ニュース
映画&オーディオファンに向けた1台

「Pureモード」搭載! デノンが本気で音を磨き上げたサウンドバー「DHT-S216」

デノンから、サウンドバーの新モデル「DHT-S216」が発表された。その特徴は、デノンいわく「本気で音質にこだわった」こと。単にテレビの音をよくするだけではなく、「ホームシアターファンやオーディオファンが満足できるサウンド」を目指して開発されたという1台だ。発売は2019年12月上旬予定で、価格はオープンだが23,000円前後(税別)での実売を想定している。

3ウェイ・6スピーカー構成の2.1chワンボディ型

まずは基本スペックから見ていこう。DHT-S216は、横幅890mm・高さ66mmのワンボディ型サウンドバー。内部に25mmツイーター、45×90mm楕円形ミッドレンジ、75mmサブウーハーを2基ずつ搭載する3ウェイ・6スピーカーの2.1ch構成としている。

本体背面にHDMI入出力端子を1系統ずつ備え、テレビとHDMIケーブル1本で接続できるほか、Bluetooth音声入力にも対応しており、スマホなどの音楽を手軽に再生して楽しめる。音声フォーマットはドルビーデジタル/DTS/AAC/リニアPCMをサポートし、Bluetooth接続時の対応コーデックはSBC。

音声機能としては「Movie」「Music」「Night」といった基本のサウンドモードのほか、バーチャル3Dサラウンド機能「DTS Virtual:X」にも対応。台詞などの音声を聞き取りやすくする「ダイアログエンハンサー」なども備えている。なお、ネットワーク接続には非対応という割り切った仕様だ。

本体サイズは890(幅)×66(高さ)×120(奥行)mmで、重量は3.5kg。テレビの前にすっきり設置できるサイズ

本体サイズは890(幅)×66(高さ)×120(奥行)mmで、重量は3.5kg。テレビの前にすっきり設置できるサイズ

入出力端子はHDMI入出力を1系統ずつのほか、光デジタル入力/3.5mmアナログAUX入力/サブウーハープリアウトを1系統ずつ装備。HDMI端子は4K/HDCP 2.2に準拠し、ARC対応となる

ネットワーク機能には非対応で、操作は天面のボタンか付属リモコンで行う形になる

ネットワーク機能には非対応で、操作は天面のボタンか付属リモコンで行う形になる

AVアンプ&Hi-Fiの志向性! バーチャル処理をバイパスする「Pureモード」搭載

さて、元来サウンドバーは「テレビの音をよくするもの」なわけだが、DHT-S216はそれだけではなく、上述の通り「ホームシアターファンやオーディオファンが満足できるスピーカー」を目指して開発された。

デノンHi-Fi製品のフラッグシップ機「SX-1 LIMITED」シリーズなどを手がける同社サウンドマネージャー・山内慎一氏が、本機の音決めに携わっていることからも、その本気度がうかがえるのではないだろうか。続いては、その音質へのこだわりについて紹介しよう。

特徴的なのは、上述のMovie/Musicといった基本のサウンドモードとは別に、「Pureモード」という音質設定機能を搭載すること。これは、簡単に言うと内部のDSPによるサラウンド処理やバーチャル処理をバイパスする機能となる。音声信号をデコード後、クラスDアンプにダイレクト伝送することで音の純度を高める。デノンが、これまでHi-FiコンポーネントやAVアンプで目指してきた志向性と同じものを、サウンドバーでも追及したというわけだ。

「Pureモード」の概念図。原音への脚色を行わず、ソースの音を可能な限りストレートに再生するよう配慮(※2019年11月14日追記更新:当初掲載していたパワーポイント資料の概念図に間違いがあったため、正しい画像に差し替えを行いました)

DHT-S216は、この「Pureモード」設定時の音質がサウンドの基本となるように設計を突き詰められているという。音に定在波が乗らないようなるべく平面を作らないデザインとしていたり、一定の剛性を確保しつつも抜けがよくなるよう開口部のサイズを調整している。

また、低音部の調整もポイント。本機は3ウェイ・6スピーカー構成だが、75mmサブウーハーを本体底面に下向きに配置している。サイドのバスレフポートに加えて、背面と底面の両方にポート部を設けることで、低音の量感やクリアネスを最適化した。

本体をひっくり返して裏面を見てみると、ウーハー設置ポイントの底面と背面の両方にポートが空いている

本体をひっくり返して裏面を見てみると、ウーハー設置ポイントの底面と背面の両方にポートが空いている

左右サイドにはバスレフポートを配置

左右サイドにはバスレフポートを配置

本体底面には、ゴム製の脚部も装備している。好みにあわせて手持ちのインシュレーターを使い、低音の調整を行っても〇

実売2万円台前半! リビングへ手軽に設置できるデノンサウンド

デノンはDHT-S216について、「AVアンプやHi-Fiコンポーネントを使っていた人が、音質に満足できるように開発した。ブックシェルフスピーカーの2.1ch環境をワンボディで再現するイメージ」としている。

実際に本機は開発段階で、AVアンプやHi-Fiコンポーネントと同様の音質評価とサウンドチューニングが施されているのが特徴。言うなれば音質1点突破型で、最近のトレンドとなるネットワーク接続機能は省略するなど、スペックを割り切っているのは逆に個性的と言える。

近年、テレビにNetflixやYouTubeなどのアプリが内蔵されるようになり、それをソースにして映画や音楽を楽しむシーンが増加しつつある。今まで、専用室やデスクトップでホームシアター&オーディオを楽しんでいたコアユーザーの中にも、「リビングで映画や音楽を見たい」というニーズは増えてきているだろう。

テレビ周りに設置するなら、薄型AVアンプやブックシェルフスピーカーなどの選択肢もあるが、そこに「デノンサウンドを楽しめるワンボディ型サウンドバー」が加わるというのは魅力的。手軽な設置性と実売2万円台前半という低価格帯を実現したDHT-S216は、こだわり層が選ぶサウンドバーとして有力な1台になりそうだ。

杉浦 みな子(編集部)

杉浦 みな子(編集部)

オーディオ&ビジュアル専門サイトの記者/編集を経て価格.comマガジンへ。私生活はJ-POP好きで朝ドラウォッチャー、愛読書は月刊ムーで時計はセイコー5……と、なかなか趣味が一貫しないミーハーです。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン タイムセール
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る