知っ得!納得!今旬デジタルキーワード事典
もはやテレビは4Kが当たり前の時代

今さら聞けない?「4K」「8K」の基礎知識! 今すぐ4K映像を楽しむための最新情報も

近年、家電量販店のテレビ売り場やカタログには「4K」の文字がおどっている。さらに、その先の「8K」もちらほらと目にするようになってきた。しかし「4Kって何?」と漠然と聞かれたら、みなさんはちゃんと説明できるだろうか? 今、テレビ選びに際して理解しておきたい「4K」や「8K」の基礎知識に加え、そのメリットや将来の展望を解説していこう。

【関連記事】
・《2018-2019年》液晶から有機ELまで!おすすめ薄型テレビ13モデル、ジャンル別に厳選
・4Kテレビ選びの重要ワードHDR=「HDR10」「Dolby Vision」「HLG」って何?
・くわしく解説! 2018年12月開始「新4K8K衛星放送」を見る方法

そもそも「4K」とは?

4Kとは「4000」の意。重さなら4000g を4kgと示せるのと同じ関係だ。テレビの場合は、横×縦の画素数が4000×2000前後の規格を「4K2K」、あるいは略して「4K」と呼んでいる(海外ではUltra HDと呼ぶほうが多い)。

これに対し、現在の地上デジタル放送・衛星放送・テレビ受像機で「フルHD」と呼ばれるのは、横×縦の画素数が1920×1080のもの。こちらは、4Kが登場して以降は「2K」と呼ばれることが多くなった。

2Kと4Kの違いは、画面を構成する画素数の差だ。2Kは1920×1080=約200万画素であるのに対し、4Kは3840×2160=約800万画素。つまり、同じ画面サイズなら、4Kは2Kよりも画素が4倍高密度で、映像が緻密になる。デジタルカメラの画素数の違いを想像すると理解しやすいだろう。

2Kテレビと4Kテレビの画素数のイメージ

2Kテレビと4Kテレビの画素数のイメージ

価格.comでも4Kテレビが人気!

上述の通り、現在テレビ売り場では「4Kテレビ」が盛り上がっている。価格.comの薄型テレビカテゴリーの売れ筋ランキングでも、上位に位置づけられているモデルのほとんどが4K対応である。

価格.comのテレビ売れ筋ランキングでも、4Kテレビが上位を席巻。2019年3月22日時点の4Kテレビ売れ筋1位はソニー「BRAVIA KJ-55X9000F」

▼地デジ放送を4Kテレビで見るメリットは?

しかし、現在主流の地上デジタル放送の映像は、2K相当だ(厳密には1440×1080)。「映像コンテンツが2Kなのに4Kテレビで見る必要はないのでは?」と考える方もいると思うが、それはちょっと違う。

というのも、4Kテレビには「アップスケーリング」という解像度変換機能が内蔵されていて、2K映像も画面いっぱいに引き伸ばして映し出すことができるようになっている。ここで気になるのが、引き伸ばすことによって映像のクオリティが落ちることだが、心配は無用。4Kテレビの多くの製品は、2Kの映像を4K相当の高解像度映像に変換する「超解像」技術などの映像補間技術を搭載している。2Kコンテンツを4Kテレビで見ると、ハイビジョンテレビで見るよりも精細感のある画質が得られるのだ。

4Kテレビの画素は2Kの4倍緻密なため、画素のツブツブが気にならなくなるのもポイント。特に50型を超える大画面を近くで見るような場合、4Kテレビの利点を実感できる。

2Kテレビと4Kテレビの精細度比較のイメージ

2Kテレビと4Kテレビの精細度比較のイメージ

4Kコンテンツはもうこんなに豊富! 今すぐ4Kを楽しもう

とはいえ、せっかくならアップスケーリングではない4K映像を楽しみたいもの。4Kテレビを4K画質で楽しむには、4Kコンテンツが必要だ。まだなじみが少ないかもしれないが、実は身の周りには4Kコンテンツが急速に増えている。大きく3つを紹介しよう。

1. BS/110°CS 4K放送(新4K衛星放送)

2018年12月1日、BS/110°CS衛星放送波を用いた4K/8K本放送がスタートした。公共性の高い基幹放送が4K化されたことで、もう「4Kは標準」と言っても過言ではない。

BS/110°CS衛星による4K放送は、「新4K衛星放送」と呼ぶケースが多い。これは、衛星4K放送で先行した東経124/128°CS衛星を利用する「スカパー!プレミアムサービス4K」と区別する意味が込められている。

NHKおよび民放キー局による、4Kの基幹放送がスタート!

NHKおよび民放キー局による、4Kの基幹放送がスタート!

