イベントレポート
購入しやすい価格のモデルから豪華な内装のキャブコンまで紹介!

車中泊に特化したシンプルなモデルや軽キャンパーが人気!「キャンピングカーショー2020」レポート


2020年1月31日(金)〜2日2日(日)に開催された「キャンピングカーショー2020」。ここ数年、このイベントをウォッチしている筆者が、300台を超えるキャンピングカーの中から注目モデルを紹介する。

【この記事も見ておきたい!】
内装や維持費のことも! 購入前に知っておきたいキャンピングカーの基本

車中泊デビューに最適! 必要最小限の機能に絞ったシンプルモデル

キャンピングカーというと、一般的に、キッチンやトイレなどを装備した豪華なモデルがイメージされるが、近年は、車中泊人気の高まりから、車内で就寝することだけに機能を絞ったモデルが増加中。温泉施設などが全国にあり、安全に使えるトイレなども多い日本国内では、生活のすべてを車内で完結させなくても比較的快適に過ごせるため、こうしたシンプルなモデルが増えているのだ。もちろん、その分、車体価格は抑えられるので購入しやすいというメリットもある。

フロット・モービル「シュピーレン」

トヨタの商用車「ライトエース」をベースとした「シュピーレン」は、泊まった時だけでなく、日常での使い勝手にも配慮が感じられる。ワンボックスカーながら長さと幅はトヨタのコンパクトカー「アクア」よりも小さく、日常の買い物などにも使いやすい。高さも2m以下なので、立体駐車場に入れることも可能だ。シートレイアウトは3〜5名乗車まで、家族の人数に合わせて選べる。

車体サイズは4,045(全長)×1,665(全幅)×1,900(全高)mmと、見た目以上にコンパクト。2WDと4WD、ATとMTなどさまざまな選択肢が揃っており、価格も比較的リーズナブル。3名乗車の2WD MT仕様は268万円(税別)〜

3名乗車の「1人掛けバタフライシート仕様」。家具などを写真の仕様にすると314万6,000円(税別)となる

3名乗車の「1人掛けバタフライシート仕様」。家具などを写真の仕様にすると314万6,000円(税別)となる

3名乗車だが、展開して作られたベッドの就寝人数は2名

3名乗車だが、展開して作られたベッドの就寝人数は2名

2列目のシートを展開させずにうしろ向きにし、テーブルを設置すれば、ちょっとくつろげる空間ができる

2列目のシートを展開させずにうしろ向きにし、テーブルを設置すれば、ちょっとくつろげる空間ができる

日産ピーズフィールドクラフト「ピーズ リラクス」

日産の商用車「NV200 バネット」をベースとした「ピーズ リラクス」は、上で紹介した「シュピーレン」のベース車、トヨタ「ライトエース」より車体サイズは少し大きいものの、基本的に同クラスなので家族で共有しやすい。リアシートを対面させ、その間にテーブルを設置することで、リビングのようなスペースを作ることも可能。シートを倒してベッドにすれば、2名就寝できる。

車体サイズは4,400(全長)×1,695(全幅)×1,850(全高)mmで、5名乗車が可能。価格は、写真の仕様で272万2,364円(税別)となる

シートを展開すると、フラットなスペースが1,800×1,200mmもあるベッドが出現。大人2名が余裕をもって寝られる

ベッドの下には荷物を収納するスペースもある

ベッドの下には荷物を収納するスペースもある

ベッドの前側は、起こすことで移動中に座れる2列目のシートになる。うしろ向きにすることも可能

ベッドの前側は、起こすことで移動中に座れる2列目のシートになる。うしろ向きにすることも可能

NONIDEL「BASE CAMP SOLO+」

NONIDELには、すでに1名就寝の「BASE CAMP SOLO(ベースキャンプソロ)」というモデルがあるが、大人2人で寝られるモデルを求める多くの声を受け、新たに2名就寝の「BASE CAMP SOLO+」を追加。2列目のシートはスライド量が大きく、折りたたんだ状態でめいっぱい前に出せば、自転車などを積載できるほど広い荷室が作れる。

ベース車は日産「NV200 バネット」。価格は260万円(税別)〜で、「プレミアムGX」グレードをベースとした写真の仕様は313万9,000円(税別)となる

2列目シートを前に向ければ、最大4名の乗車が可能。また、このシートはうしろ向きにすることもできる

2列目シートを前に向ければ、最大4名の乗車が可能。また、このシートはうしろ向きにすることもできる

展開したベッドは、大人2人でもゆったり快適に就寝可能

展開したベッドは、大人2人でもゆったり快適に就寝可能

ベッドの下に荷物を入れるスペースがあるほか、ベッドの上に荷物置きやテーブルになるトレーを設置することも可能だ

日産ピーズフィールドクラフト「セレナP-SV」

ベース車である日産のミニバン「セレナ」の標準シートを採用する「セレナP-SV」の最大乗車人数は8名。シートを倒して作られた就寝スペースには2名しか寝られないが、屋根にあるポップアップルーフを広げれば、さらに2名が就寝できるようになる。普段の使い勝手はそのままに、家族で車中泊できるモデルが欲しいならうってつけだ。

車体サイズは4,690(全長)×1,695(全幅)×1,980(全高)mm。ポップアップルーフを開くと車高は3,090mmとなる。価格は標準仕様が349万8,000円(税別)で、ベッドキットやサブバッテリーなども付く写真の仕様は472万円(税別)

2列目と3列目のシートを倒して就寝スペースを作る。写真のように、オプションの「アンダーベッド」(8万円/税別)を敷けば、立派なベッドに!

