レビュー
ボディや操作性、AFの気になるところをチェック

シグマ初のフルサイズミラーレス「SIGMA fp」使い倒しレビュー【操作性・AF編】

「ポケッタブル・フルフレーム」というコンセプトのもと、完全電子シャッターという思い切った仕様を採用したフルサイズミラーレス「SIGMA fp」。持ち運びやすい小型・軽量ボディで、価格が比較的手ごろなこともあって、写真愛好家から熱烈な支持を得ているカメラだ。今回はこの注目製品を「操作性・AF編」と「画質・動画編」の前後編2回に分けて詳しくレビューしていきたい。

レンズキットに付属する単焦点レンズ「45mm F2.8 DG DN」を装着したイメージ。SIGMA fpにマッチするコンパクトなレンズだ

多彩なスタイルでの撮影が可能な世界最小・最軽量ボディ

SIGMA fpの最大の特徴は、他メーカーのフルサイズミラーレスを圧倒する小型・軽量化を実現したことだろう。メカシャッターを廃して電子シャッターのみの構造とし、EVFも非搭載。さらに、ホットシューを外付けユニットにするなど徹底的にむだをそぎ落とすことで、112.6(幅)×69.9(高さ)×45.3(奥行)mmで重量422g(バッテリー、SDメモリーカードを含む)という、手のひらサイズの超コンパクトボディに仕上げている。出っ張りのないシンプルな箱型デザインもこのカメラならでは特徴だ。

実際に触ってみると、前後カバーにアルミニウムダイカストを使用していることもあってか、小型・軽量ながら堅ろうなカメラだと感じさせる。金属の塊から作られたような、いい意味で無骨な感じがとてもいい。シーリングによって防塵・防滴構造を実現しているうえ、マウント部やダイヤル、スイッチなどの作りがしっかりとしているのも好印象で、所有感を満たしてくれる高品位な筐体に仕上がっている。

正面から見ると四角い箱のようなデザインの小型・軽量ボディだ

正面から見ると四角い箱のようなデザインの小型・軽量ボディだ

右側面。正面にグリップは備わっていない。背面にサムグリップとまではいかないが親指を引っかけられる小さな突起がある。また、ボディと背面モニターの間に冷却用の大型のヒートシンクを搭載している

小型・軽量で持ち運びやすいということに加えて、拡張性を考慮したデザインになっているのも面白い。シンプルな箱型デザインのボディは使い方に合わせてさまざまなスタイルに対応可能。USB Type-C(USB 3.1 Gen1)、HDMI(Type D Ver.1.4)、プラグインパワー対応のステレオマイク端子といったひととおりのインターフェイスを備えており、本格的なシネマカメラシステムへの導入や、ドローンに搭載しての空撮、ジンバルを使った手持ち撮影など、特にムービー用として多彩なスタイルで使用できるようになっている。

左側面にインターフェイス類を装備。上から、USB Type-C(USB 3.1 Gen1)、ホットシューユニット「HU-11」用の接点、HDMI(Type D Ver.1.4)、ステレオマイク端子となっている。HU-11の接点とHDMIの部分はフタが完全に外れる仕組みだ

各種アクセサリーを含めてシステム全体でネジ穴は三脚と同じ1/4インチサイズに揃えられている。両側面のネジ穴についてはストラップ装着用としてだけでなく、縦位置で三脚を装着する場合にも活用できる

本体に同梱されるホットシューユニットHU-11を左側面に装着。HU-11にはHDMIケーブルの脱落防止機構が備わっている

HU-11に別売のフラッシュ「EF-630」を装着したイメージ

HU-11に別売のフラッシュ「EF-630」を装着したイメージ

スチール用としてボディをチェックすると、小型・軽量で持ち運びやすいのはすばらしいのだが、グリップがなくホールド感が得られない点には注意が必要。レンズキットに付属するコンパクトな単焦点レンズ「45mm F2.8 DG DN」であればグリップがなくても問題ないと感じるかもしれないが、「35mm F1.2 DG DN」など大口径の大きなレンズを装着する場合は、別売のハンドグリップ「HG-11」「HG-21」の装着は必須で、ボディとあわせて手に入れておきたいところ。また、LCDビューファインダー「LVF-11」は使用できるものの、アクセサリーとして外付けEVFが用意されておらず、背面モニターでのピント合わせやフレーミングになる点も購入前に知っておいてほしい点である。

別売のハンドグリップHG-11を装着。サムグリップがあるためしっかりとホールドすることが可能だ

別売のハンドグリップHG-11を装着。サムグリップがあるためしっかりとホールドすることが可能だ

もうひとつの別売ハンドグリップHG-21は本体下部に装着する仕様。サイズ的にはHG-11より大きいのだが、サムグリップがないこともあって、35mm F1.2 DG DNなどの大きな単焦点レンズを装着したかぎりではHG-11のほうが良質なホールド感が得られると感じた

