知っ得!納得!今旬デジタルキーワード事典
4Kテレビは買い?

今テレビ買うなら「4K」なの? そもそも「4K」ってどういうこと? 

電器店のテレビ売り場やカタログには「4K」の文字が躍っている。最近では、その先の「8K」もちらほらと目にするようになってきた。今、テレビ選びに際して理解しておきたい「4K」や「8K」の基礎知識に加え、メリットや将来の展望を解説する。

そもそも「4K」とは?

4Kは4000の意。重さなら4000g を4kgと示せるのと同じ関係だ。テレビの場合は、横×縦の画素数が4000×2000前後の規格を「4K2K」あるいは、略して「4K」と呼んでいる
(海外ではUltra HDと呼ぶ事が多い)。

これに対し、現在の地上デジタル放送、衛星放送、テレビ受像機のうち、「フルHD」と呼ばれるのは、横×縦の画素数が1920×1080で、4Kが登場した今では2Kと呼ばれることが多くなっている。

2Kと4Kの違いは、画面を構成する画素数の違い。2Kは1920×1080=約200万画素であるのに対し、4Kは3840×2160=約800万画素。つまり、同じ画面サイズなら、4Kは2Kよりも画素が4倍高密度で、映像が緻密になる。デジタルカメラの画素数の違いを想像すると理解しやすいだろう。

2Kテレビと4Kテレビの画素数のイメージ

2Kテレビと4Kテレビの画素数のイメージ

地デジ放送を「4K」テレビで見るメリットは?

現在主流の地上デジタル放送は、2K相当(厳密には1440×1080)。「映像のコンテンツが2Kなのに4Kテレビで見る必要はない」と考える方もいると思うが、それはちょっと違う。

というのも、4Kテレビにはアップスケーリングという解像度変換機能が内蔵されていて、2K映像も画面いっぱいに引き伸ばして映し出すことができるようになっているからだ。ここで気になるのが、引き伸ばすことによって映像のクオリティが落ちることだが、心配は無用。4Kテレビの多くの製品は、2Kの映像を4K相当の高解像度映像に変換する「超解像」技術に代表される映像補間技術を搭載しており、2Kコンテンツをハイビジョンテレビで見るよりも、精細感のある画質が得られるのだ。4Kテレビの画素は2Kの4倍緻密なため、画素のツブツブも気にならなくなるのもポイント。特に50V型を超える大画面を近くで見るような場合、4Kの利点を実感できる。

2Kテレビと4Kテレビの精細度比較のイメージ

2Kテレビと4Kテレビの精細度比較のイメージ

リアルな「4K」映像は入手可能?

衛星放送でよく知られている「スカパー!」は、既に4K画質の「スカパー!4K」放送を開始している。受信に際しては設備や契約を整える必要があるが、最新の4Kテレビなら、同放送を受信可能なチューナーを内蔵している製品も登場している。

インターネット経由の放送や配信サービスも4Kコンテンツが増加中。代表的なサービスとしては、光高速インターネット回線を利用する「ひかりTV 4K」があり、回線の契約や視聴契約が必要だが、2つの4K放送チャンネルと、4K画質のVOD(ビデオ・オン・デマンド)サービスが利用可能だ。

このほか、ディスクメディアも4Kに対応したUHD BD(Ultra HD Blu-ray)も登場。映画タイトルやプレーヤーは2016年に続々登場予定だ。

世界で初めてUHD-BDの再生に対応したBD/HDDレコーダー、パナソニック「DMR-UBZ1」

世界で初めてUHD-BDの再生に対応したBD/HDDレコーダー、パナソニック「DMR-UBZ1」

4Kの次。未来の「8K」とは?

4Kの次世代と言えるのが「8K」だ。4Kのさらに4倍、2Kに対しては16倍もの画素を持つ、8000×4000=3200万画素級の超高精細映像だ。スーパーハイビジョンと呼ばれ、現在、テレビシステムの最終形と考えられている。2016年にはBSデジタルで試験放送を開始予定で、2018年に実用放送に移行。2020年には本格的な番組の拡充を目指している。そうしたタイミングに合わせて、8Kテレビも登場する見込みとなっている。こうなると、今4Kテレビを買うより、8Kを待ちたい気持ちがわいてくるかもしれないが、しかし、結論として、今4Kテレビを購入しても悔いはない。その理由は

・ 8Kの解像度の高さは、100型程度の超大画面でないと4Kとの差がわからない。
・ 8Kテレビが登場しても、当面は非常に高価になる見込み。
・ 最新の4Kテレビなら、8K放送が始まっても視聴できる(外付け8Kチューナーを追加。4K解像度で表示)。

といったところ。一般家庭の場合、4Kから8Kへの乗り換えは、8Kテレビの価格が十分にこなれた時でよいだろう。

結局、4Kテレビは買い?

2Kと4Kを見比べても、実は違いがわからないというユーザーも多い。しかしながら、パッと見で違いがわからないと感じたユーザーの多くも、実際に4Kの映像を見慣れてくると、2Kには戻れないという感想を持つ人が多いのも事実。この感覚を実感するなら、身近なスマートフォンが好例だ。「iPhone 3G」が登場した時、誰もが高精細でキレイと感じたが、今あらためて最新モデルと比べて見てみると、画素のツブツブの粗さに驚愕する。4Kはけっして過剰スペックではないのだ。

店頭で2Kと4Kの画質差がよくわからなくても、家庭でメインとなるテレビを買うなら、将来使い続けることも考えて、いま、4Kを選んでおいても損はないだろう。

鴻池賢三

鴻池賢三

オーディオ・ビジュアル評論家として活躍する傍ら、スマート家電グランプリ(KGP)審査員、家電製品総合アドバイザーの肩書きを持ち、家電の賢い選び方&使いこなし術を発信中。

関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る