レビュー
超望遠撮影をより手軽に楽しめる超望遠ズームレンズ

はじめての野鳥・動物撮影にピッタリ!「M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS」レビュー

マイクロフォーサーズシステムのミラーレスカメラは、撮影画角がレンズ焦点距離の2倍になるため望遠撮影に強いのが大きな魅力です。今回紹介する、OMデジタルソリューションズ(オリンパスの映像事業を引き継いだ新会社)の「M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS」は、マイクロフォーサーズ用の超望遠ズームレンズ。野鳥や動物など遠くの被写体を撮るのに向いた、超望遠撮影をより気軽に楽しめる1本です。

「OM-Dシリーズ」の上位モデル「OM-D E-M1 Mark III」にM.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 ISを装着したイメージ

「OM-Dシリーズ」の上位モデル「OM-D E-M1 Mark III」にM.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 ISを装着したイメージ

レンズ単体で800mm、テレコン使用で最大1600mmの超望遠撮影が可能

野鳥撮影や動物撮影に本格的な取り組む場合に必須となるのが「超望遠レンズ」です。遠くにいる野鳥や動物を大きく、かつ高画質に撮るには、より長い焦点距離が求められ、特に野鳥撮影では、最低でも35mm判換算で400mm程度の焦点距離が必要と言われています。できれば500mmを超える焦点距離をカバーするレンズがあると、できることが増え、撮影がより楽しくなります。

ただし、超望遠域レンズは大きくて重いうえに高価で、なかなか手を出しにくいという人も少なくないと思います。そんな人に注目してほしいのが、今回紹介するM.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS。35mm判換算で200〜800mm相当の焦点距離に対応し、価格は価格.com最安価格で140,000円程度(2021年2月18日時点)。決して安価ではありませんが、超望遠レンズとしては価格と性能のバランスがいい製品となっています。

M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 ISの主な特徴
・超望遠性能と小型・軽量を両立した、高性能な超望遠ズームレンズ
・35mm判換算で200〜800mm相当の焦点距離に対応
・テレコンバーター使用時に最大1600mm相当(35mm判換算の焦点距離)に対応
・15群21枚(EDレンズ4枚、スーパーHRレンズ2枚、HRレンズ2枚)のレンズ構成
・最短撮影距離1.3m(ズーム全域)
・レンズ内手ブレ補正(補正効果3段分、5軸シンクロ手ブレ補正非対応)
・OM-Dシリーズ上位モデルの深度合成機能に対応
・PROシリーズと同等の防塵・防滴性能
・取り外し可能な三脚座が付属
・価格.com最安価格140,000円程度(2021年2月18日時点)

M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 ISのレンズ構成は、EDレンズ4枚、スーパーHRレンズ2枚、HRレンズ2枚といった特殊レンズを使用した15群21枚。ズーム全域で隅々まで明るく抜けのよい描写を実現しているとのことです。さらに、別売のテレコンバーターレンズの装着に対応しているのも見逃せない点で、1.4倍の「MC-14」使用時は280〜1120mm相当、2倍の「MC-20」使用時は、400〜1600mm相当(いずれも35mm判換算)の焦点距離での超望遠撮影が可能。開放F値はMC-14使用時で1段分、MC-20使用時で2段分大きくなるものの、焦点距離1000mmオーバーの超望遠撮影を楽しめます。

また、最短撮影距離がズーム全域で1.3mと短く、望遠端では最大撮影倍率0.57倍相当(35mm判換算)でのテレマクロ撮影が可能なのも特徴。テレコンバーターレンズMC-14/MC-20を装着しても最短撮影距離は変わらず、MC-14使用時で最大撮影倍率0.81倍相当、MC-20使用時で1.15倍相当(いずれも35mm判換算)という、マクロレンズと同等の撮影倍率が得られます。

AFの駆動範囲を3段階(1.3〜6m、1.3m〜無限遠、6m〜無限遠)で切り替えられるフォーカスリミットスイッチを搭載

AFの駆動範囲を3段階(1.3〜6m、1.3m〜無限遠、6m〜無限遠)で切り替えられるフォーカスリミットスイッチを搭載

ズーム位置を広角端(焦点距離100mm)で固定するズームロック機構も備わっています

ズーム位置を広角端(焦点距離100mm)で固定するズームロック機構も備わっています

ズームは繰り出し式(画像は望遠端400mm時)。AFは軽量なフォーカスレンズを用いるリアフォーカス方式を採用です

ズームは繰り出し式(画像は望遠端400mm時)。AFは軽量なフォーカスレンズを用いるリアフォーカス方式を採用です

レンズの作りも価格に見合うものになっていて、PROシリーズと同等の防塵・防滴性能を実現。取り外し可能な三脚座も付属しています。

サイズは86.4(最大径)×205.7(全長)mmで、重量は1120g (三脚座除く)、1325g (三脚座含む)。決して軽いレンズではありませんが、35mm判換算で800mm相当の焦点距離に対応する超望遠ズームレンズとしては十分にコンパクトで、手持ちでも撮影できるサイズ感にまとまっています。

