バイク野郎 増谷茂樹の二輪魂
排気量がはるかに高いマシンにも負けない、楽しい走りを実現

感嘆するほどの“モンキーらしさ”にすぐれた走行性能をプラス!「モンキー125」の完成度を見よ!!

2017年、50周年の節目に惜しまれつつも長い歴史に幕を下ろしたホンダ「モンキー」が、シリーズ初の原付二種モデルとして復活を遂げた。「モンキー125」は果たしてモンキーとしての魅力を継承しているのか? いくつかの歴代モンキーに試乗してきた筆者が、乗り味を確かめてみた。

排気量125ccのモンキーが開発された理由とは?

ホンダがかつて運営していた、モータースポーツをテーマとしたレジャー施設「多摩テック」の遊具として開発された「Z100」から始まった「モンキー」。正確にはZ100は原点であり、Z100を進化させた「CZ100」が輸出モデルとして1963年にリリースされ、あまりにも評判がよかったことから1967年に日本国内で発売された「Z50M」が、モンキーの初代モデルとなる。その後、タイヤ径の拡大やリア・サスペンションの装備などによって走行性能を向上させるといったブラッシュアップが続けられ、多くのバリエーションモデルが登場したものの、排気量は一貫して50cc。モンキーのエンジンのベースとなった「スーパーカブ」には70ccや90ccモデルが存在したことを考えると、排気量を大きくしたモデルを作ることは難しくはなかったはずだが、50年間50ccのままだったのは、自動車の普通免許で乗れる手軽さ、つまり、“レジャーバイクとして多くのユーザーに乗ってもらいたい”というホンダの想いの表れだったのではないだろうか。

小径タイヤに横型エンジンを搭載した、その後の「モンキー」シリーズの源流となった「Z100」

小径タイヤに横型エンジンを搭載した、その後の「モンキー」シリーズの源流となった「Z100」

1967年に日本国内で発売された、初代モデル「Z50M」

1967年に日本国内で発売された、初代モデル「Z50M」

燃料供給を電子制御のインジェクション(PGM-FI)に改めるなど、2009年に50ccモンキーとしては最後の大きなモデルチェンジを行った「JBH-AB27」。このモデルが2017年まで発売された

<関連記事>50ccモンキーの歴史を振り返りつつ、「モンキー・50周年スペシャル」に試乗

デザインを継承しつつパワーや質感を向上させた「モンキー125」

そんな50ccモンキーの歴史は2017年に終幕し、2018年に新たに登場したのが排気量125ccの「モンキー125」だ。レジャー系モデルという位置付けは変わらないものの排気量が拡大されたのは、モンキー125がグローバルモデルとして販売することを視野に入れているためだろう。50cc以下の排気量区分は日本国内にしか存在しないことを考えると、世界市場でリリースするなら世界的に普及している125ccにしたほうがいいのは確か。また、日本国内でも普通免許で乗れる排気量の区分を多くの国にならって原付二種までにするという動きもあり、このような背景が125ccモンキーの誕生につながったと思われる。もちろん、半世紀前とは交通事情も大きく変化していることからも、排気量を拡大することは理にかなっていると言えるだろう。

なお、排気量の向上にあわせ、50ccモンキーよりも車体サイズはふた回りほどアップ。ホイールサイズも8インチから12インチに拡大したが、歴代シリーズのイメージはしっかりと継承されている。それでいて、デザインの上質さは歴代トップクラスかもしれない。各パーツのフォルムや質感が絶妙で、完成度は相当なものだ。正直、ここまで見惚れるほどの外観に仕上げてくるとは思わなかったので、かなり感心した。

「モンキー125」のサイズは1,710(全長)×755(全幅)×1,030(全高)mm。2017年に発売された「モンキー・50周年スペシャル」は1,365(全長)×600(全幅)×850(全高)mmだったので、大きくはなったが、モンキーらしさは損なわれていない

質感が非常に上質で、ていねいな塗装や発色のよさが目を引くが、決して派手ではなく、上品な仕上がり

質感が非常に上質で、ていねいな塗装や発色のよさが目を引くが、決して派手ではなく、上品な仕上がり

ヘッドライトやウインカーの形状は従来モデルのイメージを継承しているが、LEDを採用

ヘッドライトやウインカーの形状は従来モデルのイメージを継承しているが、LEDを採用

テールライトもLEDだが、レトロなスタイルに仕上げられている

テールライトもLEDだが、レトロなスタイルに仕上げられている

フロントフォークやライトのステーもボディと同色。クロームメッキのフェンダーも美しい

フロントフォークやライトのステーもボディと同色。クロームメッキのフェンダーも美しい

歴代モデルと形状は似ているガソリンタンクだが、キャップがエアプレーンタイプになるなど、今風のスペックに進化している。なお、メーカーロゴは旧タイプのウイングマークに! 全体のレトロな雰囲気とマッチしたセレクトだ

丸型のメッキケースに収められたメーターはデジタル表示。タコメーターはないが、回転数を気にせずのんびり走るモンキーのキャラクターと合っている

ちなみに、モンキー125のフレームやエンジンは、125ccクラスの人気モデル「グロム」をベースにしている。4速のミッションや12インチのホイール、倒立式のフロント・サスペンションもグロムと共通のものを採用しているが、リアまわりのフレームはモンキー125専用の設計となっており、2本のリア・サスペンションを装備(グロムは1本)。走行性能にすぐれたグロスをベースとしているあたり、モンキー125の走りも期待できそうだ。

