話のネタになる最新ITニュースまとめ
話のネタになる最新ITニュースまとめ

ポルシェが乗り放題&乗り換え自由の月額制サービスを発表。車も定額制の時代へ突入か?

「話のネタになる最新ITニュースまとめ」は、主に海外のIT業界で先週話題になったニュースを紹介する連載です。知っておいて損はない最新情報から、話のネタになりそうな事柄まで、さまざまなニュースをお届けしていきます。

ポルシェが乗り放題&乗り換え自由の月額制サービスを発表

高級自動車メーカーのポルシェが、アメリカ・ジョージア州のアトランタで乗り放題、乗換え自由の月額制サービス「ポルシェ・パスポート」を発表しました。乗車できる車種の数が違う2つのコースが用意されており、2017年11月からスタートします。

憧れの高級車に乗り放題の月額制サービス「ポルシェ・パスポート」(画像はポルシェより)

憧れの高級車に乗り放題の月額制サービス「ポルシェ・パスポート」(画像はポルシェより)

アトランタで始まった「ポルシェ・パスポート」は、最大22台の自動車を乗り換え自由、走行距離制限なしの月額制サービス。月額料金の中には、自動車税/自動車保険/登録料/メンテナンス代が含まれており、クリーニング専門のコンシエルジュが個別につきます。

「ポルシェ・パスポート」で用意されているのは「ローンチ」と「アクセレイト」という2つのコース。「ローンチ」は、月額2000ドル(約220,000円)で「718ボクスター」「ケイマンS」「マカンS」「カイエン」など8台の自動車を利用可能。「アクセレイト」は、月額3000ドル(約330,000円)で「ローンチ」の8台に加えて「ポルシェ911カレラS」「パナメーラ4S」「マカンGTS」「カイエンS Eハイブリッド」など合計22台の自動車を利用できます。

2つのコースに車種以外の違いは設けられていません。会員になるには入会料500ドル(約56,000円)と審査が必要になります。ユーザーがスマートフォンの専用アプリから利用したい自動車と希望の場所を選択すれば、その場所まで配車してくれ、違う車種に乗り換えるのも自由です。

「ポルシェ・パスポート」は、テストプログラムの位置づけで、アトランタでの結果次第で他都市への展開も予定しているとのこと。アメリカでは、キャデラックやGMといった高級自動車メーカーが月額制の乗り放題サービスを展開しており、ポルシェもそれに続く形です。

日本では、中古車販売事業者などによる定額制のカーリースサービスがありますが、特定の自動車のリース料金を毎月払うという形。ただし、今回のようなサブスクリプション型のサービスがないのかというとそうではありません。中古車販売のガリバーを経営するIDOMは、保険や税金込みで乗り換え自由(最短90日)の「NOREL」というサービスを展開しています。

こういったサービスが受け入れられれば、自動車もNetflixやHuluのような定額制サービスで利用する形態が増えるかもしれません。“若者の車離れ”という言葉がメディアで取り上げられる中、こういった取り組みにも注目したいところです。

ソース:ポルシェ

iPhoneからパスワードを盗む方法が発見され専門家が警告

iPhoneを使用していると、Apple IDのパスワード入力を促すシステムダイアログが表示されることが多々あるのですが、偽物のシステムダイアログを意図的に表示してパスワードを盗む方法が存在すると専門家が警笛を鳴らしています。

Apple IDのパスワードを入力するシステムダイアログ(iTunes Storeへのサインイン)は、アプリ内でアイテムを購入するときや、アプリからiCloudにアクセスする必要があるときなどに表示されます。iPhoneユーザーからすれば、Apple IDのパスワードを入力するのは毎度のことなのですが、システムダイアログを偽装して偽物を表示させる方法が存在します。

ダイアログボックス経由でのパスワード流出の危険性に警告しているのは、アプリ制作支援のオープンソースツール「fastlane」をTwitterやGoogleに提供する企業「fastlane.tools」の創業者、フェリックス・クラウド氏。同氏は偽装する方法については明かしていないものの、偽のダイアログボックスをアプリに組み込むことは非常に簡単で、しかも本物に酷似しているため、見ただけでは偽物かどうかを見抜くのは難しいとしています。

左が本物で右が偽物のダイアログボックス。見た目の違いはまったくありません

左が本物で右が偽物のダイアログボックス。見た目の違いはまったくありません

見た目に違いはなくても、偽物かどうかを見破る方法はあります。それは、システムダイアログが表示されたらホームボタンを押してみること。ホームボタンを押してもシステムダイアログが表示されたままだったら本物で、反対に閉じてしまったら偽物です。表示させているのは、システム上のプロセスでありアプリに依存しておらず、本物のシステムダイアログはホームボタンを押しても閉じないというわけです。ただし、ホームボタンを押して消えないのはiTunes Storeへのサインインを求めるシステムダイアログボックスのみです。

App Storeでアプリを出品するためには厳しい審査を受ける必要があり、このような悪意のあるアプリがApp Storeに出回ることはないと思われがちですが、なんらかの方法で審査をすり抜けているアプリは存在します。

もちろん、アップルも対策を施しており、違反を犯したアプリをApp Storeから削除するよう徹底しています。システムダイアログの件についても、なんらかの対策が講じられると思われますが、不審なアプリがシステムダイアログを表示したときは、とりあえずホームボタンを押して確認するのがよさそうです。

ソース:Felix Krause

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」最新予告編公開、新キャラ“ポーグ”が人気過ぎてネットでコラ祭りに発展

2017年12月15日、期待のシリーズ最新作「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」が全世界で公開されます。10月9日に第2弾となる予告編が公開されたのですが、そこに登場した新クリーチャー“ポーグ”が海外のインターネットで話題になり、コラ画像やファンアートが多数投稿されるなど大きな盛り上がりを見せました。

これが話題になったポーグ。予告編に映ったのは数秒だけですが、早くも海外ネットユーザーの心をつかんだようです

スター・ウォーズ公式サイトによれば、ポーグは鳥のようなクリーチャーで、エピソード7の最後でルークとレイが出会った島に生息しています。本編でどんな活躍を見せてくれるのかはわかりませんが、とにかく見た目のかわいさが多くの人をひきつけた模様。Twitterには熱狂的ファンにより「ポーグ」のファンアートやコラ画像が多数投稿されており、その一部を紹介します。

最新ポスターでフードをかぶったルーク・スカイウォーカーがポーグに。銀河の未来はポーグにゆだねられた?(画像はdarth:より)

こちらは登場人物すべてがポーグ。もうむちゃくちゃです(画像はLolo de Sparteより)

こちらは登場人物すべてがポーグ。もうむちゃくちゃです(画像はLolo de Sparteより)

ロサンゼルス・ドジャース所属のコディ・ベリンジャー選手のスーパーキャッチに驚くポーグ。ちなみに、このツイートは「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」のライアン・ジョンソン監督までリツイートしていました(画像はThe Ringerより)

ムンクの「叫び」までポーグに(画像はGAME Westwood Crossより)

ムンクの「叫び」までポーグに(画像はGAME Westwood Crossより)

ポーグの登場を温かく迎えるユーザーがいるいっぽうで、新三部作で不人気だったジャー・ジャー・ビンクスの再来かと心配するユーザーもいました。どのような立ち位置のキャラクターか、本編で確認したいところです。

水川悠士(編集部)

水川悠士(編集部)

最新ガジェットとゲームに目がない雑食系ライター。最近メタボ気味になってきたので健康管理グッズにも興味あり。休日はゲームをしたり映画を見たりしています。

関連記事
ページトップへ戻る