新製品レポート
高SNで鮮度の高いパイオニアらしいサウンドが印象的

実に6年ぶり!パイオニアからプリメインアンプ入門機「A-40AE」「A-10AE」が登場

オンキヨー&パイオニアは、パイオニアブランドのプリメインアンプの新モデル「A-40AE」「A-10AE」を発表した。7月下旬の出荷を予定しており、市場想定価格は「A-40AE」が57,500円、「A-10AE」が38,800円(いずれも税別)となっている。

パイオニア「A-40AE」。7月下旬出荷開始で、市場想定価格は57,500円(税別)

パイオニア「A-40AE」。7月下旬出荷開始で、市場想定価格は57,500円(税別)

2012年発売の「A-30」「A-10」以来ひさびさとなる入門クラスの2chプリメインアンプ。、「A-40AE」が「A-30」の後継モデル、「A-10AE」が「A-10」の後継モデルという位置付けだ。

従来モデルから特に大きな進化を遂げているのが、上位モデルとなる「A-40AE」。同社の入門クラスのアナログ2chプリメインアンプで初めて同軸・光のデジタル入力を搭載し、現代の幅広いオーディオシーンに対応できるようになったとアピールする。ちなみに、アナログ入力で使用する際は、デジタル入力の動作を停止するなど、音質面にもしっかりと配慮されている。

「A-40AE」の背面インターフェイス。デジタル入力は同軸と光の2系統用意されている

「A-40AE」の背面インターフェイス。デジタル入力は同軸と光の2系統用意されている

また、「A-40AE」「A-10AE」ともに、アンプからのエネルギーをロスなくスピーカーに伝えるというダイレクトエナジー思想を従来モデルから踏襲しているが、上位モデルとなる「A-40AE」は、それに加え、特許申請中の「ダイレクトエナジーコンストラクション」と呼ばれる新技術が盛り込まれた。

「ダイレクトエナジーコンストラクション」の概要

「ダイレクトエナジーコンストラクション」の概要

「ダイレクトエナジーコンストラクション」では、通常、線材をはわせて行う基板への電源供給を、メイン基盤とは別の電源専用基板にパターン化し、メイン基盤と完全にセパレート。線材を使った従来の電源供給方法では、線材が長くなるとリーケージやノイズの影響を受けやすくなり、線材スタイリングによる固体ばらつきも発生しやすいというデメリットがあったが、電源専用基板を用いることで、こういったデメリットが発生しにくくなっているという。電源回路についても、トランス内部で巻き線をプリ・パワー・マイコン用の3つに分離し、トランスからの配線を立体的にスタイリングするなどの改良を実施。こういった細かなブラッシュアップを積み重ね、クリーン電源を突き詰めた結果、従来モデルに比べてS/Nが格段に向上したという。

「A-40AE」の内部基板。メイン基板の下に見えるのが電源専用基板だ

「A-40AE」の内部基板。メイン基板の下に見えるのが電源専用基板だ

電源回路以外にもさまざまな工夫がなされている。シャーシには、ひずみからくる音のテンションを和らげるために、1.6mm厚のフラットシャーシを採用。インシュレーターにも、ルーロー構造を用いることで内部の平行面を廃した新開発のものを採用することで、定在波の抑制を狙っているという。さらに、上位モデルの「A-40AE」には、ボリュームノブからの振動とまわしたときのぐらつきのような感触を抑えるため、入門クラスの製品として初めてボリュームスタビライザーが搭載されたのもトピック。ボリューム以外の回路をバイパスし、音の純度を高める「ダイレクト機能」も各モデルに搭載された。

定在波の抑制する新開発のインシュレーター

定在波の抑制する新開発のインシュレーター

同社の試聴ルームで行われたメディア向け説明会には、商品企画を担当した田口浩昭氏と、サウンドマネージャーの平塚友久氏が登壇。新モデルでは、「音楽性の高い、躍動感のあるサウンド」をコンセプトに掲げ、昨今の「聴き疲れしないサウンド」というトレンドを盛り込みつつも、中低域の厚みを出して音楽性を出すなど、パイオニアらしさにも配慮した点などが語られた。

サウンドコンセプトは「音楽性の高い、躍動感のあるサウンド」

サウンドコンセプトは「音楽性の高い、躍動感のあるサウンド」

実際に「A-40AE」にB&W「801-Nautilus」を組み合わせた環境で試聴したが、このクラスのスピーカーもしっかりとドライブしてくれていた。ゆったりとしたアナログアンプらしさの中に芯のある低域がしっかりと描かれており、とても気持ちがいい。高SNで鮮度の高い実にパイオニアらしいサウンドだ。

今回の試聴環境がこちら。SACDプレーヤーやネットワークオーディオ機器から「A-40AE」に入力し、B&W「801-Nautilus」で再生を行った

5万円前後で購入できる入門機という位置付けだが、限られたコストの中でベストを尽くすことで、入門機とは思えない完成度を誇る「A-40AE」「A-10AE」。コンポーネントオーディオ初心者はもちろんのこと、レコードプレーヤーなどと組み合わせて、オーディオ再入門する人にもぜひ注目してほしいモデルだ。

パイオニア「A-40AE」

「A-40AE」の主な仕様
定格出力:60W+60W、全高調波歪率:0.04%。アナログ入力端子:7系統、デジタル入力端子:2系統、本体サイズ:435(幅)×129(高さ)×323(奥行)mm、重量:8.2kg

パイオニア「A-10AE」

「A-10AE」の主な仕様
定格出力:50W+50W、全高調波歪率:0.05%。アナログ入力端子:5系統、本体サイズ:435(幅)×129(高さ)×323(奥行)mm、重量:6.8kg

遠山俊介(編集部)

遠山俊介(編集部)

PC・家電・カメラからゲーム・ホビー・サービスまで、興味のあることは自分自身で徹底的に調べないと気がすまないオタク系男子です。最近はもっぱらカスタムIEMに散財してます。

関連記事
ページトップへ戻る