ニュース
左右の耳の聴覚に合わせたパーソナライズ機能も新たに実装

震える+ノイキャンで圧倒的没入感! Skullcandy Crusherシリーズ最新作「Crusher ANC」登場

Skullcandyを代表するヘッドホン「Crusher(クラッシャー)」シリーズに待望の新モデルが登場した。その名もズバリ「Crusher ANC」。製品名が示す通り、アクティブノイズキャンセリング機能を備えたモデルとなっている。発売は10月25日で、価格は36,300円(税別)だ。

Skullcandy Crusher ANC

静寂と振動。相反する機能を1台に融合したCrusherシリーズ第4世代モデル

有線接続タイプの初代「CRUSHER」、Bluetoothワイヤレス化した2代目「CRUSHER WIRELESS」、シリーズ初のプレミアムモデルとして数量限定で発売された「CRUSHER 360」に次ぐ第4世代モデルとして、ドイツのベルリンで開催された欧州最大の家電見本市「IFA2019」で発表されたCrusher ANC。没入感の高い新次元の深い立体サウンドを実現するために、新たに3つのテクノロジーが投入されている。

Crusher ANCに新たに搭載された3つのテクノロジー

Crusher ANCに新たに搭載された3つのテクノロジー

まず1つ目が、冒頭にも書いた“アクティブノイズキャンセリング機能”だ。同社は昨年、アクティブノイズキャンセリング機能を備えた初のヘッドホン「Venue」を投入しているが、Venueがアナログ回路を使った方式だったのに対し、Crusher ANCでは新たにデジタルハイブリッド方式のアクティブノイズキャンセリング機能を採用。アクティブノイズキャンセリング機能の精度をさらに高めているという。

アクティブノイズキャンセリング機能はデジタルハイブリッド方式となった

アクティブノイズキャンセリング機能はデジタルハイブリッド方式となった

2つ目は、Crusherシリーズのキモである振動機能の強化だ。物理的な振動を生み出す重低音専用のウーハーはこれまでも世代を追うごとに改良が加えられてきたが、今回は再生周波数帯域がCRUSHER 360の20〜100Hzから10〜200Hzへと一気に拡大しているのがポイントとなっている。この再生周波数帯域の拡大に合わせ、ダンパー部分も大きく強化。金属とシリコンのバネを組み合わせた新形状とすることで、より正確な振動の伝達と振動の余韻による共振の低減を実現したということだ。

世代を追うごとに進化を続けている重低音専用ウーハー

世代を追うごとに進化を続けている重低音専用ウーハー

重低音専用ウーハーの再生周波数帯域が飛躍的に向上。より幅広い低音に反応できるようになった

重低音専用ウーハーの再生周波数帯域が飛躍的に向上。より幅広い低音に反応できるようになった

そして3つ目は、個人の耳にあった最適な音を提供するパーソナライゼーション機能の搭載だ。パーソナライゼーション機能といってもいろいろなタイプがあるが、Crusher ANCでは、独自のパーソナルサウンド・ソリューションを開発・提供するスウェーデンのaudiodu社と協力。専用の「Skullcandyアプリ」の指示に従って3分ほどの聴力テストを実施することで、左右の耳の聴力に合わせてた最適な音質調整を行ってくれるというものになっている。楽曲の音を変えてしまうイコライザーではなく、楽曲の持つ本来の特性カーブに、左右の耳の聴こえ方に合わせて左右独立してリアルタイムに補正をかけるので、楽曲の持つ本来の音を損なわないというのが利点だ。

ちなみに、測定プロファイルは直接ヘッドホンに格納される仕組みで、専用アプリをインストールできないハイレゾDAPなどでもパーソナライゼーション機能をONにした音で楽しめる。左右独立してリアルタイムに補正をかけるため、バッテリー消費が気になるところだが、特定の周波数を下げることでバッテリー消費を抑えているほか、パーソナライゼーションにより聴こえやすくなったことで通常よりもボリュームを抑えて聴くことができるため、通常の利用で大きな問題になるようなことはないそうだ。

Skullcandyアプリから実行できるパーソナライゼーション機能。聴力テストは音が聴こえる/聴こえないかの2択方式で、左右の耳に複数回実施する。終了後は自分の聴力がグラフとして表示され、アプリ内にプリセットが保存される。アプリには複数のプリセットを保存することができ、選択したプリセットがヘッドホン側に送信されて保存される仕組みだ