シートを倒しただけでは寝床が凸凹してしまうが、アンダーベッドを使えばフラットになる

シートを倒しただけでは寝床が凸凹してしまうが、アンダーベッドを使えばフラットになる

2人以上で泊まる時は、ポップアップルーフを開こう。ポップアップルーフ内で2名就寝できる

2人以上で泊まる時は、ポップアップルーフを開こう。ポップアップルーフ内で2名就寝できる

ポップアップルーフには車内からアクセス可能

ポップアップルーフには車内からアクセス可能

展示されていた「セレナP-SV」にはサブバッテリー(12万3,000円/税別)のほか、FFヒーター(17万円/税別)、遮光カーテン(10万円/税別)など充実の装備が備えられていた

工夫が光る! 見ているだけで楽しい人気の「軽キャンパー」

導入コストやランニングコストが安いこともあり、ここ数年、高い人気を継続している「軽キャンパー」。軽自動車がベースなため、限られたスペースを有効活用すべく各メーカーが工夫を凝らしているのも見どころのひとつだ。もちろん、ユーザー側にも必要な機能を見極める引き算の思考が求められる。

ホワイトハウス「N-VAN COMPO STYLE-ONE」

2019年に発売されて以来、軽キャンパーのベース車として高い人気を博しているホンダ「N-VAN」を使った「N-VAN COMPO」シリーズを展開しているホワイトハウスの中で、筆者がもっとも気になったのが「N-VAN COMPO STYLE-ONE」だ。大人2名が就寝できる空間を確保しながら、シンクも設置されており、スペースを上手に活用している。

N-BOXには複数のグレードがあるが、FUNグレードをベース車とした場合、価格は308万5,000円(税別)〜。回転シートなどのオプションを装着した写真のモデルは329万3,000円(税別)

ベッドを展開する際に、運転席をうしろ向きに回転させてスペースを確保するのは、ホワイトハウスのモデルによく見られる手法(オプション)。ちなみに、車体左側の開口部が広く、アクセスしやすいのはN-BOX本来の特徴だ

就寝スペースの後方にシンクを装備

就寝スペースの後方にシンクを装備

ユニークなのが、車体の外側に小さなテーブルとシンクを出せる構造になっていること。テールゲートが屋根代わりになるので、このスペースを活用する手法はありだろう

シンクで使う給排水用のタンクも、ベッド下のスペースを使ってうまく積載している

シンクで使う給排水用のタンクも、ベッド下のスペースを使ってうまく積載している

カスタムセレクト「ロードセレクト コンパクト」

スズキ「エブリー」をベースとしながら4名乗車4名就寝を実現した「ロードセレクト コンパクト」は、装備も豪華で、快適に泊まることができそう。サイドのキャビネットを廃して就寝スペースを広げた「ロードセレクト コンパクトS」(148万9,000円〜/税別)や、ホンダ「N-VAN」をベースとした「ロードセレクト コンパクトN」(254万2,000円〜/税別)といったバリエーションモデルも存在する。

写真の仕様は337万5,200円(税別)だが、211万9,000円(税別)というリーズナブルなグレードもある

写真の仕様は337万5,200円(税別)だが、211万9,000円(税別)というリーズナブルなグレードもある

オプションの2段ベッド(18万円/税別)を装備すれば、軽キャンパーでありながら大人4人が寝られるようになる

運転席と助手席のシートバックを前に倒し、その上にベッドの上段を展開する

運転席と助手席のシートバックを前に倒し、その上にベッドの上段を展開する

サイドにはキャビネットを装備。テレビ(9万8,000円/税別)や電子レンジ(5万8,000円/税別)などのオプションも豊富に用意されている

リアゲートのガラスは、2重にすることで断熱性が高められたアクリルウィンドウ(19万8,000円/税別)。結露防止のファン(4万9,800円/税別)もラインアップされている

ATV群馬「ルートライダー」

1950年代のフォード「COE」をモチーフにした本モデルは、ベース車である日産「NV100」の面影がまったくない仕上がり。レトロな外観だが、カロッツェリアのカーナビ「サイバーナビ」を搭載し、インターネット接続もできるようになっている。

国産車に見えないスタイリングが目を惹く。4名乗車、2名就寝となっている。価格は249万5,000円で、展示車のみの限定販売

内装はシンプルだが厚みのあるマットを使っており、寝心地はかなりよさそう。ベッドのマットは分割してラゲッジスペースに収まる

天井にはラックも装備。中央のフリップダウンモニターもカロッツェリア「サイバーナビ」のものでYouTubeなども楽しめるという

MDNマドンナ「車中泊ベッドキット」

完成車ではなく、ベッドキットを購入し、自分で設置して車中泊スタイルにするという方法もある。MDNマドンナ「車中泊ベッドキット」は、リアシートを折りたたんだスペースに設置するだけと、超カンタン。ダイハツ「アトレーワゴン」用とスズキ「エブリー」用のベッドキットがラインアップされている。

