ニュース
全長4m以下、5ナンバーの魅力的なSUVが登場

まるで“ミニRAV4”! トヨタ「ライズ」ダイハツ「ロッキー」徹底解説

2019年11月5日、5ナンバーサイズのSUVであるダイハツ「ロッキー」、トヨタ「ライズ」が発売された。ロッキーとライズは基本部分が共通化されている姉妹車で、開発と生産はダイハツが受け持つ。したがって、ライズはダイハツがトヨタに供給するOEM車ということになる。

2019年11月5日に発売された5ナンバーサイズのコンパクトSUV、ダイハツ「ロッキー」(左奥)とトヨタ「ライズ」(右手前)

■ダイハツ「ロッキー」のグレードラインアップと価格
L:1,705,000円[2WD]/1,944,800円[4WD]
X:1,848,000円[2WD]/2,086,700円[4WD]
G:2,002,000円[2WD]/2,224,200円[4WD]
Premium:2,200,000円[2WD]/2,422,200円[4WD]

■トヨタ「ライズ」のグレードラインアップと価格
X:1,679,000円[2WD]/1,918,800円[4WD]
X“S”:1,745,000円[2WD]/1,984,800円[4WD]
G:1,895,000円[2WD]/2,133,700円[4WD]
Z:2,060,000円[2WD]/2,282,200円[4WD]

ダイハツ「ロッキー」のフロントエクステリア

ダイハツ「ロッキー」のフロントエクステリア

ダイハツ「ロッキー」のリアエクステリア

ダイハツ「ロッキー」のリアエクステリア

トヨタ「ライズ」のフロントエクステリア

トヨタ「ライズ」のフロントエクステリア

トヨタ「ライズ」のリアエクステリア

トヨタ「ライズ」のリアエクステリア

ボディサイズはロッキーもライズも同じで、全長3,995mm、全幅1,695mm、全高1,620mm。トヨタ「C-HR」やホンダ「ヴェゼル」などのコンパクトSUVは全幅が1,700mmを超える3ナンバー車だが、ロッキーやライズは全幅が1,695mmと、5ナンバーサイズに収まっている。また、全長はC-HRが4,360mm、ヴェゼルが4,330mmに対して4m以内というのも特徴的だ。ロッキー、ライズの全長は、C-HRやヴェゼルと、スズキ「クロスビー」(全長 3,760mm)とのちょうど中間に位置するサイズだ。最小回転半径は、16インチタイヤ装着車が4.9m、17インチタイヤ装着車でも5.0mと小回り性能にすぐれている。混雑した市街地や、狭い駐車場などでも取り回ししやすいだろう。

コンパクトボディで、車体の感覚がつかみやすいロッキー、ライズは、狭い路地などでも運転しやすい

コンパクトボディで、車体の感覚がつかみやすいロッキー、ライズは、狭い路地などでも運転しやすい

ボディスタイルは水平基調で、四隅の位置がわかりやすく運転しやすい。最低地上高は185mmと余裕があり、多少の悪路であれば乗り越えられる高さに設定されている。また、着座位置も路面から665mmと高めだ。乗降時に腰の移動量が少ないので、乗り降りしやすい。

ダイハツ「ロッキー」の外観イメージ

ダイハツ「ロッキー」の外観イメージ

ロッキー、ライズはFFベースのシティ派SUVに分類されるが、ボディスタイルは最低地上高に余裕を持たせた影響もあってオフロードSUVのイメージが強い。この外観は、全長とホイールベースのバランスも関係している。全長は3,995mmに抑えられているが、ホイールベースは2,525mmと長い。そのため、オーバーハングが短く詰められていて、塊感のある外観が与えられている。

ダイハツ「ロッキー」のフロントフェイス

ダイハツ「ロッキー」のフロントフェイス

トヨタ「ライズ」のフロントフェイス

トヨタ「ライズ」のフロントフェイス

トヨタ「ライズ」とフロントフェイス周りの比較画像として、トヨタ「RAV4」

トヨタ「ライズ」とフロントフェイス周りの比較画像として、トヨタ「RAV4」

ロッキーとライズで異なるのが、フロントフェイスだ。どちらも、ボディ全体の塊感あるデザインと相まってオフロードSUVのたたずまいを見せるが、ライズのフロントフェイスはRAV4にも似た印象を受ける。

ダイハツ「ロッキー」のインテリア

ダイハツ「ロッキー」のインテリア

ロッキー、ライズのインテリアは、コンパクトSUVとして満足できるものだ。インパネは立体的にデザインされており、スイッチ類の操作性もすぐれている。両車ともに、メーカーオプションで9インチの「ディスプレイオーディオ」が用意されている(オプション価格は、ロッキーが9万9,000円/ライズは9万7,800円)。ATレバーは、前後へストレートに動かす一般的なタイプなので、誰でも操作しやすい。収納は、特筆して多いわけではないが、実用的には十分だろう。

ダイハツ「ロッキー」の「G」「X」グレードのフロントシートとリアシート

ダイハツ「ロッキー」の「G」「X」グレードのフロントシートとリアシート

フロントシートは、中級から上級グレードになるとレッドのパイピングが施されてオシャレな仕上がりになる。シートは設計が新しく、体重が加わる腰から大腿部にかけてしっかりと体を支えてくれるものだ。背もたれの高さや、座面の奥行も十分に確保されている。

