ヘッドホンで聴いているかのような広がりのある空間表現が魅力的

この夏発売! 同軸ハイブリッドイヤホン「AZLA」をさっそく聴いてみた

このエントリーをはてなブックマークに追加
AZLA

2017年7月11日、アユートはオーディオ関連の新ブランド「AZLA(アズラ)」の取り扱いを開始すると発表した。

同社は近年、ハイレゾDAPなどを手がけるiriver「Astell&Kern(アステルアンドケルン)」をはじめ、「DITA」「BURSON AUDIO」「CHORD」「MASTER & DYNAMIC」といったさまざまなオーディオブランドの取り扱いを展開しているが、今回新たに導入する「AZLA(アズラ)」は、ポータブルオーディオ業界に長年在籍していたAshully Lee氏が2017年に創立した新興のイヤホンメーカー。第1弾製品として、ブランド名を冠した密閉型のカナル型イヤホン「AZLA」を日本市場に投入するという。発売日は7月末〜8月上旬を予定している。

今回、発売に先駆けて実機をいち早く試聴することができたので、新製品の特徴と音質インプレッションをお届けする。

ハイブリッドドライバー技術「BED」と独自のエアフロー技術「Infinity sound technology」を組み合わせたこれまでにないイヤホン

今回第1弾製品として投入される「AZLA」は、ハイブリッド仕様の密閉型のカナル型イヤホンだ。カラーバリエーションはMeteor GrayとLunatic Silverの2色で、直販価格は49,980円(税込)を予定しているという。

第1弾製品として投入される「AZLA」は、ダイナミックドライバーとBAドライバーを組み合わせたハイブリッド仕様の密閉型カナル型イヤホン。今回試用したのは、Meteor Grayモデルだ

「AZLA」のLunatic Silverモデル

「AZLA」のLunatic Silverモデル

近年、さまざまなメーカーからハイブリッド仕様のイヤホンが登場してきているが、今回登場する「AZLA」の最大の特徴は、ドライバーユニットとエアフロー技術を組み合わせた「infinity driver」と呼ばれる独自技術を搭載したことだ。

ドライバーユニットとエアフロー技術を組み合わせた「infinity driver」と呼ばれる独自技術を搭載したのが「AZLA」の特徴

ドライバーユニットには、DynamicMotion(ダイナミックモーション)社のハイブリッドドライバー技術「BED」が用いられている。“Bulls Eye Driver”の頭文字をとって命名された「BED」は、文字通り、ダイナミックドライバーの中央部にBAドライバーが突き刺さったような構造となっている。同軸2wayスピーカーのように、ダイナミックドライバーとBAドライバーを同軸上に配置することで、構造上、ダイナミックドライバーとBAドライバーの位相差が発生せず、本体もコンパクトに仕上げられるというメリットがある。

「AZLA」では、DynamicMotion社から技術協力を得て、自社開発のドライバーユニットに「BED」を導入した。ドライバー構成は、11mm径のフルレンジダイナミックドライバーと、同じくフルレンジのBAドライバーの2Way仕様。再生周波数帯域は5Hz〜40kHzと、ハイレゾの基準はクリアしている。

DynamicMotion社から技術協力を得て、ハイブリッドドライバー技術「BED」を搭載。なお、ドライバーユニットやネットワークはDynamicMotionからの供給ではなく、自社で開発しているという

ちなみに、「BED」を採用したイヤホンとしては、DynamicMotionからすでに「DM200H」という製品が登場しているが、「AZLA」は「DM200H」とは決定的な違いがある。それが、独自のエアフロー技術「Infinity sound technology」の搭載だ。

「AZLA」では、アルミパーツに固定したドライバーユニットを透明なポリカーボネート製シェルでさらに覆うという構造を採用している。アルミパーツには大型のベントポートが用意されており、このベントポートにより密閉型イヤホンでありながら、開放型のような広がりのある空間表現が可能になっているという。

大型のベントポートを設けたドライバーユニットを透明なポリカーボネート製シェルでさらに覆うという非常にユニークな構造を採用。ポリカーボネートの透明度も非常に高く、見た目もかなりカッコイイ

イヤーピースを外して横からみたところ。透明なシェルの中にドライバーユニットが配置されていることがよくわかる

また、ドライバーユニットを覆うアルミパーツと透明なポリカーボネート製シェルは、必要最低限のパーツ構成とし、接着剤等使わずに組み上げられている点もポイント。これにより、独特のエアフローによって発生する不要な共振を効果的に抑えたということだ。

必要最低限のパーツで組み上げることで、不要な共振を効果的に抑えているという

必要最低限のパーツで組み上げることで、不要な共振を効果的に抑えているという

イヤホンケーブルは、2ピンタイプのリケーブルに対応。標準では、Labkable社「Silver Galaxy Mix MKII」をベースに専用設計を施した3.5mm3極タイプのものが付属する。超高純度銀合金と6NOFC線材を使用した4芯構造となっており、ケーブルも柔らかくて取り回しは良好だ。なお、オプションで2.5mm4極バランスケーブルも用意されている。直販価格は29,980円(税込)を予定している。

