燃費と走行性能のバランス、そして豊富な安全装備を備えたベーシックモデル

ダイハツ「ミライース」開発者インタビュー&試乗レポート

このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイハツの軽自動車「ミライース」の新型モデルが2017年5月9日より発売開始となった。6年ぶりのフルモデルチェンジで第2世代となった新型は、いったいどのようなクルマになったのか? モータージャーナリストの鈴木ケンイチ氏が開発者インタビューと試乗を通してレポートする。

燃費スペシャルから脱却し、軽自動車に求められるものを実現したという、第2世代のミライース

燃費スペシャルから脱却し、軽自動車に求められるものを実現したという、第2世代のミライース

「第3のエコカー」という燃費スペシャルからの脱皮

新型の「ミライース」は、どのようなコンセプトで作られているのか? 開発をリードしたチーフエンジニアに、まずは話を聞いてみた。チーフエンジニアの南出洋志氏は、かつては新型モデルの操縦安定性能などをチェックする実験部門に在籍。初代「ミライース」も見ていたという。10年ほど前から製品企画に異動。トヨタからボディの受託開発生産を行う「プロボックス/サクシード」のマイナーチェンジを担当。その次に新型ミライースのチーフエンジニアを務める。

南出洋志氏車両開発本部 製品企画部 第1企画グループエグゼクティブチーフエンジニア

南出洋志氏車両開発本部 製品企画部 第1企画グループエグゼクティブチーフエンジニア

鈴木:2011年に初代モデルがデビューしたとき、ミライースはハイブリッドでもない電気自動車でもない、“第3のエコカー”として売り出されました。いわば燃費のよさが特徴でした。新しい第2世代のミライースも同じ路線なのでしょうか?

南出:もともと初代のミライースは“エコ&スマート”をコンセプトにクルマ作りを行ってきました。“エコで賢い選択”ということですね。今回、それをフルモデルチェンジするにあたって、やはりイースと言えば“エコ&スマート”です。だけど、この内容が、世の中のいろいろな出来事に応じて、変わってきているなあと。端的に言うと、安全を皆さんが気になさっている。実際に、お客様のお声を聞いてもそうでした。そこで、“エコ&スマート”をさらに進化させるけれど、ぜんぜん違うクルマにするわけでもない。やはり“エコ&スマート”だけど、より皆様が安心して使っていただけるように深めて進化させようと。なので、“超深化「エコ&スマート」”としました。

鈴木:それが宣伝のキーワードですか?

南出:そうです。もうひとつ、初代のキャッチフレーズは“第3のエコカー”でした。今回は、第4かというと、そうではなく、安全というステージが加わってきています。走り、操縦安定性、乗り心地といった部分です。ベーシックなクルマだけど、そういった性能や装備を底上げしてきています。皆様によりお使いやすくなっているクルマということで、新「みんなのエコカー」というのが今回のキャッチフレーズです。

燃費性能が格段に向上したことで、ユーザーは新たな課題を重視し始めた。そのひとつが安全、そして操縦安定性や乗り心地などの走りの部分だ

鈴木:安全への意識が最近は、相当に高まってきたということですね。

南出:やはりご高齢の方がクルマを運転する機会が、2011年当時よりも、さらに増えているのではないかと思うのです。公共交通機関がどんどん路線を短縮している。都市部に住んでいると、あまり思いませんが、地方に行くと、クルマがないと生活ができない。

鈴木:そういう社会変化が背景にあるんですね?

南出:そうです。また、いろいろな交通事故の報道があって、運転に対する漠然とした不安が皆さんにある。これがだんだん声になって出てきたのではないかと思います。そういうことで、最小のステレオカメラの「スマートアシスト3」を搭載しています。

鈴木:歩行者も認識するし、対車両では時速80qまで作動します。なかなかですね。

ステレオカメラの「スマートアシストV」を搭載。歩行者を認識できるように進化している

ステレオカメラの「スマートアシストV」を搭載。歩行者を認識できるように進化している

南出:安全安心はスマートアシスト3を代表として説明していますが、決して、それだけではありません。たとえばオートハイビームで夜道を明るくすることもやっています。また、メーターの視認性をよくしました。乗ってみればわかると思うのですが、すごく見やすくなっています。目がだんだん弱くなった方でも、ちゃんとクルマの情報が読み取れるようにしています。ドライビングポジションもそう。そういう配慮を、安全というキーワードでまとめてみました。