5ナンバーのコンパクトSUVとあって、リアシートは足元空間が少し狭い。身長170cmの大人4名が乗車して、リアシートに座る乗員の膝先空間は握りコブシひとつ半とやや狭く感じる。だが、床と座面の間隔は十分に確保されており、リアシートに座る乗員の腰が落ちこんだり、足が前方へ投げ出されるようなことはない。フロントシート下に足が収まりやすく、広々感は乏しいが大人4名の乗車は可能だ。座面の造りも悪くない。

ラゲッジボードは2段構造になっており、フラットで出し入れしやすい上段(上画像)とたくさん積み込める下段(した画像)で使い分けることができる

ラゲッジボードを取り外すことで、背の高い荷物も収納可能だ

ラゲッジボードを取り外すことで、背の高い荷物も収納可能だ

ラゲッジルームの容量は、全長が4m以下のSUVとしては広い。リアシートを立てた状態でのラゲッジルームの奥行は755mm、荷室幅は1,000mmになる。ラゲッジルーム下にはアンダーボックスも備わっており、ボードをはずすことで荷室高を拡大できる。

エンジンは、直列3気筒1Lターボを搭載する。最高出力は98PS(6,000rpm)、最大トルクは14.3kg-m(2,400〜4,000rpm)。この動力性能を、ターボを装着しないノーマルエンジンに当てはめると1.5Lに相当する。この1Lターボエンジンはダイハツ「トール」やトヨタ「ルーミー」に採用されているもので、実用回転域ではエンジンノイズや振動がやや大きめなのだが、ロッキー、ライズでは運転感覚を洗練させているようだ。

トランスミッションには、「DNGA(Daihatsu New Global Architecture)」から採用されている、CVTにギヤを組み合わせた「D-CVT」が搭載されている。CVTのベルト駆動に加えて、ギヤ駆動を組み合わせることで伝達効率を向上。加速性能と省燃費性、静粛性を向上させていることは、すでに発売済みの新型「タント」で実証されているものだ。駆動方式は、FFの2WDと4WDが用意されている。4WDは、電子制御の多板クラッチで駆動力を前後輪に振り分ける。また、降雪時の坂道発進などで前輪が滑りやすい状態では、後輪に最大50%の駆動力が伝えられる。カタログに記載されている燃費(WLTCモード)は、2WDが「18.6km/L」、4WDは「17.4km/L」だ。

トヨタ「ライズ」の走行イメージ

トヨタ「ライズ」の走行イメージ

プラットフォームは、DNGAの考え方に基づくタイプが採用されている。基本的な構造はダイハツ「タント」に採用されたタイプに近いが、プラットフォームそのものが異なる。DNGAには軽自動車用、全幅が1,695mm以下の小型車用、全幅が1,750mm以下の3ナンバー車用があり、ボディサイズに応じて使い分けられる。ロッキー、ライズには小型車用のものが使われている。

安全装備では、緊急自動ブレーキが注目される。2個のカメラと4個のコーナーセンサーによって歩行者と車両を検知し、緊急自動ブレーキを作動させる。誤発進抑制機能は、前進と後退の両方に対応した。

また、中級〜上級グレードには「全車速追従機能付アダプティブクルーズコントロール」や、車線の中央を走れるように操舵を支援する機能も備わる。パーキングブレーキが電動式ではなくレバー式だから、追従停車した後、自動的にパーキングブレーキを作動させることはできない。数秒後には徐行を開始するので、追従停車後にはブレーキペダルを踏む必要がある。この点は注意したいが、長距離移動は快適になる。

このほか、ドライバーの死角に入る後方の並走車両を検知する「ブラインドスポットモニター」、後退しながら車庫から出る時などに左右方向から近づく車両を警報する「リヤクロストラフィックアラート」などの安全装備も用意されている。

グレードは、ロッキー、ライズともに4種類が設定されている。2WDと4WDは、全車で選ぶことが可能だ。グレードごとの違いは、16、17インチのタイヤサイズを含めた装備内容の違いになる。グレード選びの条件としては、前述の「ブラインドスポットモニター」と「リヤクロストラフィックアラート」のセットオプション(オプション価格は両車とも6万6,000円)を装着できるかどうかだろう。この2つの安全機能は、安全性を高めるために必ず付けておきたい。そうなると、ロッキーは「X」「G」「プレミアム」、ライズは「G」「Z」のいずれかのグレードになる。

ロッキーの推奨グレードはG(222万4,200円/4WD)で、全車速追従型クルーズコントロールなども備わる。また、最上級のプレミアム(242万2,200円/4WD)には、ファブリックとソフトレザー調のシート表皮も採用されている。これはロッキーならではの素材だから、プレミアム感覚を求めるならば検討したいところだ。

ライズでは、全車速追従型クルーズコントロールなどが装着されるのはZ(228万2,200円/4WD)のみだ。したがって、Zグレードを推奨する。ライズ Zの基本装備はロッキー Gと同じだが、ライズ Zには本革巻きステアリングホイールなどが装着される。その分だけライズ Zの価格は、ロッキーGに比べて5万8,000円高い。

ロッキー、ライズはSUVでありながら5ナンバーのボディサイズで運転がしやすく、外観はオフロードSUVらしさにあふれており、コンパクトSUVとは思えないような迫力あるデザインに仕上げられている。これなら見栄えがよく、趣味と実用性とのバランスも取れており、手ごろな価格で手に入りやすい。今後は、販売ランキングの上位にランクインしてきそうな、魅力ある人気車になることだろう。

渡辺陽一郎

渡辺陽一郎

「読者の皆様に怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も大切と考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心掛けるモータージャーナリスト

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン タイムセール
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る