今週発売の注目製品ピックアップ
今週発売の注目製品ピックアップ(2017年9月4日〜10日)

ニコンから4575万画素のフルサイズ一眼レフカメラ「D850」が9/8登場

今週発売される新製品の中から注目度の高い製品を、さまざまなカテゴリから横断ピックアップして紹介する連載「今週発売の注目製品ピックアップ」。今週は、ニコンの4575万画素のフルサイズ一眼レフカメラ「D850」や、ソニーのウォークマン「S310」シリーズ、ソーダストリームの炭酸水メーカー「スピリット」を紹介する。

ニコン「D850」

2017年9月8日(金)発売

ニコンから、ニコンFXフォーマットデジタル一眼レフカメラ「D850」が登場。直販価格は399,600円。

同社デジタル一眼レフカメラとして初めて、裏面照射型CMOSセンサーを装備したモデル。有効画素数4575万画素と高画素ながら、ISO64〜25600の常用感度域を達成し、画像処理エンジン「EXPEED 5」との連携によって、高感度でも鮮鋭感を保ちながら、効果的にノイズを抑制する。ISO102400相当までの増感、ISO32相当までの減感も可能だ。

さらに、光学ローパスフィルターレス仕様により、NIKKORレンズの高い解像力を生かした高精細な画像を得られるのも特徴。引きのばして、最大A2(300dpiの場合)の巨大サイズのプリントや、8Kのデジタル広告ディスプレイにも使用できるという。

また、ボディ単体で最高約7コマ/秒、マルチパワーバッテリーパック「MB-D18」(別売)使用で最高約9コマ/秒の高速連続撮影に対応。加えて、14ビットロスレス圧縮RAWで約51コマ、12ビットロスレス圧縮RAW(画像サイズ:L)であれば170コマまで(Sony QD-G64EのXQDメモリーカードを使用し、ISO感度がISO 100、「EN-EL15a」使用の場合)、連続して撮影できる。さらに、「D5」と同じ高速・高精度な153点AFシステムも採用した。

動画機能も強化し、FXフォーマットベースフルフレームでの4K UHD(3840×2160)/30p動画の撮影が可能になった。フルHDでは、被写体の一瞬の動きを印象的に表現できる最大5倍のスローモーション動画(設定にかかわらず、画像はノーマル、撮像範囲は[DXベースの動画フォーマット]に。AFエリアモードはノーマルエリア、ワイドエリアに制限。音声は記録されない)にも対応。インターバルタイマー撮影を使って、8Kのタイムラプス動画(8Kのタイムラプス動画の制作には、市販の編集ソフトが必要)を制作できるほか、サイレント撮影やRAW画像のカメラ内一括現像などの新機能も追加した。

このほか、背面モニターは、タッチパネル対応でチルト式の3.2型液晶(約236万ドット、視野角170度、視野率約100%、明るさ調整可能)を採用。記録媒体は、SD/SDHC/SDXCメモリーカード(SDHCメモリーカード、SDXCメモリーカードはUHS-II規格に対応)、XQDカードのダブルスロットに対応。Wi-Fi、Bluetoothもサポートする。

本体サイズは146(幅)×124(高さ)×78.5(奥行)mmで、重量は約1005g(バッテリーおよびXQDカードを含む、ボディーキャップを除く)、約915g(本体のみ)。

ソニー「NW-S310」「NW-S310K」シリーズ

2017年9月9日(土)発売

ソニーから、ウォークマン「NW-S310」シリーズとスピーカー付属の「NW-S310K」シリーズが発売。それぞれに4GB/16GBモデルをラインアップする。

約53gのコンパクトなボディを採用したウォークマン。軽量ながらも、音楽再生で約52時間の長時間駆動が可能だ。

直販価格は、「NW-S310」シリーズの4GBモデルが11,880円、16GBモデルが15,880円、「NW-S310K」シリーズの4GBモデルが14,880円、16GBモデルが18,880円(いずれも税別)。

また、1.77型QVGA(120×160ドット)カラー液晶を搭載。本体カラーとコーディネートして、メニューのカーソルカラーを、ブルー、ライトピンク、ホワイト、ビビッドピンク、ゴールドの中から設定することができる。

さらに、周囲の騒音をカットする、デジタルノイズキャンセリング機能を搭載。3つのモード(電車・バス/航空機/室内)に対応しており、環境によって異なる騒音の特性にあわせて、効果的なノイズキャンセリングを実行することができる。

再生可能なフォーマットは、MP3/WMA/FLAC/リニアPCM/AAC。FM補完放送に対応したFMチューナーを内蔵する。Bluetoothに対応しており、ワイヤレス再生が可能。スリープタイマー機能を備える。

MP3再生時のバッテリー駆動時間は、デジタルノイズキャンセリング機能オフ時が52時間、デジタルノイズキャンセリング機能オン時が40時間、Bluetooth接続時が23時間。

このほか、本体サイズは43.5(幅)×94.5(高さ)×9.1(奥行)mm。重量は約53g。「NW-S310K」シリーズは、総合出力1.0W(ACアダプター使用時)のスピーカーが付属する。

ボディカラーは、4GBモデルがブルー、ライトピンク、ブラックの3色、16GBモデルがブルー、ライトピンク、ホワイト、ビビッドピンク、ブラックの5色を用意する。

ソーダストリーム「Spirit スターターキット」

2017年9月4日(月)発売

ソーダストリームから、炭酸水メーカーの新モデル「スピリット」が登場。直販価格は14,000円(税別)。

水などに炭酸を注入し、数秒で炭酸水を作れる炭酸水メーカー。従来モデルからデザインを一新し、丸みを帯びたデザインを採用。キッチンやリビングなど、インテリアの1つとして、生活に溶け込むやわらかなデザインになっている。

また、ワンタッチでボトル着脱ができる「スナップロック機能」採用。さらに、余分なガスを抜くときの音で、炭酸の強弱がわかるという。ボトルはスタイリッシュなヒューズボトルを新たに採用する。

このほか、コスト面では500mlの炭酸水を約18円で作ることが可能。本体サイズは13(幅)×42(高さ)×18.5(奥行)cm。重量は約1.1kg。ガスシリンダー60L用、専用1Lボトル、専用500mlボトルなどが付属する。

ボディカラーは、ホワイト、ブラック、レッドの3色を用意する。

山野 徹(編集部)

山野 徹(編集部)

新しいもの好きで、アップルやソニーと聞くだけでワクワク・ドキドキ。デジタル好きだが、最近はアナログにも興味が出てきたアラフォー編集者。

関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る