10月22日(土)・23日(日)の2日間にわたって開催されるヘッドホン・イヤホンの祭典

「秋のヘッドフォン祭2016」の注目製品&イベント情報まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今週末の10月22日(土)・23日(日)の2日間、200ブランドを超えるヘッドホン・イヤホンメーカーや販売会社が一堂に会するヘッドホン・イヤホンの祭典「秋のヘッドフォン祭2016」が中野サンプラザで行われる。開幕まで残り1週間を切り、主催のフジヤエービックや、イベントに参加するヘッドホン・イヤホンメーカーから、ブースの展示内容や新製品発表会の情報、各種イベントの情報が続々と発表されている。ここでは、現時点で明らかになっている注目の新製品やイベント情報など、耳寄りな最新情報をまとめてご紹介しよう。なお、このページは「秋のヘッドフォン祭2016」のイベント当日まで、最新情報が届き次第、随時更新していく予定だ。

【関連リンク】
ヘッドフォン祭公式サイト

注目製品

オンキヨー&パイオニアイノベーションズ 〜未発表の開放型ヘッドホン「A800」や発売前のハイレゾDAPなど、注目機種を多数展示〜

オンキヨー&パイオニアイノベーションズのブースでは、オンキヨーの開放型ヘッドホン「A800」が初お披露目される。また、10月下旬の発売を予定していオンキヨーブランドのハイレゾDAP「DP-X1A」と、パイオニアブランドのハイレゾDAP「XDP-300R」もブースでそれぞれ試聴することが可能だ。このほかにも、11月下旬発売のハイレゾ対応イヤホン「E900M」や、つい先日発表されたばかりのパイオニアのヘッドホン「SE-MS7BT」「SE-MS5T」なども展示される予定だ。

太いヘッドバンドが特徴的なハイレゾ対応開放型ヘッドホンA800

太いヘッドバンドが特徴的なハイレゾ対応開放型ヘッドホンA800

ディーアンドエムホールディングス 〜ヘッドフォン祭のメインビジュアルにも採用されているDENON「AH-D7200」やB&W創立50周年ヘッドホンを展示〜

ディーアンドエムホールディングスブースでは、ヘッドフォン祭のメインビジュアルにも採用されているDENON「AH-D7200」や、Bowers & Wilkinsの創立50周年を記念した「P9 Signature」などを展示予定だ。AH-D7200は、別途発表会も予定しており、発表会に来場した先着50名に新製品の優先試聴券も配布するとのこと。

ヘッドフォン祭のメインビジュアルにも採用されているAH-D7200

ヘッドフォン祭のメインビジュアルにも採用されているAH-D7200

ULTRAZONE 〜創立25周年記念ヘッドホン「Jubilee 25 Edition」に注目〜

ULTRAZONは、縞黒檀を使った創立25周年記念ヘッドホン「Jubilee 25 Edition」と、ポータブルヘッドホンのフラッグシップモデル「Edition 8 EX」の新製品2機種の発表会を予定しており、発表会終了後はブースに新製品の試聴コーナーを設けるとのこと。春のイベントでも、世界限定777台の「Tribute 7」の試聴コーナーを設けていたが、今回の「Jubilee 25 Edition」は全世界250台限定とさらに貴重な製品となっている。発売前の製品をいち早く試聴できるまたとない機会なので、興味のある方は、ぜひブースに足を運んでみよう。

Jubilee 25 Edition。ハウジングに縞黒檀を使用しており、市場想定価格は約66万円前後となっている

Jubilee 25 Edition。ハウジングに縞黒檀を使用しており、市場想定価格は約66万円前後となっている

ハーマンインターナショナル 〜AKGの密閉型フラッグシップヘッドホン「K872」を先行展示〜

ハーマンインターナショナルブースでは、JBLやAKGのヘッドホンやイヤホンを展示予定。なかでも注目したいのが、10月28日に発売を予定しているAKGの密閉型フラッグシップヘッドホン「K872」。発売日に先駆けて先行展示を行うということなので、音が気になる人は要チェックだ。

