AirPodsやEARIN M-2と同じNFMI(近距離磁界誘導)技術を採用

北欧スウェーデン生まれのおしゃれな完全ワイヤレスイヤホン「YEVO1」

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年8月7日、完実電気はスウェーデンのストックホルムに本社を置くイヤホンブランドYEVO Labsの取り扱いを開始すると発表。第1弾製品として、フラッグシッププロダクトの「YEVO1(イーボワン)」を8月9日より発売する。カラーバリエーションは、オニキスブラック、アイボリーホワイト、ジェットブラックの3色をラインアップ。市場想定価格は27,630円(税別)となる。なお、8月9日の発売時点では、ヘッドホン・イヤホンの専門店「e☆イヤホン」での先行取り扱いとなり、その後家電量販店等への展開となるという。

YEVO Labsの完全ワイヤレスイヤホン「YEVO1」。8月9日発売で、市場想定価格は27,630円(税別)

YEVO Labsの完全ワイヤレスイヤホン「YEVO1」。8月9日発売で、市場想定価格は27,630円(税別)

カラーバリエーションは、オニキスブラック、アイボリーホワイト、ジェットブラックの3色

カラーバリエーションは、オニキスブラック、アイボリーホワイト、ジェットブラックの3色

YEVO Labsは、ファッション&ライフスタイルブランドのHappy Plugsを手がけるクリエイターにより誕生した新しいイヤホンブランド。第1弾製品となるYEVO1は、ケーブルレスで左右のイヤホンが完全に独立した完全ワイヤレスイヤホンタイプの製品となる。イヤホン単体のバッテリー駆動時間は、音楽再生で連続3〜4時間、通話で約3時間だ。

YEVO1 YEVO1のイヤホン本体。Knowles社製バランスドアーマチュアドライバー1基を搭載する

YEVO1のイヤホン本体。Knowles社製バランスドアーマチュアドライバー1基を搭載する

ここ最近、アップルの「AirPods」の後を追うようにさまざまなメーカーが完全ワイヤレスイヤホン市場に参入してきている。そういった状況の中で、後発のYEVO Labsが投入するYEVO1のウリは、「安定した接続性」と「シンプルさ」、そして「拡張性」の3つだ。

YEVO1のフィーチャー

YEVO1のフィーチャー

まず1つめの「安定した接続性」は、NXPセミコンダクターズの「NFMI(近距離磁界誘導)」を左右イヤホンのペアリング技術に採用したことだ。完全ワイヤレスイヤホンの場合、左右のイヤホンで音の出るタイミングを同期する必要があるが、Bluetoothは規格上左右のイヤホンにそれぞれデータを送ることができない。そのため、左右のイヤホン間の同期はBluetooth以外の無線通信で行う必要があるのだが、YEVO1はこの無線通信にNFMIを採用したのが大きな特徴となっている。

電磁誘導を利用したNFMIは、補聴器やヘルスケアなどの分野で長年使用されてきた技術だ。通信距離が最大約1mとやや短いものの、消費電力が低く、周波数の低い磁気を使うことで、信号のドロップアウトやノイズによる干渉に強く、左右の音切れが少ないという特徴がある。国内で発売されている完全ワイヤレスイヤホンでは、アップル「AirPods」やEARIN「M-2」など、ごく一部の製品しかNFMIに対応していなかったが、そのNFMIをYEVO1は搭載してきたというわけだ。

NXPセミコンダクターズのNFMI(近距離磁界誘導)技術を搭載

NXPセミコンダクターズのNFMI(近距離磁界誘導)技術を搭載

2つめの「シンプルさ」は、実際の製品の写真を見ていただければおわかりいただけると思うが、ケースを含め、アクセントカラーを配したツートンのシンプルなデザインに仕上がっている。使い勝手も、バッテリー内蔵の専用充電ケースをスライドさせ、イヤホンを取り外すだけでペアリングモードが立ちあがり、スマートフォンですぐに使い始めることができるなど、かなりスムーズ。ケース自体も非常にコンパクトで、わずか57gという重さながら、イヤホンを約5回充電できるバッテリーや、イヤホンの充電状況や内蔵バッテリーの残量を直感的に把握しやすいLEDインジゲーターを側面に備えるなど、かなりこだわって作られている。こういったシンプルなデザインに、完全ワイヤレスイヤホンとしての先進的な機能をしっかりと納めてくるあたりはさすが北欧メーカーといったところ。

バッテリー内蔵の専用充電ケース

バッテリー内蔵の専用充電ケース

ケースをスライドさせると、中からイヤホン本体が現れる。イヤホンはしっかりとケースに収まるので、ケースをひっくり返しても落ちたりすることはない

専用充電ケースの側面には、充電状況を確認できるLEDインジゲーターや専用充電ケースの充電用microUSB端子が並ぶ

3つめの「拡張性」は、専用アプリとの連携でさまざまな機能が利用できる点だ。YEVO1は、イヤホン単体運用時でも右側イヤホンに用意されたタッチセンサーを使うことで、音楽再生のコントロールや音量の調整、通話、SiriやGoogleアシスタントといった音声アシスタント機能の呼び出し、イヤホン側のマイクを使って周囲の音を聞きとりしやすくする「オーディオトランスペアレンシー」機能の起動など、非常に多彩な機能が利用できるのだが、さらにiOS/Android向けに提供される専用アプリを組み合わせることで、機能が追加できるという。製品発売時時点では、イヤホン充電残量の表示、低音のブースト機能、左右各イヤホンの音量微調整、「オーディオトランスペアレンシー」のレベル調整などを利用でき、今後、イコライザーのカスタマイズ機能やプリセット機能なども追加予定だという。

専用アプリとの連携で、さまざまな機能を追加できる

専用アプリとの連携で、さまざまな機能を追加できる

現時点では音声伝送がステレオモードしかなく、モノラルモードが用意されていないため、片耳だけで使用するときは片チャンネルしか音がでないなど、まだまだ改良できる点は残っているが、メディア向け発表会に登壇した同社CEOのアンドレアス・ブーラル氏が「今後は“Hearable(ヒアラブル)”の時代。音声アシスタントやアプリでイヤホンもスマートになっていく」とコメントしているとおり、アプリの進化とともに、製品の進化にも期待できそう。話題の完全ワイヤレスイヤホンの新たな選択肢として、今後も要注目だ。

発表会には、スウェーデンから同社CEOのアンドレアス・ブーラル氏も駆けつけた

発表会には、スウェーデンから同社CEOのアンドレアス・ブーラル氏も駆けつけた

■YEVO Labs「YEVO1」の主な仕様
ドライバーユニット:Knowles社製バランスドアーマチュアドライバー×1
通信方式:Bluetooth 4.1
対応コーデック:SBC
インピーダンス:32Ω
再生周波数帯域:20〜20,000Hz
音圧感度:105db
ワイヤレス範囲:約10m(スマートフォン/オーディオプレーヤー⇔イヤホン)
バッテリー容量:60mAh(イヤホン本体/片耳)、専用充電ケース(600mAh)
フル充電時間:約45分(イヤホン)、約1時間(専用充電ケース)
重量:10g(イヤホン両耳)、57g(専用充電ケース)

遠山俊介(編集部)

遠山俊介(編集部)

PC・家電・カメラからゲーム・ホビー・サービスまで、興味のあることは自分自身で徹底的に調べないと気がすまないオタク系男子です。最近はもっぱらカスタムIEMに散財してます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
新製品レポート最新記事
新製品レポート記事一覧
2017.12.9 更新
ページトップへ戻る