実際にノイズキャンセリング機能とパーソナライゼーションをONにした状態で、音楽や動画を試聴してみた。アクティブノイズキャンセリング機能の方向性は先代のVenueに近く、音へ悪影響がでない範囲でノイズを打ち消すようなマイルドな仕上がりとなっているのだが、振動レスポンスの向上も相まって、CRUSHER 360と比べても没入感が圧倒的に高まっていた。振動というとどうしても動画視聴がメインに思われがちだが、音楽再生にも積極的に使っていけそう。静寂と振動という相反する機能の融合ということで、最初は半信半疑だったのだが、この組み合わせは大いにアリだろう。

形状見直しで装着感アップ! タッチセンサーを使ったアンビエントモードも便利

先に紹介した3つのテクノロジー以外にも、Crusher ANCはさまざまな改良が加えられている。

なかでも大きく改良されたのがヘッドホン本体のデザインだ。CRUSHER 360はプレミアムモデルということで、全体的に金属マテリアルを使ったデザインに仕上がっていたが、Crusher ANCでは、デュポン社の素材を組み合わせ、本体の軽量化と高い耐久性の両立を実現。ヘッドバンドの調整範囲もCRUSHER 360より広くなり、CRUSHER 360で気になった側圧の強さがかなり低減されているのもポイントとなっている。

ヘッドバンド部など、随所にデュポン社のマテリアルを採用。スライダー部にあしらわれた鏡面加工のスカルロゴもかっこいい

折りたたみ機構も用意されており、コンパクトに持ち運び可能だ

折りたたみ機構も用意されており、コンパクトに持ち運び可能だ

ヘッドバンドの調整範囲が拡大し、側圧の強さも改善されている

ヘッドバンドの調整範囲が拡大し、側圧の強さも改善されている

操作系についてもCRUSHER 360から刷新されており、CRUSHER 360から搭載された本体左ハウジング部の静電容量式タッチセンサーは、新たに「アンビエントモード」の操作専用に変更。ノイズキャンセリング機能ON時に手でタップすることで、外音を素早く取り込めるようになった。また、CRUSHER 360で静電容量式タッチセンサーにアサインされていた振動調整機能は、無段階スライダーとして独立。タッチセンサーよりも細かく調整ができるように改良されている。

左ハウジングには静電容量式タッチセンサーを搭載。、CRUSHER 360では振動調整機能がアサインされていたが、Crusher ANCではタップすることで外音を確認できる「アンビエントモード」がアサインされている。なお、「アンビエントモード」は次にタップするまで継続して有効となる

振動調整機能は、左ハウジング側面に無段階スライダーとして独立。タッチ操作時よりも細かな調整が容易になった

このほか、昨年発売されたVenueにも搭載されているスマートトラッカー「Tile」を搭載。「Tile」の専用アプリであらかじめセッティングしておくことで、「アプリからヘッドホンを鳴らす」、「最後に検知した場所を地図で示す」、「Tileコミュニティーでヘッドホンを探す」といった機能を利用できる。なお、SkullcandyアプリとTileのアプリは別々で運用する形となっている。

スマートトラッカーのTileにも対応

スマートトラッカーのTileにも対応

Bluetooth接続時のコーデックは、CRUSHER 360のSBC/AAC/aptXに加え、新たにaptX HDをサポート。充電用USB端子も、最新のスマートフォンでの採用実績を踏まえ、USB Type-Cに変更されている。内蔵バッテリーの性能は最大24時間。カラーバリエーションは、定番のBLACK、CRUSHER 360でも採用されたBLACK/TAN、同社が今年一押ししているMOAB REDの3色をラインアップする。

USB充電端子は最新のUSB Type-Cとなった

USB充電端子は最新のUSB Type-Cとなった

カラーバリエーションはBLACK、MOAB RED、BLACK、BLACK/TANの全3色をラインアップ

カラーバリエーションはBLACK、MOAB RED、BLACK、BLACK/TANの全3色をラインアップ

CRUSHER WIRELESSにこれからの季節にピッタリな新色も登場

Crusher ANCの投入に合わせ、CRUSHER WIRELESSの新色追加も発表された。

今回追加されるのは、Crusher ANC にもラインアップされているMOAB REDと、MossOliveの2色。レギュラーカラーモデルと異なり、ヘッドバンドにコーデュロイ素材を採用。これからの季節にピッタリなデザインに仕上がっている。

CRUSHER WIRELESSの新色MOAB REDとMossOlive

CRUSHER WIRELESSの新色MOAB REDとMossOlive

ヘッドバンドはコーデュロイ素材仕上げだ

ヘッドバンドはコーデュロイ素材仕上げだ

こちらもCrusher ANCと同日の10月25日発売予定だ。

遠山俊介(編集部)

遠山俊介(編集部)

PC・家電・カメラからゲーム・ホビー・サービスまで、興味のあることは自分自身で徹底的に調べないと気がすまないオタク系男子です。最近はもっぱらカスタムIEMに散財してます。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン タイムセール
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る