53mm径の大口径ドライバーを搭載する密閉型フラッグシップヘッドホンのK872。10月28日発売予定

53mm径の大口径ドライバーを搭載する密閉型フラッグシップヘッドホンのK872。10月28日発売予定

オーディオテクニカ 〜話題のフルデジタル伝送&aptX HD対応Bluetoothヘッドホンなど最新機種を展示〜

オーディオテクニカのブースでは、フルデジタル伝送&aptX HD対応Bluetoothヘッドホン「ATH-DSR9BT」「ATH-DSR7BT」や、インナーイヤーヘッドホン「LSシリーズ」など、先日発表されたばかりの新製品を試聴できるとのこと。発売前の製品を試聴できるめったにない機会なので、興味のある方はぜひブースに足を運んでみよう。

フルデジタル伝送とaptX HDに対応したBluetoothヘッドホンの最上位モデルATH-DSR9BT

フルデジタル伝送とaptX HDに対応したBluetoothヘッドホンの最上位モデルATH-DSR9BT

HIFIMAN 〜静電型の新フラッグシップヘッドホン「SHANGRI-LA(シャングリ・ラ)」をお披露目~

HIFIMANは、真空管アンプとのセットになった静電型の新フラッグシップヘッドホン「SHANGRI-LA(シャングリ・ラ)」を国内初お披露目する。ナノテクノロジーを利用した超薄型ドライバーを搭載し、ほぼゼロの歪率と超高速応答を実現。7Hzから50kHzまでという広い周波数帯域を表現できるという。日本での発売時期や価格は未定だが、米国では5万ドル前後での販売を予定しているとのことだ。

新しいフラッグシップヘッドホン「SHANGRI-LA(シャングリ・ラ)」。現時点で日本での発売時期や価格は未定

新しいフラッグシップヘッドホン「SHANGRI-LA(シャングリ・ラ)」。現時点で日本での発売時期や価格は未定

フロンティアファクトリー 〜Bluetooth対応ヘッドホン新製品2モデルを展示 〜

フロンティアファクトリーブースは、12月に発売を予定しているKlipschのBluetoothヘッドホン「Reference On-Ear Bluetooth」と「Reference Over-Ear Bluetooth」を展示予定だ。オーバーイヤー型のReference Over-Ear Bluetoothに関しては、特許取得済みの「Klipsch Balanced Dynamic(KBD)ドライバー・テクノロジー」を採用。Klipschの伝統的なスピーカーで聴こえた音場の広がりと臨場感を再現させているということだ。

オーバーイヤー型のReference Over-Ear Bluetooth。独自のKBDドライバーテクノロジーを採用する

オーバーイヤー型のReference Over-Ear Bluetooth。独自のKBDドライバーテクノロジーを採用する

エミライ 〜MrSpeakersの新フラグシップヘッドホン「ETHER Flow」「ETHER C Flow」を中心に展示〜

エミライブースでは、MrSpeakersの新フラグシップヘッドホン「ETHER Flow」「ETHER C Flow」を中心に、AurenderやResonessence Labsなどの同社が取り扱う各種製品を展示予定。MrSpeakersのETHER FlowとETHER C Flowは別会場で新製品発表会の実施を予定しており、製品詳細を発表するほか、ブースにも試聴機を用意する予定だという。海外でMrSpeakersと組み合わせての展示が多いCavalli Audioのヘッドホンアンプも試聴用に用意し、MrSpeakersの製品と組み合わせて体験することも可能とのことだ。

Westone 〜8ドライバー搭載のフラッグシップイヤホン「W80」に注目〜

Westoneブースは例年同様に同社の全モデルが試聴できるが、なかでも注目なのが、イベント初日が発売日となっている「W80」だろう。「W60」以来、2年ぶりに加わった同社の新しいフラッグシップイヤホンで、バランスド・アーマチュア型ドライバーを高域4基、中域2基、低域2基の計8基搭載。市場想定価格は21万7800円前後(税込)となかなか高価だが、多ドライバー化が進むイヤホン市場に満を持して投入したフラッグシップモデルということで、その音には期待できそうだ。なお、イベント2日目の14時から、7階 研修室11にて「Westone新製品発表会」が開催予定だ。