LCDビューファインダーLVF-11を装着したイメージ

LCDビューファインダーLVF-11を装着したイメージ

別売のベースグリップBG-11も用意。底面の三脚穴に取り付ける仕様だ

別売のベースグリップBG-11も用意。底面の三脚穴に取り付ける仕様だ

スムーズに撮影を続けられる良好な操作性。ボタンのカスタマイズ性に乏しいのが残念

続いて、SIGMA fpの静止画撮影モード時の操作性を見ていこう。

ボタン・ダイヤル類は、ボディ上面に電源スイッチ、静止画モード/動画撮影モードの切り替えスイッチ、録画ボタン、シャッターボタンと同軸の前ダイヤルを、背面に十字キーを兼ねた後ダイヤルや、後ダイヤル中央のOKボタン、QS(クイックセット)メニューを呼び出す専用ボタン、AELボタンなどを搭載する。背面下部には、モニター下部にトーンコントロールと仕上がり設定の「カラーモード」をダイレクトに呼び出す独立したボタンが備わっており、撮影中の画質調整がやりやすくなっている。撮影モードダイヤルは用意されていないものの、ボディのサイズ感を考慮すると十分な操作性が確保されていると言えよう。

撮影中の操作に対するボタン・ダイヤル類の反応はおおむね良好。画像再生はできないものの、メモリーカードへのデータ書き込み中でもクロップモードの変更以外のほぼすべての設定変更が行えるようになっている。後ダイヤルが軽くてクリック感がないためQSメニュー操作時などに誤操作が発生しやすい点と、メニュー画面の階層がわかりにくい点は気になったが、ベイヤー配列の裏面照射型CMOSセンサーの採用によってデータ処理が高速になったことが大きいのか長時間の静止画撮影でも動作が不安定になることがなく、Foveonセンサー機と比べてスムーズに撮影を続けられると感じた。

上面に電源スイッチ、静止画モード/動画撮影モードの切り替えスイッチ、録画ボタン、シャッターボタンと同軸の前ダイヤルを装備する

背面モニターに、固定式の3.15型(3:2)タッチパネル液晶モニターを採用。メニュー系のタッチ操作は不可だが、パッチパネル上でフォーカスフレームの位置を変更することが可能だ。下部にはトーンコントロールとカラーモードの設定を呼び出す専用ボタンが備わっている

8種類の項目を登録しておけるQSメニューを搭載。Quattroセンサー以降のシグマのデジタルカメラではおなじみのメニュー構成だ

カラーシェーディング補正やトーンコントロール、カラーモードなどの画質補正・調整機能では、AELボタンを押すことでライブビュー映像が一時停止する仕様になっている。撮りたい絵を見ながらじっくりと追い込みたい際に便利

MF関連の機能が充実しているのもSIGMA fpの見逃せない特徴だ。黒/黄色/白/赤の4色の表示色を選択できるフォーカスピーキングと、全画面もしくはPIP(ピクチャー・イン・ピクチャー)を選べるフォーカスフレーム位置での拡大表示に対応するほか、フォーカスリングの操作と連動しての自動拡大表示(拡大時間は1/2/5秒から選択)も可能。MF時の距離表示方式の設定も用意されており、スケールバー表示と撮影距離表示のどちらかを選択できる。EVF非搭載のためMFでのピントの追い込みは難しいところがあるが、Lマウントレンズはもちろんのこと、マウントアダプターを介して他マウントのMFレンズを使用する場合でもピント合わせが行いやすいように工夫されている。

MF時の距離表示としてスケールバーと撮影距離の選択が可能。スケールバーは遠距離側と近距離側の表示を逆にすることもできる

フォーカスピーキング(赤)、PIPの拡大表示、撮影距離表示を設定してMF操作をしている際の画面

フォーカスピーキング(赤)、PIPの拡大表示、撮影距離表示を設定してMF操作をしている際の画面

AF時もOKボタンを押すことでフォーカスフレーム位置での拡大表示が可能。拡大表示のままAFを動作させてピントを合わせることもできる

操作のカスタマイズ性を見ると、3種類のカスタムモードが用意されているほか、QSメニューに登録する機能を変更できたり、AELボタンをAF-ONにして親指AFとしての操作できるなど、細かいところに配慮した設計となっている。ただし、ボタンのカスタマイズ性が乏しく、ファンクションボタンがなく、かつ、十字キーやOKボタンを含めてどのボタンも任意の機能割り当てに対応していないのは残念。十字キーの上ボタンはフォーカスモード、下ボタンはフォーカスエリアで、左右ボタンの割り当てはなく、OKボタンには拡大表示が割り当てられているが、これらの十字キー周りのボタンの機能を変更できるとさらに使いやすかった。