オートハイビームを搭載。先行車や対向車などがいない場合の見通しを高め、安全な走行をもたらす

オートハイビームを搭載。先行車や対向車などがいない場合の見通しを高め、安全な走行をもたらす

デジタル表示で明るく大きく表示される速度計など、メーターの視認性も高められた

デジタル表示で明るく大きく表示される速度計など、メーターの視認性も高められた

次世代の「DNGA(ダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャ)」の原点に

鈴木:今回、そのようなコンセプトを実現するのに、新たな「DNGA(ダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャ)」が貢献しているのでしょうか? これは、トヨタでいう「TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャ)」のダイハツ版ですよね。

南出:実は逆です。というのは、この新型ミライースを開発していて、ほとんど図面ができあがって試作車もできている段階で、「DNGA」が出てきました。

鈴木:後だったんですね!

ダイハツ版の「TNGA」が、新しいシャシーのコンセプト「DNGA」。そのベースとなっているのがミライースだ

ダイハツ版の「TNGA」が、新しいシャシーのコンセプト「DNGA」。そのベースとなっているのがミライースだ

南出:時系列で言うと後なんです。ただ、「DNGA」は、ダイハツのモノづくり、コトづくりと言っていましたでしょ。そのモノづくりの考えは“良品廉価”であって、やはり軽自動車の本質である“低燃費”と“低価格”を磨くというのが「DNGA」なんですね。その本質は、この新型ミライースの開発そのものです。なので、この新型ミライースが原点となって、次の「DNGA」のクルマたちへ引き継いでいくということです。

鈴木:なるほど。プラットフォームは新設計なんですか?

南出:基本的なプラットフォームの配置や、サスペンションのアレンジは、「ムーヴ」とかとまだ共通なんです。ただ、徹底した軽量化は行っています。

鈴木:基本は旧世代のままですが、ブラッシュアップしたということですね。

南出:そうです。次の「DNGA」では、プラットフォームから一新することになります。

鈴木:でも、相当に軽くしていますよね。説明では、旧型から約80sの軽量化。車両重量がわずか650s。それでベーシックグレードで燃費は35.2q/l。上級でも34.2q/lも。すごい燃費がいいなあと。

南出:ミライースというと「燃費」なんで。最初は「燃費を競合車に負けるな」とやりだしましたが、さっきの「安心安全」の声で、開発のステージを広げたんです。その中でバランスを取りながら、全体を底上げしたということです。

フロントフェンダーやバックドア、燃料タンク(2WD車のみ)に樹脂パーツを使うといった細かな努力で、旧型から約80sの軽量化を実現している

燃費スペシャルなクルマではなく、ベーシックに力を入れる

鈴木:今までの「ミライース」のイメージは、燃費スペシャルモデルというものでした。でも、今回はベーシックなところに力を入れたと?

南出:オールラウンドに底上げしています。ミライースは軽自動車の原点なんですね。うちのラインアップとしては末弟です。そこのレベルをぐっと引き上げたというのが今回です。

鈴木:燃費スペシャルから脱皮。立ち位置が変わったということですね。

搭載されるエンジンは、従来のKF 型の改良版。オルタネーターへ回転を伝えるベルトを低フリクション化するなど、メカニカルロスを低減することで、エネルギー効率を高めている

南出:安全安心でもあるし、操縦安定性も乗り心地も、一段磨いたし。室内の質感みたいなものも高めたし。そういうクルマになっているはずです。

鈴木:燃費は軽自動車で、ナンバー1ではありませんよね。

南出:今、軽自動車でいうと、ナンバー3くらいですね。

鈴木:そこでトップを狙わなかった時点で、スタンスが違うということですね。

南出:ただ、燃費を捨てているわけではないんですよ。35q/lでも、相当な燃費性能です。皆さん、お乗りいただければ、燃費のいいクルマと見ていただけますし、税制上、免税でもあります。燃費のメリットも生かしています。

鈴木:じゃあ、ユーザーに対して、これを伝えたいとかはありますか?

