特別企画
夏休み特別企画

自分好みにカスタマイズ! フォステクス「RPKIT50」で自作ヘッドホンに挑戦してみた

夏休みの自由課題にピッタリ!といいたくなる組み立てキットのヘッドホンが発売された。それがフォステクスの「RPKIT50」だ。フォステクスのオンラインサイトで販売しており、価格は33,000円となっている。

自分でパーツを組み上げてヘッドホンを作れるフォステクス「RPKIT50」。価格は33,000円

自分でパーツを組み上げてヘッドホンを作れるフォステクス「RPKIT50」。価格は33,000円

フォステクスといえば、モニタースピーカーなどのプロフェッショナル機器を得意としているオーディオブランドだが、そのいっぽうで、スピーカーユニットを単体でラインアップしていたりスピーカー組み立てキット「KANSPI-KIT」シリーズを用意するなど、自作派向けの製品も取り揃えていたりする。そんなフォステクスから今回、ヘッドホン組み立てキット「RPKIT50」が発売。しかも、独自開発の平面振動板を搭載する名機RPシリーズがベースとなっているという話なので、期待も大いに高まってくる。

何を隠そう、筆者は以前からRPシリーズのひとつ半開放型ハウジング採用の「T50RPmk3」をリファレンスヘッドホンして長らく活用しており、この製品を発見したのもボロボロになってきたイヤーパッドを交換しようかなと情報をチェックした時だった(恥ずかしながらプレスリリースを見逃していた)。「T50」がベースで、しかもサウンドチューニングが行えるというのだから、大いに興味が惹かれるところ。ということで、さっそく「RPKIT50」を入手し組み立ててみることにした。

イヤーパッドなどがだいぶくたびれてきた「T50RPmk3」

イヤーパッドなどがだいぶくたびれてきた「T50RPmk3」

待つこと数日、届いた箱をさっそく開けて中身をチェックしてみると、思っていた以上にさまざまなメリットを持ち合わせていることが確認できた。

まず第一に、かなり細かいチューニングが行えることだ。キットの説明書を見てみると、

1.ハウジング用チューニングシート(なし/不織布/PETの3タイプ)
2.ユニット用チューニングダンパー(あり/なしの2タイプ)
3.バッフル用チューニングダンパー(低密度と高密度の2タイプ)
4.イヤーパットの選択(標準的な厚みの合皮と厚手で一部にベロア素材を採用する2つのタイプ)

という、4つの調整項目が用意されているのだ。これは、完成品のRPシリーズが半開放型の「T50RP」に加えて(過去に)密閉型「T40RP MK3」や開放型「T20RP MK3」がラインアップされていた経緯があり、そういったノウハウが生かされた恩恵によるものだろうが、ここまで幅広いサウンド調整ができるのはありがたいかぎりだ。

また、組み立ててわかったことだが、必須の吸音材を好みに合わせて調整すれば(別の素材を増やしたりすれば)、さらに細かい調整を行えるようにもなっていた。なかなか、奥深いキットといえる。

とはいえ、基本的には半完成品(正確には1/3か1/4完成品といった段階だろうか?)キットなので、組み立ては簡単。かなり不器用な筆者が写真を撮影しながら組み立てたのだが、それでも3時間ほどで完成することができた。初心者が間違いのないようていねいに組み立てても2時間かからないだろうし、工具もピンセットと太めの精密ドライバー、ハンダごてがあれば十分なので、心配する必要はない。

