オープンエアー最上位モデルや低価格なBluetoothイヤホン/ヘッドホンなどが登場

2017年秋冬発売のオーディオテクニカ新製品を一挙紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加

オーディオテクニカは2017年10月5日、「NEW PRODUCTS 2017」と題した新製品発表会を東京都内で開催した。同社がこの時期に実施する発表会は、秋冬発売予定の新製品が一斉にお披露目されるのが恒例となっている。昨年は、“原音再生”“高解像度”“高レスポンス”をコンセプトとした「Sound Reality series(サウンドリアリティ シリーズ)」などが発表されたが、今年も、オープンエアーの理想を究めたトップエンドモデル「ATH-ADX5000」や、低価格なBluetoothイヤホン/ヘッドホン、超小型Bluetoothヘッドホンアンプなど、非常に多くの製品が発表された。ここでは、実機の写真などを交えながら、新製品の特徴を一挙ご紹介しよう。

オーディオテクニカ2017年秋冬新製品

お値段なんと約24万円! メイドインジャパンのオープンエアー最上位モデル「ATH-ADX5000」

今回の発表会では、ヘッドホンとイヤホン合わせて8製品が一挙発表されたが、まずはヘッドホンの超ハイエンドモデル「ATH-ADX5000」からご紹介しよう。

オープンエアーヘッドホン最上位モデル「ATH-ADX5000」

オープンエアーヘッドホン最上位モデル「ATH-ADX5000」

「ATH-ADX5000」は、ホームリスニング向けのオープンエアー型ヘッドホンのトップエンドモデル。今年9月にドイツ・ベルリンで開催されたIFA2017でお披露目されたものが、日本でも正式に発表された形だ。発売は11月10日を予定している。

同社が“エアーダイナミックヘッドホン”と呼ぶオープンエアー型ヘッドホンは、これまで2012年発売の「ATH-AD2000X」が最上位モデルとして君臨していたが、今回登場する「ATH-ADX5000」は、さらに上位モデルとして展開される。

「ATH-AD2000X」が発表された当時、オーティオテクニカのヘッドホンで81,900円というプライスタグに大いに驚いたが、今回発表された「ATH-ADX5000」は、「ATH-AD2000X」を上回るトップエンドモデルということで、市場想定価格で24万円前後(税別)というかなりインパクトのある価格となっている。

オーディオテクニカとしては破格ともいえるお値段ということもあり、パッケージには専用のハードケースも付属する

40年以上にわたるヘッドホン作りで培ってきた音響技術やノウハウをつめこんだオープンエアー型ヘッドホンのトップエンドモデルということで、いろいろとこだわりポイントがあるが、なかだも特徴的なのがドライバーユニット。硬質樹脂成型のバッフル一体型58mm径ドライバーを新たに採用し、パーツ構成を絞り込むことで、不要な音の歪みを極限まで抑えているという。

また、ドライバーユニットの磁気回路には、1テスラを超える高磁束密度のドイツ製パーメンジュール磁気回路を採用。超硬素材のタングステンをコーティングした振動板と組み合わせることで、歪みの少ない広レンジかつ高レスポンスなサウンドを実現できたという。

バッフル一体型58mm径ドライバーの分解モデル

バッフル一体型58mm径ドライバーの分解モデル

バッフル一体型58mm径ドライバーの断面はこんな感じだ

バッフル一体型58mm径ドライバーの断面はこんな感じだ

さらに、ドライバーユニットの性能を最大限引き出すために、「コアマウントテクノロジー(PAT.P)」と呼ばれる独自の配置構造を採用。バッフルダンパーとイヤパットの位置関係を見直すとともに、耳からハウジングまでの音響空間を2分の1に仕切るポジションにボイスコイルが配置されるようにすることで、オープン型ならではの抜けのよい自然な音場にさらに磨きをかけているという。

ハウジングは、アルミニウムをベースとした特殊形状のものを新規設計。同社のオープンエアー型ヘッドホンでおなじみのハニカム形状のパンチング処理が施されている。フレームとアームは、軽量で剛性の高いマグネシウム素材を採用。58mmという大口径のドライバーユニットを搭載シタモデルながら、重量約270gとかなりの軽量設計に仕上がっているのも高ポイントだ。

。同社のオープンエアー型ヘッドホンでおなじみのハニカム形状のパンチング処理を施したハウジング。中心にはシリアルナンバーも刻印される

ケーブルは左右両出しで、A2DCコネクターによる着脱も可能。付属ケーブルは、左右独立4芯構造を採用し、導体には、6N-OFCとOFCを組み合わせたハイブリッド導体が用いられている。プラグ形状は6.3mmの標準プラグ。オプションで、XLRバランス接続用ケーブル「AT-B1XA/3.0」も用意される予定だ。こちらの市場想定価格は4万円前後(税別)だ。

「ATH-ADX5000」専用のXLRバランス接続用ケーブル「AT-B1XA/3.0」もオプションで用意される

「ATH-ADX5000」専用のXLRバランス接続用ケーブル「AT-B1XA/3.0」もオプションで用意される

「ATH-MSR7」に数量限定のリミテッドモデルが登場!

続いて紹介するのは、「ATH-MSR7SE」。こちらは、2014年発売のハイレゾ対応ヘッドホン「ATH-MSR7」をベースモデルとした数量限定のリミテッドモデルだ。同社のリミテッドモデルといえば、外特徴的なカラーリングを採用したモデルが多いが、「ATH-MSR7SE」も深い群青のボディに艶やかな金をあしらった非常にクールなデザインに仕上がっている。

「ATH-MSR7SE」は、ハイレゾ対応ヘッドホン「ATH-MSR7」をベースに音質をブラッシュアップしたという数量限定のリミテッドモデルだ

ドライバーユニットは、「ATH-MSR7」と同じ45mm径のトゥルー・モーション”ハイレゾ”ドライバーを搭載しているが、「ATH-MSR7 SE」では、振動板に「DLC(Diamond-like carbon)コーティング」を新たに採用。「ATH-MSR7」と同じサウンドの方向性を維持しつつ、さらなる高音質化を実現しているという。また、従来の付属コードに加え、導体に高純度銅線(6N-OFC)を採用したケーブルも付属。ケーブルによる音の違いも体験できるようになっているのも面白いところだ。発売は10月20日で、市場想定価格は35,000円前後(税別)となっている。

ドライバーユニットには、「DLC(Diamond-like carbon)コーティング」を新たに採用

ドライバーユニットには、「DLC(Diamond-like carbon)コーティング」を新たに採用

ケーブルは、従来の付属コードと、導体に高純度銅線(6N-OFC)を採用したものの2種類が標準で付属。プラグ部分も、本体と同じ群青カラーが用いられている

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
新製品レポート最新記事
新製品レポート記事一覧
2017.10.11 更新
ページトップへ戻る