いいモノ調査隊
スマートフォンでもカメラでも、素敵な映像撮れちゃいます

電源いらずで360度回転! タイムラプス+パノラマ撮影ができる雲台

コマ送りのようにじわじわ動く「タイムラプス動画」をスマートフォンでも撮影できるようになってきましたね。今回はそんなタイムラプス動画の撮影がもっとおもしろくなるアイテムを見つけました。

等間隔で自動で回転し、自分でパン(カメラを横移動する)しなくても、パノラマ撮影ができる雲台「タイムラプス パノラマ ボール」です。1回転360度でちょうど1時間経過するので、結構ゆっくり回転します。商品名にあるとおり、タイムラプス撮影で使うといい感じです。ちなみに電源いらずです。撮影したい角度に合わせてひねって回すだけでスタートします。
タイムラプス動画は基本的に定点で撮影することが多いのですが、タイムラプス パノラマ ボールを使って、少しずつ回転しながら撮影すると、画面全体に動きもくわわり、さらにおもしろい動画が撮影できます。雲の流れる様子とかは定点で撮影したほうがダイナミックでいい感じですが、高層ビルやタワー的なものの展望台から望めるパノラマな風景は、回転することでその広さも実感できます。

パノラマ風景をパンしながらタイムラプスで撮影することができます

パノラマ風景をパンしながらタイムラプスで撮影することができます

また、360度カメラでタイムラプスを撮影する場合もオススメです。VRゴーグルなどで見る場合は、頭を横やうしろ向きにして、360度の風景を楽しまなくてはなりませんが、タイムラプス パノラマ ボールであれば自動的に回転してくれるので、頭を動かさずとも全周の風景を楽しむことができます。

タイムラプス パノラマ ボールには、デジカメの三脚と同じネジが付いており、各種デジカメやGoProなどのアクションカメラも固定することができます。また、スマートフォン用ホルダーも同梱しているので、スマホを使ってのタイムラプス撮影も楽しめます。
さらに底面にはネジ穴が開いているので、本体自体を三脚に設置することも可能です。いつもどおりの目線の高さに合わせてタイムラプス動画が撮影できるわけです。

ひとメモリ(30度)分回転するのに5分かかります。1周するには60分かかります

ひとメモリ(30度)分回転するのに5分かかります。1周するには60分かかります

ちょっと見難いですが、底面にネジ穴があります。三脚などを固定して使えます

ちょっと見難いですが、底面にネジ穴があります。三脚などを固定して使えます

スマートフォンホルダーが同梱しています

スマートフォンホルダーが同梱しています

ホルダーを装着するとこんな感じです。5.2インチのそこそこ大きめのスマホでも装着できました

スマホ用ホルダーを取り付けたところ。5.2インチのそこそこ大きめのスマホでも装着できました

タイムラプス動画を撮影するには便利ですが、回転速度が決まっているので、角度に合わせて撮影時間を決めるか、時間に合わせて角度を決めるかを選ぶしかありません。180度回転させると30分かかってしまいますので、10分で半回転する動画が撮りたいなぁと思っても残念ながらできません。

あと、回転が終了するとベルがなるのですが、ちょっとこれがうるさいです。タイムラプス動画は音の収録ができないので、動画に入ることはないですが、ベルボーイを呼ぶベルのような音がするので、もう少しやさしい音だとよかったかもしれません。

【作例】渋谷のヒカリエでタイムラプス動画を撮影してみました。タイムラプスの倍率は16倍です

カメラのアクセサリーとしてはそれほど高価でもないので、タイムラプス動画が好きな人は試す価値はあると思います。
そういえばこれって、2台重ねて使えば速度が倍になるんですかね。1つしか持っていないのでちょっと試してないですが、2つ購入した人はぜひ試してみてください。

岡安学

岡安学

ゲーム情報誌編集部を経て、フリーランス・ライターに。現在は、デジタル機器を中心にWebや雑誌、Mookなどで活躍中。近著に『INGRESSを一生遊ぶ!』(宝島社刊)。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
カメラアクセサリーのその他のカテゴリー
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る