありますね。

いずれにしても、屋内で撮る場合は手ブレに注意。セルフタイマーを最短時間にセットして自動でシャッターを切る方法も指でシャッターを押すより効果的と言われています。その場合も両脇をしっかり締める、テーブルに肘をつく、壁に身体をくっ付けるなどして、カメラ自体が動かないようにすることを忘れずに!

アングルの注意点としては、お料理のお皿をフレームの中に全部収めてしまわないこと。
そうすることで写真にリアリティが出てきます。絞りも開け気味がいいです。写真8も後ろの方がボケていることで、手前の肉の質感が強調されています。この時は、あとで文字を入れようとお皿の白い空間部分をあえて大きく手前に残して撮りました。ポラロイド写真風にメモ程度に文字を入れたりするとちょっとお洒落にも見えるし、どこで何を食べたかもわかるので、アルバムにする時などにもオススメですョ!

次ページでは、第6〜11回までのおさらい。 「シャッタースピードを使ってコマーシャル写真みたいに!」ほか、盛りだくさん!「構図」の回では新たな構図も追加して紹介します!

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
連載最新記事
連載記事一覧
2017.1.30 更新
ページトップへ戻る