ハンダ付け作業が苦手、という人も安心してハンダごてさえあれば何とかできるくらい用意周到な状態だったりする。

ということで、ここからは組み立ての順を追って「RPKIT50」の特徴に触れていこうと思う。

最初にすべてのパーツを箱から取り出し、不足なく揃っているかを確認してから組み立てをスタートする。

キットの中には本体のほかにケーブルやイヤーパッド、各種調整用パーツが用意されており、キットの中身をすべて並べるとまさに圧巻だ

キットの中には本体のほかにケーブルやイヤーパッド、各種調整用パーツが用意されており、キットの中身をすべて並べるとまさに圧巻だ

ケーブルも最初から3.5mmアンバランスと2.5mmバランスの2本が付属している

ケーブルも最初から3.5mmアンバランスと2.5mmバランスの2本が付属している

まずいきなりとまどったのが、半完成品であるということだ。ベロアイヤーパッドとバッフルが最初からネジ留めされていて「最初に組み立てずバラすのはこれいかに?」とは思ったが、さらにとまどったのがヘッドバンドとハウジング部がすでに接合されていることだった。流れ的に問題があるわけではないのだが、実はこれが意外にも作業しづらかった。特に筆者のような不器用な人間やこういった組み立てが初めての人は、気をつけて作業をしないと吸音材がうまく貼れない。最悪、手が滑って着脱ケーブルに付いているケーブルを断線してしまう可能性もあるので、注意して作業を行ったほうがいいだろう。

ヘッドバンドとハウジング部がすでに固定されているため、吸音材を貼る作業やはんだ付け作業が多少やりにくかった。誤ってケーブルを断線させないように、気を付けて作業してほしい

ヘッドバンドとハウジング部がすでに固定されているため、吸音材を貼る作業やはんだ付け作業が多少やりにくかった。誤ってケーブルを断線させないように、気を付けて作業してほしい

さらに、バッフルにとても小さな吸音材を40個ほど(左右で80個ほど)貼っていく作業も苦労した。こちらの作業で、ピンセットは必須。ちなみに、左右貼り終わる頃にはピンセット使いがかなりうまくなるので、そのための練習と思ってもよいかもしれない。しっかり貼りさえすれば位置は少々適当でも大丈夫そうなので、根気よくトライしてほしい。ちなみに、全体の中でもこの作業が最も手間な部分だった。この作業が終わればもう完成したのも同然!と考えてもいいくらい。ぜひ、ていねいに貼り付け作業を行ってほしい。

小さな吸音材をピンセットを使って貼っていく。なかなか根気のいる作業だ

小さな吸音材をピンセットを使って貼っていく。なかなか根気のいる作業だ

ちなみに、この吸音材のおかげか、プラスチック系素材を採用しているハウジングやバッフルが独得の音色を生じることなく、ダイレクト感の高いサウンドを実現していた。両面テープによる貼り付けなので耐久性が多少心配だが、フォステクスならではの音作りのノウハウを感じさせる部分でもあった。

続いての作業は、チューニング項目1のハウジング部のチューニングシートの貼り付けだ。今回は「T50RPmk3」代わりになるサウンドを作りあげるつもりなので、不織布をチョイスして半開放型とした。

ハウジング用チューニングシートは不織布をチョイス

ハウジング用チューニングシートは不織布をチョイス

続いて、バッフルと平面ドライバーをネジ留めする。3か所ネジ留めするだけなので、こちらも至って簡単だった。そして次にハンダ付けを行う。こちら、ケーブル側は念のために更なる捨てハンダをしたが、ドライバー側はハンダが大きく盛り上がっていたので、それ以上(ハンダは)使用せず接続。左右合計4か所、しかも+−の位置が絶妙に離れていて作業しやすかったので、2分もかからず終わることができた。ハンダごてを暖めている時間のほうがかかったくらいだ。

バッフルとドライバーユニットはネジ止めするだけで簡単に固定できる

バッフルとドライバーユニットはネジ止めするだけで簡単に固定できる

ハンダ付け作業が必要なのは、ドライバーユニットとケーブルをつなぐこの1か所のみ。初心者でも失敗が少ないように、+−の位置が離れているのはありがたい

ハンダ付け作業が必要なのは、ドライバーユニットとケーブルをつなぐこの1か所のみ。初心者でも失敗が少ないように、+−の位置が離れているのはありがたい

次に、バッフルをネジ留めすると調整が行えなくなる、2のユニット用チューニングダンパーのありなしを仮組みして調整してみる。結果としては、スポンジを取り付けると中高域がやや控えめになり、外すとヌケのよい音になるのだが、実はこれがなかなかに微妙な変化というか、減衰の仕方がかなり自然な印象なので、どちらのセッティングも使いやすく、仕上げ段階で重宝しそうにも感じた。いちいちイヤーパッドに加えてバッフルのネジを外さないと調整できないのは少々残念だが、今回は仮の組み立てで比較試聴し、今回は“なし”で行くことにした。