QSメニューに割り当てる項目を変更できるQSカスタムの設定画面。静止画撮影と動画撮影を別々に登録しておける

前後ダイヤルの機能の入れ替えや、操作方向の反転のほか、RECボタンやAELボタンの機能、シャッターボタン半押し時のAF-ON/AELの有無などの設定が可能

対応バッテリーは、コンパクトデジカメ「dp Quattro」シリーズと同じ「BP-51」。電源オフ時にUSB経由での本体内充電に対応する(給電は不可)。撮影可能枚数は約280枚。バッテリーの持続性にすぐれているわけではないので、長時間の撮影なら予備バッテリーは必須だ

暗いところには弱いものの、期待以上の高速なAFを実現

SIGMA fpのAFは、これまでのシグマのデジタルカメラと比べると大きく改善されている。今回、数本のLマウントレンズでAFをテストしてみたが、位相差AFには非対応でコントラストAFのみでの動作ながらも、どのレンズも光量が十分な状況であれば期待した以上にスピーディーにピントが合った。

背景に明るい被写体があるとピントが抜けやすい点など精度にはやや難があり、またAF-Cでの被写体追従は実用的に厳しいものの、AF-Sのワンショットでスナップ撮影を行う分には十分なレベルだと感じた。なお、SIGMA fpの測光の仕組みは開放測光で、AFも開放で測距する仕様になっている。

以下に、AFのテストを行った動画を掲載する。「45mm F2.8 DG DN」「35mm F1.2 DG DN」「50mm F1.4 DG HSM」といったLマウントレンズのほか、マウントコンバーター「MC-21」を使用して、「50mm F1.4 DG HSM」「24-105mm F4 DG OS HSM」「120-300mm F2.8 DG OS HSM」といったシグマ製のEFマウントレンズでも試しているので参考にしてほしい。

上の動画はレンズごとに絞り開放でのAF-Sの動作をキャプチャーしたもの。Lマウントレンズは3本試したが、その中では特に45mm F2.8 DG DNが速度・精度ともに安定していた。MC-21経由でEFマウントレンズを使用する場合はさすがにLマウントレンズほどの速度ではないが、それなりに動作してくれる。

ただし、輝度差の少ない被写体や暗いシーンになるとAFの合焦率は一気に落ちる。低輝度限界は-5EV(F1.4時)なので十分なスペックだが、暗いシーンには弱い。また、瞳優先AFにも対応しているが、その検出・追従性能はもうひとつ。AF-Sなら何とか使えると感じたが、瞳優先AFとAF-Cの組み合わせは、ピント位置が前後に細かく移動するウォブリングが発生し、瞳を追従しながらの撮影は厳しい。そうした点を考慮すると、従来のシグマ機と比較すればAF性能は間違いなく向上しているが、他メーカーの最新フルサイズミラーレスと比べると差があるというのが正直なところである。

上の動画は45mm F2.8 DG DNを使って、瞳優先AFとAF-Cの組み合わせをテストしたもの。被写体の人物にはゆっくり動いてもらったが、ウォブリングが発生して瞳を正確に追従することはできなかった。

AFの操作系では、1点AF時のフォーカスフレームの移動が少々やりにくいと感じた。十字キーの下ボタンでフォーカスエリアの設定を呼び出してからAELボタンを押すことでAFフレームの移動が可能になるのだが、2ステップ必要なのが少々わずらわしい。モニターのタッチ操作でフォーカスフレーム位置をダイレクトに変更できるようになっているため、タッチ操作が前提になっているのかもしれないが、肝心のタッチパネルの反応がそれほどよくない。タッチパネルの使いこなしのコツとしては、タップではなくドラッグする感覚で操作したほうがフォーカスフレームをスムーズに移動できると感じた。

連写は高速で約18コマ/秒、中速で約5コマ/秒に対応。最大撮影コマ数のスペックは12コマだが、最大書き込み速度299MB/SのUHS-IIカードを使って約18コマ/秒連写を行ったところ、バッファ容量がいっぱいになるまでにJPEGで22コマ程度、RAW+JPEGで14コマ程度まで撮影が行えた

大口径の単焦点レンズ35mm F1.2 DG DNを装着したイメージ

大口径の単焦点レンズ35mm F1.2 DG DNを装着したイメージ

EFマウントの標準ズームレンズ24-105mm F4 DG OS HSMを装着したイメージ(MC-21使用)

EFマウントの標準ズームレンズ24-105mm F4 DG OS HSMを装着したイメージ(MC-21使用)

EFマウントの開放F2.8通しの望遠ズームレンズ120-300mm F2.8 DG OS HSMを装着したイメージ(MC-21使用)

EFマウントの開放F2.8通しの望遠ズームレンズ120-300mm F2.8 DG OS HSMを装着したイメージ(MC-21使用)

※後編の「画質・動画編」に続きます。

真柄利行

真柄利行

カメラとAV家電が大好物のライター/レビュアー。雑誌編集や価格.comマガジン編集部デスクを経てフリーランスに。価格.comではこれまでに1000製品以上をレビュー。現在、自宅リビングに移動式の撮影スタジオを構築中です。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る