レビュー
クリーニングスワブの使用手順を動画で紹介

一眼ユーザー必見! イメージセンサーの汚れを簡単・格安に除去する方法

レンズ交換式のデジタル一眼カメラを使っていて悩みの種になるが、イメージセンサー(撮像素子)の汚れです。メーカーのサービスセンターにメンテナンスを依頼するのは時間と費用がかかりますが、市販されている専用のクリーニングスワブを使えば、ユーザーが自力でセンサーの汚れを取ることができます。

※イメージセンサーの清掃をユーザーが自ら行うことは自己責任です。万が一不具合が発生してもメーカーの保証対象外になりますのでご注意ください。

比較的格安なセンサー清掃ツールとして人気の高いクリーニングスワブ

比較的格安なセンサー清掃ツールとして人気の高いクリーニングスワブ

一眼カメラを使っていると避けられないイメージセンサーの汚れ

一眼カメラを使っていると、どうしても微細なホコリやゴミがイメージセンサーの表面に付着してしまいます。「屋外でレンズは交換しない」「屋内でもホコリの少ない場所を選んでレンズを交換する」といった使い方をしていても、ホコリ・ゴミの付着は避けられないものです。特に、レンズ交換時にセンサーがむき出しになるミラーレスはその割合が顕著。一眼レフからミラーレスに移行して「センサーの汚れが目立つようになった」と感じている人も少なくないでしょう。

電源オフ時にシャッター幕が下りるモデルもありますが、ミラーレスはレンズを外すと基本的にイメージセンサーがむき出しの状態になります

ホコリ・ゴミが原因でイメージセンサーが汚れていると、撮影したどの写真にも、同じ位置に黒い点のような染みが写り込んでしまいます。開放付近だとよほど大きな汚れでないと影響は出ませんが、絞り値がF8あたりから目立つようになります。撮影後の画像編集で簡単に修正できる程度ならいいものの、染みの数が多かったり、大きかったりするとやっかいです。神経質になりすぎる必要はないですが、センサーの汚れは極力撮影前に取り除いておきたいところです。

イメージセンサーが汚れていると絞った際に黒い点のような染みが写り込みます。特に、青空や夕景などグラデーションのある風景を絞って撮影する場合に目立ちます

メーカーのサービスセンターが最も安全。ただし、時間と費用がかかる

一眼カメラのほとんどのモデルは、イメージセンサーに付いたホコリを取り除くダスト除去機能を搭載しています。超音波振動やボディ内手ブレ補正機構を活用してホコリ・ゴミをはじき飛ばすようになっていて、大半は電源と連動して動作する仕組みです。ただ、残念ながら、APS-C以上の大きさのセンサーだとダスト除去機能にそれほど高い効果は望めません。また、カメラによっては、キヤノンのダストデリート機能や、ニコンのイメージダストオフ機能など、あらかじめダスト情報を取得しておいて撮影後のPC編集で取り除く機能を持つものもありますが、こちらも補助的で万能ではありません。

ユーザー自身で行うメンテナンスとしては、ブロアーでホコリ・ゴミを吹き飛ばすのが最も手軽な方法です。ただ、ブロアーでは油性の頑固な汚れは落ちませんので、あくまでも簡易的なメンテナンスになります。また、内部にホコリのたまった古いブロアーだとホコリ・ゴミを余計に付けてしまうことがあるので注意が必要です。余談になりますが、ブロアーでイメージセンサーの汚れが取れないからといって、強力なエアダスターを使うのは避けたほうがいいでしょう。使い方を間違えると液体状のガスが噴出してしまいますし、ノズルが吹き飛んでセンサーに当たってしまうリスクもあります。

ブロアーを使ってイメージセンサーの表面のホコリを吹き飛ばす際は、ホコリが入らないようにカメラを下向きにして行うといいでしょう。ブロアーの先端がセンサーの表面に当たらないように注意してください

イメージセンサーの汚れを最も安全に取る方法は、やはり、メーカーのサービスセンター(もしくはカメラ専門店)にメンテナンスを依頼することでしょう。メンテナンスのプロが清掃作業をしてくれるので安心して任せられます。ネックになるのは時間と費用で、サービスセンターに持ち込むにしろ機材を郵送するにしろ時間がかかりますし、費用も数千円程度かかります。

東京・秋葉原にあるソニーのサービスステーション。事前に電話予約が必要ですが、専用スタッフがカメラの清掃・点検を店頭で行ってくれます(有料)