レンズフード「LH-76D」(M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PROと共用)が付属。なお、三脚座を外した際は、別売のデコレーションリング「DR-79」(M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PROと共用)を装着できます

レンズフード「LH-76D」(M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PROと共用)が付属。なお、三脚座を外した際は、別売のデコレーションリング「DR-79」(M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PROと共用)を装着できます

実写作例

※以下に掲載する作例は、M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 ISとOM-D E-M1 Mark IIIを組み合わせて撮影しています。すべてJPEG形式の最高画質で撮影したもの(JPEG撮って出し)になります。

※サムネイル画像をクリックすると、撮影写真を長辺900ピクセルに縮小した画像が開きます。リサイズを行っていない撮影写真は、サムネイル画像下のテキストリンクをクリックすると開きます。なお、撮影写真は開くのに時間がかかる場合があります。

E-M1 Mark III、M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS、400mm(35mm判換算800mm)、ISO200、F6.3、1/200秒、ホワイトバランス:オート、ピクチャーモード:Natural、階調:標準、JPEG撮影写真(5184×3888、11.2MB)

E-M1 Mark III、M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS、400mm(35mm判換算800mm)、ISO200、F6.3、1/200秒、ホワイトバランス:オート、ピクチャーモード:Natural、階調:標準、JPEG
撮影写真(5184×3888、11.2MB)

E-M1 Mark III、M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS、314mm(35mm判換算628mm)、ISO200、F6.3、1/400秒、ホワイトバランス:オート、ピクチャーモード:Natural、階調:標準、JPEG撮影写真(3888×5184、7.9MB)

E-M1 Mark III、M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS、314mm(35mm判換算628mm)、ISO200、F6.3、1/400秒、ホワイトバランス:オート、ピクチャーモード:Natural、階調:標準、JPEG
撮影写真(3888×5184、7.9MB)

E-M1 Mark III、M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS、123mm(35mm判換算246mm)、ISO200、F6.3、1/320秒、ホワイトバランス:オート、ピクチャーモード:Natural、階調:標準、JPEG撮影写真(5184×3888、14.2MB)

E-M1 Mark III、M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS、123mm(35mm判換算246mm)、ISO200、F6.3、1/320秒、ホワイトバランス:オート、ピクチャーモード:Natural、階調:標準、JPEG
撮影写真(5184×3888、14.2MB)

E-M1 Mark III、M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS、400mm(35mm判換算800mm)、ISO200、F6.3、1/640秒、ホワイトバランス:オート、ピクチャーモード:Natural、階調:標準、JPEG撮影写真(5184×3888、7.9MB)

E-M1 Mark III、M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS、400mm(35mm判換算800mm)、ISO200、F6.3、1/640秒、ホワイトバランス:オート、ピクチャーモード:Natural、階調:標準、JPEG
撮影写真(5184×3888、7.9MB)

E-M1 Mark III、M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS、400mm(35mm判換算800mm)、ISO200、F6.3、1/160秒、ホワイトバランス:オート、ピクチャーモード:Natural、階調:標準、JPEG撮影写真(5184×3888、10.3MB)

E-M1 Mark III、M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS、400mm(35mm判換算800mm)、ISO200、F6.3、1/160秒、ホワイトバランス:オート、ピクチャーモード:Natural、階調:標準、JPEG
撮影写真(5184×3888、10.3MB)

E-M1 Mark III、M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS、400mm(35mm判換算800mm)、ISO5000、F6.3、1/1250秒、ホワイトバランス:オート、ピクチャーモード:Natural、階調:標準、JPEG撮影写真(3888×5184、11.3MB)

E-M1 Mark III、M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS、400mm(35mm判換算800mm)、ISO5000、F6.3、1/1250秒、ホワイトバランス:オート、ピクチャーモード:Natural、階調:標準、JPEG
撮影写真(3888×5184、11.3MB)

E-M1 Mark III、M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS、400mm(35mm判換算800mm)、ISO200、F6.3、1/100秒、ホワイトバランス:オート、ピクチャーモード:Natural、階調:標準、JPEG撮影写真(5184×3888、7.9MB)

E-M1 Mark III、M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS、400mm(35mm判換算800mm)、ISO200、F6.3、1/100秒、ホワイトバランス:オート、ピクチャーモード:Natural、階調:標準、JPEG
撮影写真(5184×3888、7.9MB)

E-M1 Mark III、M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS、400mm(35mm判換算800mm)、ISO200、F8、1/250秒、ホワイトバランス:オート、ピクチャーモード:Natural、階調:標準、JPEG撮影写真(5184×3888、10.5MB)

E-M1 Mark III、M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS、400mm(35mm判換算800mm)、ISO200、F8、1/250秒、ホワイトバランス:オート、ピクチャーモード:Natural、階調:標準、JPEG
撮影写真(5184×3888、10.5MB)

E-M1 Mark III、M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS、400mm(35mm判換算800mm)、ISO6400、F6.3、1/500秒、ホワイトバランス:オート、ピクチャーモード:Natural、階調:標準、JPEG撮影写真(5184×3888、12.1MB)

