交換レンズ図鑑

“最高峰”の中望遠マイクロレンズ、ニコン「NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S」速攻レビュー

実写作例&レビュー

※以下に掲載する作例は、Z 7IIにNIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR Sを組み合わせてJPEG形式の最高画質で撮影したもの(JPEG撮って出し)になります。すべての作例で、アクティブD-ライティング:しない、ヴィネットコントロール:標準、回折補正:する、自動ゆがみ補正:する、の設定になっています。

※サムネイル画像をクリックすると、撮影写真を長辺900ピクセルに縮小した画像が開きます。リサイズを行っていない撮影写真は、サムネイル画像下のテキストリンクをクリックすると開きます。なお、撮影写真は開くのに時間がかかる場合があります。

Z 7II、NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S、F11、1/320秒、ISO64、WB:オート1、ピクチャーコントロール:オート、JPEG撮影写真(8256×5504、27.5MB)

Z 7II、NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S、F11、1/320秒、ISO64、WB:オート1、ピクチャーコントロール:オート、JPEG
撮影写真(8256×5504、27.5MB)

Z 7II、NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S、F8、1/320秒、ISO400、WB:オート1、ピクチャーコントロール:オート、JPEG撮影写真(8256×5504、22.3MB)

Z 7II、NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S、F8、1/320秒、ISO400、WB:オート1、ピクチャーコントロール:オート、JPEG
撮影写真(8256×5504、22.3MB)

Z 7II、NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S、F4.5、1/640秒、ISO400、WB:オート1、ピクチャーコントロール:オート、JPEG撮影写真(8256×5504、21.6MB)

Z 7II、NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S、F4.5、1/640秒、ISO400、WB:オート1、ピクチャーコントロール:オート、JPEG
撮影写真(8256×5504、21.6MB)

Z 7II、NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S、F4.5、1/1000秒、ISO64、WB:晴天、ピクチャーコントロール:オート、JPEG撮影写真(8256×5504、19.0MB)

Z 7II、NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S、F4.5、1/1000秒、ISO64、WB:晴天、ピクチャーコントロール:オート、JPEG
撮影写真(8256×5504、19.0MB)

Z 7II、NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S、F8、1/160秒、ISO200、WB:オート1、ピクチャーコントロール:スタンダード、JPEG撮影写真(8256×5504、16.7MB)

Z 7II、NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S、F8、1/160秒、ISO200、WB:オート1、ピクチャーコントロール:スタンダード、JPEG
撮影写真(8256×5504、16.7MB)

Z 7II、NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S、F8、1/320秒、ISO200、WB:オート1、ピクチャーコントロール:スタンダード、JPEG撮影写真(8256×5504、16.9MB)

Z 7II、NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S、F8、1/320秒、ISO200、WB:オート1、ピクチャーコントロール:スタンダード、JPEG
撮影写真(8256×5504、16.9MB)

Z 7II、NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S、F3.5、1/15秒、ISO64、WB:オート1、ピクチャーコントロール:スタンダード、JPEG撮影写真(8256×5504、14.6MB)

Z 7II、NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S、F3.5、1/15秒、ISO64、WB:オート1、ピクチャーコントロール:スタンダード、JPEG
撮影写真(8256×5504、14.6MB)

Z 7II、NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S、F2.8、1/200秒、ISO64、WB:オート1、ピクチャーコントロール:スタンダード、JPEG撮影写真(8256×5504、16.5MB)

Z 7II、NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S、F2.8、1/200秒、ISO64、WB:オート1、ピクチャーコントロール:スタンダード、JPEG
撮影写真(8256×5504、16.5MB)

Z 7II、NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S、F2.8、1/1600秒、ISO64、WB:オート1、ピクチャーコントロール:スタンダード、JPEG撮影写真(8256×5504、18.3MB)

Z 7II、NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S、F2.8、1/1600秒、ISO64、WB:オート1、ピクチャーコントロール:スタンダード、JPEG
撮影写真(8256×5504、18.3MB)

今回、花や植物のマクロ写真を中心に撮影しましたが、NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR Sの画質には驚かされました。絞り開放の近接撮影でも色収差がほとんど見られないのがすごいところで、ピント位置では高い解像感が得られますし、輪郭にも気になるような色付きは発生しません。ディテールの再現性が非常に高く、コントラストの高さも相まって、「質感表現にすぐれた印象的な写真が撮れるレンズ」だと感じました。絞り開放だと周辺光量落ちがやや気になる場合があるものの、中望遠マイクロレンズとしては、これといった欠点のない理想的な画質が得られる超優秀なレンズだと思います。

また、重量約630gの比較的軽い鏡筒で、重量バランスにすぐれるのもNIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR Sのいいところです。Z 7IIとの組み合わせはレンズ側に重心がいかず、カメラをホールドしていても重さを感じにくい印象。AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-EDとマウントアダプター「FTZ」の組み合わせは総重量約885gで、比べると255gも軽いことになります。使い比べてみて、NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR Sのほうが取り回しがよく、より軽快に撮影を楽しめると感じました。

NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR Sの使い勝手では、AFや手ブレ補正の性能が向上していますが、特にAFが使いやすくなっていると感じました。さすがに0.29m〜無限遠の全範囲だとピント合わせに時間がかかることがありますが、0.29〜0.5mに範囲に制限すると、よりスピーディーに動作します。合焦率も高く、AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-EDとマウントアダプターFTZの組み合わせではピントが合いにくい薄暗い状況やコントラストが低い被写体であっても、狙った位置に正確にピントを合わせてくれることが何度もありました。フォーカス関連では、フォーカスリングの操作感がいいのも報告しておきたい点です。AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-EDと比べるとリングに適度な粘りがあり、リング操作に対して正確かつ滑らかに反応してくれるので、マクロ撮影時のピントの追い込みがやりやすかったです。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る