人気の中級機と「DIGIC 7」採用のエントリー機を比較レビュー

キヤノンの一眼レフ、この春買うなら「EOS 80D」「EOS 9000D」どっちがいい?【画質・機能編】

このエントリーをはてなブックマークに追加

前回の【AF・操作性編】に続いて、キヤノン一眼レフの中級機「EOS 80D」とエントリー機「EOS 9000D」の比較をお届けしよう。今回は【画質・機能編】として、静止画の画質、動画の手ブレ補正、機能性の違いをレビューする。

EOS 80D、EOS 9000Dともに有効約2420万画素の撮像素子(APS-Cサイズ)を採用している

EOS 80D(左)、EOS 9000D(右)ともに有効約2420万画素の撮像素子(APS-Cサイズ)を採用している


【関連記事】
・キヤノンの一眼レフ、この春買うなら「EOS 80D」「EOS 9000D」どっちがいい?【AF・操作性編】

「DIGIC 7」によって画質はどのくらい進化した?

まず、感度別に撮影した作例を用いて、EOS 80DとEOS 9000Dの画質の違いをレポートしよう。EOS 9000Dの従来モデル「EOS 8000D」でも同じ被写体を撮影したので、新旧モデルの比較用として掲載する。

※以下に掲載する作例は、EOS 80D/EOS 9000D/EOS 8000DとEF50mm F1.8 STMを組み合わせて、JPEG形式の最高画質(JPEGラージ/ファイン)で同じ被写体を感度別(ISO100からISO25600までを1段ごと)に撮影したもの(JPEG撮って出し)になります。撮影は屋内のLEDモデリングライト(色温度3000K)下で行い、マニュアル露出で絞り値をF8に固定したうえで、シャッタースピードと感度を調整し、露出値をそろえました。その他の設定はマニュアル露出時の初期設定のままとしました。具体的には、ホワイトバランス:オート(雰囲気優先)、ピクチャースタイル:オート、オートライティングオプティマイザ:しない、高輝度側・階調優先:しない、高感度撮影時のノイズ低減:標準、長秒時露光のノイズ低減:しない(※ISO100時のみ:する)、周辺光量補正:する、色収差補正:する、歪曲補正:しない、回折補正:する(※EOS 9000Dのみ)になります。

感度別の画像は撮影写真から等倍で切り出したものになります。リサイズを行なっていない撮影写真は、画像下のテキストリンクをクリックすると開きます。なお、撮影写真は開くのに時間がかかる場合があります。

画質チェック用に感度別に撮影した写真のサムネイル(※青枠が等倍で切り出した部分)

画質チェック用に感度別に撮影した写真のサムネイル(※青枠が等倍で切り出した部分)

F8、1.3秒

F8、1.3秒

EOS 80D(ISO100)の撮影写真(6000×4000、5.6MB)
EOS 9000D(ISO100)の撮影写真(6000×4000、5.5MB)
EOS 8000D(ISO100)の撮影写真(6000×4000、6.0MB)

F8、0.6秒

F8、0.6秒

EOS 80D(ISO200)の撮影写真(6000×4000、5.5MB)
EOS 9000D(ISO200)の撮影写真(6000×4000、5.4MB)
EOS 8000D(ISO200)の撮影写真(6000×4000、5.7MB)

F8、0.3秒

F8、0.3秒

EOS 80D(ISO400)の撮影写真(6000×4000、5.7MB)
EOS 9000D(ISO400)の撮影写真(6000×4000、5.7MB)
EOS 8000D(ISO400)の撮影写真(6000×4000、6.0MB)

F8、1/6秒

F8、1/6秒

EOS 80D(ISO800)の撮影写真(6000×4000、6.2MB)
EOS 9000D(ISO800)の撮影写真(6000×4000、6.2MB)
EOS 8000D(ISO800)の撮影写真(6000×4000、6.5MB)

F8、1/13秒

F8、1/13秒

EOS 80D(ISO1600)の撮影写真(6000×4000、7.1MB)
EOS 9000D(ISO1600)の撮影写真(6000×4000、7.0MB)
EOS 8000D(ISO1600)の撮影写真(6000×4000、7.6MB)

F8、1/25秒

F8、1/25秒

EOS 80D(ISO3200)の撮影写真(6000×4000、7.7MB)
EOS 9000D(ISO3200)の撮影写真(6000×4000、7.6MB)
EOS 8000D(ISO3200)の撮影写真(6000×4000、8.3MB)

F8、1/50秒

F8、1/50秒

EOS 80D(ISO6400)の撮影写真(6000×4000、9.2MB)
EOS 9000D(ISO6400)の撮影写真(6000×4000、9.1MB)
EOS 8000D(ISO6400)の撮影写真(6000×4000、9.7MB)

