毎月11日に「いい音キャンペーン」を実施

ハイレゾ音源がお得に買える! e-onkyo musicが毎月11日を「e-onkyoの日」に制定

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年11月11日、オンキヨー&パイオニアイノベーションズが運営するハイレゾ音源配信サイトの「e-onkyo music」が発表会を開催。毎月11日を「e-onkyo musicの日」として制定し、さまざまなキャンペーンを今後実施していくことが発表されたほか、特別ゲストに、AVライターの野村ケンジ氏、シンガーの井筒香奈江さん、ランティス プロデューサーの佐藤純之介氏を迎え、トークセッションやミニライブが実施された。

発表会に登壇したAVライターの野村ケンジ氏、ランティス プロデューサーの佐藤純之介氏、シンガーの井筒香奈江さん、同社ネットワークサービス事業本部 コンテンツ部長の畑光史氏

2005年8月にスタートしたe-onkyo music。今年でサービス開始11周年を迎えるにあたり、“いい音”と“いい年”をかけて、毎月11日を「e-onkyo musicの日」として制定し、新たなに3つの施策を開始するという。

まず1つ目が、毎月11日に実施する「いい音キャンペーン」だ。初回となる今回は、11月11日(金)から11月14日(月)正午までキャンペーン期間を延長。全ての楽曲購入者を対象に、購入金額に対して還元されるポイントが通常の10%から11%にアップし、ハイレゾ音源をお得に買えるほか、デジタルオーディオプレーヤーやビットキャッシュ1,111円分を抽選でプレゼントする企画も実施される。同社ネットワークサービス事業本部 コンテンツ部長の畑光史氏は、「このポイントを原資にしていただき、もっともっといい音を体験してほしい」とアピールしていた。なお、来月以降については、e-onkyoの日にキャンペーン内容を公開するという。

いい音キャンペーンの概要

いい音キャンペーンの概要

2つ目は、YouTubeの「e-onkyo musicチャンネル」の開設。“ミュージックラバーミーツハイレゾ”をコンセプトに、アーティストとリスナーをつなぐプラットフォームを目指していくという。発表会では、TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDやChouCho、Suara、Do As Infinityといったハイレゾ音源を配信するアーティスト達からの動画コメントも届いていた。

e-onkyo musicチャンネルを開設

e-onkyo musicチャンネルを開設

3つ目は、ヘッドホンリスナー向けに収録した3Dハイレゾサウンドの配信の開始だ。英国のメトロポリススタジオとコラボレーションし、ダミーヘッドマイクを使ってバイノーラル録音された「3D Binaural Sessions at Metropolis Studios」を96kHz/24bitのWAVとFLACで配信する。価格はアルバムが1,800円、単曲が500円となる。

3Dハイレゾサウンドの配信をスタート

3Dハイレゾサウンドの配信をスタート

配信第1弾の「3D Binaural Sessions at Metropolis Studios」の収録の様子。かなり特殊なバイノーラル録音を行っているという

発表会後半には、AVライターの野村ケンジ氏による司会のもと、シンガーの井筒香奈江さん、ランティス プロデューサーの佐藤純之介氏によるトークセッションが行われた。井筒香奈江さんと佐藤純之介氏はともに2013年からe-onkyo musicにてハイレゾ配信をスタートし、e-onkyoが世界で唯一配信している32bitのハイレゾ音源制作にも携わっているということで、トークセッションではハイレゾに対するそれぞれの取り組みを中心に語ってくれた。

トークショーの様子

トークショーの様子

ハイレゾ配信が評判となり、いまや“ハイレゾの女王”と呼ばれることもある井筒さん。ハイレゾ配信で変わったことという質問について、井筒さんは「ハイレゾだからと意識したことはない。ただ、聴いてくれる人の私を見る目は変わりましたね」と率直にコメント。佐藤氏は、「CDではCDで聴くのに最適なサウンドがあり、ハイレゾにはハイレゾで聴くのに最適なサウンドがあり、それに合わせてチューニングしている。その結果、単純に仕事量が2倍になった(笑)」と自虐的に話し、会場の笑いを誘った。

シンガーの井筒香奈江さん

シンガーの井筒香奈江さん

ハイレゾの今後についてという質問について、井筒さんは「アナログでいいという人もまだ多いが、ハイレゾの世界を知らないのはもったいない。より多くの人に聞いてもらえるような活動をしていきたい」とコメント。佐藤氏は、「クオリティがどんどん上がって、ハイレゾで音楽を聴くのが当たり前になること。ハイレゾという言葉自体を意識しなくなるような世の中になっていければ」とコメントしていた。

ランティス プロデューサーの佐藤純之介氏

ランティス プロデューサーの佐藤純之介氏

遠山俊介(編集部)

遠山俊介(編集部)

PC・家電・カメラからゲーム・ホビー・サービスまで、興味のあることは自分自身で徹底的に調べないと気がすまないオタク系男子です。最近はもっぱらカスタムIEMに散財してます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
あれこれ通信最新記事
あれこれ通信記事一覧
2017.11.17 更新
ページトップへ戻る