8ドライバー搭載のフラッグシップイヤホン「W80」。ドライバー構成は、高域4基、中域2基、低域2基だ

8ドライバー搭載のフラッグシップイヤホン「W80」。ドライバー構成は、高域4基、中域2基、低域2基だ

final 〜3Dプリンターを使ったチタン製イヤホン「LAB II」が目玉〜

finalは、全世界限定200台というチタン製イヤホン「LAB II」が目玉だ。金属3Dプリンター造形で高い技術とノウハウを持つNTTデータエンジニアリングシステムズの協力のもと開発された製品となっており、メカニカルイコライザーを3Dプリンターで造形することで今までの製造方法では不可能であった形状を実現。この独特の形状により高域特性を改善したほか、背面をフルオープンとし、前面の音導管が振動板前後の干渉を防ぐことで、低域特性も改善しているという。イベント初日となる22日には、特設会場を用意し、製品発表会と試聴会を開催。発表会では、LAB II開発秘話や3Dプリンター造形技術をはじめとした製品紹介を行うとのことだ。

チタン素材を3Dプリンターで造形したというLAB II。製造が難しいため、全世界で限定200台発売になるという

チタン素材を3Dプリンターで造形したというLAB II。製造が難しいため、全世界で限定200台発売になるという

ミックスウェーブ 〜Unique Melody「MASON II」の限定カラーモデルを用意〜

ミックスウェーブは、今回のイベントを記念して、Unique Melody社のユニバーサルイヤホン「MASON II」の限定カラーモデル「MASON II - Fujiya Avic Collabration Model」を用意し、物販ブースで販売予定だ。なお、今回発売されるモデルは、通常版として2016年12月に発売予定のMASON IIと同じチューニングを施しつつも、筐体デザインが異なるモデルという位置付けで、「MASON II - Dignis Collaboration Model」とは異なるチューニングとなっている。クリアカラー20台、ワインレッドカラー30台の計50台の限定発売となるので、気になるユーザーは要チェックだ。また、ブース展示には、Campfire Audioが米国で発表した液体金属を筐体に採用する「VEGA」「LYRA II」「DORADO」を用意するという。メーカー代表のKen氏とデザイナーのCaleb氏も来場予定とのことだ。

MASON IIのクリアカラーモデル。実売価格は228,000円前後(税込)

MASON IIのクリアカラーモデル。実売価格は228,000円前後(税込)

Astell&Kern 〜Astell&KernとJH Audioのコラボイヤホン「Michelle」に注目〜

Astell&Kernブースでは、JH Audioとのコラボしたユニバーサルインイヤーモニター「SIRENシリーズ」の最新モデル「Michelle」や、「AK70」の限定カラーモデル「AK70 True Blue」を始めとするAstell&Kernブランドの注目製品を一挙展示予定だ。別会場でMichelleの発表会も予定されており、来場者の中から2名にMichelleが当たる大抽選会も行われるとのことなので、こちらにも要注目だ。

SIRENシリーズの最新モデルMichelleは、3Dプリンターを使った筺体を採用

SIRENシリーズの最新モデルMichelleは、3Dプリンターを使った筺体を採用

アユート 〜「Answerシリーズ」のリケーブルモデル「Dream」を展示〜

アユートブースでは、同社が取り扱うDITAイヤホン「Answerシリーズ」のリケーブルモデル「Dream」の展示に注目“DITAイヤホンで最高音質を”をコンセプトにニューヨークで録音・制作された、全曲96kHz 24bitのミニアルバム「Nori Shiota presents DITA session in New York」と合わせて試聴できるという。また、CHORDの大人気ポータブルDAC「Mojo」の専用アダプター+ケーブルキットや、ケースブランドのMITERから、Astell&Kern製品用オリジナルレザーケースなどが参考展示されるとのこと。

DITA Dream。「秋のヘッドフォン祭2015」で発表されてからなかなか情報のアップデートがなかったが、今回ついに発表会を開催する

GLIDiC(SoftBank SELECTION) 〜新ブランド第1弾製品やAstell&Kernとのコラボモデルを展示〜

今回から新ブランドGLIDiCとしてブースを出展。GLIDiCブランド立ち上げのタイミングに合わせて発表されたBluetooth対応製品2機種をはじめ、GLIDiCブランドの全ラインアップを展示するという。また、SoftBank SELECTIONブランドで展開するAstell&KernとコラボしたBluetoothレシーバー・ヘッドホンアンプ「XHA-9000」も展示予定となっている。

music piece SE-1000をベースにBluetoothワイヤレス化を図ったSound Air WS-3000

music piece SE-1000をベースにBluetoothワイヤレス化を図ったSound Air WS-3000

トップウイングサイバーサウンドグループ 〜AROMA Audio製12ドライバーイヤホン「Witch Girl 12」を展示〜

トップウイングサイバーサウンドグループのブースでは、香港AROMA Audio製の最新ユニバーサルイヤホン「Witch Girl 12」の最終版(量産型)の展示・試聴を実施予定だ。バランスド・アーマチュア型ドライバーを12基搭載したというハイエンドイヤホンで、「Witch Girl Pro」や「Witch Girl S」同様、シェルやフェイスプレートに一切のつなぎ目なしという技術を踏襲しているとのこと。製品版は12月下旬発売予定だが、今回のイベントで世界に先駆けてお披露目するという。