ユニット用のチューニングダンパー。スポンジを入れるか入れないかの2パターンから選べる

ユニット用のチューニングダンパー。スポンジを入れるか入れないかの2パターンから選べる

続いて、3のバッフル用チューニングダンパーを選ぶ。こちらは、4のイヤーパットの選択とセットでサウンドをチェックしてみるのがオススメだ。低密度はなかなかに自然な音で、合皮のイヤーパッドと組み合わせるとダイレクト感が高くストレートな表現の「T50RPmk3」にほど近いキャラクターとなる。このままイヤーパッドをベロアタイプに交換すると、低域がやわらかい印象の聴きやすい音へと変化してくれる。これは、イヤーパッドの深さも関係しているのだろう(耳がドライバーからほんの少し離れたため低域のダイレクト感が弱まった可能性がある)と推測している。

いっぽう、高密度と合皮の組み合わせは中高域がやや控えめになり、低域の迫力が増した分迫力あるサウンドとなったものの、中高域の解像感が下がってしまったような印象も感じられるなど、半開放型セッティングだとベストな組み合わせには思えなかった。ベロアイヤーパッドに交換するとそういった瑕疵も目立たなくなるが、RPドライバーのよさをトコトン生かしたセッティングでとは思えない。高密度は、密閉型などで活用するのがよさそうだ。

バッフル用チューニングダンパーは、高密度タイプと低密度タイプの2種類から選べる

バッフル用チューニングダンパーは、高密度タイプと低密度タイプの2種類から選べる

イヤーパッドはベロアタイプと合皮タイプの2種類。バッフル用チューニングダンパーとの相性を確認しながらチョイスしたい

イヤーパッドはベロアタイプと合皮タイプの2種類。バッフル用チューニングダンパーとの相性を確認しながらチョイスしたい

もうひとつ、試聴していて気がついたのがヘッドバンドの装着感の良好さだ。合皮をあしらった「T50RPmk3」とは異なり、「RPKIT50」ではゴム系+レザー系素材の2重式ヘッドバンドが採用されている。このため、重量は約385gと「T50RPmk3」に対して70gほど重く、木製ハウジング採用の「T60RP」とほぼ同じくらいになっているが、こちらのおかげで左右の締め付けが弱く、それでいてしっかりしたホールド感を持つため、逆の好ましいとさえ思えた。また、着脱式ケーブルの端子に2.5mm4極を採用しており、バランス接続できる点もうれしい。この2つは、「T50RPmk3」にはない大きなメリットといえるだろう。

完成したヘッドホンがこちら。ヘッドバンドが2重式になったことで、「T50RPmk3」よりも装着感はかなりよくなっていた

完成したヘッドホンがこちら。ヘッドバンドが2重式になったことで、「T50RPmk3」よりも装着感はかなりよくなっていた

このように、思っていた以上に手軽に作り上げることができた「RPKIT50」だが、組み立て工程に多少の不満点はあるものの、このあたりは既製品からのパーツ流用でコストを抑えている部分もあるようなので、致し方のないところだろう。それ以上に、組み立ての楽しさを味わいつつ、チューニングもでき、さらに装着感やサウンドも良好になっている点など、魅力は多岐にわたる。

せひ、この夏の思い出に「RPKIT50」を楽しみながら組み立ててほしい。なお、この記事を活用しつつ自由課題レポートを完成した場合、先生から“丸写しは不可”といわれる可能性があるので、自分自身でさまざまなパターンの試聴を行い、個性あふれるレポートを作り上げることをオススメしたい。

野村ケンジ

野村ケンジ

ヘッドホンなどのオーディオビジュアル系をメインに活躍するライター。TBSテレビ開運音楽堂にアドバイザーとして、レインボータウンFM「みケらじ!」にメインパーソナリティとしてレギュラー出演。音元出版主催のVGP(ビジュアルグランプリ)審査員も務める。

関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る