ニュース
ダイナミックでもなければBAでもない!

Shure高級イヤホンの新作「KSE1500」はコンデンサー型! 実売36万円

フジヤエービック主催の「ヘッドフォン祭2015秋」(2015年10月24〜25日)で話題をさらったのが、シュア・ジャパンが10月22日に発表した新型イヤホン「KSE1500」。ハイレゾに対応した本格的なコンデンサー型(静電型)のイヤホンシステム(イヤホンとアンプを組み合わせたシステム)で、店頭予想価格360,000円の最高級イヤホンだ。発売は2015年12月末〜2016年1月が予定されている。
今回は、イベント初日にShureブースで行われた招待制のユーザー向けイベント「シュアサタ」に潜入。そこで得られたKSE1500の情報を交えつつ特徴をレポートしていきたい。

KSE1500。イヤホンを専用アンプを組み合わせたシステムとなっている

KSE1500。イヤホンと専用アンプを組み合わせたシステムとなっている

「世界初コンデンサ一型高遮音性イヤホンシステム」の誕生

KSE1500最大の特徴は、Shureのカナル型イヤホンとして初めて、駆動方式にコンデンサー型を採用したことだ。コンデンサー型のイヤホンシステムは、すでにSTAXの「SRS-002」(STAXではイヤースピーカーという呼称を使用しているため、厳密にはイヤホンとは呼べないかもしれない)が知られているが、ShureはKSE1500を「世界初コンデンサ一型高遮音性イヤホンシステム」と定義している。

コンデンサー型とは、ダイナミック型でもBA型でもない、ドライバーの駆動方式のひとつ。ダイナミック型/BA型が磁力を使う駆動方式であるのに対し、コンデンサー型では静電力を使うのが特徴だ。振動板の両側には固定電極が配置されており、そこに音声の電圧をかけることで振動板が押したり引いたりするプッシュプル動作になり、音を出す仕組みだ。

コンデンサー型は、振動板のほぼ全面で駆動するため、繊細な動きが可能となり、音の立ち上がりが早くレスポンスにすぐれるほか、低歪で分割振動が起こりにくく、さらにダイナミック型のような逆起電力も発生しないため、濃密な空気感が楽しめる。

コンデンサー型イヤホンのドライバーユニットの概略図。薄膜のダイアフラムの両側に固定極が設置されており、その間に静電力が働くことによって、振動板が動く仕組みだ

コンデンサー型自体は古くからある駆動方式で、スピーカーやヘッドホン・イヤホンでも製品が発売されている。ただし、コンデンサー型の場合、振動板を動かすための静電力を強くするため、より大きな駆動力が求められる。スピーカーよりも振動板の小さいヘッドホン・イヤホンであっても、薄膜の振動板に数百ボルトの直流のバイアス電圧をかける必要があり、専用のアンプが必要になるほどだ。そうした事情もあって、コンデンサー型はハイエンドユーザー向けの仕組みで、手がけているメーカーもそれほど多くない。現在ではSTAXが有名だ(海外で発売されている製品であれば、KOSSやゼンハイザーも手掛けている。スピーカーであればQUADも)。

だからこそ、Shureがコンデンサー型のイヤホンを開発し、製品化するというのは大きな注目である。開発のキッカケは、技術者がコンデンサー型マイクをイヤホンに改造した試作機を作ったことから始まっているという。同社はマイクロホンにも長けたメーカーであり、その中にはコンデンサー型もラインアップしている。マイクとイヤホン(または、ヘッドホンやスピーカー)は、仕組みが共通しているところもあり、技術的な資産を活用したというわけだ。

加えて、同社にはカナル型イヤホン「SEシリーズ」で培ってきた高音質イヤホンのノウハウがある。KSE1500では後述する独自のドライバーを採用することで、再生周波数は5Hz〜50kHzのハイレゾに対応する。ポータブルタイプの静電型イヤホンでハイレゾに対応しているのは、現時点ではKSE1500のみだ。

開発の軌跡として紹介されたプロトタイプ

開発の軌跡として紹介されたプロトタイプ

8年の開発期間を経てリリースされた超ハイエンド機

KSE1500には、新開発の静電型シングルドライバーが搭載されている。このドライバーは、「限りなく無質量」というダイアフラムを採用。マルチBA構成を上回る過渡特性を実現しており、ディティールの再現性、応答性、クリアさを高めている。同社によれば、「存在するダイアフラムの中でもっとも過渡特性がすぐれている」とうたうほどだ。また、フラムが振動するスペース、すなわち固定極板に挟まれた空間は0.002インチ(約0.051mm)ほどしかなく、ドライバーユニットが精巧に作られていることがわかる。

新規開発の静電型ドライバー。スライドでは、スタンダードな静電型ヘッドホンのドライバーサイズとの大きさの違いについてアピールしている

ドライバーの構造

ドライバーの構造

ドライバーの過渡特性の比較。元の信号に対して、KSE1500では、かなりの再現性の高さを実現している

ドライバーの過渡特性の比較。元の信号に対して、KSE1500では、かなりの再現性の高さを実現している

さらに、ハウジングは同社のカナル型イヤホンSEシリーズゆずりの、遮音性の高いデザインを採用。STAXをはじめとした静電型ヘッドホンの多くが、背面を開放しているオープン型であるのに対し、KSE1500は密閉型。騒音の侵入を防ぐと同時に、音漏れもしにくい構造になっている。同じ静電型とはいえ、こういった構造上の違いがあるのも、Shureの静電型イヤホンならではといったところだろう。

