イベントレポート

final×円谷プロがタッグを組んだ! 第1弾モデルZE3000「ウルトラ警備隊モデル」が発売

2022年7月17日、finalは「ウルトラ警備隊」をモチーフにしたZE3000「ウルトラ警備隊モデル」の発売記念イベントを開催。イベントでは、製品の特徴や円谷プロダクションと共同開発プロジェクトにいたった経緯などが語られたほか、本製品の音声ガイダンスを務めた平成『ウルトラセブン』シリーズのハヤカワ・サトミ隊員を演じた鵜川薫さんやウルトラセブンも登場し、事前応募の抽選で選ばれたユーザーとの記念撮影会も実施されるなど、大いに盛り上がった。

ZE3000「ウルトラ警備隊モデル」の発売記念イベントの様子。平成『ウルトラセブン』シリーズのハヤカワ・サトミ隊員を演じた鵜川薫さんやウルトラセブンも駆け付けた

ZE3000「ウルトラ警備隊モデル」の発売記念イベントの様子。平成『ウルトラセブン』シリーズのハヤカワ・サトミ隊員を演じた鵜川薫さんやウルトラセブンも駆け付けた

円谷プロダクションとfinalの共同プロジェクト第1弾モデルとして7月17日に発売となったZE3000「ウルトラ警備隊モデル」は、『ウルトラセブン』55周年を記念したオリジナルモデル。finalの完全ワイヤレスイヤホン「ZE3000」をベースに、イヤホン本体や充電ケース、パッケージに「ウルトラ警備隊」のユニフォームやヘルメットをイメージしたデザインを実施ほか、ガイダンス音声に、オリジナルビデオ 平成『ウルトラセブン』シリーズのハヤカワ・サトミ隊員(演:鵜川 薫)による録りおろしオリジナル音声ガイダンスを収録したという。全世界3,000台の限定生産モデルで、final直販サイト「final公式ストア」と直営店「final STORE」で販売中。

ちなみに価格は15,800円で、これはベースモデル「ZE3000」とまったく同じ。円安の影響でオーディオ製品も一部で値上げが実施されている状況で、オリジナルデザインを施したコラボモデルをベースモデルと同じ価格で提供するというのはかなりすごいことだが、finalとしては、ベースモデルと同じ性能なら同じ価格で提供したい、このコラボモデルをきっかけにfinalの製品に触れてもらえればということで、ベースモデルと同じ価格に設定したということだ。

ZE3000「ウルトラ警備隊モデル」。イヤホン本体やケースだけでなく、パッケージにもオリジナルデザインを採用

ZE3000「ウルトラ警備隊モデル」。イヤホン本体やケースだけでなく、パッケージにもオリジナルデザインを採用

充電ケースはウルトラ警備隊の制服をモチーフにしたデザイン。手触りのよいマッドな質感に仕上げたそう

充電ケースはウルトラ警備隊の制服をモチーフにしたデザイン。手触りのよいマッドな質感に仕上げたそう

イヤホン本体はヘルメットをモチーフにしたデザインを採用。ベースモデル「ZE3000」はシボ加工が施されていたが、コラボモデルはヘルメットの質感を再現するため、光沢感のある塗装を新たに採用したという

イヤホン本体はヘルメットをモチーフにしたデザインを採用。ベースモデル「ZE3000」はシボ加工が施されていたが、コラボモデルはヘルメットの質感を再現するため、光沢感のある塗装を新たに採用したという