自力で手軽にイメージセンサーを清掃できるクリーニングスワブ

イメージセンサーの清掃はメーカーのサービスセンターにメンテナンスを依頼するのが理想ではありますが、ホコリ・ゴミが付くたびに依頼するのは時間も費用もむだです。できれば、自力で何とかしたいところです。

イメージセンサーの汚れを自力で取り除くためのメンテナンス製品はいくつも用意されています。メーカー純正品では、“ペンタ棒”と呼ばれるペンタックスの「イメージセンサークリーニングキット O-ICK1」が有名です。別途無水エタノールを用意する必要がありますが、ニコンの「クリーニングキットプロ2 CK-P2」も人気が高いです。

そうした製品を使ってもよいですが、より簡単かつ格安なキットとして今回紹介したいのが「イメージセンサー清掃専用のクリーニングスワブ」。先端に超極細のマイクロファイバーの布が付いたヘラ形状の棒でセンサーの汚れを直接拭き取るというものです。リスクはゼロではありませんが、使い方を間違えなければ比較的簡単に汚れを取ることができます。

クリーニングスワブはいくつかのメーカーから似たようなものが販売されていますが、ほとんどがフルサイズ用、APS-C用といったようにイメージセンサーのサイズにあわせた形状で販売されています。価格はセンサーサイズによって異なりますが、フルサイズ用だと10本セットで2,000〜2,500円程度。より強力に汚れを落とせる、アルコールフリーのセンサークリーニング液が付属するセットは3,000〜3,500円程度で手に入れることができます。

数あるクリーニングスワブの中でも人気なのがVSGO(ヴィスゴ)の製品です。VSGOは、中国のShanghai Jieyong Technology(上海捷涌科技)が手がける、デジタル機器クリーニング製品のブランドです

VSGOのクリーニングスワブは先端のヘラ部分に超極細のマイクロファイバーの布が正確に貼られています。ほかの製品と同様、ヘラはイメージセンサーの縦の長さにあわせたサイズになっています

クリーニングスワブを使ったイメージセンサー清掃の手順

クリーニングスワブを使ったイメージセンサーの清掃はそれほど難しいものではありません。事前の準備を除けば、慣れてくると数分で終わります。今回は価格.comの「カメラクリーニング用品」カテゴリーでも人気を集めているVSGO(ヴィスゴ)のクリーニングスワブを使って清掃の手順を動画で紹介します。

以下に、動画で説明した内容を簡略化して書き起こしておきます。

1.カメラ表面のホコリを取り除く

イメージセンサーの清掃の前に、日々のメンテンナンスと同じ作業を行ってカメラをキレイにしておきましょう。ブロアーやクロス、ハケ、綿棒、クリーニング液などを使ってカメラを清掃しておけば、センサー清掃時にホコリが混入しにくくなります。なお、センサー清掃を含めてカメラのメンテナンス作業は、静電気を防止する手袋を着用して屋内のホコリの少ない場所で行ってください。

はじめにメンテナンス用品を使ってカメラを清掃しておきます

はじめにメンテナンス用品を使ってカメラを清掃しておきます

清掃時は静電気を防止する手袋を着用しましょう

清掃時は静電気を防止する手袋を着用しましょう

2.センサーの汚れを確認する

イメージセンサーの汚れを確認するためにテスト画像を撮影します。まず、壁にコピー用紙などの白い紙を貼ってください。白い紙がなければ壁をそのまま撮っても大丈夫です。白系で薄い色の壁であれば問題ありません。

続いて、カメラの設定を行います。ファイル形式はJPEGにして画質は最高にします。画像サイズも最大にしておきましょう。撮影モードは絞り優先で、感度は最低感度にしてください。ある程度明るく撮っておいたほうがいいので露出補正は+0.7〜+1.0段くらいに設定してもいいでしょう。次に、ズームレンズを装着している場合は望遠側にして、フォーカスをMFにしてからピントを無限遠にセットしてください。絞りはレンズにもよりますが基本的に最小絞りにしましょう。F16〜F22くらいでも問題ありません。

撮影は三脚を使わずに適度な被写体距離でラフに撮ってください。屋内で絞って撮るのでシャッタースピードは1秒以上になると思いますが、構わずにシャッターを切ってください。

カメラを設定したら、白い壁に向かって撮影します

カメラを設定したら、白い壁に向かって撮影します

テストの結果。各所に汚れが付いていますが、特に赤丸の部分が汚れています

テストの結果。各所に汚れが付いていますが、特に赤丸の部分が汚れています

この画像はセンサーに汚れが残った状態で撮影したものになります。画像上部の、青空のグラデーションのところで汚れが目立ちます

3.通常のセンサーメンテナンスを行う

次に、カメラのダスト除去機能を使って取れるホコリは取っておきましょう。メニューからダスト除去機能を呼び出して動作させます。続いて、ブロアーを使ってマウント周りやセンサー表面のホコリを落とします。センサー表面だけでなくその周りのホコリも落とすイメージで作業してください。