F8、1/100秒

F8、1/100秒

EOS 80D(ISO12800)の撮影写真(6000×4000、9.7MB)
EOS 9000D(ISO12800)の撮影写真(6000×4000、9.6MB)
EOS 8000D(ISO12800)の撮影写真(6000×4000、10.6MB)

F8、1/200秒

F8、1/200秒

EOS 80D(ISO25600)の撮影写真(6000×4000、11.0MB)
EOS 9000D(ISO25600)の撮影写真(6000×4000、12.6MB)
EOS 8000D(ISO25600)の撮影写真(6000×4000、12.4MB)

画質に関するスペックを整理すると、撮像素子の有効画素数は3機種ともに約2420万画素となっている。EOS 80Dは映像エンジンが「DIGIC 6」で、感度はISO100〜16000(拡張でISO25600相当)に対応。EOS 9000Dは「DIGIC 7」でISO100〜25600(拡張でISO51200相当)、EOS 8000Dは「DIGIC 6」でISO100〜12800(拡張でISO25600相当)。上限感度はEOS 9000Dの拡張ISO51200相当がもっとも高いが、このスペックはあまり気にしなくていいだろう。最新の映像エンジン、DIGIC 7を採用するEOS 9000Dの画質がDIGIC 6からどのくらい進化しているのかに注目してほしい。

上の感度別の等倍切り出し画像を見ると、高感度時のノイズ量はISO800〜6400あたりの感度で傾向の違いがみられる。EOS 80DとEOS 8000Dはグラデーション部で大きな粒ノイズが出ているが、比べるとEOS 9000Dはノイズが少ない。ISO1600〜3200あたりでEOS 9000Dはノイズがよく抑えられている(特にEOS 8000Dと比べると違いが出ている)。ただ、高感度ノイズについては等倍画像を見比べてわかる程度のものであり、EOS 80DとEOS 9000Dに違いはほとんどないと考えてもらっていい。ちなみに、色再現については、個体差なのかもしれないが、屋外・屋内を問わずEOS 9000Dはやや赤みが強くなることが多かった。

違いがあるのは解像感で、わずかではあるがEOS 9000DがEOS 80Dを上回る部分だと感じた。EOS 9000Dには、DIGIC 7採用によってレンズ光学補正に「回折補正」が加わっており、絞ったとき(絞り値を大きくしたとき)の解像感がEOS 80Dよりも高くなる。絞り値F8で撮影した感度別の作例でも、EOS 9000Dはディテールのコントラストが高く、EOS 80D/EOS 8000Dよりも細かいところで解像感の高い仕上がりになった。

EOS 9000Dのレンズ光学補正の設定画面。回折補正が追加された

EOS 9000Dのレンズ光学補正の設定画面。回折補正が追加された

以下に、同じ被写体を絞り値別に撮影したものを掲載するが、EOS 9000Dは、回折補正によってF8以上の絞り値で解像感の損失が抑えられている。RAW現像ツール「Digital Photo Professional」の「デジタルレンズオプティマイザ」を使用すればEOS 80DでもRAWデータから回折を補正することができるが、JPEGの撮影データについては両モデルで仕上がりに違いが出る。風景の撮影などで、絞り込んで全体にピントを合わせた写真を撮りたい場合は、回折補正があるEOS 9000DのほうがJPEG撮って出しでは良質な結果が得られる。

回折補正のチェック用に絞り値別に撮影した写真のサムネイル(※赤枠が等倍で切り出した部分)。撮影は高倍率ズームレンズ「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM」を使用し、焦点距離18mm(35mm判換算29mm相当)に設定。マニュアル露出で露出値をそろえ、その他の設定はマニュアル露出時の初期設定のままとした

F5.6、1/800秒、ISO100

F5.6、1/800秒、ISO100

EOS 80D(F5.6)の撮影写真(6000×4000、12.5MB)
EOS 9000D(F5.6)の撮影写真(6000×4000、12.3MB)

F8、1/400秒、ISO100

F8、1/400秒、ISO100

EOS 80D(F8)の撮影写真(6000×4000、12.3MB)
EOS 9000D(F8)の撮影写真(6000×4000、12.5MB)

F11、1/200秒、ISO100

F11、1/200秒、ISO100

EOS 80D(F11)の撮影写真(6000×4000、11.8MB)
EOS 9000D(F11)の撮影写真(6000×4000、12.2MB)

F16、1/100秒、ISO100

F16、1/100秒、ISO100

EOS 80D(F16)の撮影写真(6000×4000、10.9MB)
EOS 9000D(F16)の撮影写真(6000×4000、11.7MB)

F22、1/50秒、ISO100

F22、1/50秒、ISO100

EOS 80D(F22)の撮影写真(6000×4000、9.7MB)
EOS 9000D(F22)の撮影写真(6000×4000、10.0MB)

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
新製品レポート最新記事
新製品レポート記事一覧
2017.10.16 更新
ページトップへ戻る