ニュース

独自の360立体音響対応! ケーブルレスで使えるソニーのバッテリー内蔵リアスピーカー「SA-RS5」

2022年4月15日、ソニーはホームシアターの新製品2モデルを発表した。ひとつは、サウンドバーのフラッグシップモデル「HT-A7000」と組み合わせを想定したワイヤレスリアスピーカー「SA-RS5」、もうひとつは、ワイヤレスサブウーハーをセットにしたエントリークラスの2.1chサウンドバー「HT-S400」。いずれも5月21日発売予定で、市場想定価格は「SA-RS5」が75,000円前後、「HT-S400」が42,000円前後だ。

バッテリー内蔵リアスピーカー「SA-RS5」

昨年発売されたホームシアターシステム「HT-A9」に導入されたソニー独自の立体音響技術「360 Spatial Sound Mapping」。複数のスピーカーを組み合わせ、多数のファントムスピーカーを空間に生成することで広大なサラウンド空間を作り出す同技術が、ソフトウェアアップデートでついにフラッグシップサウンドバー「HT-A7000」にも導入されることが発表された。

「HT-A7000」で360 Spatial Sound Mappingを楽しむには、専用のリアスピーカーとの組み合わせが必須。対応するリアスピーカーとして、既発売の「SA-RS3s」に加えて、今回新たに投入されるのが、バッテリー内蔵のワイヤレスリアスピーカー「SA-RS5」だ。

ソニー「SA-RS5」

ソニー「SA-RS5」

「SA-RS5」の最大の特徴は、本体に約10時間使用可能なバッテリーを内蔵し、電源ケーブルに縛られることなく、自由度の高いレイアウトが可能なところ。リアスピーカーのビルドインマイクを活用した高精度なキャリブレーション機能を搭載しており、左右のリアスピーカーの高さや距離などが異なっていても、まるで映像の世界に飛び込んだような没入感の高い効果が得られるという。

また、本体に「オプティマイズボタン」を搭載しており、スピーカーを設置して電源を入れ、オプティマイズボタンを押すだけで簡単にキャリブレーションを実施できるのもポイント。テレビを普段見る時はサウンドバーのみ、映画などを本格的なサラウンドで楽しみたい時は「SA-RS5」を追加して楽しむといったフレキシブルな使い方も可能だ。

本体天面に用意された電源ボタンとオプティマイズボタン

本体天面に用意された電源ボタンとオプティマイズボタン

スピーカー構造は、本体フロントにウーハーとツイーターを、本体側面にパッシブラジエーターを、本体天面にイネーブルドスピーカーをそれぞれ搭載。イネーブルドスピーカーの搭載により、既発売の「SA-RS3s」に比べて高さ方向の再現性が向上しているという。

「SA-RS5」のスピーカー構造

「SA-RS5」のスピーカー構造

実際に「HT-A7000」に「SA-RS5」を追加した環境でいくつかコンテンツを試聴してみたが、「HT-A7000」単体に比べると、真横から後方にかけてのサラウンド感に厚みが増し、よりリアルに感じられた。また、フロントが「HT-A7000」とかなりハイスペックなモデルということもあり、360 Spatial Sound Mapping技術を搭載する「HT-A9」に比べてパワフルなサウンドに感じられた。

「HT-A9」のホワイトカラーとは異なり、ブラック系のカラーリングを採用したファブリック仕上げの本体の質感もAV機器やインテリアとも合わせやすいし、なによりもケーブルレスで設置できるというレイアウトの自由度の高さは大いに魅力的だと感じた。すでに「HT-A7000」を所有しているユーザーはもちろん、「HT-A9」と「HT-A7000」のどちらかで悩んでいる人も、ぜひそのサウンドを体験してみてほしい。

2.1chサウンドバー「HT-S400」

「HT-S400」は、ワイヤレスウーハーをセットにした2.1chサウンドバー。昨今のテレビの薄型化・大型化にともない、内蔵スピーカーの音では物足りないと感じている人をターゲットにしたエントリークラスの製品となる。

ワイヤレスサブウーハーをセットにした2.1chサウンドバー「HT-S400」

ワイヤレスサブウーハーをセットにした2.1chサウンドバー「HT-S400」

サウンドバー本体には、本機専用に新規開発した「52mm×100mm X-balanced Speaker Unit」を搭載。振動板の面積を拡大させることで、迫力だけでなく、聴き取りやすいクリアな音質を実現したという。サラウンド機能は、バーチャルラサラウンドの「S-Force PROフロントサラウンド」を搭載。260Wのハイパワーアンプと160mm径の大口径サブウーハーにより、フロント設置のサウンドバーとサブウーハーだけでも迫力のあるサウンドを楽しめるという。

フロントスピーカーだけでサラウンドを再現する独自のバーチャルサラウンド技術「S-Force PROフロントサラウンド」を搭載

フロントスピーカーだけでサラウンドを再現する独自のバーチャルサラウンド技術「S-Force PROフロントサラウンド」を搭載

このほか、接続状況などを確認できる本体ディスプレイの搭載や、シンプルな付属リモコン、対応するBRAVIAとの接続することでBRAVIA側のクイック設定から操作できる機能など、使い勝手にも配慮。Bluetoothを使った音楽リスニングにも対応している。入出力端子は、HDMI×1(ARC対応)、光デジタル入力×1。対応音声フォーマットは、Dolby Digital、MPEG-2 AAC、リニアPCM(2ch)。

本体フロントに、接続状況などを確認できるディスプレイを搭載

本体フロントに、接続状況などを確認できるディスプレイを搭載

シンプルな付属リモコン

シンプルな付属リモコン

背面インターフェイス。ARC対応で、テレビとはHDMIケーブル1本で接続可能

背面インターフェイス。ARC対応で、テレビとはHDMIケーブル1本で接続可能

遠山俊介(編集部)

遠山俊介(編集部)

PC・家電・カメラからゲーム・ホビー・サービスまで、興味のあることは自分自身で徹底的に調べないと気がすまないオタク系男子です。最近はもっぱらカスタムIEMに散財してます。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
プレゼント
価格.comマガジン プレゼントマンデー
SPECIAL
ページトップへ戻る