なお、ハウジングはSEシリーズに比べてドライバーユニット周りが少し太めに作られている印象はあるが、基本的な形状は似ている。ハウジングにクリア素材が使われており、この素材の透明度がきわめて高いのも魅力だ。静電型といえば、無骨な見た目を想像してしまいがちだが、KSE1500はこれまでの静電型イヤホンにはないルックスになっている。

透明なシェルの中にある、「SHURE」のロゴがプリントされたフロント/リアキャビティの中に、ドライバーが内蔵されている。キャビティには、ポートのようなものが確認できる。

DAC搭載のアンプユニット

イヤホンだけでなく、小型のアンプユニットもこだわっている。使われている基板は、一般的な4層や6層のものより、さらに高品質な10層基板を採用。とくに、振動板に直流電圧を印加する静電型では、電源のクオリティーが重要になるため、ノイズや干渉を抑えるために、電源部の層を低圧部と高圧部にあえて分けている。なお、アンプ回路はKSE1500専用にカスタマイズしたもので、振動板にかかる直流のバイアス電圧は200Vだ。

また、アンプユニットにはUSB DACを搭載している。DACチップはシーラス・ロジックの「CS4272」で96kHz/24bitに対応。専用のDSPを搭載し、4バンドのパラメトリックEQも利用できる。5種類の標準プリセットが用意されているほか、個別にパラメーターを設定可能で、4つのフィルターポイント、調整する周波数の選択、ゲインの上げ下げが行えるようになっている。このほか、デジタル回路を通さず、アナログライン入力からそのまま出力できるアナログバイパスモードも搭載した。

バッテリーの駆動時間は、USB入力で最大7時間、アナログ入力(アナログバイパスモード)で最大10時間となっている。

小型なボディに、専用アンプとDAC機能を詰め込んだ

小型なボディに、専用アンプとDAC機能を詰め込んだ

本体は手の中に収まるコンパクトサイズ

本体は手の中に収まるコンパクトサイズ

電源ボタン側面に用意されている。

電源ボタン側面に用意されている。

本体底面に入力切り替えスイッチを搭載

本体底面に入力切り替えスイッチを搭載

ラインイン端子とボリュームコントロール

ラインイン端子とボリュームコントロール

4バンドのパラメトリックEQに対応し、自分好みの音質に追い込める

4バンドのパラメトリックEQに対応し、自分好みの音質に追い込める

Shureによると、イヤホン開発の次に難しかったというのが、アンプとイヤホンをつなげる専用ケーブルだ。静電型ヘッドホンでは、数百ボルトの直流電圧と音声信号を送り出すために、静電容量を低く保てるよう、信号線を並列に並べた平らなリボンケーブルが採用される。KSE1500ではこれをそのまま使わず、持ち運びにも適した形に変更。小型・丸型のいわゆる普通の形状にしているのだ。見た目は普通だが、3年費やして開発した専用ケーブルだという。アンプとの接続のコネクター形状は6ピンのLEMO端子。イヤホン部のリケーブルには対応しない。ちなみに、バイアス電圧がかかっている状態で、誤ってケーブルが外れた時でも感電の心配はないとのことだ。

ケーブルも新規に設計している

ケーブルも新規に設計している

実際のケーブルとコネクターの形状

実際のケーブルとコネクターの形状

音質ファーストインプレッション

短い時間ではあるが、KSE1500の音質をチェックすることができた。プレーヤーに「AK Jr」を使用して試聴を行っている。

一言でいえば、BAマルチのような透明感や解像度と、ダイナミック型のような聴きやすさを合わせもった高品位なサウンドだ。筆者は、1964EARSのカスタムIEM「V6s」を使用することが多いが、このBAマルチと比べるとKSE1500は、デジタル的なシャープさや、繊細で線の細さを感じさせるサウンドではなく、ドシッとした印象のあるアナログテイストな音を感じさせる仕上がりだ。派手さやパンチは少ない地味なサウンドではあるが、聴き込んでいくうちにそのよさがわかる音だと思う。

また、これまでにはない密閉タイプの静電型イヤホンだが、その音は想像以上にクリアで、かつ色付けがない。空気感もよく出ており、静電型らしいと言える音色になっている。開放タイプの静電型ヘッドホンで指摘されることもある低音の不足感についても、KSE1500では感じられない。これは、ハウジングデザインのノウハウによるところも大きいのだろう。

まとめ

KSE1500は、持ち運べるコンデンサー型のイヤホンシステムであるのがユニークなところ。イヤホン本体だけに限らず、アンプのほか、ケーブルなどの細かいところに至るまで、新規に開発しており、そのこだわりぶりは徹底している。シュアが8年間をかけて作ったというのもうなずけるクオリティーで、このサイズ感でコンデンサー型の特徴を生かした音を楽しめるのが魅力だ。ただし、初号機ということでプロトタイプ的な意味合いも強い製品なのだろう、36万円という価格はけっして安くはない。購入するしないは別にして、機会があれば、最高級イヤホンとしてKSE1500の音を体感してみてほしい。

銭袋秀明(編集部)

銭袋秀明(編集部)

編集部の平均体重を底上げしている下っ端部員。アキバをフィールドワークにする30代。2015年4月、某編集部から異動して価格.comマガジン編集部へ。今年こそ、結果にコミット!

関連記事
価格.comマガジン タイムセール
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る