12ドライバーを搭載したAROMA AudioのユニバーサルイヤホンWitch Girl 12

12ドライバーを搭載したAROMA AudioのユニバーサルイヤホンWitch Girl 12

モダニティ 〜話題の耳栓イヤホン「EARIN」のマイナーチェンジモデルを出展〜

モダニティのブースでは、EARIN社の耳栓型Bluetoothイヤホン「EARIN」のマイナーチェンジモデル「EARIN-M1」を出展予定。新たにラインアップされたブラックカラーに注目だ。また、バルブやパッドの付け替で音質が変わる「TORQUE」のヘッドホン・イヤホンも展示予定とのこと。

EARIN-M1。EARINにはなかったブラックカラーがラインアップされた

EARIN-M1。EARINにはなかったブラックカラーがラインアップされた

カナルワークス 〜2ウェイ2ドライバー構成のカスタムIEM新製品を展示〜

カナルワークスのブースでは、イベント初日より受注開始となるカスタムIEM「CW-L12a」「CW-L12aEX」を展示予定だ。いずれも、2ウェイ2ドライバー構成となっており、初めてカスタムIEMを製作するユーザーにも比較的手の出しやすい価格設定ながら、迫力ある低音から伸びやかな高音までカスタムIEMの音の良さを十分体験できるモデルに仕上がっているとのこと。

CW-L12aの作成例。同社オンラインショップでの価格は70,000円(税別)

CW-L12aの作成例。同社オンラインショップでの価格は70,000円(税別)

OPPO Digital Japan 〜ネットワークオーディオプレーヤー機能付きDAC「Sonica DAC」を本邦初公開〜

OPPO Digital Japanブースでは、先月発売されたポータブルヘッドホンアンプ「HA-2 SE」のほか、ESS Technology社の最新フラグシップDACチップ「ES9038PRO」を採用したネットワークオーディオプレーヤー機能付きDAC「Sonica DAC」を参考出展。「Sonica DAC」は本イベントが本邦初公開となっており、一部機能に制限はあるものの、実際に試聴できる実機も用意しているとのことだ。

本邦初公開となるSonica DAC。ブースでは実際に試聴できるとのこと

本邦初公開となるSonica DAC。ブースでは実際に試聴できるとのこと

発表会・イベント情報

「秋のヘッドフォン祭2016」は、イヤホン・ヘッドホンメーカー各社の新製品発表会のほか、豪華ゲストの来訪が予定されているルームイベントや著名シンガーによる会場内ミニライブなど、各種イベントが目白押しだ。また今回のイベントは、「中野文化祭」と同日開催となっており、会期中は中野サンプラザ前特設ステージや、中野区役所周辺から中野セントラルパーク、中野サンモール、中野ブロードウェイ商店街など、中野サンプラザを取り囲む一帯で、コスプレパレード「MAGFesta 2016」や、「世界コスプレサミット東京予選」など、さまざまななイベントも予定されている。ここでは、現在発表されている各種イベントを時系列でご紹介しよう。

10月22日(土)

■AUDEZE 新製品発表会2016 オータム
日時:10月22日(土)11:30〜12:30
場所:7F 研修室7番
備考:※定員36名で事前申し込み制。発表会の事前申し込みはコチラ

■DENON新製品発表会
日時:10月22日(土)11:30〜12:30
場所:6F チャペル
備考:秋のヘッドフォン祭2016のメインイメージにも使用されている新製品を発表。先着50名様に新製品の優先試聴券を配布予定

■ポタシスコン!メーカー選手権
日時:10月22日(土)12:00〜18:00、10月23日(日)12:00〜18:00
会場:7F 和室教室(野村家)
備考:来場者の人気投票によってグランプリを選ぶ「ポタシスコン!メーカー選手権」。投票は7階 和室教室にて実施。投票期間(22日12時〜18時、23日12時〜16時)。先着でプレゼントを用意しているほか、23日17時から行われるグランプリ発表では、グランプリシステムに投票した人の中から抽選を行い、景品をプレゼントするとのこと