グロムの外観イメージはモンキー125とまったく異なるが、基本骨格など多くの部分を共有している

グロムをベースとした空冷エンジンだが、モンキーのイメージも崩さない造形。エンジンの上に大きめのプラスチック製ボックスを装備しているのが視覚上の大きな違いだ

倒立式のフロントフォークに12インチのキャストホイール、そしてABS付きのディスクブレーキを装備

倒立式のフロントフォークに12インチのキャストホイール、そしてABS付きのディスクブレーキを装備

リア周りのフレームは専用設計とされ、2本タイプのサスペンションを搭載。スイングアームも従来からのイメージに沿ったパイプ式となっている

メッキタイプのガードを装備したマフラーは、排気量に合わせて容量が大きなものに変更。排気音は抑制されている

大きくなっても走りは「モンキー」

デザインはモンキーらしさを損なわない仕上がりだが、もっとも興味があるのは乗り味がどのように変わったのか、ということだ。エンジンのパワーが向上したので流れにも乗りやすく、加速もよくなっているのは間違いないだろうが、その分、一般的なバイクのように“スピードを出して楽しむ”ようなスタイルになってしまってはモンキーとは言えない。期待と不安を抱きつつ、試乗してみた。

身長175cmの筆者がまたがっても、車体サイズが大きくなったので50ccモデルよりもゆったりとした印象。車体バランスもよくなっているようだ

エンジンを始動させる方式は、キックスターターから現代的なセルフスターターになっていた。キックスタートでなくなることを残念に思う人もいるかも知れないが、右手のボタンを押すだけで始動できるのはやはり便利だ

クラッチをつないで走り出したところ、100mほど走っただけで「これはモンキーだ!」と思わず口走ってしまった。歴代のモンキーシリーズは、ノーマルの状態ではトコトコと歩くようなフィーリングで加速していく。排気量が拡大しても、こうしたモンキーらしい乗り味は健在なのだ。それでいて、幹線道路の流れにも遅れをとることなく乗ることができる。これは排気量が125ccにアップしたことにより、最高出力が従来の3.4PSから9.4PSに、最大トルクが3.4Nmから11Nmに向上したおかげだろう。しかも、おもしろいことに、スムーズに走行しながらトコトコというフィーリングが続いているのだ。アクセルを大きめに開けてエンジンを上まで回せば、交通の流れをリードするような走りもできるが、低中速での乗り味が気持ちいいので、スピードはそれほど出さなくても十分楽しい。

飛ばそうという気にならないほど、実用域である低中速のフィーリングがいい。ヘルメットの中で思わずニヤけてしまうほどの気持ちよさだった

乗っていて感心したのは、シートの座り心地。座面が大きく、クッション性や絶妙なコシがあるので、長時間乗っても疲れない。しかも、リアタイヤのトラクションも十分感じられる

そして、コーナリングでも125ccになったからこその味わいを多大に感じられた。50ccモンキーは、8インチの小径ホイールとコンパクトな車体サイズだったこともあり、小回りが効き、取り回しはすぐれていたが、正直なところ、コーナーでのフィーリングを語るようなバイクではなかった。いっぽう、モンキー125は、前後ディスク化されたブレーキをかけてフロントフォークを沈ませ、タイヤのラウンド形状を感じながら寝かし込むというバイクらしい走りができるので、ワインディングを流しても気持ちがいい。ついでに言えば、その状態からアクセルを開けるとリアタイヤがトコトコと地面を蹴るトラクションを感じるので、そのままコーナーを立ち上がっていく感じが最高だ。しかも、その気持ちよさが低い速度域で味わえるので、街中のせまい交差点を曲がるだけでもいちいち楽しい。

寝かせて行くのが気持ちいいコーナリングのフィーリングは、50cc時代のモンキーにはなかったもの。その気になれば結構攻められそうだ

立ち上がりでアクセルを開けていくところがもっとも気持ちいい。その快感は、速度域に関係なく味わうことができる

試乗を終えて

モンキー125に乗る前に感じていた不安は、試乗で見事に打ち砕かれたほど、乗り味は“正しくモンキー”であった。それに加えて、排気量や車体を大きくしたパワーと安定感で走行性能は向上し、普通にバイクとしても優秀。とはいえ、そもそも人気の高かったモンキーに排気量向上は必要だったのか? と思われるかもしれないが、モンキーファンであればご存知なように、50ccモンキーはカスタムパーツを用いて非力なエンジンをパワーアップさせている人もかなりいる。しかし、キャブレターやマフラー、ブレーキ、ホイール、フロントフォーク、リア・サスペンションなどのパーツを交換していくと、かなりの費用がかかってしまううえに、カスタマイズするとモンキーらしいトコトコと歩くようなフィーリングが損なわれてしまい、結局はノーマルに戻すというケースも。このような背景を考えると、モンキー125は実に理想的な進化と言えるだろう。価格は39万9000円(税別)とモンキーらしくない高さだが、カスタマイズするよりも、ずっとリーズナブル。モンキー125でなければ味わえないこの乗り味は、排気量がはるかに高いマシンに乗っている人でも1度体験するとハマってしまう楽しさだ。

増谷茂樹

増谷茂樹

カメラなどのデジタル・ガジェットと、クルマ・バイク・自転車などの乗り物を中心に、雑誌やWebで記事を執筆。EVなど電気で動く乗り物が好き。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
バイク本体・パーツのその他のカテゴリー
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る