レビュー
充実の単焦点レンズ群が使える小型軽量の入門機

富士フイルム「X-T100」はフィルム感覚で撮れるハイコスパな1台

左右にダイヤルを持つユニークなインターフェイス

銀塩のレンジファインダーカメラ、または一眼レフカメラはダイヤル式のインターフェイスが基本だった。軍艦部にはシャッター速度、露出補正、ISO感度のダイヤルが並び、一目で現在のカメラのセッティングが分かった。これを踏襲したのが富士フイルムのXシリーズのインターフェイスだった。これを実現するためにはモードダイヤルをなくすという大胆な割り切りが必要だった。それがビギナーにはイマイチ分かりにくいインターフェイスとなったが、「X-T100」はモードダイヤル搭載! さらに右にメインコマンドダイヤルとサブコマンドダイヤル、左にカスタマイズ可能なFnダイヤルを搭載して普通のミラーレスまたはコンデジのような操作性を実現した。

富士フイルム独自インターフェイスが好きなマニアには物足りないだろうが、他社の一眼レフまたはミラーレスを使っていた人には、迷わず使えるモデルが登場したことになる。絞りリング付きの交換レンズを付けた場合は、絞りダイヤルをダイレクトに回しても操作できるため、富士フイルムのレンズのメリットはしっかり生きているのだ。

左側に大型のFnダイヤルが装備された。滑り止めのチェッカリング入りの金属製でクリック感も良好だ

左側に大型のFnダイヤルが装備された。滑り止めのチェッカリング入りの金属製でクリック感も良好だ

右側はモードダイヤルと2個のコマンドダイヤルが装備され、絞りやシャッター速度、露出補正に対応

右側はモードダイヤルと2個のコマンドダイヤルが装備され、絞りやシャッター速度、露出補正に対応

ペンタプリズム風の位置にフラッシュを内蔵。ISO200でGN約7

ペンタプリズム風の位置にフラッシュを内蔵。ISO200でGN約7

自撮り対応の3方向チルト液晶モニター

液晶モニターの角度が変えられるのもミラーレスの定番機能である。一眼レフでも搭載できるがもともと厚みがあるボディがさらに厚くなってしまう。方式としては左側に液晶画面を開いてから好きな方向に回せるバリアングル式と、上下に動かせるチルト式がある。チルト式は素早くローアングル、ハイアングルが狙えるので速写性にすぐれるが、タテ位置ではまったく役に立たない。バリアングル式はワンアクション多くなるが、画面が360度回転するため、アングルの自由度が高くタテ位置でも使える。ただし、レンズの光軸と画面が一致しなくなる。どちらがいいかは用途によるが、私はほとんどタテ位置で撮影しないので、素早く使えるチルト式の方が好きだ。

「X-T100」はチルト式で自撮りするときだけ、液晶画面を左側から180度反転してレンズ側に向けられる方式だ。これにそんなにメリットがあるとは思えないが、20代の女性に聞いてみると自撮りできないカメラは購入候補外だそうなので、スマホ世代には必要不可欠なのかもしれない。

液晶画面を引き起こすと正面から見えるようになり、タッチ操作でAFの位置を決め、フェイス・オート・シャッターやカップルタイマーで自動的に撮影できる

通常撮影時は上下にチルトするので、素早く使えるが、液晶画面が左側にやや開きそうになることもある

通常撮影時は上下にチルトするので、素早く使えるが、液晶画面が左側にやや開きそうになることもある

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン タイムセール
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る