オーディオライター岩井 喬のオーディオセミナー
日時:10月22日(土)13:00〜14:30
会場:15Fアクア(ORBブース)
備考:「SoundGirl-音響少女-」などを企画し、アニメとオーディオの融合を実現したパイオニアとも言える岩井喬氏によるオーディオセミナー

■ULTARSONE新製品発表会
日時:10月22日(土)13:30〜14:30
場所:6F チャペル
備考:ブランド25周年のこれまでとこれから、新製品「Edition 8 EX」と「Jubilee 25 Edition」に関する開発ストーリーなどを紹介

■final新製品「LABII」発表会&試聴会
日時:10月22日(土)13:30〜14:00(製品発表会)、14:00〜15:20(試聴会)
場所:7F 研修室10番
備考:製品発表会は予約不要。試聴会は事前予約枠と当日枠の両方有り。試聴会の事前予約はコチラ

■beyerdynamic・KOSS新製品発表会
日時:10月22日(土)14:30〜15:30
場所:7F 研修室8番
備考:テスラ2.0テクノロジーを搭載した開放型スタジオモニターヘッドホンのフラッグシップモデル「DT 1990 PRO」のほか、beyerdynamicとKOSSから新たな製品が登場予定とのこと

■MrSpeakers新製品「Flow」シリーズ発表会
日時:10月22日(土)15:45〜16:45
会場:6F チャペル
備考:平面駆動ヘッドホンの新フラッグシップモデル「ETHER Flow」シリーズの発表会

■デノン presents 上坂すみれ アナログレコード リリース記念 アナログ試聴会
日時:10月22日(土)18:00〜18:50
場所:7F 研修室10番
備考:事前応募制で、応募締切は10月18日23:59。当選人数は90名。応募者多数の場合は全応募者の中から無作為での抽選。専用の応募フォームはコチラ

■JH AUDIO「Michelle(ミシェル)」新製品発表会
日時:10月22日(土)18:00〜19:00
会場:6F チャペル
備考:来場者の中から2名にMichelleが当たる大抽選会を実施

10月23日(日)

■「秋のヘッドフォン祭2016」 Suaraミニライブ
日時:10月23日(日)11:00(10:45 ライブ会場入場開始)
場所:6F チャペル
備考:イベント参加には事前申し込みが必要。事前申し込みはすでに終了

ACOUSTIC REVIVE新製品発表会
日時:10月23日(日)11:00〜12:00
会場:7F 研修室11番
備考:PC-TripleC導体とファインメットビーズによるノイズ除去効果を組み合わせたヘッドホンリケーブルの新製品を発表

ORB ヘッドフォン祭名物!(?)野村ケンジのアニソンオーディオ塾
日時:10月23日(日)12:30〜13:30
会場:15Fアクア(ORBブース)
備考:ヘッドフォン祭ではすっかりお馴染みのAVライター野村ケンジ氏によるアニソンオーディオ試聴会

■ハイレス・ミュージック(MQA Ltd.)『止まらない進化、ハイレゾ技術MQA』ハード&ソフトの最新動向
日時:10月23日(日)13:45〜14:30
場所:6F チャペル
備考:メリディアン・オーディオが開発した新たなハイレゾフォーマット「MQA」の最新トピックスを紹介。

■Westone新製品発表会
日時:10月23日(日)14:00〜
場所:7F 研修室11番
備考:「Signature」シリーズフラッグシップモデル「W80」についての発表会

■DITA「DREAM」製品発表会
日時:10月23日(日)16:00〜17:00
会場:6F チャペル
備考:“DITAイヤホンで最高音質を”をコンセプトに録音・制作された、全曲96kHz 24bitのミニアルバム「Nori Shiota presents DITA session in New York」から3曲をダウンロードできるスペシャルクーポンをプレゼント

遠山俊介(編集部)

遠山俊介(編集部)

PC・家電・カメラからゲーム・ホビー・サービスまで、興味のあることは自分自身で徹底的に調べないと気がすまないオタク系男子です。最近はもっぱらカスタムIEMに散財してます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
特別企画最新記事
特別企画記事一覧
2017.6.26 更新
ページトップへ戻る