あれこれ通信
オンキヨーやAnkerのAlexa搭載スマートスピーカーも同時展開

【速報】Amazonのスマートスピーカー「Echo」シリーズの一般販売ついに解禁!

このエントリーをはてなブックマークに追加
【速報】Amazonのスマートスピーカー「Echo」シリーズの一般販売ついに解禁!

2018年3月29日、アマゾンジャパンがスマートスピーカー「Amazon Echo」シリーズに関する説明会を都内で開催。そのなかで、「Amazon Echo」シリーズの一般販売を開始することが明らかにされました。

「Amazon Echo」シリーズは、スマートスピーカーが生まれたアメリカでもっとも売れているスマートスピーカー。日本には昨年11月に上陸し、スタンダードモデルの「Echo」、コンパクトな「Echo Dot」、スマートホームハブ機能付きの「Echo Plus」の3モデルが展開されています。これまではAmazon.co.jpで招待メールをリクエストし、メールが届いた人だけが購入できるという招待制での限定販売が行われておりましたが、ついに一般販売が解禁されます。

「Amazon Echo」シリーズ

「Amazon Echo」シリーズ

一般販売開始以降は、これまで招待制での限定販売が行われていたAmazon.co.jpに加え、エディオン、ケーズデンキ、ジョーシンなどの大手家電量販店の全国にある1,000以上の店舗でも「Amazon Echo」シリーズが購入できるようになります。一般販売のスケジュールは、Amazon.co.jpが3月30日より予約販売をスタートし、出荷開始は4月3日を予定。大手家電量販店では4月3日から販売スタートとなります。

Amazon.co.jpでは3月30日より予約販売をスタート。出荷開始は4月3日となっています

Amazon.co.jpでは3月30日より予約販売をスタート。出荷開始は4月3日となっています

なお、Amazon.co.jpでは「Echo」「Echo Dot」「Echo Plus」の3モデルすべてが取り扱いとなっておりますが、大手家電量販店では「Echo」と「Echo Dot」の2モデルのみの取り扱いになる予定です。また、Amazon.co.jpでは、4月3日より「Amazon Echo」シリーズも「Amazon Prime Now」に対応となる予定。対象エリアであれば注文から最短1時間以内に商品の受け取りができるそうです。また、今回の一般販売開始にあわせ、オンキヨー「P3」やAnker「Eufy Genie」といったサードパーティー製のAlexa搭載スマートスピーカーも一般販売が開始されるとのこと。harman/kardon「Allure」についても、「P3」や「Eufy Genie」より遅れるもの、一般販売が開始されるとのことです。

オンキヨー「P3」やAnker「Eufy Genie」といったサードパーティー製のAlexa搭載スマートスピーカーも一般販売が開始されます

Amazon.co.jpでの販売価格は、「Echo」が11,980円、「Echo Dot」が5,980円、「Echo Plus」が17,980円(いずれも税込)で、「Echo Dot」については、一般販売開始を記念して4月2日まで期間限定で1,500円OFFのキャンペーンも実施されます。また、スマートホ−ムハブ機能をすぐに試したい人向けに「Echo Plus」の価格据え置きでフィリップスのスマート電球「Pilips hue」1個をセットにしたモデルや、「Echo」や「Echo Dot」と遠隔操作で電源のオン/オフができるTP-Linkのスマートプラグ「ミニスマート Wi-Fiプラグ」1個をセットにしたモデルなども予定。複数のEchoデバイスをグループ化してマルチルームオーディオを楽しみたい人向けには、「Amazon Echo」シリーズを2つ同時に購入すると3,000円OFFになるキャンペーンも展開される予定です。

Amazon.co.jpでの販売価格

Amazon.co.jpでの販売価格

説明会には、Alexaエクスペリエンス&デバイス事業部 プロダクトマネジメント シニアマネージャーのカレン・ルービン氏が登壇。昨年11月の日本上陸以降、招待制販売で手に入れたユーザーからのフィードバックにより、日本語の認識力や知識、自然さなどの日本語力が日々進化していることや、拡張機能のAlexaスキルが600以上にまで増えていることなどが語られました。今後についても、日本語力をさらにブラッシュアップしていくことはもちろん、スキル開発者向けの支援もさらに拡大し、スマートスピーカーのある生活が当たり前になるようにしていきたいとのことでした。

Alexaの日本語力の向上や拡張機能について説明するAlexaエクスペリエンス&デバイス事業部 プロダクトマネジメント シニアマネージャーのカレン・ルービン氏

日本上陸時点では260種類以上とアナウンスされていた拡張機能のAlexaスキルも、いまでは650種類を超える数にまでふえているそうです

説明会会場の脇に設けられたボードには、Alexaスキルがズラリと書いてありました

説明会会場の脇に設けられたボードには、Alexaスキルがズラリと書いてありました

これまで「Amazon Echo」シリーズやサードパーティー製のAlexa搭載スマートスピーカーは招待制での限定販売、しかもWeb限定ということで、ライバルのGoogleが手がける「Google Home」シリーズなどに比べるとなかなか手に入りにくい状況でしたが、今回の一般販売開始でようやく手軽に買えるようになりそうです。

遠山俊介(編集部)

遠山俊介(編集部)

PC・家電・カメラからゲーム・ホビー・サービスまで、興味のあることは自分自身で徹底的に調べないと気がすまないオタク系男子です。最近はもっぱらカスタムIEMに散財してます。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
ページトップへ戻る