付属のイヤーピースも、軸にウルトラマンをイメージしたレッドを採用

付属のイヤーピースも、軸にウルトラマンをイメージしたレッドを採用

ウルトラマン人形の足の裏などで目にしたことがある人も多い「©円谷プロ」が、イヤホン本体や充電ケースにデザインされているのはなんとも感慨深い

ウルトラマン人形の足の裏などで目にしたことがある人も多い「©円谷プロ」が、イヤホン本体や充電ケースにデザインされているのはなんとも感慨深い

イベントには、まずfinal広報の森圭太郎氏が登壇した。同氏は、「finalはイヤホン・ヘッドホン専業メーカーで、40万円を超えるヘッドホンのフラッグシップモデルなど音にこだわった製品を開発しているが、高級な製品だけでなく、フラッグシップモデルのいい音をより多くの人に聴いてもらえるように5,000円前後で買えるエントリークラスのイヤホンなども開発し、世に送り出している。40人超の社員の半数が研究者で、九州大学と組んで音の共同研究を行うなど、自社で研究開発を行っているところがいちばんの特徴だ。」と、finalブランドの概要を改めて解説。円谷プロダクションとの共同プロジェクトについては、「エンターテインメントの最前線を走りつつける円谷プロダクションと、最先端の音響技術でものづくりを追求しているfinalが共同で新しいものを作るというコンセプトで発足。1年以上の歳月をかけてようやく第1弾製品を出すことができた」ということが語られた。

final広報の森圭太郎氏

final広報の森圭太郎氏

続いて、円谷プロダクションでシニアプロジェクトマネージャーを務める藤田浩氏が登壇。「ウルトラマンシリーズで、イヤホンやヘッドホンといったきちんとした音響製品が出せていなかった。どうせ作るなら、長く使っていただけるようにいい音であるメーカーさんとコラボして作りたい」ということで、今回の共同プロジェクトは円谷プロダクション側からfinalに打診を行ったこと、コラボレーションする作品については、プロジェクト発足タイミングでは初代『ウルトラマン』や『シン・ウルトラマン』などの候補も上がったが、製品化が2022年になることから、タイミング的に55周年を迎える『ウルトラセブン』でいくことが決定したことが語られた。

円谷プロダクションの藤田浩氏

円谷プロダクションの藤田浩氏

また、藤田氏はコラボモデルのデザインにも言及。「円谷プロダクションはコラボモデルのデザインに対してわりと柔軟で、メーカーの個性を出すために、まずはメーカーがデザインして、それを監修するというスタンスでやることが多い。今回もfinalさんが担当したが、デザイナーさんから上がってきたデザインに大変驚いた。ウルトラマンの赤を基調にしたものや、劇中に登場するポインターやウルトラホークなどのメカを基調にしたものなどいろいろあげていただき、最終的にヘルメットや隊員服をモチーフにしたこのデザインにたどり着いた。緊急事態宣言下の間、いいものを作ろうと何度もディスカッションしてできあがった非常に手の込んだ製品なので、ぜひ手に取って使ってもらいたい。」とコメントした。

イベントの後半には、本製品のガイダンス音声を担当する鵜川薫さんも登場。以前からfinalのイヤホンを愛用するユーザーだったそうで、コラボモデルの音声ガイダンスの話をいただいた際には「ぜひこちらからお願いします」とすぐに快諾したそう。また、ガイダンスの収録では、当時の現場で隊長から言われた気持ちや出動命令を受けた時の気持ちを思い出し、ブースの中で実際に敬礼をして気持ちを盛り上げながら感情を込めて声を吹き込んだそうで、「満足のいく仕上がりになったと思います」とコメント。収録語の音声はチェックしたが、イヤホンの中に収録された音声をチェックするのはイベント終了後が初になるそうで、イベントに参加したユーザーに「みんなでこの喜びを分かち合いましょう」と熱く語りかけていた。

ガイダンス音声を担当する鵜川薫さんは、ウルトラ警備隊の制服姿で登場

ガイダンス音声を担当する鵜川薫さんは、ウルトラ警備隊の制服姿で登場

イベント終了後には、鵜川薫さんとウルトラセブンとの撮影会も実施。久々のリアルイベントに、参加したユーザーだけでなく、鵜川薫さんやウルトラセブンも交流を楽しんでいた。

フォトセッション中に腕を組む鵜川薫さんとウルトラセブン。終始和やかな雰囲気でファンとの交流を楽しんでいた

フォトセッション中に腕を組む鵜川薫さんとウルトラセブン。終始和やかな雰囲気でファンとの交流を楽しんでいた

©円谷プロ

遠山俊介(編集部)

遠山俊介(編集部)

PC・家電・カメラからゲーム・ホビー・サービスまで、興味のあることは自分自身で徹底的に調べないと気がすまないオタク系男子です。最近はもっぱらカスタムIEMに散財してます。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る