イヤホンとケーブルの接続部は2ピン仕様で、リケーブルも楽しめる

イヤホンとケーブルの接続部は2ピン仕様で、リケーブルも楽しめる

付属ケーブルは、Labkable社「Silver Galaxy Mix MKII」がベース。手編み仕様で、ケーブルがかなりしなやかにできており、取り回しも容易だ

このほか、ファブリック素材を使用したDignis社製専用キャリングケースも付属。内部の仕切りは自由にレイアウトを変えることができるようになっており、イヤホン本体やイヤーピースなどの付属品を一緒に持ち運びできるようになっている。

「AZLA」の付属ケース

「AZLA」の付属ケース。外装に汚れにくいファブリック素材を使用したほか、内部の仕切りを自由にレイアウト変更できるギミックを備えるなど、使い勝手もしっかりと考えられている

音楽を楽しく聴ける気持ちのいい低音が魅力的

ここからは気になる音質についてレポートしよう。今回は、DAPにiriver「Astell&Kern AK70」を組み合わせて試聴を行った。試聴した楽曲は、ハイレゾ楽曲を中心にチョイスしている。

「AZLA」の試聴には、iriver「Astell&Kern AK70」と組み合わせた

「AZLA」の試聴には、iriver「Astell&Kern AK70」と組み合わせた

「AZLA」は、空間表現に注力した製品だということなので、まずは「機動戦士ガンダムUC オリジナルサウンドトラック」から「UNICORN」(48kHz/24bit)をチョイスして聴いてみた。この楽曲は、打楽器の力強いリズムの上に徐々に音が重なり、壮大なスケールへと展開する。特に管楽器やコーラスが重なって一気に盛り上がる部分は、イヤホンできっちり再現するのが難しい部分のひとつで、下手なイヤホンだと音が固まりになって、せっかくの壮大な楽曲が窮屈に聴こえてしまうのだが、「AZLA」は独自のエアフロー技術のおかげか、非常に自然で豊かな音場で見事に壮大なスケールを再現できていた。密閉型イヤホンとは思えない自然で広がりのある音で、さながらヘッドホンで聴いているようだ。音数が多くなると、低域にやや膨らみを感じることがあるが、量感がある程度あるので、ゆるく感じるということはない。低域と中高域の繋がりも非常にスムーズで、管楽器の響きも自然に減衰していく感じが心地いい。低域がしっかりしているので、とにかく聴いていて気持ちいいサウンドだ。

続いて、ボーカル楽曲として、Yes「Roundabout」(96.0kHz/24bit)や、宇多田ヒカル「Fantôme」(96.0kHz/24bit)の楽曲をいくつか試聴してみたが、広がりのある音場と厚みのあるボーカルの音のつながりが非常に自然なのが印象的だった。音数の多い楽曲も、ひとつひとつの音を丁寧に描き出すことで、ボーカルを表情豊かに聴かせてくれる。中低域の押し出し感がほどよくあり、ボリューム小さめでもメリハリのある引き締まったサウンドを楽しめるのも好印象だ。全体的に非常にきれいなまとまり方をしているので、アコースティックな楽曲だけじゃなく、ポップスやロックなど、ジャンルを問わず楽しめそうだ。

ダイナミックドライバーとBAドライバーの自然な音のつながりやダイナミックレンジの広さ、空間表現の豊かさなど、「AZLA」はハイブリッドイヤホンの理想ともいえるサウンドを非常に高次元で実現しているわけだが、いっぽうで、装着方法によって低域の再現性がかなり変わる点が気になった。今回、付属のイヤーピースで試してみたのだが、アクリル製の独特のシェル形状とノズルの短さのためか、耳への収まりがやや不安定に感じた。ばっちりとポジション合わせをすると、低域がかなり気持ちよく聴こえるのだが、ちょっとでもベストポジションから外れると、途端に低域が抜けてしまうのだ。筆者の場合は、いつも使っているMサイズイヤピースよりも一回り大きいLサイズのイヤーピースをはめ、耳穴にしっかりと収めてやることで回避できたが、編集部の何人かに「AZLA」を実際に装着してもらったところ、付属のイヤーピースでは耳にフィットしないという意見もあがった。フィット感が気になる人は、購入前に実機で確認したほうがいいだろう。

「AZLA」を装着しているところ。耳の比較的大きな筆者でも、若干窮屈に感じた

「AZLA」を装着しているところ。耳の比較的大きな筆者でも、若干窮屈に感じた

装着感においてやや気になるところはあるものの、開放型のような広がりのある空間表現と音楽を楽しく聴ける気持ちのいい低音の押し出し感は、これまでのハイブリッド型イヤホンにはない魅力といえる。ここ最近は安価なハイブリッドイヤホンもいくつか登場してきているが、サウンドクオリティやリケーブルを楽しめることなどを考えると、税込49,800円という価格も決して高くはないはずだ。

遠山俊介(編集部)

遠山俊介(編集部)

PC・家電・カメラからゲーム・ホビー・サービスまで、興味のあることは自分自身で徹底的に調べないと気がすまないオタク系男子です。最近はもっぱらカスタムIEMに散財してます。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
新製品レポート最新記事
新製品レポート記事一覧
2017.9.25 更新
ページトップへ戻る