約3.9mmの薄さの超薄型壁掛けモデルも登場!

LG、有機ELテレビ、3シリーズ4モデルを発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
薄さ約3.9mmという超薄型壁掛け型有機ELテレビ「OLED 65W7P」(65型)。右はLGエレクトロニクス・ジャパンのイ・インギュ社長

薄さ約3.9mmという超薄型壁掛け型有機ELテレビ「OLED 65W7P」(65型)。右はLGエレクトロニクス・ジャパンのイ・インギュ社長

2017年3月16日、LGエレクトロニクス・ジャパンは、有機ELテレビおよび液晶テレビの2017年モデルを一斉に発表した。なかでも、同社が先行する有機ELテレビは、新たに3シリーズ4モデルを投入し、一気に製品ラインアップを拡充している。発売は4月上旬より順次行われる予定だ。

約3.9mmという驚異的な薄さを実現した、壁掛けタイプの有機ELテレビ「OLED 65W7P」

「OLED 65W7P」。セパレートになったディスプレイ部が非常に薄く軽い「Picture-on-Wall」デザインを採用。このように絵画を飾るように、壁にかけることができる

今回の発表でもっとも目を引くのは、やはり何と言っても、有機ELテレビの最上位モデルとなる「OLED 65W7P」(65型)だ。本製品は、1月に行われた「CES 2017」でお披露目されたモデルで、自発光で薄型化しやすい有機ELパネルのメリットを最大限に生かし、ディスプレイ部の薄さは約3.9mmという超薄型ボディを実現。重量も7.6kgと軽く、専用のブラケットで壁面に直接貼り付けることができる。なお、テレビチューナーやスピーカーなどの回路部は、ディスプレイ部とは分けられた「コンパニオンボックス」にすべて搭載され、専用のケーブルで接続される仕組みだ。

ディスプレイ部はとにかく薄い。下のコンパニオンボックスとは専用ケーブルで接続される

ディスプレイ部はとにかく薄い。下のコンパニオンボックスとは専用ケーブルで接続される

画質面では、従来モデルよりもピーク輝度が25%アップ。さらに、暗部の階調性を飛躍的に改善させたことで暗部の表現力が高まり、有機ELの特性を生かした、よりコントラストの高い高画質を実現。ダイナミックレンジは、2016年モデルで実現していた20Stopsから、高輝度方向に1Stops広がった21Stopsとなっている(なお、通常の液晶テレビのダイナミックレンジは14Stops程度)。

この高輝度を生かし、HDRにももちろんフル対応。一般的な「HDR10」はもちろん、「ドルビービジョン」に対応するほか、放送用のHDR規格「HLG」にも今後のソフトウェアアップデートで対応予定。なお、HDR非対応の映像に関しても、搭載される「HDR Effect」機能によって、明るい領域、暗い領域それぞれを最適に色補正し、コントラストを引き上げることで、HDRに肉薄する高品質の映像に変換できるとしている。

従来モデルよりもピーク輝度が25%も向上。21Stopsというダイナミックレンジで、よりコントラストの高いHDR映像を再現できる

LG製有機ELテレビの2017年モデル(左)と2016年モデル(右)との映像比較。暗部の階調性が高くなったため、従来はつぶれがちだった黒に近い部分がしっかり再現できるようになった。もちろん有機ELならではの「漆黒の黒」は健在。実際にはこの写真よりもかなり黒く見える

また、本製品はサウンド面にも非常にこだわっている。テレビ製品では世界で初めて、立体音響技術である「ドルビーアトモス」に対応。コンパニオンボックス内には、ミッドレンジ+ツイーターが4基、ウーハーが2基搭載されるほか、上向きに搭載される2基の「ハイトムービングスピーカー」から発せられる指向性の高い音が、天井で反射することにより、上から降ってくるような立体音響が楽しめるという。なお、各スピーカーの最大出力は10W(計60W)だ。

セパレート型の「コンパニオンボックス」。両側に2基上を向いて装備されているのが、立体音響技術「ドルビーアトモス」を実現するためのムービングスピーカーだ

なお、OSには新開発の「webOS 3.5」が採用されており、現在視聴中のテレビ番組をはじめ、これに関連したインターネット上の配信映像や、Webサイトまでをシームレスに行き来できる。画面の一部分を最大500%まで拡大できる好評のマジックズーム機能も進化し、拡大した状態での録画も可能になった。このほか、ポインターのようにも使える「マジックリモコン」も引き続き付属する。HDMI入力ポートは4基搭載。地上/BS/CS110°の2チューナーを搭載し、USB HDDを接続しての録画機能も搭載する(同時接続3台まで)。