E-M1 Mark III、M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS、400mm(35mm判換算800mm)、ISO6400、F6.3、1/500秒、ホワイトバランス:オート、ピクチャーモード:Natural、階調:標準、JPEG
撮影写真(5184×3888、12.1MB)

E-M1 Mark III、M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS、400mm(35mm判換算800mm)、ISO200、F6.3、1/200秒、ホワイトバランス:オート、ピクチャーモード:Natural、階調:標準、JPEG撮影写真(5184×3888、12.3MB)

E-M1 Mark III、M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS、400mm(35mm判換算800mm)、ISO200、F6.3、1/200秒、ホワイトバランス:オート、ピクチャーモード:Natural、階調:標準、JPEG
撮影写真(5184×3888、12.3MB)

E-M1 Mark III、M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS、テレコンバーターMC-20使用、800mm(35mm判換算1600mm)、ISO200、F13、1/40秒、ホワイトバランス:オート、ピクチャーモード:Natural、階調:標準、JPEG撮影写真(5184×3888、8.4MB)

E-M1 Mark III、M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS、テレコンバーターMC-20使用、800mm(35mm判換算1600mm)、ISO200、F13、1/40秒、ホワイトバランス:オート、ピクチャーモード:Natural、階調:標準、JPEG
撮影写真(5184×3888、8.4MB)

E-M1 Mark III、M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS、テレコンバーターMC-20使用、800mm(35mm判換算1600mm)、ISO4000、F13、1/1000秒、ホワイトバランス:オート、ピクチャーモード:Natural、階調:標準、JPEG撮影写真(5184×3888、11.1MB)

E-M1 Mark III、M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS、テレコンバーターMC-20使用、800mm(35mm判換算1600mm)、ISO4000、F13、1/1000秒、ホワイトバランス:オート、ピクチャーモード:Natural、階調:標準、JPEG
撮影写真(5184×3888、11.1MB)

E-M1 Mark III、M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS、テレコンバーターMC-20使用、800mm(35mm判換算1600mm)、ISO2000、F13、1/500秒、ホワイトバランス:オート、ピクチャーモード:Natural、階調:標準、JPEG撮影写真(5184×3888、8.6MB)

E-M1 Mark III、M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS、テレコンバーターMC-20使用、800mm(35mm判換算1600mm)、ISO2000、F13、1/500秒、ホワイトバランス:オート、ピクチャーモード:Natural、階調:標準、JPEG
撮影写真(5184×3888、8.6MB)

15群21枚のレンズ構成からも予想できるように、M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 ISはズーム全域で高いコントラストと解像力を発揮するレンズです。絞り開放でもピント面はシャープで、とてもキレのいい描写が得られます。今回は遠くにいる動物を被写体にしましたが、作例を見ると毛並みなどのディテールが緻密に表現できていることがわかると思います。テレコンバーターを装着するとややソフトな感じになりますが、それでも解像感は十分です。

手ブレ補正は、ボディ側と協調する5軸シンクロ補正に非対応で、補正効果も3段分となっています。最高性能というわけではありませんが実用的に十分な性能で、望遠端(35mm判換算で800mm相当の焦点距離)で試した限り、1/100秒を切るような遅いシャッタースピードでも高い確率で手ブレを抑えて撮ることができました。

AFについては超望遠域でも被写体の食いつきがよく、狙ったところにスムーズにピントを合わせてくれます。ただし、今回はOM-D E-M1 Mark IIIと組み合わせましたが、C-AFでの被写体の追従性についてはもう一歩といったところ。たとえば、遠くから歩いて近づいてくる犬など、奥行き方向に動く被写体に対して、しっかりとピントを合わせ続けながらシャッターを切るのは難しいと感じました。

まとめ 小型・軽量で高画質。はじめての野鳥・動物撮影用として選びやすい1本

M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS は、小型・軽量ながら、すぐれた画質を実現した超望遠ズームレンズです。本格的なフィールド撮影にも耐えられる防塵・防滴性能を兼ね備えているのも押さえておきたい点で、実際に使ってみても剛性感のある鏡筒や、しっかりとした操作感のズームリングやフォーカスリングなどから、価格に見合う価値のあるレンズだと感じました。コストパフォーマンスがよく、これから野鳥撮影や動物撮影を始めたい人にとって選びやすい製品だと思います。

ただし、開放F値がやや大きいレンズなので、屋外で撮影していてもシャッタースピードを稼ぐために感度を上げないといけないシーンが出てくる点には注意(※特にテレコンバーター装着時は開放F値が大きくなるので注意)。野鳥や動物の撮影では高感度になることを許容して使う必要があります。開放F値のスペックやC-AFでの追従性を考慮すると、素早く動く被写体の動きを止めて撮るためのレンズではなく、木の枝の止まっている野鳥など、静止している被写体やゆっくりとした動きの被写体を撮るのに向いたレンズと言えるでしょう。

真柄利行

真柄利行

カメラとAV家電が大好物のライター/レビュアー。雑誌編集や価格.comマガジン編集部デスクを経てフリーランスに。価格.comではこれまでに1000製品以上をレビュー。現在、自宅リビングに移動式の撮影スタジオを構築中です。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る