なお、BS/110°CS 4K衛星放送を視聴するには、まず対応チューナーを内蔵した4Kテレビ、レコーダー、単体チューナーなどが必須。それに加え、電波を受信するためのパラボラアンテナ、あるいはそれに代わるサービス(フレッツテレビやケーブルテレビ)への加入が必要となる。

受信方法やチャンネルなどの詳細は、過去記事「くわしく解説! 2018年12月開始「新4K8K衛星放送」を見る方法」で解説しているので参照してほしい。

ちなみに、NHKと主要民放チャンネルであれば、従来(2K)のBS/110°CS受信環境をそのまま利用して新4K衛星放送を受信できる。ハードルは高くないので、前向きに4K衛星放送の視聴環境を整えてみるのもいい。

【関連記事】
・くわしく解説! 2018年12月開始「新4K8K衛星放送」を見る方法
・今買うならどれ? 東芝、シャープ、三菱電機の新4K衛星放送チューナー内蔵テレビをガチ比較
・4Kチューナー内蔵レコーダーの“買い”はどっち?パナソニック、シャープの2機種をガチ比較

2. 4K対応VODサービス

「Netflix」や「Amazonプライム・ビデオ」などの人気映像配信サービスは、すでに一部のコンテンツを4Kで配信していて、オリジナル作品を中心に急速に4K化が進んでいる。安定して30Mbps程度以上の通信速度が確保できるインターネット接続環境と、対応テレビやプレーヤーがあれば、今すぐにでも4K画質が楽しめるというわけだ。

最新の4Kテレビの場合、これらのサービスを再生するためのアプリがすでに組み込まれていることも多いので、契約さえ行えばすぐにでも4Kコンテンツを楽しめる。また、専用プレーヤーとしては、テレビのHDMI端子に直接接続できるドングル型の「Amazon Fire TV Stick 4K」が手ごろな価格で手に入るし、「Apple TV 4K」も高画質と評判だ。ちなみにNetflixの場合、4K画質で視聴するには「プレミアムプラン」に加入する必要があるので注意されたい。

3. Ultra HDブルーレイ(4Kブルーレイ)

4K映像コンテンツを収録したブルーレイタイトルの数もどんどん増えている。ネット接続環境に依存せず安定した高画質で楽しめるので、お気に入りの映画やライブ映像を繰り返し鑑賞するならコスト面でも有利だろう。今からブルーレイプレーヤー/レコーダーを購入するなら、ぜひUltra HDブルーレイの再生に対応したモデルを選びたい。

4Kの次! 未来の「8K」とは?

さて、4Kの次世代と言えるのが「8K」だ。4Kのさらに4倍、2Kに対しては16倍もの画素を持つ、8000×4000=3200万画素級の超高精細映像である。「スーパーハイビジョン(SHV)」とも呼ばれ、現在「テレビシステムの最終形」と考えられている。

フルHD(2K)、4K、8Kの画質の差イメージ(画像出典:シャープ製品サイトおよびTwitterより)

フルHD(2K)、4K、8Kの画質の差イメージ(画像出典:シャープ製品サイトおよびTwitterより)

しかも、2018年12月1日の新4K衛星放送とともに、NHKがBS放送波を使った「新8K衛星放送」をスタートしている。そう、対応テレビやチューナーがあればすでに8K放送だって視聴可能なのだ。

とは言っても8K対応のテレビはまだ少なく、チャンネルもNHKひとつしかないが、年末の紅白歌合戦や相撲中継は8Kで放送されているので注目してほしい。2020年に東京で開催される世界的なスポーツイベントは、多くが8Kで放送される見込みなので楽しみだ。それに、今後は8Kチャンネル数も増えることが予想される。

【関連記事】
テレビは早くも4K超え!「8K」って何がスゴいの?徹底解説

テレビは4Kが標準の時代へ! 8Kはどうする?

さて、最後に。2Kと4Kの映像を見比べても、実は違いがわからないというユーザーもいる。しかしながら、パッと見で違いがわからないと感じたユーザーでも、実際に4Kの映像を見慣れてくると「2Kには戻れない」という感想を持つことが多いのもまた事実である。そして今、現実に新4K衛星放送が開始したことを考えると、もう「4Kは標準」と言っても過言ではない時代に来ている。4Kテレビは決して過剰スペックではないのだ。

では、現時点で「8K」をどう考えるか? 8Kコンテンツが普及するまで、手持ちの2Kテレビで粘ろうという声も聞こえてきそうだが、8Kテレビは当面、画面サイズが大型に限られ、価格も高止まりが予想される。それならば、今4Kテレビを購入してすぐに4K高画質を楽しみ、その寿命が来た頃に価格がこなれた8Kテレビに乗り換える……という流れも一考の価値ありではないか。

もう4Kは標準と言える時代になってきている。4Kテレビを手に入れて、家庭で美しい映像を楽しもう!

鴻池賢三

鴻池賢三

オーディオ・ビジュアル評論家として活躍する傍ら、スマート家電グランプリ(KGP)審査員、家電製品総合アドバイザーの肩書きを持ち、家電の賢い選び方&使いこなし術を発信中。

関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る