ダイハツ「アトレーワゴン」に「車中泊ベッドキット」を設置した様子。価格は13万8,000円(税別)

ダイハツ「アトレーワゴン」に「車中泊ベッドキット」を設置した様子。価格は13万8,000円(税別)

車種に合わせた専用設計なので、細部までピッタリフィットする。4分割されたベッドを並べるだけなので、準備や片付けにもそれほど手間はかからない

やっぱり憧れちゃう! 豪華なキャンピングカー

最後は、キャンピングカーらしい豪華なモデルを紹介しよう。海外製のベース車を日本国内でも使いやすいように仕立てたモデルや、豪華な内装のバンコンなど「いつかは乗りたい」と思わせられる車種ばかりだ。

バンテック「V670」

キャブコンと呼ばれる豪華なキャンピングカーの中で、多くの注目を集めていたのがバンテック「V670」。海外製キャンピングカーによく用いられるフィアット「デュカト」という車両をベースにしたモデルを同社は多数展開しているが、V670は日本向けの仕様となっているのがポイント。たとえば、輸入モデルでは入口が右側に付いているのに対し、V670は左側となっており、日本国内の交通事情を考慮した作りになっている。

車体サイズは6,700(全長)×2,250(全幅)×2,750(全高)mmで、価格は1,400万円(税別)

車体サイズは6,700(全長)×2,250(全幅)×2,750(全高)mmで、価格は1,400万円(税別)

運転席と助手席を回転させれば6人でテーブルを囲めるリビングスペースを完備

運転席と助手席を回転させれば6人でテーブルを囲めるリビングスペースを完備

車体の後部には2人が車体に対して横向きに寝られるベッドを装備。乗車定員は6名で、就寝定員は4名

車体の後部には2人が車体に対して横向きに寝られるベッドを装備。乗車定員は6名で、就寝定員は4名

ここまで紹介したモデルとは異なり、車内で立って過ごせる。シンクで洗いものもしやすい

ここまで紹介したモデルとは異なり、車内で立って過ごせる。シンクで洗いものもしやすい

トイレも装備されているので、車内で暮らすことができる

トイレも装備されているので、車内で暮らすことができる

セカンドハウス「グレイス プレミアム」

トヨタ「ハイエース」の中でもスーパーロングのワイドボディとハイルーフを備えた、もっとも大きな車体をベースとした「グレイス プレミアム」の内部は広く、立って歩くこともできる。レザー素材などを多用したラグジュアリーな室内はホテルの一室のような仕上がりだ。

車体サイズは5,380(全長)×1,880(全幅)×2,285(全高)mm。価格は標準仕様が498万円(税別)で、写真のようなブラックカラーや寒冷地仕様のヒーターを装備した仕様は576万1,000円(税別)となる

車内とは思えないほど広々とした室内。ホワイトとブラックで仕上げられ、質感も高い

車内とは思えないほど広々とした室内。ホワイトとブラックで仕上げられ、質感も高い

座り心地のよさそうなレザーのソファは、ベッドに展開可能。乗車定員は9名で、就寝定員は大人2名+子ども3名となっている

キッチンには、電子レンジや冷蔵庫も装備。キャビネットなどの角がすべて丸くされているのは、車内で移動する際に引っかからないようにという配慮だ

かーいんてりあ高橋「リラックスキャビン」

最後に紹介するモデルは、先代のトヨタ「プリウス」に見慣れないものが載った「リラックスキャビン」。実は、上部に載っているのはFRP製のシェルで、この中にベッドが造り付けてある。ハイブリッド車で、大容量のバッテリーを積んでいるため、エンジンをかけなくても1,500Wの電力を使用可能。また、エンジンをかけて発電すれば、一般家庭の4〜5日分の電力を供給できる。災害時の移動可能な電源としても活躍してくれそうだ。

車体サイズは4,980(全長)×1,745(全幅)×2,110(全高)mm。車体を持ち込みで、改造費が240万円(税別)となっている

シェルの中のベッドには2名就寝可能。車内のスペースと合わせて、最大4人が寝られる

シェルの中のベッドには2名就寝可能。車内のスペースと合わせて、最大4人が寝られる

車内の就寝スペースはこんな感じ。シートを倒して、寝床を作る

車内の就寝スペースはこんな感じ。シートを倒して、寝床を作る

1,500Wの電源を取り出せるコンセントを装備。冷蔵庫や電子レンジを設置することも可能だ

1,500Wの電源を取り出せるコンセントを装備。冷蔵庫や電子レンジを設置することも可能だ

>>価格.comでキャンピングカーの中古車をチェック!

増谷茂樹

増谷茂樹

カメラなどのデジタル・ガジェットと、クルマ・バイク・自転車などの乗り物を中心に、雑誌やWebで記事を執筆。EVなど電気で動く乗り物が好き。

関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る