南出:さきほど飛び道具がないと言いました。装備を見ていただいて、価格を見てください。これだけのバランスのとれた性能と装備で、ほぼ100万円レベルで買えるクルマが、ほかにあるかどうか、みなさんの厳しい目で見ていただきたいと思います。

鈴木:100万円で自動ブレーキ付きは魅力ありますね。

衝突回避支援システム「スマートアシストV」は、G“SA V”、X“SA V”、L“SA V”、B“SA V”の主要グレードに標準装備されている

南出:我々の軽自動車のラインアップが、いつの間にか値段が高くなってしまっていて。

鈴木:確かに高額な軽自動車も増えましたね。

南出:そういうクルマも選択肢としてあっていいのですけれど、やはりエントリーのところは、絶対に値段を上げちゃいけないと強く思っていました。限られた予算の中で、これだけやりくりするという部分でダイハツの開発陣がよく頑張ってくれたなあと思います。私は、単に、「これでやれ!」と言ってるだけで、実際にやりくりしているのは現場の開発陣です。そういう意味では、ダイハツの今、持てる力はけっこう入ったかなあと思います。

贅沢ではないが、基本を押さえた硬派な出来

試乗モデルは最上級グレード「G“SA V”」。エンジンやトランスミッションなどは全グレード共通だが、安全装備や快適装備の有無が異なる

続いては、試乗インプレッションを紹介しよう。試乗に用意されたのは、最上級グレードの「G“SA3”」だ。価格は120万9600円。108万円の「X“SA3”」との違いは、オート格納式ドアミラーとオートエアコン、SRSサイドエアバッグ、キーフリーシステム、シートヒーター。サイドエアバッグ以外は、いわゆる快適装備だ。

ステレオカメラとソナーセンサーを組み合わせた「スマートアシスト V」を搭載することで、新たに、歩行者を検知する自動ブレーキ(AEB)に、車線逸脱警報機能、後方誤発進抑制制御機能、オートハイビームを搭載。既存のブレーキアシストについても対応する作動車速域が広がっている。また、横滑り防止装置にトラクションコントロール、LEDヘッドライトまで備わっており、「安全のために、今どきなら、これくらい欲しいよね」と思うものが揃っている。ちょっと驚きの内容だ。また、メーターが表示する数字やスイッチ類も大きい。ここまでメーターの見やすいクルマはない! というほど。メーター類の視認性は抜群だ。

スマートアシストVの新機能のひとつに、後方誤発進抑制制御機能がある。また、ブレーキアシストや緊急ブレーキについても対応車速域が広がっている

走らせてすぐに気づいたのは、アクセル操作に対するレスポンスがよいこと。ほんのわずかな操作にも、クルマはしっかりと反応して、即座に加速に移る。ブーンとCVTによってエンジン回転が上がるのを待つ時間はない。時速60qほどで流す街中では、きびきびとしており、力不足を感じない。また、パワートレインの静粛性もなかなかのものであった。高速道路にミライースを持ち込むと、さらに好印象が強まる。流れに乗り遅れることもないし、直進性もまずまず。そして、最大の美点は乗り心地だ。低速から、高速域まで、ピョコピョコとした上下の動きが抑えられている。もうひとつ2つ上の車格を思わせるフラットさであった。

カタログスペック上は特徴に欠けるパワーユニット。だが、レスポンスや加速は十分で、街中から高速道路まで余裕でこなセルポテンシャルがある

もちろん気になった点もある。室内の質感は、先代よりは向上したかもしれないが、やはりベーシックレベル。遮音も軽自動車なり。特に高速道路では、大きくなったパワートレインの音などが、相当に入ってくる。全体としての質感は高いとは言えない。

初代ミライースよりも向上しているが、室内の質感は価格相応。遮音も高速域ではいまいち

初代ミライースよりも向上しているが、室内の質感は価格相応。遮音も高速域ではいまいち

しかしよいところと悪いところを並べてみれば、クルマとして大切なところがちゃんとしている。音や振動、室内の質感はそこそこだが、走りはなかなかよかった。パワーもあるし、乗り心地も悪くない。しかも燃費は素晴らしい。室内の広さも十分にある。それでいて、最新の運転支援システムも揃っている。贅沢ではないが、走りと安全はグッド。なんとも生真面目というか硬派なクルマであった。

エンジンのレイアウトを見直し室内空間が拡大。特に後席のレッグスペースが広がっている

エンジンのレイアウトを見直し室内空間が拡大。特に後席のレッグスペースが広がっている

贅沢なクルマではないが、走りや乗り心地、燃費、安全装備など現在のクルマとして大切な要素に注力されている。ベーシックカーの王道だろう

鈴木ケンイチ

鈴木ケンイチ

新車のレビューからEVなどの最先端技術、開発者インタビュー、ユーザー取材まで幅広く行うAJAJ(日本自動車ジャーナリスト協会)会員。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
連載最新記事
連載記事一覧
2017.8.19 更新
ページトップへ戻る