予想実売価格は100万円前後で、4月上旬から発売される。

スタンド付きの高品位モデル「OLED 65E7P」、普及価格帯を目指す「OLED 65C7P」「OLED 55C7P」

スタンド付きの有機ELテレビ3モデル。左から「OLED 65E7P」「OLED 65C7P」「OLED 55C7P」

スタンド付きの有機ELテレビ3モデル。左から「OLED 65E7P」「OLED 65C7P」「OLED 55C7P」

有機ELテレビのラインアップでは、上記の「W7P」シリーズのほか、スタンド付きの高品位シリーズ「E7P」(65型)と、普及価格帯シリーズ「C7P」(65型/55型)の2シリーズ、計3モデルも同時に発表された。

こちらの3モデルは、使用される有機ELパネルや映像エンジンは「W7P」と同じで、基本的なハードウェア的な部分は共通となるが、一般的なスタンド付きの形状となるのが最大の違い。ただし、やはり有機ELパネル搭載だけあって、ディスプレイ部の奥行きは非常に薄く、「OLED 65E7P」で6.5cm、「OLED 65C7P」「OLED 55C7P」では4.7cmという薄さだ。

映像以上に異なっているのはサウンド機能で、高品位モデルの「OLED 65E7P」では、ミッドレンジ2基、ツイーター2基、ウーハー2基が搭載されるのに対し、「OLED 65C7P」「OLED 55C7P」は、フルレンジ2基、ウーハー2基(いずれも最大出力各10W)という構成になる。

予想実売価格は「OLED 65E7P」が80万円前後で、「OLED 65C7P」が70万円前後、「OLED 55C7P」が50万円前後となり、4月上旬から発売される。

高品位モデルの「OLED 65E7P」。計6基のスピーカーを内蔵する

高品位モデルの「OLED 65E7P」。計6基のスピーカーを内蔵する

普及価格帯シリーズの「OLED 65C7P」「OLED 55C7P」

普及価格帯シリーズの「OLED 65C7P」「OLED 55C7P」

4K液晶テレビも4シリーズ10モデルを投入。全モデルがHDRに対応し、よりきめ細かな表現が可能に

また、液晶テレビの新製品ラインアップも発表された。現在国内市場に投入されているLGの液晶テレビはすべてが4K対応となっているが、2017年モデルについては、全モデルがHDRに対応したのが最大の特徴。高品位なHDR規格「ドルビービジョン」に加え、独自の「Active HDR」(「UJ6500」除く)に対応し、コントラストが高く、奥行きを感じられる映像を実現した。また、全モデルに同社製のIPS液晶パネルが採用されているが、カラーフィルターの上に1nmという極小粒子を精密に敷き詰めた「Tru Nano Display」によって、どの角度から見ても、自然で色味が変化しない映像を楽しめるようになっている(「UJ6500」除く)。

4K液晶テレビも全10モデルが新登場した。いずれもHDRに対応し、より奥行き感のある映像が得られるのが特徴

4K液晶テレビも全10モデルが新登場した。いずれもHDRに対応し、より奥行き感のある映像が得られるのが特徴

上位シリーズの「SJ8500」および「SJ8000」は、上記のすぐれた映像技術に加えて、世界的なオーディオブランド「harman/kardon」製の高品質スピーカーを搭載したプレミアムモデル。「SJ8500」はフルレンジ2基、ウーハー2基、「SJ8000」はフルレンジ2基のみ(いずれも最大出力各10W)という構成になる。予想実売価格は、「SJ8500」シリーズが、「65SJ8500」(65型)で35万円前後、「60SJ8500」(60型)で32万円前後、「55SJ8500」(55型)で26万円前後、「SJ8000」シリーズが、「55SJ8000」(55型)で23万円前後、「49SJ8000」(49型)で21万円前後となる。

このほか、普及価格帯の「UJ7500」シリーズと「UJ6500」シリーズも計5モデルが登場。いずれもスピーカーはフルレンジ2基のみ(いずれも最大出力各10W)という構成で、倍速技術が2倍速相当となる(「SJ8500」「SJ8000」は4倍速相当)。また、「UJ6500」シリーズは特に低価格を意識したシリーズで、上位シリーズに備わる「Tru Nano Display」や「ドルビービジョン」などが非搭載/非対応。マジックリモコンも別売となる。

予想実売価格は、「UJ7500」シリーズが、「43UJ8500」(43型)で17万円前後、「SJ6500」シリーズが、「60UJ6500」(60型)で26万円前後、「55UJ6500」(55型)で21万円前後、「49UJ6500」(49型)で17万円前後、「43UJ6500」(43型)で15万円前後となる。いずれも4月上旬より発売予定。

鎌田 剛(編集部)

鎌田 剛(編集部)

価格.comの編集統括を務める総編集長。パソコン、家電、業界動向など、全般に詳しい。人呼んで「価格.comのご意見番」。自称「イタリア人」。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
新製品レポート最新記事
新製品レポート記事一覧
2017.12.9 更新
ページトップへ戻る