まずダスト除去機能を使ってセンサー表面のホコリを落とします

まずダスト除去機能を使ってセンサー表面のホコリを落とします

次にブロアーを使ってホコリを吹き飛ばします

次にブロアーを使ってホコリを吹き飛ばします

4.センサー表面をスワブで拭く

続いて、スワブでイメージセンサーを清掃する作業に移ります。清掃は、必ず未開封・未使用のスワブで行ってください。スワブの再利用は除去した汚れが再度付着したり、最悪センサー表面を傷付けてしまう可能性があります。

はじめてスワブを使う場合は、スワブを直接センサー表面に当てることに抵抗を感じるかもしれませんが、ゆっくりと差し込んで、センサーの左端か右端に触れるように置きます。その後、スワブを進行方向に60°くらい傾けて、あまり力を入れずに逆の端まで動かします。逆の端まできたらスワブの傾きを逆にして元の端まで動かします。汚れが気になるからといって何回も往復したり、スワブをごしごしと動かして拭くのは厳禁です。

スワブを使う際はあまり力を入れずに端から端まで往復します

スワブを使う際はあまり力を入れずに端から端まで往復します

5.センサーの汚れを確認する

センサーの清掃が終わったら、あらためてセンサーの汚れを確認しましょう。作業のやり方は清掃前に行った「3」の工程と同じです。白い紙や壁を被写体にして最小絞り・無限遠でテスト撮影をしてください。

清掃後の結果。F22まで絞っていますが、気になるような汚れはほとんど見られません

清掃後の結果。F22まで絞っていますが、気になるような汚れはほとんど見られません

6.クリーニング液を使ってセンサー表面をスワブで拭く(※汚れが取り切れていない場合)

頑固な汚れが残っている場合は、センサークリーニング液を使って再度清掃します。ヴィスゴではアルコールフリーのクリーニング液を用意していて、スワブとセットになったパッケージも販売しています。

クリーニング液を使って清掃する場合も、必ず未開封のスワブを使うようにしてください。注意点は、スワブにクリーニング液を付けすぎないこと。付けすぎると清掃後にムラが残ることもあるので先端に1〜2滴付けるだけで十分です。クリーニング液を付けたら、「4.センサー表面をスワブで拭く」と同じ要領でセンサー表面を拭いてください。それが終わったら、未開放のスワブをもう1本使ってセンサー表面を乾拭きしてください。

スワブに付けるクリーニング液は1〜2滴で十分です

スワブに付けるクリーニング液は1〜2滴で十分です

クリーニング液を付けたスワブで清掃した後に、新しいスワブを使って乾拭きしてください

クリーニング液を付けたスワブで清掃した後に、新しいスワブを使って乾拭きしてください

7.センサーの汚れを確認する

センサークリーニング液での清掃が終わったら、あらためてセンサーの汚れを確認してみましょう。クリーニング液を使えばより強力に汚れを取ることができます。

清掃作業は全7工程になりますが、この手順だと最大3本のスワブを使うことになるので、「4」と「5」の工程をなくして、センサークリーニング液を使う「6」からスタートしてもいいでしょう

まとめ コストパフォーマンスの高いセンサー清掃ツール

イメージセンサー清掃専用のクリーニングスワブのいいところは、比較的格安に手に入れられて、かつ手軽に使えることです。清掃の作業自体はスワブの先端でセンサー表面を拭くだけなので、慣れてくれば数分で終わります。自己責任にはなりますが、メーカーのサービスセンターでのメンテナンスと比べると時間も費用もかかりません。メーカーのメンテナンスと同等の費用で、数回以上センサーを清掃できると考えるとコストパフォーマンスは高いと言えるでしょう。

注意点は、格安だからといってスワブを使いすぎないことです。イメージセンサーの汚れを気にしすぎると一眼カメラをアクティブに使えなくなります。センサーの清掃は撮影のたびに行うのではなく、撮影に影響が出るような汚れがあった場合に行う程度でいいでしょう。

価格.comマガジン編集部

価格.comマガジン編集部

パソコン・家電からカップ麺に至るまで、何でも自分で試してみないと気が済まないオタク(こだわり)集団。常にユーザー目線で製品を厳しくチェックします!

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
カメラ関連製品のその他のカテゴリー
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る